31b:ザールラント大管区(Gau Saarland der NSDAP)

203月 - による conmo3 - 0 -

大管区都:ザールブリュッケン
1926年5月30日に設置。1935年にザールラントのドイツ復帰が決定すると、3月1日にライン=プファルツ大管区と合併してプファルツ=ザール大管区となる。
歴代大管区指導者
ヴァルター・ユング(1926年5月30日-1926年12月7日)
ヤーコプ・ユング(1926年12月8日-1929年4月21日)
グスタフ・シュテーベ(1929年4月-1929年7月30日)
アドルフ・エーレッケ(1929年7月31日-1931年9月1日)
カール・ブリュック(1931年9月15日-1933年5月6日)
ヨーゼフ・ビュルケル(1933年5月6日-1935年2月28日)
歴代大管区指導者代理
カール・ブリュック(1927年9月-1931年9月15日)
ペーター・バルテス(1931年9月15日-1932年12月)
アロイス・シュパニオル(1932年12月-1933年5月)