親衛隊中央組織

親衛隊中央組織

親衛隊全国指導者個人幕僚部(PersönlicherStabReichsführerSS)

幕僚部長:カール・フリードリヒ・オットー・ヴォルフ(Karl Friedrich Otto Wolff)1933年6月
▼レーベンスボルン(Lebensborn e. V.)
運営責任者:SS医官グレゴール・エープナー(Gregor Ebner)親衛隊上級大佐
Deutschland
▽▼【高原荘(Hochland)】in Steinhöring bei Ebersberg(1936年〜45年4月)[母親用ベッド50台/子供用ベッド109台]
▽▼【ハルツ荘(Harz)】in Wernigerode bei Harz(1937年)[母親用ベッド41台/子供用ベッド48台]
▽▼【マーク侯荘(Kurmark)】in Klosterheide(1937年)[母親用ベッド523台/子供用ベッド86台]
▽▼【フリースラント荘(Friesland)】in Löhnhorst(Osterholz) bei Bremen(1937年-1941年1月)[母親用ベッド534台/子供用ベッド45台]
▽▼【タウヌス児童園(Kinderheim „Taunus“)】in Wiesbaden(1939年-1945年3月)[子供用ベッド55台]
▽▼【お日さまヶ原児童園(Kinderheim „Sonnenwiese“)】in Kohren-Sahlis Leipzig(1942年)[子供用ベッド170台]
▽▼【シュヴァルツヴァルト荘(Schwarzwal)】in Nordrach(1942年)
▽▼【フランケン児童園1号、2号(Kinderheime „Franken I und II“】in Ansbach-Schalklausen
▽▼【ミュンヘン家族村(Villa der Familie Mann in München)】Poschinger Straße(1937年12月-1938年12月”Lebensborn”の本部)
Österreich
▽▼【Heim „Ostmark“/Heim „Wienerwald“】in Feichtenbach[母親用ベッド49台/子供用ベッド83台](1938年4月Arisierten Sanatorium Wienerwalを接収)
▽▼【Alpenland】im Schloss Oberweis bei Gmunden(Oberösterreich)(1943年)
【Neulengbach】in Neulengbach bei St.Pölten[未稼働, 国防軍へ施設をリース]
Polen
▽▼【Heimstätt】in Smoszewo(1944年4-7月)(シングルマザーのための24の木造住宅)
▽▼【Kriegsmütterheim】in Stettin(1940年)
▽▼【ポンメルン荘(Pommern)】in Bad Polzin(1938年-1945年2月)[母親用ベッド560台/子供用ベッド75台]
▽▼【Bromberg】ポーランド初のレーベンスボルン、Haupttreuhandstelle Ost(HTO)が支援(1942年)
▽▼【Krakau】Krupniczej 11(Albrechtstraße)(“Lebensborn”の支部)
▽▼【Lodz(Litzmannstadt)】Helenówek(1941年夏、旧ユダヤ人戦争孤児院(Jüdischen Vorkriegswaisenhausを接収)
▽▼【Lebensborn Ostland】Otwock Warschau(1943年Sanatoriums „Brijus“を接収)[国家社会主義人民福祉(Nationalsozialistischen Volkswohlfahrt:NSV)ドイツ化の学校を設立。]
Luxemburg
▽▼【Kinderheim „Moselland“】in Bofferdingen bei Luxemburg(1943年夏-1944年9月)
Belgien
▽▼【Ardennen】in Wegimont bei Lüttich(1943年-1944年9月)[母親用ベッド530台]
Frankreich
▽▼【Westland】in Lamorlaye bei Chantilly(1944年-1944年8月)
Niederlande
▽▼【Gelderland】in Nimwegen[母親用ベッド560台/子供用ベッド100台(未稼動)]
Norwegen
▽▼【Heim Geilo】(1942年)[母親用ベッド560台/子供用ベッド20台]
▽▼【Kinderheim „Godthaab“】Oslo(1942年)[子供用ベッド165台](1943年10月、250人の子供)
▽▼【Heim Hurdalsverk】(1942年)[母親用ベッド540台/子供用ベッド80台]
▽▼【Heim Klekken】(1942年)
▽▼【Heim Bergen】in Hop bei Bergen(1943年)[母親用ベッド520台/子供用ベッド6台]
▽▼【Kinderheim „Stalheim“】 (1943年)[子供用ベッド100台]
▽▼【Stadtheim Oslo】(1943年)[母親用ベッド520台/子供用ベッド6台]
▽▼【Stadtheim Trondheim】(1943年)[母親用ベッド530台/子供用ベッド10台]
▽▼【Heim Os】bei Bergen[子供用ベッド80台(未稼動)]

▼親衛隊全国指導者友の会(Freundeskreis Reichsführer SS)
会長:ヴィルヘルム・カール・ケプラー(Wilhelm Karl Keppler) 幹事:Fritz Kranefuss
▽▼Hermann Behrends
(SS-Gruppenführerund Generalleutnant der Polizeiund SS-Sturmbannführer der Reserveder Waffen SS,Höherer SS und Polizeiführerin Serbienund Montenegrosowie Stabsführer der Volksdeutschen Mittelstelle)
▽▼Rudolf Bingel
(Siemens-Halske)
▽▼Gottfried von Bismarck-Schönhausen
(Regierungspräsidentin Stettinundspäterin Potsdam)
▽▼Karl Blessing,Unilever
(Später Bundesbankchef)
▽▼Wilhelm Börger
(Arbeitsministerium)
▽▼Heinrich Bütefisch
(I.G.Farben)
▽▼Kurt Dellmann
(SS-Obersturmführer)
▽▼Friedrich Karl Dermietzel
(Stellvertreter des Reichsarztes SS und Polizei,SS-Brigadeführer)
▽▼Hans Fischböck
(Reichskommissarim Vierjahresplan)
▽▼Friedrich Flick
(Mitteldeutsche Stahlwerke)
▽▼Rudolph Firle
(Norddeutscher Lloyd)
▽▼Herbert Göring
(Wirtschaftsministerium,Vettervon Hermann Göring)
▽▼Karl Rittervon Halt
(Deutsche Bank)
▽▼Franz Hayler
(Staatssekretärim Wirtschaftsministerium)
▽▼Ewald Hecker
(Ilseder Hütte)
▽▼Emil Helfferich
(Aufsichtsratsvorsitzender der Hapag,Direktorder DAPG)
▽▼Otto Heuer
(GeneraldirektorderSchütteAG)
▽▼Erich Hilgenfeldt
(LeiterderNationalsozialistischenVolkswohlfahrt)
▽▼Richard Kaselowsky
(Dr.August Oetker KG,Bielefeld)
▽▼Hans Kehrl
(SS-Oberführer)
▽▼Wilhelm Keppler
(ab1938 Staatssekretärim Außenministerium)
▽▼Fritz Kiehn
(Papierfabrikantund SS-Obersturmbannführer)
▽▼Wilhelm Kleinmann
(Staatssekretärim Reichsverkehrsministerium)
▽▼Friedrich Carl Arthur Kranefuß
(BRABAG,Himmlers Adjutant)
▽▼Carl Vincent Krogmann
(Erster Bürgermeister von Hamburg)
▽▼Karl Lindemann
(Direktorder Dresdner Bank,Deutsche Reichsbank,DAPG Norddeutscher Lloyd,Melchers & Co..,Bremen)
▽▼Freiherrvon Lüdinghausen
()
▽▼Emil Heinrich Meyer
(Vorstandder Dresdner Bank)
▽▼Werner Naumann
(Staatssekretärim Reichsministerium für Volksaufklärungund Propaganda)
▽▼Otto Ohlendorf
(Staatssekretärim Wirtschaftsministerium)
▽▼Alfred Olscher
(Reichs-Kredit-Gesellschaft)
▽▼Oswald Pohl
(Leiterdes Wirtschaftsamtes der SS)
▽▼Karl Rasche
(Mitgliedim Vorstandder Dresdner Bank)
▽▼Herbert Reichenberger
(SS-Untersturmführer)
▽▼Friedrich Reinhart
(AufsichtsratsvorsitzenderderCommerzbank)
▽▼Hellmut Röhnert
(Rheinmetall-Borsig)
▽▼Erwin Rösener
(SS-Obergruppenführerund General der Waffen-SS,Mitglieddes Reichstages)
▽▼August Rosterg
(Kali-Konzern Wintershall AG)
▽▼Hjalmar Schacht
(Reichsbankpräsident)
▽▼Ernst Schäfer
(SS-Sturmbannführer des SS-Amtes Ahnenerbe)
▽▼Walther Schieber
(Leiterdes Rüstungslieferungsamtesim Rüstungsministerium)
▽▼Heinrich Schmidt
(Wintershall Kali-Konzern)
▽▼Kurt Schmitt,アリアンツAGの取締役、元経済大臣
(früher Wirtschaftsminister Vorstandsvors.der Allianz AG)
▽▼Kurt Freiherrvon SchröderJ.H.Stein銀行頭取
(Bankier,J.H.Stein Bank)
▽▼Wolfram Sieversアーネンエルベ事務長
(Leiter des Amtes Ahnenerbe)
▽▼Otto Steinbrinckプロイセン連合
(Gewerkschaft Preußen)
▽▼Albert Vögler合同製鋼
(Vereinigte Stahlwerke AG–seine Mitgliedschaftwirdausgewichtigen Gründenbezweifelt.)
▽▼Wilhelm Voßヘルマン・ゲーリング国家工場
(Reichswerke Hermann Göring)
▽▼Hermann Waldheckerライヒスバンク理事
(Direktor der Reichsbank)
▽▼Hans Walz
(Boschwerke)
▽▼Franz Heinrich Witthoefft
(Vorsitzender des Aufsichtsratsder Commerz-und Privatbank)
▽▼Karl Wolff親衛隊全国指導者個人幕僚部長
(persönlicher Adjutant Himmlers)
▽▼Walther Wüst親衛隊上級大佐、インドヨーロッパ研究教授、アーネンエルベ責任者
(Professor für Indogermanistik, SS-Oberführer, Amtschef der SS Forschungs und Lehranstalt„DasAhnenerbe“)

