Georg Christoph von Daembke

ゲオルク・クリストフ・フォン・デエンケ[* 1719年2月5日、ネイデンブルグ地区ディートリッヒドルフ; †1775年12月1日、ベルリン]

インヴァリデンハウス ベルリンの2代目の司令官。プロイセン軍中尉ヨハン・ジーゲスムント・フォン・デエンケの息子。

1740年にプロイセン軍「トルクセス」連隊でに入隊し、1741年に軍曹に昇進。1744年12月2日少尉、そして1752年4月27日に中尉。1759年まで彼は大尉になった。1767年少佐。1768年、中佐になり、ベルリンのインヴァリデンハウスの司令官になった。

インヴァリデンハウスで1775年12月1日未婚まま亡くなり、 Invalidenfriedhofに埋葬された。