Wolfgang Fürstner

WOLFGANG FÜRSTNER
HAUPTMANN
STV.KMDT DES OLZMPISCHEN DORFES 1936
*4.4.1896
†19.8.1936
FREITOD ALS ERGEBNIS
POLITISCHER VERFOLGUNG

 

ヴォルフガング・フュストナー大尉(Wolfgang Fürstner)は、第一次世界大戦時のドイツ帝国海軍のデアフリンガー級巡洋戦艦の一番艦である【デアフリンガー】の最後の指揮官Albert Heinrich Hans Karl von Schlick(1874-1957)とMarieGräfinvon Reventlowの娘、Leonie von Schlickと結婚する。1936年の夏季オリンピックでベルリンのオリンピック村を建設し、組織することを任され、副指揮官を務めた。
しかし、フュストナーは、ニュルンベルク法に従うとユダヤ人として分類され、国防軍から解雇されることを知っていた。(彼の祖父、カール・フュストナー博士はユダヤ人でキリスト教へ改宗していた。)

1936年6月、フュストナーは解職され地方の副司令官に降格。公式には、フュストナーが5月1日の開幕から6月15日に37万人が訪れ、多くの問題に「必要なエネルギーで行動しなかった」という理由だったが、フュストナーを非難するための口実に過ぎなかった。その他オリンピックに関連したユダヤ系には、ヘレン・マイヤー(Helene Mayer ・フェンシング)、ルディ・ボール(Rudi Ball。アイス。ホッケー)などがいた。後任副指揮官には非ユダヤ人のヴェルナー・フライヤー・フォン・ウント・ジウサ(Werner Freiherr von und zu Gilsa)中佐が任命された。ジウサは最終的には歩兵科大将に昇進し、ドレスデンの最後の国防軍司令官になり、1945年5月8日に自殺している。
フュストナーは1936年8月19日にオリンピック終了の後3日にピストル自殺した。彼はオリンピックメダルファーストクラスを受賞し、彼の後継者ギルザの晩餐会にも出席していた。
ドイツの国際的な評判を守るために、フュストナーの自殺隠し、死は自動車事故の結果であったとナチスは発表。しかし、国外のジャーナリストには隠蔽しきれず、オーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルドなどは、彼が銃の横で死んでいることを発見したと報道した。
遺体はドイツの戦争による名誉ある死者と一緒にInvalidenfriedhofのセクションFに埋葬された。
冷戦時、ベルリンの壁により荒らされた墓は新しい石のマーカーがドイツオリンピック委員会から寄贈され、2002年6月にWaltherTröger委員長により献身されました。