Curt von Dewitz

Curt von Dewitz
GENLT A.D.
R.D.O. Pour Le Merite
*31.7.1871
†2.4.1929

Generalleutnant, Inspektor der Artillerie

マックス・フォン・デヴィッツ(Max von Dewitz[1844–1893])と彼の妻エリザベス・フォン・メッツラート(Elisabeth von Metzradt[1851–1886])の息子として生まれた。

陸軍士官学校を卒業し1890年3月24日に少尉(Sekondeleutnant)でKOLBERG駐屯の第1ポメラニアン野戦砲兵第2連隊に配属。

1892年-1893年 連邦砲兵工学学校卒業、ベルガード駐屯の第1ポメラニアン野戦砲兵第2連隊に戻り第二大隊副官として勤務。

1898年4月1日中尉。

1902年10月18日大尉に昇進、中隊長。

1911年8月18日Perlebergt駐屯(Kurmärkischen Feldartillerie-Regiment Nr. 39.)、

1912年6月19日ブロンベルグ駐屯ヒンターポマーシェンフェルダーティレリー連隊53番連隊(Hinterpommerschen Feldartillerie-Regiments Nr. 53.)の参謀に転属。

1913年6月6日少佐

1913年10月1日ブロンベルグ駐留第2ポメラニアン野砲第17連隊(2. Pommerschen Feldartillerie-Regiments Nr. 17の第1大隊の指揮官に任命されました。

第一次世界大戦の動員と勃発により、第1軍に配備され、モンスでの戦闘に参加。イープルの戦いが終わった後、連隊は東部戦線に移り、ウッチの戦いに参加した。1月からバグの防衛戦(Bug-Offensive)に参加。

1915年11月12日に、デヴィッツは第1東プロイセン野戦砲兵第16連隊(1. Ostpreußischen Feldartillerie-Regiments Nr. 16 )の指揮官になりました。

1916年3月にヴェルダン近くの西部戦線に短期従軍。

1916年8月-1917年3月連隊共には再び東部戦線に従軍。その後、ヴェルダン戦線に戻って、フランスの大戦に参加。

1918年4月22日にプール・ル・メリテ勲章受勲

1918年7月3日Artillerie-Kommandeur Nr. 1 指揮官

1918年7月15日中佐

1920年5月16日に指揮官となった国防軍第2連隊のスタッフで最初に使用されました。

1920年12月18日 大佐

1923年2月1日-1927年3月31日 ユターボグ砲兵学校司令官(Kommandeur der Artillerieschule Jüterbog )

1925年11月1日 少将
その後、彼はカッセル(Kassel)のGruppenkommandos 2の参謀となる。

1927年11月1日 砲兵検査官(Inspekteur der Artillerie)に任命

1928年1月1日中将に昇進。

1929年1月31日退職。