Konzentrationslager Esterwegen

2019年2月12日 Aufzeichnungen

エムスランド(Emslandlagern)のエスターウェーゲン強制収容所は、早期強制収容所の一つでした。
1933年3月17日、プロイセン内務省はオスナブリュック地区長に300人の囚人を収容するための適切な場所を要請。最終的に、最大10,000人の政治犯を収容することを目的としていました。
6月20日に、Börgermoor、Esterwegen、Neusustrumに3つのキャンプを建設することが決定され、オスナブリュック保護警察と親衛隊の監視下で(後でSAも加えられた)、90人の囚人が最初にBörgermoor強制収容所(収容所I)を建設に当たりましした。
1933年8月中旬に、エステルヴェーゲン強制収容所は2,000人の囚人のための収容所II/EsterwegenとIII/Neusustrumを完成させました。当時はダッハウ強制収容所のついで2番目に大きい強制収容所でした。
1933年11月に、内務省の管理責任で運営が開始。
1934年6月21日にヒムラーの管轄権を拡大し、正式にKZ-Esterwegenとなる。
1933年末までにかなりの数の政治的「囚人」が釈放されたが1934年6月には812人の囚人がまだエステルヴェーゲンに投獄されています。

SS-Standartenführer Hans Loritz

Theodor Eickeの下の「強制収容所総監府」は1934年7月にKZ-Esterwegenの新しい司令官としてSS-Standartenführer Hans Loritzを任命。
強制収容所の受刑者のうち、少なくとも71人が死亡した。この死は、1935年にベルリン大聖堂司祭のベルンハルト・リヒテンベルクはゲーリンに苦情を申し入れている。

1934年12月4日と18日に、約220人の共産主義者が、エルムスホルンとその周辺地域のハンブルク州警察(ハンブルグ州警察本部を参照)によって大規模な襲撃で逮捕された。
エスターヴェーゲン強制収容所に強制送還された。当時、ナチスは約3,500人を強制収容所に拘束していたが、そのうち322人がEsterwegenの囚人でした。

1935年7月に、ヒムラーは国家の潜在的な敵の予防的逮捕操作を命じました。
そこでは、1,000人以上の政治的反対者 – しばしば共産党からのランク – が同性愛者に強制収容所に送られました。
1935年8月の終わりに、エルムスホルンの反ファシストたちはハンブルク/フールスビュッテル強制収容所に移送されました。
1935年10月3日、Wilhelm Peetzは怪我がもとで死亡。
1935年末までに、476名の「プロの犯罪者」が「囚人」としてエスターヴェーゲンに送られました。
大規模な強制収容所を建設するために受刑者を数グループに分け、その後、約1000人の収容者が、オラニエンブルク近郊に新しく設立されたザクセンハウゼン強制収容所に移送されました。
エステルウェーゲン強制収容所は1936年の夏に強制収容所の機能を刑務所へと移行。

1936年4月1日に、SS-Sturmbannführer Karl Otto Kochが新司令官として着任した。

SS-Sturmbannführer Karl Otto Koch

1937年1月、司法政権が野営地を引き継ぎ、終戦直前までエムスラントで「Emslandlagers VII」として続けた。警備はSAが担当している。
1939年11月1日から、帝国からの非常に罰された軍の囚人はすべて、エステルヴェーゲン収容所に集中した。彼らは後で最大のグループを形成しました。
1943年5月から1944年4月の間に、夜と霧の判決のために強制送還され刑務所に収容されていた2696人の囚人がエステルヴェーゲン刑務所に移送された。
大部分は「キャンプ南」で外の世界から隔離されました。数百人が一時的に収容所に収容されていた。
1944年半ばに、すべての「夜と霧囚人(Nacht-und-Nebel-Gefangene)」はシレジアに移送された。
Nacht-und-Nebel-Gefangene囚人は外界から切り離され、収容所を出ることを許されなかったが、他の受刑者は1941年まで荒れ地の耕作のための激しい肉体労働で使用された。
多くの人が農業や軍需産業の分野で強制労働に従事した。
1942年以降、エムスランド収容所での死者数は10倍に増加し、刑務所収容所VIIでは、1945年までに少なくとも1,436人の囚人が死亡した。
1945年4月10日、【死の行進】のために収容所Börgermoorからの囚人と一緒に囚人を移送を開始。
1945年4月11日、フォルネルコニーグスフェーンに到着した後、約700人の囚人と400人の囚人がコリングホルストへ移った。【死の行進】中の死亡者数についてはほとんどわかっていない。
1945年までに約1万人の強制収容所囚、66,500人のドイツの刑事および軍の囚人、そして10万人以上のソビエトまたはフランスの捕虜およびイタリアの軍人が投獄された。