▼アーネンエルベ(Forschungsgemeinschaft Deutsches Ahnenerbe)
初代長官:ヘルマン・ヴィルス(HermanWirth)
:ヴァルター・ヴュスト(WaltherWüst)
事務長(Reichsgeschafsführer):ヴォルフラム・ジーヴァス博士(WolframSievers)
▽▼社会科学
▽▽▼インドゲルマニア=アーリア言語及び芸術研究(Indogermanisch-arischeSprach-undKulturwissenschaft)
▽▽▼インドゲルマニア=ドイツ言語及び文化研究(Indogermanisch-germanischeSprach-undKullturwissenschaft)
▽▽▼ドイツ文化研究及び地形学(GermanischeKulturwissenschaftundLandschaftskunde)
▽▽▼ドイツ言語研究及び地形学(GermanischeSprachwissenschaftundLandschaftskunde)
▽▽▼インドゲルマニア信仰史(IndogermanischeGlaubengeshichte)
▽▽▼インドゲルマニア歴史法学(IndogermanischeRechtsgeschichte)
▽▽▼インドゲルマニア=ドイツ音楽(Indogermanisch-deutscheMusik)
▽▽▼ゲルマニア・ドイツ民俗学(Germanisch-deutschVolkskunde)
▽▽▼ドイツ民族研究及び民俗学(DeutscheVolksforschungundVolkskunde)
▽▽▼民話、伝説及び神話(Volkserzählung,MärchenundSagenkunde)
▽▽▼ルーン文字、アルファベット、シンボル(Runen,SchriftundSinnbildkunde)
▽▽▼家柄および家紋(HausmarkenundSippenzeichen)
▽▽▼場所及び地形シンボル(OrtungundLandschaftssinnbilder)
▽▽▼発掘(Ausgrabungen)
▽▽▼ドイツ建築(GermanischesBauwesen)
▽▽▼遺跡研究(Wurtenforschung)
▽▽▼先史学(Urgeschichte)
▽▽▼ケルト族研究(KeltischeVolksforschung)
▽▽▼インドゲルマニア=フィンランド文化関係(Indogermanisch-finnische Kulturbeziehungen)
▽▽▼古典考古学(KlassischeArchäologie)
▽▽▼古典の古代人(KlassischeAltertumswissenschaft)
▽▽▼古代史(AlteGeschichte)
▽▽▼中世および現代史(MittlereundNeuereGeschichte)
▽▽▼ギリシャ文献学(GriechischePhilologie)
▽▽▼ラテン文献学(LateinischePhilologie)
▽▽▼中世ラテン語(Mittellatein)
▽▽▼中央アジア及び探検(InnerasienundExpeditionen)
▽▽▼付近の東方(VordererOrient)
▽▽▼東アジア研究(Ostasien-Institut)
▽▽▼東洋インド学(OrientalistischeIndologie)
▽▽▼北西アフリカ文化研究(Nordwestafrikanische Kulturwissenschaft)
▽▽▼哲学(Philosophie)
▽▼自然科学
▽▽▼自然科学(GesamteNaturwissenschaft)
▽▽▼自然歴史の記述と応用(Darstellendeundangewandte Naturkunde)
▽▽▼生物学(Biologie)
▽▽▼昆虫学(Entomologie)
▽▽▼天文学(Astronomie)
▽▽▼馬の繁殖(Pferdezucht)
▽▽▼植物学(Botanik)
▽▽▼植物遺伝学(Pflanzengenetik)
▽▽▼洞窟学(Karst-undHöhlenkunde)
▽▽▼科学の歴史(NaturwissenschaftlicheVorgeschichte)
▽▽▼動物地理学及び動物学(Tiergeographie und Tiergeschichte)
▽▽▼応用地質学(Angewandte Geologie)
▽▽▼地球年代学(Geologische Zeitmessung)
▽▽▼地球物理学(Geophysik)
▽▽▼核物理学(Kernphysik)
▽▽▼民間医学(Volksmedizin)
▽▽▼骨学(Osteologie)
▽▽▼所謂オカルト科学の調査(Ueberprüfungdersogenannten Geheimwissenschaften)
▽▽▼軍事科学研究(WehrwissenschaftlicheZweckforschung)

▼Förderndes Mitgliedder SS(ヴェヴェルスブルク城 Wewelsburg)
管理者:カール・マリア・ヴィリグート(KarlMariaWiligut)(1934年-)

▼親衛隊本部(SS-Hauptamt)

本部長:ゴットロープ・ベルガー(Gottlob Berger)親衛隊大将(1940年4月1日-1945年5月8日)
▽▼A部
▽▽▼A1課(官房課)課長:ゴットロープ・ベルガー(Gottlob Berger)親衛隊大将
▽▽▼A2課(医務課)課長:ベーレント親衛隊少佐
▽▽▼A3課(法務課)課長:オットー親衛隊中佐
▽▼B部
▽▽▼B1課(補充課)課長:ユルス親衛隊中将
▽▽▼B2課(登録課)課長:ツェンナー親衛隊少将
▽▼C部
▽▽▼C1課(世界観教育課)課長:ヴェーベンデルファー親衛隊少佐
▽▽▼C2課(訓練計画課)課長:フィンク親衛隊大尉
▽▽▼C3課(職業教育課)課長:ボルスト予備親衛隊中佐
▽▽▼外国課(民族ドイツ人・外国人募集課)課長:コピシュケ予備親衛隊中佐

▼親衛隊特務部隊総監府(Inspektoratder SS-Verfügungstruppe)

パウル・ハウサー(Paul Hausser)(1936年10月1日-1940年6月1日)

▼親衛隊作戦本部SS-FHA(SS-Führungshauptamt)

[1940年6月1日親衛隊特務部隊総監府は親衛隊本部より第1部(作戦指導部)、第7部(警務部)、第11部(通信部)、第12部(供給部)、第13部(教育部)を吸収し武装親衛隊司令部(Kommandoamt-WaffenSS)として独立。1940年8月15日に親衛隊作戦本部が創設。]
本部長:親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラー(1940年8月15日-1943年1月30日)
:親衛隊大将ハンス・ユットナー(1943年1月30日-1945年5月)
▽▼A局集団(Amtsgruppe A)(組織・人事、供給:Organisation,personal,versorgung)
▽▽▼Amtsgruppe-I(一般親衛隊司令局:Kommandoamtder Allgemeinen-SS)
第一局長:
親衛隊上級地区(SS-Oberabschnitt)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「シュプレー」(SS-Oberabschnitt „Spree“)
指導者:クルト・ヴェーゲ()親衛隊大佐(1929年9月-1930年12月)
クルト・ダリューゲ()親衛隊上級大佐(1930年12月-1931年9月1日)
クルト・ヴェーゲ()親衛隊上級大佐(1931年9月1日-1932年7月11日)
クルト・ダリューゲ()親衛隊中将(1932年7月11日-1933年10月1日)
ヨーゼフ・ディートリヒ()親衛隊中将(1933年10月1日-1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「南」(SS-Oberabschnitt „Süd“)
指導者:ルドルフ・ヘス()親衛隊大将(1929年-1930年10月31日)
ヨーゼフ・ディートリヒ()親衛隊上級大佐(1930年10月31日-1932年10月1日)
リヒャルト・ヒルデブラント()親衛隊上級大佐(1932年10月1日-1933年1月30日)
フリードリヒ・イェッケルン()親衛隊上級大佐(1933年1月30日-1933年7月15日)
ハインリヒ・シュマウザー()親衛隊少将(1933年7月15日-1936年4月1日)
フリードリヒ・カール・フォン・エーベルシュタイン男爵()親衛隊大将(1936年4月1日-1945年4月20日)
ヴィルヘルム・コッペ()親衛隊大将(1945年4月20日-1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「エルベ」(SS-Oberabschnitt „Elbe“)
指導者:アウグスト・ハイスマイヤー()親衛隊少将(1933年11月16日-1934年5月1日)
フリードリヒ・カール・フォン・エーベルシュタイン男爵()親衛隊中将(1934年5月1日-1936年4月1日)
テオドール・ベルケルマン()親衛隊少将(1936年4月1日-1940年4月20日)
ウード・フォン・ヴォイルシュ()親衛隊大将(1940年4月20日‐1944年2月11日)
ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルヴェンスレーベン()親衛隊中将(1944年2月11日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「フルダ=ヴェラ」(SS-Oberabschnitt „Fulda-Werra“)
指導者:ヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント皇太子()親衛隊大将(1937年1月1日-1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「マイン」(SS-Oberabschnitt „Main“)
指導者:ハインリヒ・シュマウザー()親衛隊中将(1936年4月1日-1941年5月7日)
ベンノ・マルティン博士()親衛隊少将(1941年5月7日-1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「中央」(SS-Oberabschnitt „Mitte“)
指導者:フリードリヒ・イェッケルン()親衛隊中将(1933年8月10日‐1940年7月9日)
ギュンター・パンケ()親衛隊中将(1940年7月9日‐1943年9月15日)
ヘルマン・ヘーフレ()親衛隊中将(1943年9月17日‐1944年10月5日)
ルドルフ・クヴェルナー()親衛隊大将(1944年10月5日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「北東」(SS-Oberabschnitt „Nordost“)
指導者:ヴェルナー・ローレンツ()親衛隊中将(1933年12月15日-1934年2月1日)
エーリヒ・フォン・デム・バッハ()親衛隊少将(1934年2月1日-1939年2月15日)
ヴィルヘルム・レディース()親衛隊中将(1939年2月15日-1940年6月18日)
ヤーコプ・シュポレンベルク()親衛隊中将(1940年6月18日-1941年4月30日)
ハンス・アドルフ・プリュッツマン()親衛隊大将(1941年4月30日-1945年5月)
親衛隊上級地区「バルト海」(SS-Oberabschnitt „Ostsee“)
指導者:エミール・マツゥー()親衛隊大将(1936年4月1日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「北海」(SS-Oberabschnitt „Nordsee“)
指導者:ヨーゼフ・ディートリヒ()親衛隊中将(1932年10月1日‐1933年4月19日)
クルト・ヴィッチェ()親衛隊上級大佐(1933年4月19日‐1934年2月12日)
ヴェルナー・ローレンツ()親衛隊中将(1934年2月12日‐1937年3月1日)
ハンス・アドルフ・プリュッツマン()親衛隊中将(1937年3月1日‐1941年4月30日)
ルドルフ・クヴェルナー()親衛隊中将(1941年4月30日‐1943年4月20日)
ゲオルク・フォン・バッセヴィッツ=ベール伯爵()親衛隊中将(1943年4月20日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「ライン」(SS-Oberabschnitt „Rhein“)
指導者:アウグスト・ハイスマイヤー()親衛隊少将(1934年1月1日‐1935年5月22日)
ヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント殿下()親衛隊中将(1935年6月20日‐1936年12月31日)
リヒャルト・ヒルデブラント()親衛隊中将(1937年1月1日‐1939年9月25日)
ヤーコプ・シュポレンベルク()親衛隊中将(1939年9月26日‐1940年6月18日)
エルヴィン・レーゼナー()親衛隊中将(1940年6月18日‐1941年11月18日)
テオドール・ベルケルマン()親衛隊大将(1941年11月18日‐1943年9月11日)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「ヴェストマルク」(SS-Oberabschnitt „Westmark“)
指導者:テオドール・ベルケルマン()親衛隊大将(1940年10月‐1943年9月11日)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「ライン=ヴェストマルク」(SS-Oberabschnitt „Rhein-Westmark“)
指導者:テオドール・ベルケルマン()親衛隊大将(1943年9月11日‐1943年11月9日)
ユルゲン・シュトロープ()親衛隊中将(1943年11月9日‐1945年3月24日)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「南東」(SS-Oberabschnitt „Südost“)
指導者:ウード・フォン・ヴォイルシュ()親衛隊中将(1932年3月15日‐1935年1月1日)
ヴィルヘルム・レディース()親衛隊少将(1935年1月1日‐1936年2月15日)
エーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキー()親衛隊大将(1936年2月15日‐1941年6月26日)
ハインリヒ・シュマウザー()親衛隊大将(1941年6月26日‐1945年2月23日)
ヴァルター・ビーアカンプ()親衛隊少将(1945年2月23日‐1945年3月17日)
リヒャルト・ヒルデブラント()親衛隊大将(1945年3月17日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「西」(SS-Oberabschnitt „West“)
指導者:フリッツ・ヴァイツェル()親衛隊大将(1929年11月18日‐1940年4月20日)
テオドール・ベルケルマン()親衛隊中将(1940年4月20日‐1940年7月9日)
カール・グーテンベルガー()親衛隊大将(1941年7月9日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「南西」(SS-Oberabschnitt „Südwest“)
指導者:ハンス・アドルフ・プリュッツマン()親衛隊中将(1933年11月16日-1937年2月28日)
クルト・カウル()親衛隊中将(1937年3月1日-1943年4月21日)
オットー・ホフマン()親衛隊大将(1943年4月21日-1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「ドナウ」(SS-Oberabschnitt „Donau“)
指導者:アルフレート・ローデンビューヒャー()親衛隊少将(1934年2月15日‐1934年9月9日)
カール・タウス()親衛隊中佐(1934年2月18日‐1937年1月20日)
エルンスト・カルテンブルンナー博士()親衛隊中将(1937年1月20日‐1943年1月31日)
ルドルフ・クヴェルナー()親衛隊大将(1943年2月1日‐1944年10月5日)
ヴァルター・シーマナ()親衛隊中将(1944年10月5日‐1945年5月8日)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「アルペンラント」(SS-Oberabschnitt „Alpenland“)
指導者:アルフレート・ローデンビューヒャー()親衛隊中将(1939年6月1日‐1941年5月15日)
グスタフ・アドルフ・シェール()親衛隊少将(1941年5月15日‐1941年11月18日)
エルヴィン・レーゼナー()親衛隊大将(1941年11月18日‐1945年5月8日)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「ベーメン=メーレン」(SS-Oberabschnitt „Böhmen-Mähren“)
指導者:カール・ヘルマン・フランク()親衛隊大将(1944年4月1日‐1945年5月8日)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「ヴァイクセル」(SS-Oberabschnitt „Weichsel“)
指導者:リヒャルト・ヒルデブラント()親衛隊大将(1939年11月9日‐1943年4月20日)
フリッツ・カッツマン()親衛隊中将(1943年4月20日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「ヴァルテ」(SS-Oberabschnitt „Warthe“)
指導者:ヴィルヘルム・コッペ()親衛隊大将(1939年10月26日‐1943年11月9日)
テオドール・ベルケルマン()親衛隊大将(1943年11月9日‐1943年12月27日)
ハインツ・ラインファルト()親衛隊中将(1943年12月29日‐1944年12月30日)
ヴィリー・シュメルヒャー()親衛隊中将(1944年12月30日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「東」(SS-Oberabschnitt „Ost“)
指導者:フリードリヒ・ヴィルヘルム・クリューガー()親衛隊大将(1942年9月15日‐1943年11月9日)
ヴィルヘルム・コッペ()親衛隊大将(1943年11月9日‐1945年5月8日)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「北」(SS-Oberabschnitt „Nord“)
指導者:フリッツ・ヴァイツェル()親衛隊大将(1940年4月20日‐1940年6月19日)
ヴィルヘルム・レディース()親衛隊大将(1940年6月19日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「北西」(SS-Oberabschnitt „Nordwest“)
指導者:ハンス・アルビン・ラウター()親衛隊大将(1940年6月12日‐1945年5月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「オストラント」(SS-Oberabschnitt „Ostland“)
指導者:フリードリヒ・イェッケルン()親衛隊大将(1941年12月12日‐1945年3月)
▽▽▽▼親衛隊上級地区「ウクライナ」(SS-Oberabschnitt „Ukraine“)
指導者:ハンス・アドルフ・プリュッツマン()親衛隊大将(1941年12月1日‐1944年9月)

