Reichsprotektorat Böhmen und Mähren

71月 - による conmo3 - 0 -

Reichsprotektorat Böhmen und Mähren
ベーメン・メーレン保護領1939年3月15日-1945年5月7日
1938年9月29日 30日にかけてミュンヘン会談にて、ズデーテン地方のドイツ領有が認められた。
1938年11月1日 カール・ヘルマン・フランク(Karl Hermann Frank)はズデーテン・ドイツ人党(Sudetendeutsche Partei)から国家社会主義ドイツ労働者党へ移籍し(党員番号6,600,002)親衛隊少将。
1938年12月4日 カール・ヘルマン・フランクはズデーテン選出のドイツ国会議員となった。
1939年3月15日 午前6時ドイツ国防軍によるチェコスロバキア占領の後、プラハ城におけるアドルフ・ヒトラーの布告によりにベーメン・メーレン保護領が設置される。
占領ドイツ軍司令官:ドレスデン第3軍集団ヨハネス・ブラスコヴィッツ中将(Johannes Blaskowitz[– 1939年8月1日ポーランド侵攻に伴い第8軍移籍])
保護領大大統領 エミール・ハーハ(Emil Hácha[1939年3月15日 – 1945年5月4日])
保護領大教育大臣・民衆教育大臣 エマニュエル・モラヴェッツ(Emanuel Moravec[ – 1945年5月5日自殺])
保護領大プラハ市長代理 ヨーゼフ・プフィッツナー(Josef Pfitzner[ – 1945年9月6日自殺])
民政長官 コンラート・ヘンライン(Konrad Henlein[1939年3月から4月])ズデーテン・ドイツ人党(Sudetendeutsche Partei)党首
チェコスロバキア首相 ルドルフ・ベラン(Rudolf Beran[1938年12月 – 1939年4月27日])
チェコスロバキア交通相 アロイス・エリアーシ(Alois Eliáš[1938年12月 – 1939年4月27日])
1939年3月16日 スロバキアにも進駐

German troops parading in front of General Geyr von Schweppenburg, after the German occupation of Czechoslovakia, Wenceslas Square, Prague, 17. March 1939

Geyr von Schweppenburg中将は1937年から1940年2月15日まで第3装甲師団長。

1939年3月21日 ベーメン・メーレン保護領総督 コンスタンティン・フォン・ノイラート男爵(1939年3月21日 – 1943年8月24日罷免)
1939年3月23日 ハンガリーは突然カルパトウクライナからスロバキアを攻撃、スロバキア・ハンガリー戦争(英語版)が発生
1939年3月 プラハ保安警察署長ホルスト・ベーメ親衛隊中佐及び警察中佐(SS-Obersturmbannführer und Oberstleutnant der Polizei)(1939年3月 – 1941年10月21日)

地区協会事務所の土地登記をGau Hessen-Nassauの参事Fritz Bernotat[1939年春-1939年9月]が行う。

1939年3月エーリヒ・エーアリンガー(Erich Ehrlinger)はプラハのSD設立に携わった。この際の1939年3月から9月にかけてプラハでアインザッツグルッペンの部隊アインザッツコマンド(Einsatzkommando)の指揮官となり、反ナチ分子などの殺人行動を指揮

