Otto von Claer

Preußischer Generalleutnant.

(* 23. November 1827 in Bonn; † 1. April 1909in Berlin)

82歳

 

Otto v.Claer

Kgl. preuß Generallietnant

★Bonn 23.11.1827

†Berlin 1.4.1909(82)

Maria v.Claer(Maria Magdalene Christiane Spitz)

geb.Spitz

★Bonn 26.12.1834

†Berlin 2.11.1895(61)

 

Otto Hoetzsch

Hoetzsch, Otto
Deutscher Historiker, Publizist, Dolmetscher und Politiker (Deutschkonservative Partei, DNVP und KVP)
1946

* 14. Februar 1876 in Leipzig; † 27. August 1946 in Berlin

生年月日: 1876年2月14日,ドイツ ライプツィヒ
死亡: 1946年8月27日, ドイツ ベルリン,70歳
政党: ドイツ国家人民党

Otto Hoetzsch

Wilhelm Staehle

Staehle, Wilhelm

Oberst der Luftwaffe, Mitglied des Widerstandes
1945
* 20. November 1877 in Neuenhaus; † 23. April 1945 in Berlin

 

Oberst Wilhelm StaehleGeb. 20. November 1877 gest. 23. April 1945Dem Kommandanten der Invalidensiedlung, der wegen seiner Teilnahme am Widerstand gegen das Hitler-Regime unmittelbar vor Ende des Krieges von den Nationalsozialisten ermordet wurde, zum Gedenken.

Walter Oesau

Oesau, Walter

Jagdflieger
1944
ヴァルター・エーザウWalter “Gulle” Oesau、1913年6月28日 – 1944年5月11日)は、第二次世界大戦時のドイツ空軍のエース・パイロットである。1934年から戦死する1944年までドイツ空軍に奉職し、エーザウの死後に戦闘航空団司令を務めた第1戦闘航空団にはその栄誉を讃えて彼の名が付けられた。

エーザウはスペイン内戦期間中にコンドル軍団の第88戦闘団(JGr 88)/第3飛行中隊に所属して8機を撃墜し、28名にしか授与されなかった剣・ダイヤモンド付スペイン十字章金章の受勲者の一人になった。

第二次世界大戦が始まるとエーザウは第20戦闘航空団(JG 20)/第2飛行中隊の指揮を任された。ポーランド侵攻作戦開始時に部隊は東部の前線へと移動し、西部戦線へ戻った後に第51戦闘航空団(JG 51)/第III飛行隊に改称された。フランス侵攻作戦中に第二次世界大戦での初の戦果を挙げた後、エーザウは西部と東部の両方の作戦に参加し、東部戦線で負傷して戦傷章銀章を授与された。

エーザウは第1戦闘航空団(JG 1)の戦闘航空団司令として復帰し、1944年 5月11日に齢30で戦死した。JG 1にはその栄誉を讃えて「エーザウ」の隊称が付与された。

Curt Haase

Haase, Curt

Generaloberst
1943

クルト・ハーゼ(Curt Haase, 1881年12月15日–1943年2月9日)は、ドイツの軍人。最終階級はドイツ国防軍上級大将。

バート・ホネフに生まれる。1901年7月にヴュルテンベルク王国軍に入営。第一次世界大戦には当初中尉・第65砲兵連隊の中隊長として従軍、開戦二ヶ月後に大尉に昇進し、様々な師団で参謀を務める。大戦中の叙勲多数で、ホーエンツォレルン家勲章剣付き騎士十字章を受章した。

戦後もヴァイマル共和国軍に残り、1923年から1935年まで第5砲兵連隊司令官を務める。1936年3月にベルリンの第3歩兵師団長に転じる。1938年3月13日記念メダル受章。1938年11月に第III軍団司令官に就任し、第二次世界大戦勃発後の1940年11月まで務める。その間西方電撃戦においては同軍団を指揮して1940年5月にフランス軍の防御線を突破し、その功により6月に騎士鉄十字章を受章し、また上級大将に昇進した。1940年11月より総統予備(待命)となり、1941年1月に新設の第15軍司令官に任命された。1942年12月に再び総統予備となる。

1943年、心臓病のためベルリンで死去した。

Hermann von der Lieth-Thomsen

Lieth-Thomsen, Hermann von der

General der Luftwaffe

1942

(10 March 1867 – 5 May 1942)
General der Flieger (1 August 1939)
Charakter als General der Flieger (1 April 1939)
Generalleutnant (1 March 1939)
Charakter als Generalleutnant (2 August 1937)
Generalmajor (1 November 1935)

* 10. März 1867 in Flensburg; † 5. August 1942 in Westerland auf Sylt

Heinrich von Brandt

Brandt, Heinrich von

General, Militärschriftsteller

1868

1818年商人で議会議員のフリードリヒ・ベタウアー氏の娘Schweidnitz Auguste Charlotte Bettauer(1798-1883)で結婚。カップルには、以下を含むいくつかの子供がいました

  • Max (1835–1920), deutscher Diplomat und später Gesandter in China
  • Heinrich (1823–1882), preußischer Oberst