KONZENTRATIONSLAGER Niederhagen(Außenlager Wewelsburg)

2019年4月19日 Aufzeichnungen

ニーダーハーゲン強制収容所は、ビューレン-ヴェヴェルスブルク(Büren-Wewelsburg)郊外の一時的な強制収容所でした。ザクセンハウゼン強制収容所の外部収容所として1941年に建てられました。
1939年5月、ハインリッヒ・ヒムラーは、ヴェヴェルスブルク城を再建するために強制収容所を開設始しました。ヒムラーの考えによれば、「最後の勝利」の後、ヴェヴェルスブルクは世界の中心になることになっていました。ザクセンハウゼン強制収容所から最初の100人の囚人がヴェヴェルスブルクに送られた。運転席I、建築家Hermann Bartelsの別荘の建設、道路の建設、採石場でも、SSは強制収容所の捕虜を強制労働者として使用しました。
当初、労働囚人は、Wewelsburg城の丘のふもとのテントに収容されていました。そのため、新たな施設が建設され、Außenlager Wewelsburgと呼ばれました。1941年9月、ザクセンハウゼン強制収容所の外部収容所とし、囚人約480人を収容しました。より多くの受刑者が新しい収容所に送られるようになり、 最終的に囚人は約3,900人になり、エホバの証人、政治的囚人、ロマ、同性愛者、ユダヤ人、ポーランド、ソビエト連邦、チェコスロバキア、フランス、オランダ、ベルギーからの捕虜および強制労働者が含まれていました。1,285人の囚人の死亡が確認されています。彼らは飢餓、風邪、病気、そして虐待の結果で亡くなりました。 1942年、収容施設内に火葬場が建てられました。
ゲシュタポは処刑場として強制収容所も使用しました。女性と子供を含むリッペ郡ヴェストファリア(Westphalia-Lippe)から合計56人が殺害され、そのうち42人が吊り下げ、14人のソビエト捕虜が射撃によって殺害された。
1941年9月1日から1943年5月1日までの期間、収容所は独立運営され、その後ブッヘンヴァルト強制収容所管轄になりました。 1943年3月に城の改装工事は完了、以降、約50人の囚人が収容され。1945年4月2日に、囚人は処刑されるよう命じられたが実行されず、第3米軍の兵士によって釈放されました。
収容所はほとんど残されておらず、収容所キッチン後は消防署になり、ゲートハウスは現在2世帯住宅として使用され、残りの地域は住宅団地になっています。旧ロールコール広場の場所には三角記念碑があり、これは囚人達の服の縫い付けられた三角パッチからきています。

収容所司令官
ヴォルフガング・プラウル(SS-Officer Wolfgang Plaul)
(SS-Hauptsturmfuhrer Adolf Haas、1941年7月-1941年9月)
(SS-Hauptsturmführer Adolf Haasは1941年9月から1943年まで独立したニーダーハーゲン強制収容所の司令官を務め、解散後、Bergen-Belsenに移動した。)

Der »Herrgott von Wewelsburg«: Foto von Adolf Haas als Lagerkommandant des KZ Niederhagen/Wewelsburg ca. 1941-1942