親衛隊地方組織
▼親衛隊及び警察高級指導者HSSPF(HöhereSS-undPolizeiführer)国内は親衛隊地区指導者が兼務
▽▼親衛隊上級地区(SS-Oberabschnitte)
▽▽▼親衛隊地区(SS-Abschnitte)
▽▽▽▼親衛隊連隊(SS-Standarten)
▽▽▽▽▼親衛隊大隊(SS-Obersturmbanne)
▽▽▽▽▽▼親衛隊中隊(SS-Sturmbanne)
▽▽▽▽▽▽▼親衛隊小隊(Trupps)
▽▽▽▽▽▽▽▼親衛隊分隊(Scharen)
▽▽▽▽▽▽▽▽▼親衛隊伍(Rotten)

▽▽▼Amtsgruppe-II(武装親衛隊司令局:Kommandoamtder Waffen-SS)
第二局長:

▽▽▼Amtsgruppe-III(中央事務所:Zentralkanzlei)
第三局長:
▽▽▼Amtsgruppe-IV(管理局:Verwaltungsamt)
第四局長:
▽▽▼Amtsgruppe-V(人事局:Personalamt)
第五局長:
▽▽▼Amtsgruppe-VI(旗手・運転手研修活動:Reit-und Fahrwesen)
第六局長:リヒャルト・グリュックス(Richard Glücks)親衛隊大佐(1940年8月15日-1942年3月16日)
▽▽▼Amtsgruppe-VII(兵站理論活動:Nachschubwesen)
第七局長:
▽▽▼Amtsgruppe-VIII(兵器局:Waffenamt)
第八局長:
▽▽▼Amtsgruppe-IX(技術および機械開発:Technische Ausrüstung und Maschinen)
第九局長:
▽▽▼Amtsgruppe-X(自動車管理活動:Kraftfahrzeugwesen)
第十局長:
▽▼B局集団(Amtsgruppe B)(訓練:Ausbildung)
▽▽▼Amtsgruppe-XI(親衛隊士官学校含む士官訓練:Führer-Ausbildungmit SS-Junkerschulen)
第十一局長:
▽▽▼Amtsgruppe-XII(親衛隊下士官訓練学校含む下士官訓練:Unterführer-AusbildungmitSS-Unterführerschulen)
第十二局長:
▽▼C局集団(Amtsgruppe C)(検査:Inspektionen)
▽▽▼Insp.2(歩兵部隊および山岳部隊:Infanterie-undGebirgstruppen)
▽▽▼Insp.3(騎兵部隊:Kavallerie)
▽▽▼Insp.4(砲兵部隊:Artillerie)
▽▽▼Insp.5(エンジニア/技師:Pioniere/Techniker)
▽▽▼Insp.6(戦車部隊:Panzertruppen)
▽▽▼Insp.7(信号部隊:Nachrichtentruppen)
▽▽▼Insp.8(戦線維持部隊:Feldzeug-undInstandsetzungstruppen)
▽▽▼Insp.9(修理サポート部隊:Versorgungstruppen)
▽▽▼Insp.10(待機乗用車部隊:Kraftfahrparktruppen)
▽▽▼Insp.11不明
▽▽▼Insp.12(専門訓練:TechnischeLehrgänge)
▽▽▼Insp.13(対空砲:Flakartillerie)
▽▼D局集団(Amtsgruppe D)(武装親衛隊の医療活動:Sanitätswesender Waffen-SS)
▽▽▼Amtsgruppet-XIII(管理:Verwaltung)
第十三局長:
▽▽▼Amtsgruppe-XIV(歯科:Zahnwesen)
第十四局長:
▽▽▼Amtsgruppe-XV(供給:Versorgung)
第十五局長:
▽▽▼Amtsgruppe-XVI(医療:ÄrztlicheBehandlung)
第十六局長:

▼親衛隊人事本部(SS-Personalhauptamt)

[1939年6月、第2部(人事部)が独立]
本部長:ヴァルター・シュミット(Walter Schmitt)親衛隊中将(1939年6月-1942年10月1日)
:マキシミリアン・フォン・ヘルフ(Maximilian von Herff)親衛隊大将

▼国家保安本部RSHA(Reichssicherheitshauptamt)

長官:ラインハルト・ハイドリヒ(Reinhard Heydrich)親衛隊大将
▽▼Amtsgruppe-I(第I局)(人事局:Personal)
局長:ブルーノ・シュトレッケンバッハ(Bruno Streckenbach)親衛隊少将
▽▽▼IA部(人事部:Personalabteilung)
部長:ヴァルター・ブルーメ(Walter Blume)親衛隊大佐
:(Gustav vom Felde) (ab 1. April 1943)親衛隊中佐
▽▽▽▼IA1(一般人事業務課:Allgemeine Personalangelegenheiten)
課長:(Robert Mohr)親衛隊少佐
▽▽▽▼IA2(ゲシュタポ個人記録:Personaliender Gestapo)
課長:(Karl Tent)親衛隊少佐
▽▽▽▼IA3(クリポ個人記録:Personaliender Kripo)
課長:(Georg Schraepel)親衛隊少佐
▽▽▽▼IA4(SD個人記録:Personalien des SD)
課長:(Fritz Braune)親衛隊少佐
▽▽▽▼IA5(党及びSS個人記録:Partei-und SS-Personalien)
課長:
▽▽▽▼IA6(福祉:Fürsorge)
課長:(Edmund Trinkl)親衛隊中佐
▽▽▼IB(教育・訓練・講習部:Erziehung,Ausbildung und Schulung)
部長:エルヴィン・シュルツ(Erwin Schulz)親衛隊大佐
▽▽▽▼IB1(世界観教育課:Weltanschauliche Erziehung)
課長:(Friedrich Engel)
▽▽▽▼IB2(後継者育成:Nachwuchs)
課長:(Rudolf Hotzel)
▽▽▽▼IB3(訓練教育計画:Lehrplangestaltung der Schulen)
課長:(Martin Sandberger)
▽▽▽▼IB4(その他の教育計画:SonstigeLehrpläne)
課長:(Heinz Rennau)
▽▽▽▼Führerschule der Sicherheitspolizei in Berlin-Charlottenburg
課長:()
▽▽▽▼Grenzpolizeischule in Pretzsch
課長:()
▽▽▽▼Schule für Funker und Fernschreiber in Fulda
課長:()
▽▽▽▼Reichsschule der Sicherheitspolizei und des SD in Prag
課長:()
▽▽▼IC(フィジカルトレーニング部:Leibesübungen)
部長:Herbert Edler von Daniels
▽▽▽▼IC1(一般トレーニング業務:Allgemeine Angelegenheiten der Leibesübungen)
課長:
▽▽▽▼IC2(トレーニングおよび軍事教育:Körperschulungundmilitärische Ausbildung)
課長:
▽▽▼ID(懲罰部:Strafsachen)
部長:ブルーノ・シュトレッケンバッハ(Bruno Streckenbach)親衛隊少将
▽▽▽▼ID1(業務懲罰:Dienststrafsachen)
課長:(Schulz)
▽▽▽▼ID2(親衛隊規律維持:SS-Disziplinarsachen)
課長:(Walter Haensch)
▽▼Amtsgruppe-II(第II局):編制・総務・法務(Organisation,VerwaltungundRecht)
局長:ハンス・ノッケマン(Hans Nockemann)親衛隊大佐
:(Rudolf Siegert)親衛隊中佐(ab 19. November 1942)
:(Kurt Prietzel)親衛隊大佐(ab 1943)
:(Josef Spacil)親衛隊大佐(ab 1. März 1944)
▽▽▼IIA(編制・法務:OrganisationundRecht)
部長:(Rudolf Bilfinger)
▽▽▽▼IIA1(保安警察とSDの編制:Organisation der Sipounddes SD)
課長:(Rudolf Bilfinger)

