Konzentrationslager Lichtenburg

2019年2月13日 Aufzeichnungen

リヒテンベルク強制収容所は、16世紀からプレッティン(Prettin)のリヒテンベルク城(Schloss Lichtenburg)
にありました。建物は1812年から刑務所として使用され、貧弱な構造と衛生に条件が悪いために1928年に閉鎖されました。
リヒテンベルク収容所は、6ヶ所設置された初期(1933年‐1934年)のプロイセン州公認の強制収容所の一つで、1933年6月13日「男性受刑者のための強制収容所」として設立されました。

リヒテンベルク強制収容所は、収容人数1000人を予定していたが1933年9月にすでに約2,000人の収容人数で過密状態になり、その結果収容者の生活環境は著しく悪化しました。エホバの証人、帰国者、ユダヤ人の女性、シンティゼとロムニヤなどが強制収容所に強制送還されました。少なくとも20人の拘留者が、虐待、悪環境、処罰により殺害されました。
最初は収容所警備は警察を担当していたが、8月中旬から150人の収容所警備員が配置され、収容所司令官はSS-Standarte 26のEdgar Entsberger親衛隊上級曹長(SS-Truppführer)だった。
1933年12月6日に収容された元受刑者ヴォルフガング・ラングホフは、囚人は約70%の共産主義者、20%の社会主義者、そして10%の無政府主義者であったと伝えた。 1934年から同性愛者や裁判を受けずに刑事有罪判決とされた「プロの犯罪者」も収容された。
1934年6月1日から【Dachauer Lagerordnung】の規則が適用された。

1934年7月のいわゆる【長いナイフの夜(Röhm-Putsch )】後、約60名のSAがリヒテンベルク強制収容所で収監された。
1935年9月にニュルンベルク法が可決後、SSは「人種的汚損」で非難されたユダヤ人女性を投獄した。
1936年11月1日、ハンス・ヘルヴィヒは強制収容所司令官の職務遂行を依頼されました。
強制収容所総監テオドール・アイケ親衛隊中将は健康上の問題からハンス・ヘルヴィヒを強制収容所長に雇用することに反対している(ハンス・ヘルヴィヒはテオドール・アイケの依頼により1938年8月1日引退)。ハンス・ヘルヴィヒは強制収容所管理をEgon Zillに任せている。囚人達からHelwigは「Geese General」というニックネームを持っていました。
1937年の夏に強制収容所を解散した後、1937年8月1日にヘルヴィッヒはザクセンハウゼン強制収容所の収容所指揮官として転任した。
1937年7月から1937年12月までリヒテンベルク強制収容所はAlex Piorkowski が暫定収容所司令官務め、Günther Tamaschke親衛隊大佐(SS-Standartenführer)着任後、Alex Piorkowskiは副司令官1938年8月まで務める。
強制収容所SachsenhausenとBuchenwaldの設立後、男性の強制収容所は1937年8月に解散し、リヒテンベルク強制収容所は1937年12月から暫定的に女性囚人のために使用されました。
12月15日、モリンゲン女性強制収容所から最初の200人の女性収容者が到着し、1939年までに1,415人の囚人が収容されました。
1938年9月ダッハウ強制収容所から来たSS-Hauptsturmführerマックスケーゲル。
Alex Piorkowski は1938年8月上旬にダッハウ強制収容所に移動、Schutzhaftlagerführerとして勤務。
1940年2月から1942年9月中旬まで彼はダッハウ強制収容所の司令官だった。
リヒテンベルク強制収容所は老朽化した建物があり、拡張できないと考えられていたため、1939年5月に、残りの867人の女性収容者が新しく建設された女性収容所Ravensbrückに移されました。
リヒテンベルク強制収容所の閉鎖後、施設はSS-Division Totenkopf歩兵補充大隊IIと1942年からSS本部の拠点として機能しました。ザクセンハウゼン強制収容所から最大65人の捕虜が強制労働のためにSSに利用可能でした。

男子強制収容所司令官
Mai 1934 – Juli 1934: SS-Brigadeführer Theodor Eicke
Juli 1934 – März 1935: SS-Obersturmbannführer Bernhard Schmidt
März 1935 – März 1936: SS-Standartenführer Otto Reich
April 1936 – Oktober 1936: SS-Standartenführer Hermann Baranowski
November 1936 – Juli 1937: SS-Standartenführer Hans Helwig
Juli 1937 – Dezember 1937: kommissarisch Alexander Piorkowski

Schutzhaftlagerführer
Juli 1934 – Februar 1935: Edgar Entsberger
Februar 1935 bis April 1935 Karl Otto Koch
April 1935 bis Oktober 1936 Heinrich Remmert
November 1936 – August 1937 Egon Zill
Arthur Liebehenschel war von 1934 bis Juli 1937 Adjutant im KZ Lichtenburg. 1940 stand er im Dienstrang eines Stabsführers und Vertreters des Inspekteurs der Konzentrationslager.
女性強制収容所時代司令官
Dezember 1937 – Mai 1939 Günther Tamaschke
副司令官
Deember 1937 – August 1938 Alexander Piorkowski
September 1938 – Mai 1939 Max Koegel