1939年4月18日親衛隊人種及び移住本部入植部門局長クルト・グスタフ・フリードリヒ・ヴァルター・フォン・ゴットベルク(Curt Gustav Friedrich Walther von Gottberg)がベーメン=メーレン保護領に派遣され、プラハに国土事務局を設置した。だが金融的失政によって11月7日に解任され、一時期職務から離れた
1939年4月27 保護領首相アロイス・エリアーシ(Alois Eliáš)(1939年4月27日 – 1941年9月28日逮捕)
1939年4月28日 ベーメン・メーレン保護領親衛隊及び警察高級指導者カール・ヘルマン・フランク(1939年4月28日 – )
1939年4月30日 ベーメン・メーレン保護領総督付次官カール・ヘルマン・フランク(1939年4月30日 – 1943年8月20日)
1939年5月 コンラート・ヘンライン(Konrad Henlein[1939年5月から1945年5月7日])ズデーテンラント大管区指導者となる。
1939年7月 ハインツ・パンヴィッツ(国家保安本部Amt IV, section 2a)プラハ着任。
1939年 サッカーベーメン・メーレン保護領代表が結成され、FIFAに加盟した。
1939年10月28日 学生を中心としたデモがピークに達したときイツの警察と衝突。若年労働者でソコルターナーの ヴァーツラフ・セドラチェクはプラハの街で射殺。
チャールズ大学の医学生ヤン・オプレタールは銃創を負い、その後1939年11月11日に死亡した。
1939年11月15日 ヤン・オプレタールの遺体は故郷のナクロに輸送され数千人の国歌で葬儀される。
1939年11月16日 特別行動プラハ学生協会の9人の代表者が逮捕され、プラハのラルズィニェのかつての兵舎に連れて行かれ裁判なしで、夜に銃殺。
1939年11月17日 特別行動プラハ1,200〜1,300人が裁判なしでザクセンハウゼン強制収容所に強制送還されました
1940年 ベーメン・メーレン保護領に旅行禁止命令が出された。
1940年2月17日 カール・ヘルマン・フランク(Karl Hermann Frank)、アンナ・ミュラー(Anna Müller:二人息子)離婚。
1940年4月14日 カール・ヘルマン・フランク(Karl Hermann Frank)、ズデーテン・ドイツ人党員であったカローラ・ブラシェク(Karola Blaschek:ズデーテン・ドイツ人党員、一人息子と二人娘)と再婚
1940年10月10日 ハイドリヒ、ハンス・フランク、アドルフ・アイヒマン、ホルスト・ベーメらがユダヤ人強制移送についての会議。
1941年9月27日 ハイドリヒはヒトラーによりベーメン・メーレン保護領副総督に任ぜられた。
1941年9月28日 首相不在期間(1941年9月28日 – 1942年1月19日)
1941年9月28日 ハイドリヒ、プラハに到着。
1941年9月29日 ベーメン・メーレン保護領副総督ラインハルト・ハイドリヒ国家保安本部長官(Reinhard Heydrich[1941年9月29日 – 1942年6月4日])
ハイドリヒ、全土に戒厳令を敷き、即決裁判所を設置。
1941年10月21日 ホルスト・ベーメ親衛隊大佐(SS-Standartenführer)に昇進し、プラハの保安警察及びSD指揮官(BdS)に任命される。
ホルスト・ベーメはプラハ特別行動「Sonderaktion Prag」の一環で高等教育を廃止し、1500人の学生をザクセンハウゼン強制収容所へ移送した。
1941年10月24日 ダリューゲはドイツ、オーストリア、ベーメン・メーレン保護領、リガ、ミンスクのユダヤ人への退去強制令書に署名している。
1941年12月15日 ヒムラーが訪問中プラハ聖堂前の広場で大規模で派手な公開処刑
1942年 カール・ヘルマン・フランク(Karl Hermann Frank)信仰はもともとカトリックだったが、親衛隊の方針に従って教会を離れる。
1942年1月19日   保護領首相アヤロスラフ・クレチ(Jaroslav Krejčí[1942年1月19日 – 1945年1月19日])
1942年2月4日 ハイドリヒ自身が秘密演説の中で次のように述べた。
「約90の短波放送を補足した。死刑判決は400ないし500、拘束者数は4000ないし5000に及ぶ。死刑あるいは拘束を受けた者は(抵抗運動の)付和雷同者ではなく指導者である。」
労働者の食糧配給と年金支給額を増加させ、チェコで初めての雇用保険を創出させた。また、カールスバートのリゾートホテルなどを接収し、労働者の保養地として開放した。ハイドリヒ夫妻は毎日のように労働者の代表団をプラハ城に招待して歓迎し、代表団の陳情によく耳を傾けた。
1942年5月6日 ハイドリヒはフランスおよびベルギー総督に内定、パリを訪問。
1942年5月27日 ハイドリヒが襲撃を受け重傷を負うと、クルト・ダリューゲ秩序警察長官(Kurt Daluege[1942年5月27日 – 1946年10月24日])は襲撃調査の監督をするためにプラハに赴きその際に副総督の職務を代行。
武装親衛隊医師長(Beratender Chirurg der Waffen-SS)カール・フランツ・ゲープハルト(Karl Franz Gebhardt治療にあた。
ベーメン・メーレン保護領親衛隊及び警察高級指導者カール・ヘルマン・フランク(45歳)が、ハイドリヒ襲撃のあった日からチェコ全土に戒厳令を敷く。
1942年6月4日 午前4時30分頃にハイドリヒ死去(38歳)。クルト・ダリューゲ(45歳)秩序警察長官はハイドリヒが死亡するとその後任に任じられた。

国家保安本部長官をヒムラーが兼務し、国家保安本部長官代理として第一局(人事局)局長ブルーノ・ハインリヒ・シュトレッケンバッハ親衛隊中将(Bruno Heinrich Streckenbach[])実務を担当、1943年1月にエルンスト・カルテンブルンナーが後任となる。

