Zwangslager Berlin-Marzahn

2019年4月19日 Aufzeichnungen

ナチスがをBerlin-Marzahn Rastplatzに強制収容所を設置し、1930年代半ばから、自治体主導の「ジプシー」のための多数の収容所が設置され、最初の1つとして、1936年5月のBerlin-Marzahn Rastplatzは、Marzahn墓地近くのRieselfeldernの端にありました(今日はSバーンの駅Raoul-Wallenberg-Straßeの西の台形にあります)。収容所として被収容者に仕えるために帝国労働局の古い兵舎が設置されました。1936年から1943年の間に約1,200人の “ジプシー”が収容された。 1934年、ベルリンの福祉事務所と警察は、「Zigeuner/ジプシー」を警察の監督下にある野営地に押し込む計画を立てました。 1935/36年の変わり目から、人種政策局とNSDAPはその計画を支持。ベルリン – ウェディングでは、地区長のRudolf Suthoff-Großが、自分たちの近所や公共の場所から「ジプシー」を追い出す活動を始めました。1936年7月16日に、約600人の男性、女性および子供が最初に収容された。一般にはZigeunerrastplatz Marzahnと呼ばれ、強制収容所への追放とアウシュビッツ・ビルケナウ絶滅収容所への強制送還の準備に加えて、強制労働を目的として運営された。
1936年夏季オリンピックに合わせ【ジプシーの隔離】は加速し、ウィルヘルム・フリック内務大臣は(1936年6月6日の「ジプシー疫病との闘い」の回覧で)「全国のジプシーを地域ごとに拘束するための組織化」を勧告。その後、ベルリン警察署長のへルドルフは「ジプシー拘束のための捜索」の命令を出し、「ジプシー」と見なされた人々はすべて、標準的なアパートに住んでいるか、キャラバンに住んでいるかにかかわらず、帝国首都の外のキャンプに収容されることになった。
法的根拠が曖昧なまま、1936年7月16日大規模拘束が行われ600人以上が逮捕された。その後すぐにナチのジプシー定義に該当しない拘留者は釈放された。
1936年7月16日、主に居住するシンティがベルリンとその周辺地域で逮捕され、マルザーン収容所に連れて行かれた。当初は「隣人の共存の保護」と「特に若者のための深刻な道徳的危険の回避」を目的としていましたが、手術中にジプシー警察署によって「ジプシー」および「ジプシーハイブリッド」として登録されたすべての人々は逮捕されましたそして投獄された。この数字は、その後の公式発表で600人を超えています。次月には、何人かの家族はキャンプを去りました。そのうちの何人かはドイツから移住したが、他の人はベルリンから出ただけだった。被収容者数は1937年末には400人に減少した。
1937年12月14日の犯罪に対する予防的戦いのための基本的な命令により、状況は変化した。ナチスにより定義された職業的犯罪者、習慣的犯罪者、地域社会的危険、またはコモンハムフルの予防的拘禁のカテゴリに対して、刑事警察が責任追うことになった。
ロマは、基本的には「有害」かつ「非社会的」とみなされていました。次のエピソードでは、2月と6月に行われた “Asocialに対する行動”の過程で1938年にザクセンハウゼン強制収容所で行われた “労苦的な帝国”で男性の大部分が強制送還されました。その結果、休憩所は主に女性、子供、そして高齢者が住んでいました。 1936年8月から収容所に来ていた「旅行中」のシンティの大部分がそこにいたので、収容所は1937年9月に150人のキャラバンで混雑しました。
1938年には852人が収容された。 1936年から45年から約1200人の収容者総数があったとされ、残っている記録少なく、名前で識別できるのはわずか304人。

マルザーン収容所は強制収容所ではないが、警察の許可を得て敷地を離れることしかできませんでした。
施設の衛生状態は壊滅的でした。トイレは2つと給水ポイントは3つしかありませんでした。建設された井戸はRieselfelderに近くそれに伴う水の汚染のため不可能でした。学校は完全に過密状態で、教師の装備も不十分でした。
ハインリッヒヒムラーは、すべての「ジプシー雑種、ローマジプシー、バルカン起源のジプシー氏族の非血統の構成員」に、強制収容所で数週間のキャンペーンを選択し指導するために実行された。

ロマの定義売る為、医師および人種学者であるGerhart Steinの調査を指導した。スタインはまた、迫害措置を最適化するためにプロイセン警察にアドバイスを与えた。
受刑者は、刑事生物学者およびTsiganologist Robert Ritterに率いられた人種生物学および人口生物学研究センター(RHF)のスタッフによって、ジプシー提出アーカイブのための中央ヨーロッパローマの包括的なデータベースとして分類された。いわゆるアウシュヴィッツ判決によると、データは2万人以上のローマの国外追放のための本質的な必要条件を形成しました。スタイン(Gerhart Stein)の仕事もここに含まれました。
1942年の冬には、70人の子供たちが収容所からリッツマンシュタットまで、そしてそこからアウシュビッツまで強制送還された。
1943年に「ジプシーキャンプアウシュビッツ」グループにこのキャンプの受刑者が収容された最初のグループは、「純血種」のレビューを受けた2つ家族がRHFに留まった。施設の解散日は1943年3月1日。
1985年、作家および公民権活動家のReimar Gilsenbachは【マルザーンとマクデブルクの2つの強制労働収容所に記念プラークを設置する。】を、国務院議長のErich Honeckerにその要求。その結果、SEDの中央委員会はそこに記念碑を建てることにしました。
彫刻家のJürgenRaueがMarzahnが記念碑を製作。 1986年9月12日に、記念碑が出口Raoul-Wallenberg-Straße設置される。
1986年以来、旧収容所の敷地内の場所はオットーローゼンバーグにちなんで名付けられた。
2011年12月には、ドイツのシンティ全国協会とベルリン – ブランデンブルク市の主導のもと、旧強制労働収容所の敷地内に10枚の展示板にMarzahn強制収容所の歴史が開設されました。