Gedenkstätte Plötzensee

赤線エリアが処刑場

プレッツェンゼー刑務所は、1868年から1879年の間に、ベルリン都市外刑務所として建設されました。 25ヘクタール(約62エーカー)以上の面積あり、約1,200人を収容することができます。 赤レンガで造られた刑務所施設には、管理ビル、サービスビル、多数の作業庫、刑務所保健室、礼拝堂、刑務所スタッフの住居が含まれています。
1933年、体制が国家社会主義なり、厳しくなった刑事制度のもと、長期収容ではなく政治犯罪罪で拘束された者の政治刑事裁判前拘束施設として機能しています。
1934年には「人民裁判所」、国家社会主義特別裁判所(Sondergerichte)が設立され、起訴前収容施設として使用されて行きます。短期間の刑を言い渡されているドイツの囚人、裁判前の拘禁中の政治容疑者、執行を待つ囚人に加えて、第4グループとして外国人受刑者も数を増しました。国家社会主義裁判所で1年以上刑を言い渡された「反復犯罪者」は、自由を回復する可能性はほとんどなく、
警察の犯罪捜査部、刑事捜査部に渡され、「保護保管」という名目で強制収容所に送られるよう手配がされました。
1943年9月3日から4日にかけてのベルリンでの空襲の際、刑務所に大きな損害を受けました。この時期、死刑判決を受けた約300名の囚人が収容されていた。
執行壕などがある大型三翼セルブロックビル(住宅III)の損傷が激しく、1943年9月6日、屋根がはぎ取られ、タイルの床は部分的に破壊。 ギロチンは火災で破損し、その土台から引き裂かれ床に置かれた状態を考え法務省は刑の執行を急ぎ始める。

1943年9月7日、Otto Thierack法務長官が公務を離れていることから、クルト・ローテンベルガー(Curt Rothenberger)国務長官は、、実行されるべき文章に書名し執行を命じ、名前を電話でプルツェンゼに転送します。

Left to right Roland Freisler, Franz Schlegelberger, Otto Thierack and Curt Rothenberger

執行者Ernst Reindelと彼の助手が処刑の準備。 夕方には、ベルリン地方裁判所検察官の検察官と地方裁判所長官が「強制監督者」として到着。ギロチンが破壊されたため、警察や国防軍射撃部隊によって死刑を執行することを検討されるが、 囚人たちはそれぞれ8人ずつのグループに分けられ絞首刑にされている。 1943年9月7-8日の夜だけで、186人が処刑されている。

戦後後期には施設維持が難しくなり、囚人過密、人手不足、不十分な栄養、空襲で被害にあった医療施設などが組み合わさって、慢性的に厳しい収容環境になっていた。
ソビエト軍が1945年4月25日に施設を開放するまでには、大部分が空の状態で管理されていました。

その後、プレッツェンゼー刑務所には保健室などがあることから少年刑務所としての活用が検討され、空襲による大きな被害を受けた出した【ハウスIII】などは解体し新しい施設の建設が決定されました。

1951年、ベルリン上院議員はプレッツェンゼー刑務所に記念碑を建てること可決。 建築家のBruno Grimmekは計画を委ねられています。
執行小屋の一部は解体され、記念の壁が1951年9月9日に建てられました。
国家社会主義独裁者のすべての犠牲者を記念した静かな記憶の場所として1952年9月14日に正式に公開されました。

http://www.gedenkstaette-ploetzensee.de/index.html