25:KZ-Nebenlager Klagenfurt-Lendorf

203月 - による conmo3 - 0 -

Lage[46° 39′ 13.5″ N, 14° 16′ 56.1″ E]

クラーゲンフルト-レンドルフ強制収容所は、マウトハウゼン強制収容所のサブキャンプでした。 1943年11月19日から1945年5月8日まで、クラーゲンフルトのラゲン地区に存在していました[1]。今日、その当時隣接していた旧SSユンカーシューレは、第25イェーガー大隊を訓練するためにオーストリア軍によってヘーブンフラー兵舎として使用されています。

 

歴史
マウトハウゼン強制収容所の最大130人の囚人(ドイツ人、オーストリア人、チェコ人、ポーランド人、イタリア人、ロシア人、スペイン人、フランス人、スロベニア人2人、セルビア人)は、武装親衛隊の兵舎とSSジャンカー学校を建設しなければなりませんでした。

クライアントは、クラーゲンフルトのWaffen SSと警察のサイト管理者でした。作業には、馬とSSジャンカーの兵舎の建設、(2つ?)防空sheの建設(Koglsiedlungの下)、火の池とプールの建設が含まれていました。囚人は、主にクラーゲンフルト駅周辺での多数の爆弾被害の修復にも使用されました。有刺鉄線のフェンスと2つの見張り塔に囲まれた囚人の兵舎は、柵の外側の15人のSS警備隊の兵舎のある兵舎の中にあったと言われています[3]。

キャンプが5月6日と7日にロイブル強制収容所に避難する前に、囚人は2つの兵舎を取り壊さなければなりませんでした。キャンプは1945年5月8日に解散しました。

兵舎の再利用
兵舎は占領中にイギリス軍によって使用されました。 1956年8月22日、ドイツ連邦軍のJägerbataillon25が「Kaserne Lendorf」に配置されました。 1967年、兵舎はルートヴィヒ・アンドレアス・フォン・ケベンヒューラーにちなんで「ヘーベンヒューラー兵舎」と改名された[4]。

記念
サテライトキャンプの存在は暗闇の中で長かった。 1954年10月19日付のケルンテン州政府からの手紙の中で、「詳細な調査の結果、クラーゲンフルトには旧マウトハウゼン強制収容所のサブキャンプがなかったことが報告されています」[5]

イェーガーバテロン25が2006年の創立50周年に発行した記念出版物では、強制収容所の囚人による兵舎の一部の建設については言及されていませんでした。 「兵舎は、ナチス時代の出版物で最も頻繁に議論されている軍用建物の1つです。」そして「画期的な出来事は1938年6月に起こった…」[6]

2007年9月17日、カリンシア/コロシュカのMauthausen委員会の議長であるPeter GstettnerとNorbert Darabos防衛大臣によって兵舎でプラークが公開されました。サブキャンプの最後の生存者であるRajmund Pajerも祝賀会に出席しました。その後、バラックのダイニングルームで、グラーツの芸術家リチャードクリーシュによって、武装親衛隊の兵士を描いた壁画の疎外が示されました