20:Vernichtungslager Belzec(Bełżec)[POL]

203月 - による conmo3 - 0 -
Bełżec extermination camp SS staff, 1942. Right to left: Heinrich Barbl, Artur Dachsel, Lorenz Hackenholt, Ernst Zierke, Karl Gringers. Left (uniformed): Friedrich Tauscher, Karl Alfred Schluch (second)

Lage[50° 22′ 18″ N, 23° 27′ 27″ E]

所長
クリスティアン・ヴィルトSS少佐(Christian Wirth)(在任1941年12月‐1942年7月31日)
ゴットリープ・ヘリングSS大尉(Gottlieb Hering)(在任1942年8月1日‐1942年12月)
主な所員・看守
ローレンツ・ハッケンホルトSS大尉(Lorenz Hackenholt)
ヨーゼフ・オーバーハウサーSS少尉(Josef Oberhauser)
クルト・フランツSS少尉(Kurt Hubert Franz)
ウェルナー・デュボイスSS曹長(Werner Dubois)
フリッツ・ジルマンSS曹長(Fritz Jirmann)
ハインリヒ・ウンファーハウSS伍長(Heinrich Unverhau)
エルンスト・ツィールケSS伍長(Ernst Zierke)

[1941年9月中旬-10月中旬]ルブリン地区SS警察高級指導者オディロ・グロボクニク親衛隊上級大佐により【ひと気がなく、鉄道に近い場所】場所から選ばれ、ベウジェツ駅から線路を分岐し300メートルほど進んだところに[1941年11月]Trawnikimännerに監視された強制労働者によって建設が開始され、翌12月に完成した。初代所長にはクリスティアン・ヴィルト(SS-Hauptsturmführer Christian Wirth)が就任。
[1942年2月末]移送されてきたユダヤ人を使ってガス室実験が行われた。ガリツィア、クラカウ地域、ルブリン地域からユダヤ人が移送された。

収容所には2ブロック存在し、1ブロックは囚人の到着にかかる事務を担当する場所であり、囚人から衣服や荷物をはぎ取り保管するための場所であった。そして2ブロックに10個のガス室が存在し、他に共同墓地や死体の搬送作業などに当たる労務囚人の住居スペースなども存在した。

絶滅収容所であったベウジェツは一般の作業場を設けなかったため収容所としては狭く、縦275メートル、横263メートルのほぼ正方形型の収容所だった。5か所の監視塔が存在し、機関銃が常にガス室へ向かう囚人たちに狙いをつけていた。看守は20名から30名程度の親衛隊員と60名から120名程度のウクライナ義勇軍Trawnikimänner)の兵士で構成された。看守たちは収容所内ではなくベウジェツ駅の付近に住居を持ちそこで暮らしていた。

1942年3月17日]ルブリンゲットーから鉄道輸送された最初のユダヤ人が到着。

[1942年12月11日]最後犠牲者が到着
[1942年12月]活動を停止。
[1943年春]死体焼却と証拠隠滅作業が続きました。
[1943年6月]すべての建物とキャンプ施設が取り壊された。収容所の清算に参加したゾンダーコンマンドのメンバーはソビボル収容所に連行され、そこで殺害。