保安警察及びSD司令官(Befehlshaber der Sicherheitspolizei und des SD:BdS)
保安警察及びSD指揮官(Kommandeure der Sicherheitspolizei und des SD:KdS)
▽▽▽▽▼クラクフ・ポーランド総督府領BdS(BdS Generalgouvernement in Krakau)
司令官:ブルーノ・シュトレッケンバッハ(SS-Brigadeführer und Generalmajor der Polizei Bruno Streckenbach)親衛隊少将(1939年11月1日–1941年1月14日)
:カール・エバーハルト・シェーンガルト(SS-Oberführer Karl Eberhard Schöngarth)親衛隊上級大佐(1941年1月14日–1943年1月9日)
:ヴァルター・ビーアカンプ(SS-Oberführer Walther Bierkamp)親衛隊上級大佐(1943年7月–1945年2月)
▽▽▽▽▽▼ワルシャワKdS(KdS Warschau)
指揮官:ロタール・ボイテル(SS-Oberführer Lothar Beutel )親衛隊上級大佐(1939年9月13日-1939年10月23日)
:ヴァルター・ハマー(SS-Obersturmbannführer Walter Hammer)親衛隊中佐(1939年秋)
▽▽▽▽▽▼ルブリンKdS(KdS Lublin)
指揮官:アルフレート・ハッセルベルク(SS-Sturmbannführer Alfred Hasselberg)親衛隊少佐(1939年10月23日-1939年12月)
:ヴァルター・フッペンコーテン(SS-Sturmbannführer Walter Huppenkothen)親衛隊少佐(1940年1月-1941年6月)
▽▽▽▽▽▼ラドムKdS(KdS Radom)
指揮官:フリッツ・リプハルト(SS-Hauptsturmführer Fritz Liphardt)親衛隊大尉(1939年11月−1943年10月)
:SS-Obersturmbannführer (SS-Obersturmbannführer Joachim Illmer )親衛隊中佐(Oktober 1943年–Januar 1945年)
▽▽▽▽▽▼クラクフKdS(KdS Krakau)
指揮官:ブルーノ・ミュラー(SS-Obersturmbannführer Bruno Müller)親衛隊中佐(1939年11月‐1939年12月)
:ヴァルター・フッペンコーテン(SS-Sturmbannführer Walter Huppenkothen )親衛隊少佐(1939年12月-1940年1月)
:ルートヴィヒ・ハーン(SS-Standartenführer Ludwig Hahn)親衛隊大佐(1940年1月-1940年8月14日)
:(SS-Obersturmbannführer Max Großkopf )親衛隊中佐(1940年8月−1943年夏)
:ルドルフ・バッツ(SS-Sturmbannführer Rudolf Batz )親衛隊少佐(1943年)
▽▽▽▽▽▼リッツマンシュタットKdS(KdS Litzmannstadt (Lodz))
指揮官:オットー・ブラートフィッシュ(SS-Obersturmbannführer Otto Bradfisch)親衛隊中佐(1943年夏-1944年12月)
▽▽▽▽▽▼レンベルグKdS(KdS Lemberg)
指揮官:(SS-Obersturmbannführer Helmut Tanzmann)親衛隊中佐(1941年7月−1943年3月)
:(SS-Obersturmbannführer Josef Witiska)親衛隊中佐(1943年3月–1944年)
▽▽▽▽▼ウクライナBdS(BdS Ostland/Ukraine)
司令官:ヴァルター・シュターレッカー(SS-Brigadeführer und Generalmajor der Polizei Walter Stahlecker)親衛隊少将(1941年11月8日–1942年3月22日)
:ヴァルター・ポーツェルト(SS-Standartenführer Walter Potzelt,,i.V.)(1942年3月22日–1942年4月18日)
:ハインツ・ヨスト(SS-Brigadeführer und Generalmajor der Polizei Heinz Jost)親衛隊少将(1942年3月29日–1942年9月8日)
:エーリヒ・エーアリンガー(SS-Standartenführer Erich Ehrlinger,i.V.)親衛隊大佐(1942年9月7日–1943年8月)
:フンベルト・アハマー・ピフラーダー(SS-Oberführer Humbert Achamer-Pifrader)親衛隊上級大佐(1942年9月26日–1943年9月18日)
:フリードリヒ・パンツィンガー(SS-Oberführer Friedrich Panzinger )親衛隊上級大佐(1943年9月18日–1944年5月20日)
:ヴィルヘルム・フックス(SS-Oberführer Wilhelm Fuchs)親衛隊上級大佐(1944年5月20日–1944年10月)
:アルベルト・ライペルト(SS-Sturmbannführer Albert Reipert)親衛隊少佐( ? )
▽▽▽▽▼中央ロシア・ミンスクBdS(BdS Rußland Mitte in Minsk)
司令官:エーリヒ・エーアリンガー(SS-Standartenführer Erich Ehrlinger )親衛隊大佐(1943年9月–1944年春)
▽▽▽▽▼セルビア・ベオグラードBdS(BdS Serbien in Belgrad)
司令官:ヴィルヘルム・フックス(SS-Oberführer Wilhelm Fuchs )親衛隊上級大佐(1941年後期–1942年1月)
:エマヌエル・シェーファー(SS-Standartenführer Emanuel Schäfer )親衛隊大佐(1942年1月6日–1944年12月)
▽▽▽▽▼イタリアBdS(BdS Italien in Verona(夏 1944: Verlagerung nach Bozen))
司令官:ヴィルヘルム・ハルスター(SS-Gruppenführer Wilhelm Harster )親衛隊中将(1943年9月4日-1945年5月8日)
:(SS-Sturmbannführer Friedrich Boßhammer)親衛隊少佐(1944年1月–1945年5月)
:(SS-Sturmbannführer Friedrich Kranebitter )親衛隊少佐(1943年12月–1945年5月)
▽▽▽▽▼トリエステBdS(BdS Triest)
司令官:エマヌエル・シェーファー(SS-Standartenführer Emanuel Schäfer )親衛隊大佐 (1945年)
▽▽▽▽▼オランダBdS(BdS Niederlande)
司令官:ハンス・ノッケマン(SS-Brigadeführer und Generalmajor der Polizei Hans Nockemann)親衛隊少将(1940年5月–1940年7月)
:ヴィルヘルム・ハルスター(SS-Gruppenführer Wilhelm Harster )親衛隊中将(1940年7月15日-1943年8月29日)
:エーリヒ・ナウマン(SS-Gruppenführer Erich Naumann)親衛隊中将(1943年9月-1944年7月)
:カール・エバーハルト・シェーンガルト(SS-Oberführer Karl Eberhard Schöngarth)親衛隊上級大佐 (1944年9月)
▽▽▽▽▼フランス・パリBdS(BdS Frankreich in Paris)
司令官:ヘルムート・クノッヘン(SS-Standartenführer Helmut Knochen)親衛隊大佐(1940年5月–1944年9月)
:フリードリヒ・ズール(SS-Obersturmbannführer Friedrich Suhr)親衛隊中佐(1944年11月から)
▽▽▽▽▽▼アンジェKdS(Kds Angers)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼ボルドーKdS(KdS Bordeaux)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼シャロン・シュル・マルヌKdS(KdS Châlons-sur-Marne)
指揮官:(SS-Hauptsturmführer Modest Graf von Korff)親衛隊大尉(1942年7月–1943年5月)
:カール・リューデッケ(SS-Sturmbannführer und Regierungsrat Dr. sc. pol. Karl Lüdcke )親衛隊少佐 (24. Juli 1943年7月24日–1944年8月28日)
▽▽▽▽▽▼ディジョンKdS(KdS Dijon)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼リヨンKdS(KdS Lyon)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼リモージュKdS(KdS Limoges)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼マルセイユKdS(KdS Marseille)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼モンペリエKdS(KdS Montpellier)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼ナンシーKdS(KdS Nancy)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼オルレアンKdS(KdS Orléans)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼パリKdS(KdS Paris)
指揮官:(SS-Obersturmbannführer Kurt Lischka)親衛隊中佐(1942年1月–1943年9月)
:(SS-Obersturmbannführer Hans Henschke)親衛隊中佐(1943年10月–1944年8月)
▽▽▽▽▽▼ポワティエKdS(KdS Poitiers)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼レンヌKdS(KdS Rennes)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼ルーアンKdS(KdS Rouen)
指揮官:ブルーノ・ミュラー(SS-Obersturmbannführer Bruno Müller )親衛隊中佐(1944年5月–1944年11月)
▽▽▽▽▽▼サン=カンタン(KdS Saint-Quentin)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼トゥールーズKdS(KdS Toulouse)
指揮官:
▽▽▽▽▽▼ヴィシーKdS(KdS Vichy)
指揮官:
▽▽▽▽▼ウエストマークBdS(BdS Westmark (Metz))
司令官:ヴィリー・ヴォルター(Wilhelm Gustav „Willi“ Wolter)親衛隊大尉(1940年)
:(SS-Brigadeführer Anton Dunckern)SS親衛隊少将(1940年7月–1944年6月)
▽▽▽▽▽▼メッツKdS(KdS Metz)
指揮官:(SS-Obersturmbannführer Herbert Zimmermann )親衛隊中佐(1944年)
▽▽▽▽▼ベルギー・フランス北部BdS(BdS Belgien und Nordfrankreich (Brüssel))
司令官:(SS-Standartenführer Dr. Constantin Canaris)親衛隊大佐
:(SS-Obersturmbannführer Karl Hasselbacher)親衛隊中佐
:(SS-Obersturmbannführer Ernst Ehlers)親衛隊中佐
:(SS-Standartenführer Dr. Constantin Canaris)親衛隊大佐
▽▽▽▽▽▼ベルギー・ヴァロニエンKdS()
指揮官:エドゥアルト・シュトラウフ(SS-Obersturmbannführer Eduard Strauch)親衛隊中佐(1944年5月31日–1944年10月)
▽▽▽▽▼シュトラースブルクBdS(BdS Elsass (Straßburg))
司令官:グスタフ・アドルフ・シェール(SS-Obergruppenführer Gustav Adolf Scheel )親衛隊大将(1940年8月–1941年1月)
:ハンス・フィッシャー(SS-Oberführer Hans Fischer)親衛隊上級大佐(1941年11月–1943年12月)
:エーリヒ・イッセルホルスト(SS-Standartenführer Erich Isselhorst)親衛隊大佐(1944年1月–1944年12月10日)
▽▽▽▽▼ノルウェーBdS(BdS Norwegen)
司令官:ヴァルター・シュターレッカー(SS-Brigadeführer und Generalmajor der Polizei Walter Stahlecker)親衛隊少将(1940年5月–1940年秋)
:ハインリヒ・フェーリス(SS-Standartenführer und Oberst der Polizei Heinrich Fehlis)親衛隊大佐(1940年秋–敗戦)
▽▽▽▽▽▼オスロKdS(KdS Oslo)
指揮官:ハインリヒ・フェーリス(SS-Standartenführer und Oberst der Polizei Heinrich Fehlis)親衛隊大佐(1940年秋–敗戦)
▽▽▽▽▽▼スタヴァンゲルKdS(KdS Stavanger)
指揮官:カール=ハインツ・シュトースベルク(SS-Sturmbannführer Karl-Heinz Stoßberg)親衛隊少佐(1940年4月 – 1940年11月)
:ハインリヒ・イェネセン(SS-Obersturmbannführer Heinrich Jennessen)親衛隊中佐(1940年11月-1941年9月)
:フリードリヒ・ヴィルケンス(SS-Obersturmbannführer Friedrich Wilkens)親衛隊中佐(1941年9月-1945年4月)
:フランツ・ホート(SS-Sturmbannführer Franz Hoth)親衛隊少佐(1945年4月-1945年5月)
▽▽▽▽▽▼ベルゲンKdS(KdS Bergen)
指揮官:ゲルハルト・フレッシュ(SS-Obersturmbannführer Gerhard Flesch)親衛隊中佐(1940年4月-1941年10月)
:ハンス・ヴィルヘルム・ブロンベルク(SS-Obersturmbannführer Hans Wilhelm Blomberg)親衛隊中佐 (1941年10月–1944年4月)
:エルンスト・ヴァイマン(SS-Obersturmbannführer Ernst Weimann)親衛隊中将(1944年6月-1945年5月)
▽▽▽▽▽▼トロンハイムKdS(KdS Trondheim)
指揮官:インゴ・アイヒマン(SS-Sturmbannführer Ingo Eichmann)親衛隊少佐(1940年4月-1940年9月)
:ヘルマン・リング(SS-Sturmbannführer Hermann Ling )親衛隊少佐(1940年9月-1941年10月)
:ゲルハルト・フレッシュ(SS-Obersturmbannführer Gerhard Flesch)親衛隊中佐(1941年10月-1945年5月)
▽▽▽▽▽▼トロムソKdS (KdS Tromsö (ab 1944 Narvik))
指揮官:ハンス・ヴィルヘルム・ブロンベルク親(SS-Obersturmbannführer Hans Wilhelm Blomberg )衛隊中佐(1940年5月-1941年10月)
:ハインリヒ・イェネセン(SS-Obersturmbannführer Heinrich Jennessen)親衛隊中佐(1941年10月-1942年9月)
:クルト・シュターゲ(SS-Sturmbannführer Kurt Stage )親衛隊少佐(1942年10月-1944年5月27日)
:オスヴァルト・ポッヘ(SS-Obersturmbannführer Oswald Poche)親衛隊中佐(1944年5月-1944年11月)
▽▽▽▽▼ベーメン・メーレン保護領BdS(BdS Böhmen und Mähren (Prag))
司令官:ヴァルター・シュターレッカー(SS-Brigadeführer und Generalmajor der Polizei Walter Stahlecker)親衛隊少将(1939年6月から)
:ホルスト・ベーメ(SS-Standartenführer Horst Böhme)親衛隊大佐 (1942年)
:エルヴィン・ヴァインマン(SS-Oberführer Erwin Weinmann)親衛隊上級大佐 (1942年8月から)
▽▽▽▽▼デンマークBdS(BdS Dänemark)
司令官:ルドルフ・ミルトナー(SS-Standartenführer Rudolf Mildner )親衛隊大佐(1943年9月から)
:オットー・ボーフェンジーペン(SS-Standartenführer Otto Bovensiepen)親衛隊大佐(1944年1月から)
▽▽▽▽▼ギリシャ・アテネBdS(BdS Griechenland in Athen)
司令官:ヴァルター・ブルーメ(SS-Standartenführer Walter Blume)親衛隊大佐(1943年8月–1944年終わり)
▽▽▽▽▼ポツダムKdS(KdS Potsdam)
指揮官:オットー・ブラートフィッシュ(SS-Obersturmbannführer Otto Bradfisch)親衛隊中佐(1945年1月から)
▽▽▽▽▼カッセルKdS(KdS Kassel)
指揮官:フランツ・マルモン(SS-Sturmbannführer Franz Marmon)親衛隊少佐 (1945年3月)
▽▽▽▽▼ズデーテンラントKdS(KdS Sudetenland)
指揮官:ベルンハルト・バーツ(SS-Obersturmbannführer Bernhard Baatz)親衛隊中佐(1944年11月から)
▽▽▽▽▼エストニアKdS(KdS Estland)
指揮官:マルティン・ザントベルガー(SS-Standartenführer Martin Sandberger)親衛隊大佐(1941年12月3日–1943年11月)
:ベルンハルト・バーツ(SS-Obersturmbannführer Bernhard Baatz )親衛隊中佐(1943年11月–1944年10月)
▽▽▽▽▼リトアニアKdS(KdS Litauen)
指揮官:ハンス・ヨアヒム・ベーメ(

