Durchgangslager Fünfbrunnen(Pafemillen)[Lux]

203月 - による conmo3 - 0 -

Kloster Fünfbrunnen(パフェミレン(Pafemillen))は1903年ドイツのイエズス会によって建てられ修道院。
1941年3月4日、修道院は解散。コミッタリー管理者(kommissaresche Verwalter)が配置され、8人の修道院と付属農が従事していた。
1941年7月、ゲシュタポは、修道院に 特別養護老人ホームの名目で 暫定収容所フュンフブルンネン(Durchgangslager Fünfbrunnen)を設置することを決定。
1941年8月11日 強制収容所に300人の高齢者、病人、子供を含むルクセンブルク在住のユダヤ人を収容。 1941年10月16 、第1目の、いわゆる「ルクセンブルグ交通」でLitzmanstadthへ移送。
さらに、1942年4月、1943年7月、1943年4月、パフェミレンからベルゼン、ソビボル、マイダネク、テレジエンシュタットへの移送が行われた。 1943年6月 最後の11人の移送が行われた。ルクセンブルクから 674 人のユダヤ人が移送された。