21:東プロイセン大管区(Gau Ostpreußen der NSDAP)

203月 - による conmo3 - 0 -

大管区都:ケーニヒスベルク
1925年に設置。プロイセン自由州の東プロイセン県から構成される。1939年10月26日の総統命令により東プロイセン大管区の5管区(エルビング、マリーエンブルク、マリーエンヴェルダー、ローゼンベルク、シュトゥーム)がダンツィヒ大管区に編入され、また占領した隣接する旧ポーランド領が併合された。
歴代大管区指導者
ヴィルヘルム・シュティヒ(Wilhelm Stich)(1925年12月-1926年1月)
ブルーノ・グスタフ・シェルヴィッツ(1926年2月1日-1927年3月)
ハンス・アルベルト・ホーンフェルト[暫定](1927年3月17日-1928年8月)
空位(1928年8月-1928年10月1日)
エーリヒ・コッホ(1928年10月1日-1945年4月23日)
歴代大管区指導者代理
ヴァルデマール・マグニア(1926年1月-1928年9月15日)
ダゴベルト・デュル(Dagobert Dürr)(1928年9月15日(?)-1932年)
フェルディナント・グロースヘル(1932年-1945年4月9日)
Memel
Hezdekrug
Elchniederung
TilsitRagnit
Schloßberg
Ebenroder
Gumbinnen
Insterburg
Labiau
Wehlau
Samland
Königsberg
Heiligenbeil
Preußisch-Eylau
Bartenstein
Verdauen
Angerapp
Goldap
Braunster
Preußisch-Holland
Mohrungen
Heilsberg
Rössel
Rastenburg
Angerburg
Treuburg
Sudauen
Allenstein
Sensburg
Lötzen
Leck
Johannisburg
Ortelsburg
Osterode
Sudauen
Neuenburg
Scharenweise
Milan
Praschnitz
Mackeim
Sichelberg
Zichenau
Schröttersburg
Plöhnen
Ostenburg