  • SS-Standartenführer und Regierungsrat Hans-Joachim Böhme

)親衛隊大佐
▽▽▽▽▼白ロシアKdS(KdS Weißrußland)
指揮官:エドゥアルト・シュトラウフ(Eduard Strauch)親衛隊中佐(1941年12月3日から)
:エーリヒ・イッセルホルスト(SS-Standartenführer Erich Isselhorst親衛隊大佐(1943年7月–1943年10月)
:ハインリヒ・ゼーツェン()親衛隊中佐(1944年4月‐1944年8月)
▽▽▽▽▼ヴォルヒュニエンKdS(KdS Wolhynien)
指揮官:ブルーノ・ミュラー(SS-Obersturmbannführer Bruno Müller)親衛隊中佐(1943年10月–1944年3月)
▽▽▽▽▼キエフKdS(KdS Kiew)
指揮官:エーリヒ・エーアリンガー(SS-Standartenführer Erich Ehrlinger)親衛隊大佐(1941年12月–1943年9月)

 

▽▽▽▼IIA2(立法:Gesetzgebung)
課長:(Kurt Neifeind)
▽▽▽▼IIA3(法制業務、損害賠償対応:Justizangelegenheiten,Schadensersatzansprüche)
課長:(Friedrich Suhr)
:(Paul Mylius)
▽▽▽▼IIA4(国家防衛対応:Reichsverteidigungsangelegenheiten)
課長:(Walter Renken)
▽▽▽▼IIA5(国民・国家への敵対摘発、財産移動、国籍の識別等:Verschiedenes:Feststellungder Volks-und Staatsfeindlichkeit,Vermögenseinziehung,Anerkennungder Staatsangehörigkeit)
課長:(Heinz Richter)
▽▽▼IIB(旅券と外事警察に関わる基本事項:Grundsatzfragen des Paßwesensund der Ausländerpolizei)
部長:(Johannes Krause)
▽▽▽▼IIB1(旅券関係1:PaßwesenI)
課長:(Max Hoffmann)
:(Baumann)
▽▽▽▼IIB2(旅券関係2:PaßwesenII)
課長:(Carl-Richard Weintz)
▽▽▽▼IIB3(証明書関係、識別票:AusweiswesenundKennkarten)
課長:(Rolf Kelbing)
▽▽▽▼IIB4(外事警察およびに国境警備についての基礎課題:Grundsatzfragen für Ausländerpolizei und Grenzsicherung)
課長:(Rudolf Kröning)
▽▽▼IICa(保安警察の予算・経営:Haushalt und Wirtschaftder Sipo)
課長:(Rudolf Siegert)
▽▽▽▼IIC1(予算と給与:Haushalt und Besoldung)
課長:(Rudolf Siegert)
▽▽▽▼IIC2(給与と諸費用:Versorgungundsächliche Kosten)
課長:(Arnold Kreklow)
▽▽▽▼IIC3(住居および拘禁者関係:Unterkunft und Gefangenenwesen)
課長:(Rudolf Bergmann)
▽▽▽▼IIC4(財務管理:Wirtschaftsstelle)
課長:(Josef Meier)
▽▽▼IICb(SDの予算・経営:Haushalt und Wirtschaft des SD)
課長:(Carl Brocke)
▽▽▽▼IIC7(SDの予算と給与:Haushalt und Besoldung des SD)
課長:(Oskar Radtke)
▽▽▽▼IIC8(保険・契約・土地関係・建築関係・車輌関係:Beschaffung,Versicherung,Verträge,Liegenschaftswesen,Bauwesen und Kraftfahrwesen)
課長:(Schmidt)親衛隊少佐
▽▽▽▼IIC9(審査・監査:PrüfungundRevision)
課長:(Arthur Wettich)親衛隊少佐
▽▽▼IID(無線・電話・車両・銃器等の機器担当:TechnischeAngelegenheiten)
部長:ヴァルター・ラウフ(Walther Rauff)親衛隊中佐 1941年4月-1942年11月ドイツアフリカ軍団付の保安警察及びSD特務部隊指揮官
▽▽▽▼IID1(無線・写真・映画関係:Funk-,Foto-undFilmwesen)
課長:(Reiner Gottstein)親衛隊少佐
▽▽▽▼IID2(テレタイプ・電話関係:Fernschreib-und Fernsprechwesen)
課長:(Walter)親衛隊少佐
▽▽▽▼IID3a(保安警察の車輌関係:Kraftfahrwesender Sipo)
課長:(Friedrich Pradel)
:(August Becker)(1941年10月-1942年9月、ガス自動車検査官)
▽▽▽▼IID3b(SDの車輌関係:Kraftfahrwesendes SD)
課長:(Willi Gast)親衛隊大尉
:(Heinrich)親衛隊少尉
▽▽▽▼IID4(武器関係:Waffenwesen)
課長:(Erich Lutter)
▽▽▽▼IID5(航空関係:Flugwesen)
課長:(Georg Leopold)
▽▽▽▼IID6(保安警察・SD技術基金の管理:Bewirtschaftung der technischen Fonds der Sipounddes SD)
課長:(Adolf Kempf)

