Projekt Riese

2019年5月24日 未分類

Projekt Riese(プロジェクト・巨人)

【Projekt Riese(プロジェクト・巨人)】は第二次世界大戦中、ポーランドのバリム(Walim(Wüstewaltersdorf))、近くのシレジア・フクロウ山脈(Silesian Owl Mountains)の(Säuferhöhen(Osówka))とヴォルフスベルク(Wolfsberg)の周りの低い山脈に築かれたトンネル・システムのプロジェクトです。いくつかの個別のトンネルから構成されている複合施設で、有名なヴォルフシャンツェの代替地として総統大本営の機能する予定であったと考えられています。

1943年9月に、フクロウ山脈での総統大本営の建設はアルベルト・シュペーア(Albert Speer)軍需相に託され、1943年10月には、Schlesische Industriegemeinschaft AGの指示の下で大規模な建設工事が開始されました。
ヘルマン・ギースラー(Hermann Giesler)による計画に従って建てられました。
1944年4月に、トート機関(Organisation Todt (OT))が建設管理を引き継ぎました。このプロジェクトのために、近くのグロース・ローゼン強制収容所(Konzentrationslager Groß-Rosen)の労働収容所(AL)が設立され、最大2万人の捕虜が配置されました。約5000人の囚人が死亡したとされました。
記録として残されている物は建築家Siegfried Schmelcherによって記された【Geheime Reichsache 91/44】というファイルが存在しています。現在判明している施設の規模は次のようで、総統大本営を」中心に、陸軍高司令部(OKH)、空軍高司令部(OKL)、ライヒ外務大臣および親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーの地下生活および執務区が計画されていた。さらに、警備および支援要員のための地下避難所を作るべきとさられ、地下産業プラントも計画されていました。ここから、東部戦線の作戦指導が行われると考えられました。【Projekt Riese(プロジェクト・巨人)】は最高機密レベルあった為、作業に関わっている民間企業や周囲の人々の多くは、地下兵器生産と総統本部という2つの使用目的が推測していました。
1945年8月までに、大規模な防爆地下施設が建設さ、費用は1億3000万ライヒスマルクで、【Projekt Riese(プロジェクト・巨人)】の施設全体の大きさは194,232m²になるはずでした。総統大本営のバンカーシステムの面積は5,000m²です。
【Projekt Riese(プロジェクト・巨人)】の青写真は現存しない為、現在の状態からの正確な再構築はもはや不可能です。

既知のトンネルのリスト
Schloss Książ(旧称:Schloss Fürstenstein; touristisch erschlossen)

Rzeczka[ジェチュカ](旧称: Dorfbach; 3 Stollen touristisch erschlossen)

Włodarz(旧称:Wolfsberg; 4つのトンネルが見学可能)

Ludwikowice Kłodzkie(旧称: Mölke; 1 Stollen touristisch erschlossen)

Osówka(旧称: Säuferhöhen; 3つのトンネルが見学可能)

Sokolec[ソコレツ](旧称: Falkenberg; 未観光開発)

Jugowice(旧称: Hausdorf (Oberdorf); 未観光開発)

Soboń(旧称: Ramenberg; 未観光開発)

Głuszyca[グウシツァ](旧称: Wüstegiersdorf; 未観光開発)

“Riese” complex Jawornik

Sztolnie Walimskie “RIESE”

【Arbeitslager Riese】
建設工事は強制労働によって行われ、下記にリストされている共同収容所(GL/Gemeinschaftslagern)からの労働者を調達しまし。
また、グロスローゼン強制収容所の捕虜も、それぞれの建設プロジェクトに近いいくつかの労働収容所(AL)に分けられていました。
1943年から1945年までのサテライトキャンプでは、合計13,300人が収容され、そのうち3,648人が死亡したと推定されています。警備員は約900人でした。
GL I Wüstewaltersdorf(Walim)Nov 1943 – Mai 1945

GL II Dörnhau(コルチェ/Kolce)Nov 1943 – Mai 1945
GL III Wüstegiersdorf(Głuszyca)Nov 1943 – Mai 1945
GL IV Oberwüstegiersdorf(Głuszyca Górna)Nov 1943 – Mai 1945
GL V Tannhausen(ジェドリンカ/Jedlinka)Mär 1944 – Mai 1945

AL Dörnhau(コルチェ/Dörnhau)Jun 1944 – Mai 1945
AL Erlenbusch(オルシニエツ/Olszyniec)Mai 1944 – Mai 1945
AL Falkenberg( ソコレッチ/Sowina)Apr 1944 – Feb 1945
AL Fürstenstein(クションシュ/Książ)Mai 1944 – Feb 1945
AL Kaltwasser(ジムナウォダ/Zimna Woda)Aug 1944 – Dez 1944
AL Lärche(グリニカ/Soboń)Okt/Dez 1944 – Feb 1945
AL Märzbachtal( マルコウィ・ポトク/Potok Marcowy Duży)Apr/Jun 1944 – Feb 1945
AL Säuferwasser(Osówka)Aug 1944 – Feb 1945
AL Schotterwerk(Głuszyca Górna)Apr/Mai 1944 – Mai 1945
AL Tannhausen(ジェドリンカJedlinka)Apr/Mai 1944 – Mai 1945
AL Wolfsberg(ヴォダルツ/Wolfsberg)Mai 1944 – Feb 1945
AL Wüstegiersdorf(グルジカ/Wüstegiersdorf)Apr 1944 – Feb 1945
AL Wüstewaltersdorf(ワリム/Wüstewaltersdorf)Apr 1944–1945
Zentralrevier Tannhausen(ジェドリンカ/Jedlinka)Nov 1944 – Mai 1945