Das Konzentrationslager Auschwitz-Birkenau Photo

 
1940年2月21日、ポーランド南部のソワ川とヴィスワ川の合流点付近に位置する都市オシフィエンチムにある元オーストリア=ハンガリー帝国軍砲兵隊兵舎を利用して防疫通過収容所を建設する計画が立てられた。アウシュヴィッツ-ビルケナウ強制収容所の基幹収容所となる「第一強制収容所アウシュヴィッツ」が建設された。

1940年4月27日のヒムラーのアウシュヴィッツ収容所建設に関する命令に基づき、
4月29日、1938年8月1日よりザクセンハウゼン強制収容所の副所長の任に付いていたルドルフ・フランツ・フェルディナント・ヘスが初代所長に着任した。
5月20日にまずドイツ人刑事犯30人が送りこまれ(彼らはカポに任じられた)、

6月14日にはポーランド人政治犯728人が到着した。

1941年3月1日にハインリヒ・ヒムラーがアウシュヴィッツを訪問

1941年10月、ブジェジンカ村に「第二強制収容所ビルケナウ」が開所。総面積は1.75平方キロメートル(東京ドーム約37個分)で、300以上の施設から成る。

1942年、大企業の製造プラントや、近隣の炭鉱に付随する形で大小合わせて40ほどの収容施設がモノビツェ村(ドイツ語名モノヴィッツ)に作られ、これらの施設群を「第三収容所モノヴィッツ」とした。

1943年11月10日に「ラインハルト作戦」の完了とともにアウシュヴィッツ所長を退任、ベルリンの親衛隊経済管理本部でDI部(全強制収容所の中央事務所)部長に就任。

1945年1月27日 – ソ連軍により解放。