Hans-Günter v. Kornatzki

Hans-Günter
v. Kornatzki
Oberstlt.d.Luftw
*1906 †1944
Ursula
v.Kornatzki
geb. Grundtmann
*1903
†1943

BIRTH 22 Jun 1906
DEATH 12 Sep 1944 (aged 38)
Oberstleutnant
Victories : 6
Units : JG 132, JG 52, Sturmstaffel 1, JG 4

Hans-Günter von Kornatzkiは、1906622日にOst-PreußenLiegnitzで生まれ。

ヴァイマル共和国軍192859日に参加。

フォル・コルナツキーは、1933年にSchließheimでの飛行訓練を受け、新設されたLuftwaffe(ドイツ空軍)に移籍。

193441Fliegergruppe Werneuchenでの訓練を完了。

6月、フォン・コルナツキーは、最近結成されたドベリッツにあるレクラマスタフェル・ミッテルデュークランドに移籍した。

7月には、I. / JG 132の副指揮官を務めました。

1935年3月、Jüterborg-DammでII./JG 132が結成され、大尉として移籍した。

1938年にはWiesbadenに拠点を置くI./JG 334に移籍。その後、

イヴァー(Jever)に拠点を置くI / 138の副指揮官に就任。

1939913日、フォル・コルナツキー大尉はBöblingenにある新しく形成されたII./JG 52の司令官に任命された。

II./JG 52はフランスのPeuplingueに移動し英国の戦いに備えた。

II./JG 52は1940年8月18日にイヴァー(Jever)に移動。

フォル・コルナツキー大尉は、1940826日、Werneuchenに拠点を置く第1戦闘機学校のチーフインストラクターとして就任しました。

1943年2月 Fliegerkorps Höherer Jagdfliegerführer West(西部高等戦闘機パイロット飛行隊)に勤務

フォン・コルナツキー少佐は、連合軍の4発爆撃機への攻撃プランを策定、

1943年の後半、フォン・コルナツキー少佐Achmerに拠点を置くEprobungskommando 25に一時勤務し爆撃機との近接戦闘のための戦術と兵器を批評した。

1943年10月、フォン・コルナツキー少佐は、彼の戦術を実行するために、アークマーに拠点を置くSturmstaffel 1のStaffelkäpitanに任命されました。彼は、1944年3月23日撃墜記録を5機にするために出撃、USAAF B-17 4発爆撃機HerauschussをBeckum-Hamm上空撃墜、ユニットに1勝を記録した。

彼は19444月の終わりに解散されたSturmstaffel 1号機を記録した。ユニットとの勝利は、USAAF B-17 4発爆撃機であると主張した。

1944年5月、Oberstleutnant von KornatzkiはSalzwedelに拠点を置くII(Sturm)/ JG 4のGruppenkommandeurに任命されました。

912日にフォル・コルナツキー少佐IISturm/ JG 4を率いて、マクデブルク近くのUSAAF B-17編隊に攻撃した。

彼は爆撃機の1つを撃墜することに成功したが、その後護衛戦闘機に迫撃され、フォル・コルナツキー少佐はHalberstadt近くのZillyに緊急着陸を試みたが、電灯線に墜落し戦死。Fw 190 A-8 / R2 “Green 3“