 

有名な囚人
Bernhard Bästlein(ドイツ共産党政治家)
Alfred Benjamin(レジスタンス)
Adolf Bender(画家)
Kurt Bennewitz(ドイツ共産党員)
Willi Dickhut(ドイツ共産党員)
Georg Diederichs(ニーダーザクセン首相、ドイツ社会民主党)
Otto Eggerstedt(アルトナ警察署長、ドイツ社会民主党政治家)
Hans Kurt Eisner(1919年に殺害されたバイエルン首相クルト・アイズナーの息子の写真家兼映画製作者)
Werner Finck(キャバレーアーティスト)
Paul Hanson(Nacht-und-Nebel-Gefangene)
Ernst Heilmann(ドイツ社会民主党政治家)
Fritz Husemann(ドイツ社会民主党国会議員)
Anton Kalt(ドイツ共産党会員)
Jürgen Jürgensen(プロイセン国会議員ドイツ社会民主党員)
Julius Leber(ドイツ社会民主党政治家)
Hans Litten(弁護士)
Günther Lüders(俳優)
Theodor Neubauer(ドイツ共産党政治家)
Carl von Ossietzky(ノーベル平和賞受賞者、編集長)
Wilhelm Peetz(ドイツ共産党員)
Otto Reckstat(ドイツ社会民主党市議会議員)
Johann Schellheimer(ドイツ共産党政治家)
Otto Schmirgal(ドイツ共産党政治家)
Ernst Walsken(画家)

1945年5月以降イギリス軍の収容所として使用される
第二次世界大戦後、その場所は暫定的にイギリス民兵収容所(C.I.C)となり、戦争犯罪者収容に使用される。
特に元の強制収容所警備隊は、ここでSandbostel(1939年から1945年までザントボステル近郊に、戦争捕虜強制収容所 シュタラークX-B があった。終戦後、この施設は1945年4月に一時的に難民仮収容所として利用された)、Westertimke(第二次世界大戦の間、この町には郡立刑務所の外部収容施設があり、ここには42カ国の商戦乗組員が収容されていた。)、Fallingbostel(第二次世界大戦中、Fallingbostelは2つの捕虜収容所、Stalag XI-BとStalag XI-D / 357の場所でした。)などの他のイギリスの拘置所から裁判を待つために移送されました。 Sandbostelだけで、少なくとも1,400人の元強制収容所警備隊がやってきた。
1946年6月末、戦争犯罪容疑者のピーク時には2,612名に達した。
1946年7月1日、「エステルウェーゲン第101収容所」としてイギリスの司令官のもとがドイツ管理となる。

Bekannte Internierte
デュッセルドルフ大管区指導者(Gauleiter) Friedrich Karl Florian
ハンブルク大管区指導者(Gauleiter) Hinrich Lohse
ポンメルン大管区指導者(Gauleiter) Franz Schwede
ヴェーザー=エムス大管区指導者(Gauleiter) Paul Wegener

1947年に、キャンプはドイツの刑務所行政に引き渡されました。そして、それは通常の刑務所施設としてそれを使いました。