▼Amtsgruppe-III(第III局):国内諜報(SD-Inland)
局長:オットー・オーレンドルフ(Otto Ohlendorf)親衛隊大佐
▽▽▼IIIA(法秩序と国家体制:Fragen der Rechtsordnung und des Reichsaufbaus)
部長:カール・ゲンゲンバッハ(Karl Gengenbach)親衛隊少佐
:(Wolfgang Reinholz)親衛隊少佐(ab Ende 1941)
▽▽▽▼IIIA1(生息地域作業についての一般的な諸問題:AllgemeineFragenderLebensgebietsarbeit)
課長:(Justus Beyer)
▽▽▽▼IIIA2(法的生活:Rechtsleben)
課長:(Heinrich Malz)
▽▽▽▼IIIA3(規則と管理:VerfassungundVerwaltung)
課長:(Erhard Mäding)
▽▽▽▼IIIA4(一般的な国民生活:AllgemeinesVolksleben)
課長:()
▽▽▼IIIB(国外同胞:Volkstum)
部長:ハンス・エーリヒ(Hans Ehlich)親衛隊中佐
:(Herbert Strickner)(ab Oktober 1942)
▽▽▽▼IIIB1(国民性についての作業:Volkstumsarbeit)
課長:(Heinz Hummitzsch)
▽▽▽▼IIIB2(少数派:Minderheiten)
課長:()
▽▽▽▼IIIB3(人種・民族的健全性:Rasse und Volksgesundheit)
課長:(Schneider)親衛隊大尉
:(Carl-Heinz Rodenberg)(ab August 1942)
▽▽▽▼IIIB4(国外同胞の帰国・再定着:Einwanderung und Umsiedlung)
課長:(Bruno Müller)
▽▽▽▼IIIB5(占領諸地域:Besetzte Gebiete)
課長:(Eberhard Freiherr von und zu Steinfurth)
▽▽▼IIIC(文化:Kultur)
部長:ヴィルヘルム・シュペングラー(Wilhelm Spengler)親衛隊少佐
▽▽▽▼IIIC1(学術分野:Wissenschaft)
課長:(Ernst Turowski)
▽▽▽▼IIIC2(教育・宗教生活:Erziehungundreligiöses Leben)
課長:(Heinrich Seibert)親衛隊大尉
:(Rudolf Böhmer)(1942)親衛隊大尉
▽▽▽▼IIIC3(国民文化・芸術:VolkskulturundKunst)
課長:(Hans Rößner)
▽▽▽▼IIIC4(報道・出版・放送:Presse,Schrifttum und Rundfunk)
課長:(Walter von Kielpinski)
▽▽▼IIID(経済:Wirtschaft)
部長:ヴィリー・ザイベルト(Willi Seibert)親衛隊少佐
▽▽▽▼IIID1(食料経済:Ernährungswirtschaft)
課長:()
▽▽▽▼IIID2(貿易・手工業・交通:Handel,Handwerk und Verkehr)
課長:(Heinz Kröger)
▽▽▽▼IIID3(工業・エネルギー経済:Industrie und Energiewirtschaft)
課長:()
▽▽▽▼IIID4(労働・厚生関係:Arbeits-und Sozialwesen)
課長:(Hans Leetsch)
▽▼Amtsgruppe-IV(第IV局):ゲシュタポ(敵性分子の研究と撲滅:Gegnererforschung und-bekämpfung)
局長:ハインリヒ・ミュラー(Heinrich Müller)親衛隊少将
:(Willi Krichbaum)親衛隊上級大佐
▽▽▼IVA(敵性分子撲滅:Gegnerbekämpfung)
部長:フリードリヒ・パンツィンガー(Friedrich Panzinger)親衛隊中佐
▽▽▽▼IVA1(共産主義・マルクス主義・反戦主義・不法な敵性プロパガンダ:Kommunismus,Marxismus und Nebenorganisationen,Kriegsdelikte,illegale und Feindpropaganda)
課長:(Josef Vogt)
:(Günther Knobloch)(ab August 1941)
▽▽▽▼IVA2(サボタージュの予防・撲滅等:Sabotageabwehr,Sabotagebekämpfung,Politisch-polizeiliche Abwehrbeauftragte,Politisches Fälschungswesen)
課長:(Horst Kopkow)
:(Bruno Sattler)(1939)
:(Kurt Geißlerab)(Sommer 1940)
▽▽▽▼IVA3(IVA1に含まれない反動主義・対抗勢力・自由主義・移民等:Reaktion,Opposition,Legitimismus,Liberalismus,Emigranten,Heimtücke-Angelegenheiten-soweitnichtIVA1)
課長:(Willy Litzenberg)
▽▽▽▼IVA4(テロ通報・監視等:Schutzdienst,Attentatsmeldung,Überwachungen,Sonderaufträge,Fahndungstrupp)
課長:(Franz Schulz)
▽▽▼IVB(諸宗派:Sekten)
部長:アルベルト・ハルトル(Albert Hartl)親衛隊少佐
▽▽▽▼IVB1(カトリックの政治活動:PolitischerKatholizismus)
課長:(Erich Roth)
▽▽▽▼IVB2(プロテスタントの政治活動:Politischer Protestantismus,Sekten)
課長:(Erich Roth)
▽▽▽▼IVB3(その他の諸宗派・フリーメーソン:Sonstige Kirchen,Freimaurerei)
課長:(Otto-Wilhelm Wandesleben)
▽▽▽▼IVB4(ユダヤ人:Judenangelegenheiten,Räumungsangelegenheiten)
課長:アドルフ・アイヒマン(Adolf Eichmann)親衛隊少佐
▽▽▼IVC(個人調査データ関係:Karteiwesen)
部長:フリッツ・ラング(Fritz Rang)親衛隊中佐
▽▽▽▼IVC1(分析、個人情報カードセンター、個人情報管理、照会対応、監視対象者カード、外国人監視等:Auswertung,Hauptkartei,Personenaktenverwaltung,Auskunftstelle,A-Kartei,Ausländerüberwachung,Zentrale Sichtvermerkstelle)
課長:(Paul Matzke)
▽▽▽▼IVC2(予防拘禁関係:Schutzhaftangelegenheiten)
課長:(Emil Berndorff)
▽▽▽▼IVC3(報道・出版関係:Angelegenheiten der Presseund des Schrifttums)
課長:(Ernst Jahr)
▽▽▽▼IVC4(党と党諸組織関係:Angelegenheiten der Parteiundihrer Gliederungen)
課長:(Kurt Stage)
▽▽▼IVD(占領諸地域:Besetzte Gebiete)
部長:エルヴィン・ヴァインマン(Erwin Weinmann)親衛隊中佐
▽▽▽▼IVD1(ベーメン・メーレン保護領:Protektoratsangelegenheiten,Tschechen im Reich)
課長:(Gustav Jonak)
:(Bruno Lettow)(ab September 1942)
:(Kurt Lischka)(ab November 1943)
▽▽▽▼IVD2(ポーランド総督領:Gouvernementsangelegenheiten,Polen im Reich)
課長:(Karl Thiemann)
:(Joachim Deumling)(ab Juli 1941)
:(Harro Thomsen)(ab Juli 1943)
▽▽▽▼IVD3(敵性外国人:Vertrauensstellen,Staatsfeindliche Ausländer)
課長:Kurt Geißler
▽▽▽▼IVD4(占領諸地域:BesetzteGebiete:Frankreich,Luxemburg,ElsaßundLothringen,Belgien,Holland,Norwegen,Dänemark)
課長:(Bernhard Baatz)
▽▽▼IVE(防諜:Abwehr)
部長:ヴァルター・シェレンベルク(Walter Schellenberg)親衛隊少佐
:ヴァルター・フッペンコーテン(Walter Huppenkothen)親衛隊少佐(7月から)
▽▽▽▼IVE1(一般防諜関係、国家反逆行為を鑑定・報告、工業の保全、監視網:Allgemeine Abwehrangelegenheiten,Erstattungvon Gutachtenin Hoch-und Landesverratssachen,Werkschutz und Bewachungsgewerbe)
課長:(Kurt Lindow)
▽▽▽▼IVE2(一般経済関係、産業スパイ防諜:Allgemeine Wirtschaftsangelegenheiten,Wirtschaftsspionageabwehr)
課長:(Sebastian)
▽▽▽▼IVE3(西部地区防諜:AbwehrWest)
課長:(Herbert Fischer)
▽▽▽▼IVE4(北部地区防諜:AbwehrNord)
課長:(Ernst Schambacher)
▽▽▽▼IVE5(東部地区防諜:AbwehrOst)
課長:(Walter Kubitzky)
▽▽▽▼IVE6(南部地区防諜:AbwehrSüd)
課長:(Schmitz)
▽▽▼IVP (Verkehr mit ausländischen Polizeien)
部長:(Alwin Wipper)(ab August 1941)
▽▼Amtsgruppe-V(第V局):刑事警察・犯罪撲滅:(Verbrechensbekämpfung-Kripo)
局長:アルトゥール・ネーベ(Arthur Nebe)親衛隊少将
:フリードリヒ・パンツィンガー(Friedrich Panzinger)警察大佐
▽▽▼VA(犯罪行政・予防KriminalpolitikundVorbeugung)
部長:パウル・ヴェルナー(Paul Werner)親衛隊大佐
▽▽▽▼VA1(法務、国際協力、犯罪研究:Rechtsfragen,internationale Zusammenarbeit und Kriminalforschung)
課長:(Josef Menke)
▽▽▽▼VA2(予防:Vorbeugung)
課長:(Friedrich Riese)
▽▽▽▼VA3(女性に対する刑事警察:Weibliche Kriminalpolizei)
課長:(Friedrike Wieking)
▽▽▼VB(特務:Einsatz)
部長:ゲオルグ・ガルツォー(Georg Galzow)刑事警察大佐
▽▽▽▼VB1(重大犯罪行為:Kapitalverbrechen)
課長:(Hans Lobbes)
▽▽▽▼VB2(詐欺:Betrug)
課長:(Ernst Rassow)
▽▽▽▼VB3(性犯罪:Sittlichkeitsverbrechen)
課長:(Gerhard Nauck)
▽▽▼VC(鑑識・捜査:Erkennungsdienst und Fahndung)
部長:ヴォルフガング・ベルガー(Wolfgang Berger)刑事警察中佐
▽▽▽▼VC1(国家鑑識業務センター:Reichserkennungsdienstzentrale)
課長:(Hellmuth Müller)
▽▽▽▼VC2(捜査:Fahndung)
課長:(Karl Baum)
▽▽▼VD(保安警察犯罪研究所:Kriminaltechnisches Institutder Sipo)
部長:ヴァルター・ヘース(Walter Heeß)親衛隊中佐
▽▽▽▼VD1(痕跡特定:Spurenidentifikation)
課長:(Walter Schade)
▽▽▽▼VD2(化学・生物学:Chemieund Biologie)
課長:(Albert Widmann)
▽▽▽▼VD3(文書鑑定:Urkundenprüfung)
課長:(Felix Wittlich)
▽▼Amtsgruppe-VI(第VI局):国外諜報:(SD-Ausland)
局長:ハインツ・ヨスト(Heinz Jost)親衛隊少将
▽▽▼VIA(国外諜報上の一般諸課題:Allgemeineauslandsnachrichtendienstliche Aufgabenmitsieben Referaten)
部長:アルベルト・フィルベルト(Alfred Filbert)親衛隊中佐
:(Walter Schellenber)(ab Juli 1941)
:(Martin Sandberger)(ab Januar 1944)
▽▽▽▼Beauftragter I(West)
[Münster,Aachen,Bielefeld,Dortmund,Köln,Düsseldorf,Koblenz,Kassel,Frankfurt/M.,Darmstadt,Neustadt,Karlsruhe,Stuttgart]
課長:(Heinrich Bernhard)親衛隊中佐
▽▽▽▼Beauftragter II (Nord)
[Bremen,Braunschweig,Lüneburg,Hamburg,Kiel,Schwerin,Stettin,Neustettin]
課長:(Hermann Lehmann)親衛隊中佐
▽▽▽▼Beauftragter III (Ost)
[Danzig,Königsberg,Allenstein,Tilsit,Thorn,Posen,Hohensalza,Litzmannstadt,Breslau,Liegnitz,Oppeln,Kattowitz,Troppau,Generalgouvernement]
課長:(Karl von Salisch)親衛隊少佐
▽▽▽▼Beauftragter IV (Süd)
[Wien,Graz,Innsbruck,Klagenfurt,Linz,Salzburg,München,Augsburg,Bayreuth,Nürnberg,Würzburg,Prag]
課長:(Hermann Lapper)親衛隊少佐
▽▽▽▼Beauftragter V (Mitte)
[Berlin,Potsdam,Frankfurt/O.,Dresden,Halle,Leipzig,Chemnitz,Dessau,Weimar,Magdeburg,Reichenberg,Karlsbad]
課長:(Karl Thiemann)親衛隊中佐
▽▽▼VIB(ヨーロッパ・アフリカ・中東におけるドイツ・イタリアの影響地域、計画のみ:Deutsch-italienisches Einflußgebietin Europa,Afrikaund dem Nahen Ostenmitzehn Referaten,im Plan nichtaufgeführt)
部長:オイゲン・シュタイムレ(Eugen Steimle)親衛隊大佐
▽▽▼VIC(ソ連・日本の影響下にある東部地域、計画のみ:Osten,Russisch-japanisches Einflußgebiet mit elf Referaten,im Plan nichtaufgeführt)
部長:ハインツ・グレーフェ(Heinz Gräfe)親衛隊中佐
:(Erich Hengelhaupt)(ab März 1944)
▽▽▽▼VIC13(Forschungsstelle Orient):(Außenstelle VI G 11“)
課長:(Walter Lorch)
:(Otto Rössler)
▽▽▽▼VIC/Z (1942/43)
課長:(Rudolf Oebsger-Röder)親衛隊中佐
▽▽▼VID(イギリス・アメリカの影響にある西部地域、計画のみ:Westen,Englisch-amerikanisches Einflußgebiet mit neun Referaten,im Plan nichtaufgeführt)
部長:テオドール・ペフゲン(Theodor Paeffgen)親衛隊少佐
▽▽▼VIE(外地における世界観上の敵対勢力の探知、計画のみ:Erkundungweltanschaulicher Gegner im Ausland mit sechs Referaten,im Plan nichtaufgeführt)
部長:(Helmut Knochen)
:ヴァルター・ハマー(Walter Hammer)親衛隊少佐(ab Juni 1942)
▽▽▼VIF(国外諜報のための技術支援装備、計画のみ:Techn.Hilfsmittel für den Nachrichtendienstim Ausland mit sieben Referaten,im Plan nichtaufgeführt)
部長:ヴァルター・ラウフ(Walter Rauff)1941年4月
▽▽▼VIG(未稼働)
部長:(Wilfried Krallert)親衛隊大尉(ab 1943)
▽▽▽▼VIG11(Forschungsstelle Orient)(Sept.1944 Tübingen)
課長:Walter Lorch
:Otto Rössler
▽▽▼VIS(未稼働)
部長:(Otto Skorzeny)(ab 1943)
▽▼Amtsgruppe-VII(第VII局):世界観の研究と分析:Weltanschauliche Forschung und Auswertung-SD-Ausland)
局長:フランツ・ジックス(Franz Six)親衛隊少将
:(Paul Mylius)(April 1941 bis 18. November 1943)
:(Paul Dittel)(Ende 1943)
▽▽▼VIIA(資料の収集:Materialerfassung)
部長:(Paul Mylius)
▽▽▽▼VIIA1(図書館:Bibliothek)
課長:(Waldemar Beyer)
▽▽▽▼VIIA2(報告書作成、翻訳業務、報道刊行物の監視と評価:Berichterstattung,Übersetzungsdienst,Sichtung und Verwertung von Pressematerial)
課長:(Helmut Mehringer)
▽▽▽▼VIIA3(照会対応、情報連絡:Auskunftei und Verbindungsstelle)
課長:(Karl Burmester)
▽▽▼VIIB(分析:Auswertung):
部長:()
▽▽▽▼VIIB1(フリーメーソン主義およびユダヤ主義:Freimauererei und Judentum)
課長:()
▽▽▽▼VIIB2(キリスト教の政治活動:PolitischeKirchen)
課長:(Friedrich Murawski)
▽▽▽▼VIIB3(マルクス主義:Marxismus)
課長:(Horst Mahnke)
▽▽▽▼VIIB4(その他の敵性集団:AndereGegnergruppen)
課長:(Rolf Mühler)
▽▽▽▼VIIB5(国内の諸問題に対する学術的な個別調査:Wissenschaftliche Einzeluntersuchungenzu Inlandsproblemen)
課長:(Hans Schick)
▽▽▽▼VIIB6(国外の諸問題に対する学術的な個別調査:Wissenschaftliche Einzeluntersuchungenzu Auslandsproblemen)
課長:()
▽▽▼VIIC(文書館、資料館、学術的な特別諸課題:Archiv,Museumundwissenschaftliche Sonderaufträge)
部長:()
▽▽▽▼VIIC1(:Archiv)
課長:(Paul Dittel)
▽▽▽▼VIIC2(資料館:Museum)
課長:(Hans Richter)
▽▽▽▼VIIC3(学術的な特別諸課題:WissenschaftlicheSonderaufträge)
課長:(Rudolf Levin)