1942年6月9日 ベルリンにおいてヒトラー出席のもと葬儀が
1942年6月10日 11日にかけてプラハの保安警察及びSD司令官のホルスト・ベーメは、プラハ近郊にある500人ほどの人口の鉱山労働者集落リディツェ村が「暗殺部隊を匿った」として、リディツェ村虐殺が開始
1942年6月18日 朝、ハインツ・パンヴィッツ(Heinz Pannwitz)率いる750人ほどの親衛隊部隊が聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂を包囲した。
1942年6月24日 レジャーキ村の虐殺が開始
1942年5月28日 9月1日までに、公式に拘束されたチェコ人だけでも3188人に及び、1357人がプラハとブルノの即決裁判で死刑。
1943年8月24日 ベーメン・メーレン保護領総督 ヴィルヘルム・フリック(Wilhelm Frick[1943年8月24日 – 1945年5月4日])前内務大臣
1942年6月5日 ベーメン・メーレン保護領副総督クルト・ダリューゲ秩序警察長官(1942年6月5日 – 1943年8月24日)
1942年6月 ベーメン・メーレン保護領民政長官ハインツ・ラインファルト武装親衛隊中将及び警察中将(SS-Obergruppenführer und General der Waffen-SS und Polizei Heinz Reinefarth[1942年6月 – 1944年1月29日])
1943年5月6月 ダリューゲは連続して起った心筋梗塞で重体となり、秩序警察長官職を7月30日より病気療養のため休職することとなった。

1943年4月5日 パンクラック刑務所(Pankrác Prison[-1945年4月26日)のギロチンにより、ナチの死刑執行人によって合計1,079人(女性175人を含む)が斬首。絞首刑の数は不明。ナチスの死刑執行長はアロイス・ワイス(Alois Weiß[史上最多死刑執行人ヨハン・ライヒハート(Johann Reichhart)の弟子])チェコ人のアルフレッド・エンゲル(Alfred Engel)、ロバート・タイファ(Robert Týfa)、ヤン・クシジェク(Jan Křížek[changed his name to Johann Kreuz])の3名が助手を務めた。のちにプラハブラニークのアントニン・ネラド(Antonín Nerad)と、ワイス義理の兄弟であるオットー・シュバイガー(Otto Schweiger)が加わる。
犠牲者はプラハのストラスニツェ火葬場(Strašnice Crematorium)で火葬されました。
1943年7月30日 ヒムラーが秩序警察長官職を代行[-1943年8月31日]、その後はアルフレート・ヴェンネンベルクが秩序警察長官事務取扱として長官職の職務を代行[1943年8月31日-]。
1943年8月20日 ダリューゲはベーメン・メーレン保護領副総督の地位を降りることとなった。
1943年8月20日 ヴィルヘルム・フリック(Wilhelm Frick)は内務大臣を解任され無任所大臣に任命される。
1943年8月24日 ヴィルヘルム・フリック(Wilhelm Frick)はコンスタンティン・フォン・ノイラートの後任としてベーメン・メーレン保護領総督に任命される。
ベーメン・メーレン保護領担当「Staatsminister(国務相)」新設置カール・ヘルマン・フランク(1943年8月20日 – 1945年5月8日)
1943年10月28日 ベーメン・メーレン保護領ドイツ赤十字指導者カール・ヘルマン・フランク(1943年10月28日 – )
1944年2月25日 カール・ヘルマン・フランクがズデーテンラントの親衛隊及び警察高級指導者[1944年2月25日 – ]
ドイツ政府には「Reichsminister(国家大臣、帝国大臣)」と呼ばれる上級の大臣職のほかに、「Staatsminister(国務相)」と呼ばれる下位の大臣職が存在していた。
フランクの地位は国家大臣ではなく国務相であるが、儀礼的には国家大臣級の待遇を受けていた(「Staatsminister im Rang eines Reichsministers」)。
1945年4月30日 ~5月1日の間、ベーメン・メーレン保護領担当相カール・ヘルマン・フランクは「暴動を起こした者は血の海のなかでおぼれ死ぬこととなる」とラジオで発表した。
1945年 南方軍集団司令官(後にオストマルク軍集団へと改名される)ロタール・レンデュリック(Dr. Lothar Rendulic)上級大将
1945年1月19 保護領首相アリヒャルト・ビエナート(Richard Bienert)(1945年1月19日 – 1945年5月5日)

1945年4月26日

1945年5月7日 プラハの戦いの最中、オストマルク軍集団はアメリカ軍に降伏した。

1945年5月4日 ヴィルヘルム・フリック(Wilhelm Frick)連合軍に逮捕。
1945年5月9日 カール・ヘルマン・フランク(Karl Hermann Frank)プルゼニでアメリカ陸軍に投降。
1945年5月 クルト・ダリューゲ(Kurt Daluege)リューベックにおいてイギリス軍により逮捕
1946年9月 ダリューゲの身柄はチェコスロヴァキアへと移送。
1946年10月9日 クルト・ダリューゲ(Kurt Daluege)の「ベーメン・メーレン保護領副総督としておこなった行為」についてチェコスロヴァキア・プラハにて人民法廷にかけられる。
1946年10月23日 クルト・ダリューゲ(Kurt Daluege)に死刑判決
1946年10月24日 クルト・ダリューゲ(Kurt Daluege)死刑執行直前に壊れたグラスで手首を切って自殺を図ったが失敗。パンクラーツ刑務所内において公開絞首刑。
1946年 カール・ヘルマン・フランク(Karl Hermann Frank)パンクラーツ刑務所内において公開絞首刑。