Schloss Mittersill(subcamps of Mauthausen)

2019年2月15日 Aufzeichnungen

シュロス・ミッタージル

1938年のドイツ侵攻後、シュロス・ミッタージルは没収された。アーネンエルベForschungsgemeinschaft Deutsches Ahnenerbe e. V. 1933年に設立された民間団体だったが1939年には親衛隊に吸収された。

トランス・ヒマラヤ山脈を発見し、ロブ・ノール湖の移動を確認した20世紀最大の探検家のスヴェン・ヘディンは、1935年、祖国スウェーデンへ帰る途中にドイツに立ち寄り、素直にヒトラーの祝福を受ける。

受けHeinrich Himmlerは動物学者で探検家(1938年から1939年のチベット遠征隊率いる)でアーネンエルベのメンバーで中央アジア研究所長(Abteilung für Innerasienforschung und Expeditionen (Tibetinstitut, Hedin-Institut für Innerasien und Expeditionen))のErnst Schäfer (14 March 1910 – 21 July 1992) を援助するためストックホルムのスヴェン・ヘディンの所にSchäferを派遣し、名前を使用するために許可を求めた。

Ernst Schäfer in Tibet (1938)

ヘディン自身も彼の功績を残せるという思いから承諾し、

1942610日に彼の許可を与えたWalther Wüst(ミュンヘン大学の学長とアーネンエルベのディレクター)、親衛隊少佐SSErnst SchäferWilhelm Ziegler宣伝省らのメンバーにより設立準備が始まり、19432月にミュンヘンSven Hedin Institute発足した。

Sven Hedin

Walther Wüst

Wilhelm Ziegler

Sven Hedin Institute(„Sven Hedin-Reichsinstitut für Innerasien und Expeditionen“)親衛隊全国指導者個人幕僚本部傘下に置かれたアーネンエルベForschungsgemeinschaft Deutsches Ahnenerbe e. V. 】管轄のもと運営された。

開館から数ヶ月後、1943年8月に研究所はミュンヘンからオーストリアのザルツブルグ近くのSchloss Mittersillに移された。

敗戦の直前、アドルフ・ヒトラーの遺書によって科学・教育・国民文化大臣に任命されたザルツブルク大管区指導者および高級SS及び警察署長親衛隊大将Gustav Adolf Scheel(* 22. November 1907 in Rosenberg (Baden); † 25. März 1979 in Hamburg)研究所の支援を約束した。SS医者August HirtAhnenerbeディレクター、Wolfram Sieversと共に【頭骨コレクター】として悪名を馳せた人類学者SS 人員Bruno Begerもここに所属していました。Bruno Beger1938年から1939年のチベット遠征に参加し。チベット人の頭骨の寸法を測定し、1940年にBegerは論文BevölkerungderaltmärischenWischeを発表しました。19714月、フランクフルト・アム・マインの地方裁判所により3年間、86人の殺人を支援したとして有罪判決を受けた。

Der Anthropologe und SS-Hauptsturmführer Bruno Beger vermisst die Gesichtsproportionen eines Tibeters (1938).

その他、鳥類学者 Günther Niethammerなども参加。

Günther Niethammer

Wolfram Sievers

August Hirt

1944年3月24日、Mauthausen強制収容所の外部ユニットとして女性強制労働者も収容され、Ravensbrück強制収容所に収容されていた15人のエホバの証人も移送されてきました。 敗戦が近くなると女性囚人はMauthausen強制収容所移動され、1945年5月8日、アメリカ軍により解放されたときには2人の女性残されているだけでした。

指揮官ははSS将校のEdmund Geerでした。

現在ホテルとして営業中【Schloss Mittersill Hotelk