▽▼保安警察及び保安部のアインザッツグルッペン(Einsatzgruppen der Sicherheitspolizei und des Sicherheitsdienstes)
▽▽▼アインザッツグルッペンI(Einsatzgruppe I):ブルーノ・シュトレッケンバッハ(Bruno Streckenbach)親衛隊大佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド1/I(Einsatzkommandos1/I):ルートヴィヒ・ハーン(Ludwig Hahn)親衛隊少佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド2/I(Einsatzkommandos2/I):ブルーノ・ミュラー(Bruno Müller)親衛隊少佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド3/I(Einsatzkommandos3/I):アルフレート・ハッセルベルク(Alfred Hasselberg)親衛隊少佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド4/I(Einsatzkommandos4/I):カール・ブルンナー(Karl Brunner)親衛隊少佐
▽▽▼アインザッツグルッペンII(Einsatzgruppe II):エマヌエル・シェーファー(Emanuel Schäfer)親衛隊大佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド1/II(Einsatzkommandos1/II):オットー・ゼンス(Otto Sens)親衛隊中佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド2/II(Einsatzkommandos2/II):カール・ハインツ・ルクス(Karl-Heinz Rux)親衛隊少佐
▽▽▼アインザッツグルッペンIII(Einsatzgruppe III):ハンス・フィッシャー(Hans Fischer)親衛隊中佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド1/III(Einsatzkommandos1/III):ヴィルヘルム・シャープヴィンケル(Wilhelm Scharpwinkel)親衛隊少佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド2/III(Einsatzkommandos2/III):フリッツ・リプハルト(Fritz Liphardt)親衛隊少佐
▽▽▼アインザッツグルッペンIV(Einsatzgruppe IV):ロタール・ボイテル(Lothar Beutel)親衛隊少将
(Josef Meisinger)親衛隊中佐(1939年10月23日から)
▽▽▽▼アインザッツコマンド1/IV(Einsatzkommandos1/IV:ヘルムート・ビショフ(Helmut Bischoff)親衛隊少佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド2/IV(Einsatzkommandos2/IV):ヴァルター・ハマー(Walter Hammer)親衛隊少佐
▽▽▼アインザッツグルッペンV(Einsatzgruppe V):エルンスト・ダムツォーク(Ernst Damzog)
▽▽▽▼アインザッツコマンド1/V(Einsatzkommandos1/V):ハインツ・グレーフェ(Heinz Gräfe)親衛隊少佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド2/V(Einsatzkommandos2/V):ロベルト・シェーフェ(Robert Schefe)親衛隊少佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド3/V(Einsatzkommandos3/V):ヴァルター・アルバート(Walter Albath)親衛隊少佐
▽▽▼アインザッツグルッペンVI(Einsatzgruppe VI):エーリヒ・ナウマン(Erich Naumann)親衛隊上級大佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド1/VI(Einsatzkommandos1/VI):フランツ・ゾンマー(Franz Sommer)親衛隊少佐
▽▽▽▼アインザッツコマンド2/VI(Einsatzkommandos2/VI):ゲルハルト・フレッシュ(Gerhard Flesch)親衛隊少佐
▽▽▼アインザッツグルッペン[von Woyrsch](Einsatzgruppe z.b.V.[von Woyrsch]):ウード・フォン・ヴォイルシュ(Udo von Woyrsch)親衛隊大将
:オットー・ラッシュ(Otto Rasch)親衛隊上級大佐
▽▽▼アインザッツコマンド16(Einsatzkommando 16):(Rudolf Tröger)親衛隊少佐(1939年9月12日から)

——————————————————

▽▽▼アインザッツグルッペA(Einsatzgruppe A)
司令官:ヴァルター・シュターレッカー(Walter Stahlecker) 親衛隊少将(1941年6月22日‐1942年3月23日)
:ハインツ・ヨスト(Heinz Jost)親衛隊少将(1942年3月29日‐1942年9月2日)
:フンベルト・アッハマー・ピフラーダー(Humbert Achamer-Pifrader)親衛隊上級大佐(1942年9月10日‐1943年9月4日)
:フリードリヒ・パンツィンガー(Friedrich Panzinger)親衛隊上級大佐(1943年9月5日‐1944年5月6日)
:ヴィルヘルム・フックス(Wilhelm Fuchs)親衛隊上級大佐(1944年5月6日‐1944年10月10日)
▽▼ゾンダーコマンド1a(Sonderkommando 1a)
指揮官:マルティン・ザントベルガー(Martin Sandberger)親衛隊大佐(1941年6月– 1943年)
:ベルンハルト・バーツ(Bernhard Baatz)親衛隊中佐(1943年8月1日– 1944年10月15日)
▽▼ゾンダーコマンド1b(Sonderkommando 1b)
指揮官:エーリヒ・エーアリンガー(Erich Ehrlinger)親衛隊中佐(1941年6月 – 1941年11月)
:ヴァルター・ホフマン(Walter Hoffmann)親衛隊少佐(代理として1942年1月– 1942年3月)
:エドゥアルト・シュトラウヒ(Eduard Strauch)親衛隊中佐(1942年3月 – 1943年6月)
:エーリヒ・イッセルホルスト(Erich Isselhorst)親衛隊大佐(1943年6月30日 – 1943年10月)
▽▼アインザッツコマンド1c(Einsatzkommando 2)
指揮官:クルト・グラーフ(Kurt Graaf)親衛隊少佐(1942年8月1日 – 1942年11月28日)
▽▼アインザッツコマンド2(Einsatzkommando 2)
指揮官:ルドルフ・バッツ(Rudolf Batz)親衛隊少佐(1941年6月 – 1941年11月)
:エドゥアルト・シュトラウヒ(Eduard Strauch)親衛隊中佐(1941年11月4日 – 1941年12月3日)
:ルドルフ・ランゲ(Rudolf Lange)親衛隊少佐(1941年12月3日 – 1944年)
▽▼アインザッツコマンド3(Einsatzkommando 3)
指揮官:カール・イェーガー(Karl Jäger)親衛隊大佐(1941年6月 – 1943年)
:ヴィルヘルム・フックス(Wilhelm Fuchs)親衛隊上級大佐(1943年9月15日 – 1944年5月6日)
:ハンス・ヨアヒム・ベーメ(Hans-Joachim Böhme)親衛隊大佐(1944年5月11日 – 1945年1月1日)

