31:ヴェストマルク大管区(Gau Westmark der NSDAP)

203月 - による conmo3 - 0 -

大管区都:ノイシュタット・アン・デア・ヴァインシュトラーセ、1940年にザールブリュッケン、1944年に再びノイシュタット・アン・デア・ヴァインシュトラーセ
バイエルン州のプファルツ地方とザールラントから構成される。1935年にザールラントのドイツ復帰が決定すると、3月1日にザールラント大管区とライン=プファルツ大管区を統合してプファルツ=ザール大管区(Pfalz-Saar)が設置された。1937年にザールプファルツ大管区(Saarpfalz)に改称され、さらに1940年夏にロートリンゲン民政長官地域が併合されると、ヴェストマルク大管区へ改称された。この大管区は帝国大管区へと改編する計画があった。
歴代大管区指導者
ヨーゼフ・ビュルケル(1935年3月1日-1944年9月28日)
エルンスト・ルートヴィヒ・ライザー[代行](1938年3月-1940年3月)
ヴィリ・シュテーア[代行](1944年9月28日-1945年1月30日)
ヴィリ・シュテーア(1945年1月30日-1945年3月)
歴代大管区指導者代理
エルンスト・ルートヴィヒ・ライザー[代行](1927年11月19日-1928年12月1日)
フリッツ・シュヴィッツゲーベル(1928年12月1日-1934年8月1日)
エルンスト・ルートヴィヒ・ライザー[代行](1934年8月1日-1941年7月17日)
ヴィリ・シュテーア(1944年9月28日-1945年1月30日)
空位(1945年1月30日-1945年3月)

Rockenhausen
Kirchheim-bolanden
Frankenthal
Neustadt an der Weinstraße
Ludwigshafen
Speyer
Landau
Pirmasens
Kaiserslautern
Kusel
Homburg
Zweibrücken
Sankt Wendel
Ottweller
Sant Ingbert
Saarbrücken
Saarlautern
Merzig
Diedenhofen(LOTHRINGEN)
Sankt Avold(LOTHRINGEN)
Metz-Land(LOTHRINGEN)
Salzburger(LOTHRINGEN)
Saarburg(LOTHRINGEN)
Saargemünd(LOTHRINGEN)