1942年再編成時のアインザッツグルッペA
▽▼アインザッツコマンド1a(Einsatzkommando 1a)
指揮官:マルティン・ザントベルガー(Martin Sandberger)親衛隊大佐(Mitte bis Herbst 1942)
▽▼アインザッツコマンド1b(Einsatzkommando 1b)
指揮官:(Hermann Hubig)親衛隊少佐 (Mitte bis Oktober 1942)
:(Manfred Pechau)親衛隊少佐 (ab Oktober 1942)
▽▼アインザッツコマンド1c(Einsatzkommando 1c)
指揮官:クルト・グラーフ(Kurt Graaf)親衛隊少佐(August bis November 1942)
▽▼アインザッツコマンド1(Einsatzkommando 1)
指揮官:(Karl Tschierschky)親衛隊中佐(1942 für kurze Zeit)
:エーリヒ・イッセルホルスト(Erich Isselhorst)親衛隊大佐(November 1942 bis Juni 1943)
:ベルンハルト・バーツ(Bernhard Baatz)親衛隊中佐(ab 1. August 1943 bis 15. Oktober 1944)
▽▼アインザッツコマンド2(Einsatzkommando 2)
指揮官:(Manfred Pechau)親衛隊少佐(März 1943)
:(Reinhard Breder)親衛隊少佐 (26. März bis Juli/August 1943)
:(Oswald Poche)親衛隊中佐(ab Juli/August 1943)
▽▼アインザッツコマンド3(Einsatzkommando 3)
指揮官:(Karl Traut)親衛隊中佐 (November 1942 bis Mai (?) 1943)

▼アインザッツグルッペB(Einsatzgruppe B)
司令官:アルトゥール・ネーベ(Arthur Nebe) (1941年6月‐1941年10月)
:エーリヒ・ナウマン(Erich Naumann)親衛隊少将(1941年11月‐1943年3月)
:ホルスト・ベーメ(Horst Böhme)親衛隊上級大佐(1943年3月12日‐1943年8月28日)
:エーリヒ・エーアリンガー(Erich Ehrlinger)親衛隊大佐(1943年8月28日‐1944年4月)
:ハインリヒ・ゼーツェン(Heinrich Seetzen)親衛隊上級大佐(1944年4月28日‐1944年8月)
:ホルスト・ベーメ(Horst Böhme)親衛隊上級大佐(1944年8月‐不詳)
▽▼ゾンダーコマンド7a隊長(Sonderkommando 7a)
指揮官:ヴァルター・ブルーメ (Walter Blume)親衛隊大佐(1941年6月 – 1941年9月)
:オイゲン・シュタイムレ(Eugen Steimle)親衛隊大佐(1941年9月‐1941年12月)
:クルト・マチュケ(Kurt Matschke)親衛隊大尉(1941年12月-1942年2月)
:アルベルト・ラップ(Albert Rapp)親衛隊中佐(1942年2月‐1943年1月28日)
:ヘルムート・ロース(Helmut Looss)親衛隊少佐(1943年6月‐1944年6月)
:ゲルハルト・バスト(Gerhard Bast)親衛隊少佐(1944年6月‐1944年11月)
▽▼ゾンダーコマンド7b隊長(Sonderkommando 7b)
指揮官:ギュンター・ラウシュ(Günther Rausch)親衛隊少佐(Juni 1941年6月 – 1942年1月か2月)
:アドルフ・オッツ(Adolf Ott)親衛隊中佐(1942年2月 – 1942年7月)
:ヨーゼフ・アウィンガー(Josef Auinger)親衛隊少佐(1942年7月-1943年1月)
:ゲオルク・ラーベ(Georg Raabe)親衛隊中佐(1943年1月か2月 – ア1944年10月)
:ルドルフ・ホッツェル(Rudolf Hotzel)親衛隊中佐(1944年10月 – ?)
▽▼ゾンダーコマンド7c隊長/ボルコマンド「モスクワ」(Sonderkommando 7c / Vorkommando Moskau)
指揮官:フランツ・ジックス(Franz Six)親衛隊大佐(1941年6月20日 – 1941年8月20日)
:ヴァルデマール・クリンゲルヘーファー(Waldemar Klingelhöfer)親衛隊少佐(1941年8月 – 1941年9月)
:エーリヒ・ケルティング(Erich Körting)親衛隊少佐(1941年9月 – 1941年12月)
:フリードリヒ・ブヒャルト(Friedrich Buchardt)親衛隊少佐(1941年12月-1942年1月)
:ヴィルヘルム・ボック(Wilhelm Bock)親衛隊少佐(1942年1月から1942年6月)
:ルドルフ・シュミュッカー(Rudolf Schmücker)親衛隊大尉(1942年6月 – 1942年後期)
:ヴィルヘルム・ブルーム(Wilhelm Bluhm)親衛隊少佐(1942年後期 – 1943年7月)
:ハンス・エックハルト(Hans Eckhardt)親衛隊少佐(1943年7月 – 1943年12月),
▽▼アインザッツコマンド8隊長(Einsatzkommando 8)
指揮官:オットー・ブラートフィッシュ(Otto Bradfisch)親衛隊少佐(1941年6月 – 1941年4月1日)
:ハインツ・リヒター(Heinz Richter)親衛隊少佐(1941年4月1日 – 1942年9月)
:エーリヒ・イッセルホルスト(Erich Isselhorst)親衛隊中佐(1942年9月 – 1942年11月)
:ハンス・シントヘルム(Hans Schindhelm)親衛隊少佐(1942年11月13日 – 1943年10月/1944年)
:アルフレート・レンドルファー(Alfred Renndorfer)親衛隊少佐(1944年4月 – ?)
▽▼アインザッツコマンド9隊長(Einsatzkommando 9)
指揮官:アルベルト・フィルベルト(Albert Filbert)親衛隊中佐(1941年6月 – 1941年10月20日)
:オスヴァルト・シェーファー(Oswald Schäfer)親衛隊少佐(1941年10月 – 1942年2月)
:ヴィルヘルム・ヴィーベンス(Wilhelm Wiebens)親衛隊中佐(1942年2月 – 1943年1月)
:フリードリヒ・ブヒャルト(Friedrich Buchardt)親衛隊少佐(1943年1月 – 1943年10月)
:ヴェルナー・ケンプフ(Werner Kämpf)親衛隊少佐(1943年10月 – ?)

▼アインザッツグルッペC(Einsatzgruppe C)
司令官:オットー・ラッシュ(Otto Rasch)親衛隊少将(1941年6月‐1941年10月)
:マックス・トーマス(Max Thomas)親衛隊中将( 1941年10月‐1943年4月29日)
:ホルスト・ベーメ(Horst Böhme)親衛隊大佐(1943年9月6日‐1944年3月)
▽▼ゾンダーコマンド4a(Sonderkommando 4a)
指揮官:パウル・ブローベル(Paul Blobel)親衛隊大佐(1941年6月 – 1942年1月)
:エルヴィン・ヴァインマン(Erwin Weinmann)親衛隊中佐(1942年1月13日 – 1942年7月)
:オイゲン・シュタイムレ(Eugen Steimle)親衛隊大佐(August 1942年8月 – 1943年1月15日)
:テオドール・クリステンゼン(Theodor Christensen)親衛隊少佐(1943年1月 – 1943年終わり)
▽▼ゾンダーコマンド4b(Sonderkommando 4b)
指揮官:ギュンター・ヘルマン(Günther Herrmann)親衛隊大佐(1941年6月 – 1941年9月)
:フランツ・ブラウネ(Fritz Braune)親衛隊少佐(1941年10月 – 1942年3月21日)
:ヴァルター・ヘンシュ(Walter Haensch)親衛隊少佐(1942年3月 – 1943年7月)
:アウグスト・マイアー(August Meier)親衛隊中佐(1942年7月 – 1942年11月)
:フリードリヒ・ズール(Friedrich Suhr)親衛隊中佐(1942年11月 – 1943年8月)
:ヴァルデマール・クラウゼ(Waldemar Krause)親衛隊少佐(1943年8月 – 1944年1月)
▽▼アインザッツコマンド5(Einsatzkommando 5)
指揮官:エルヴィン・シュルツ(Erwin Schulz)親衛隊上級大佐(1941年6月 – 1941年9月)
:アウグスト・マイアー(August Meier)親衛隊少佐(1941年9月 – 1942年1月)
▽▼アインザッツコマンド6(Einsatzkommando 6)
指揮官:エルハルト・クレーガー(Erhard Kröger)親衛隊少佐(1941年6月 – 1941年11月)
:ロベルト・モーア(Robert Mohr)親衛隊少佐(1941年11月 – 1942年9月)
:エルンスト・ビーバーシュタイン(Ernst Biberstein)親衛隊少佐(1942年9月 – 1943年5月?)
:フリードリヒ・ズール(Friedrich Suhr)親衛隊中佐(1943年8月 – 1943年11月)

▼アインザッツグルッペD(Einsatzgruppe D)
司令官:オットー・オーレンドルフ(Otto Ohlendorf)親衛隊大佐(1941年6月‐1942年7月)
:ヴァルター・ビーアカンプ(Walther Bierkamp)親衛隊上級大佐(1942年7月‐1943年7月)
▽▼ゾンダーコマンド10a(Sonderkommando 10a)
指揮官:ハインリヒ・ゼーツェン(Heinrich Seetzen)親衛隊中佐(1941年6月 – 1942年7月)
:クルト・クリストマン(Kurt Christmann)親衛隊少佐(1942年8月1日 – 1943年7月)
▽▼ゾンダーコマンド10b(Sonderkommando 10b)
指揮官:アロイス・ペルシュテラー(Alois Persterer)親衛隊少佐(Juni 1941 – Dezember 1942)
:エドゥアルト・イェダムツィク(Eduard Jedamzik )親衛隊少佐(1942年12月 – 1943年2月)
▽▼ゾンダーコマンド11a(Sonderkommando 11a)
指揮官:パウル・ツァップ(Paul Zapp)親衛隊少佐(1941年6月 – 1942年7月)
:ゲルハルト・バスト(Gerhard Bast)親衛隊少佐(1942年11月/12月)
:ヴァルター・ヘルスマン(Werner Hersmann)親衛隊少佐(1942年12月 – 1943年5月)
▽▼ゾンダーコマンド11b(Sonderkommando 11b)
指揮官:ハンス・ウングラウベ(Hans Unglaube)親衛隊少佐(1941年6月 – 1941年7月)
:ブルーノ・ミュラー(Bruno Müller)親衛隊少佐(1941年7月 – 1941年10月)
:ヴェルナー・ブラウネ(Werner Braune)親衛隊少佐(1941年10月 – 1942年9月)
:パウル・シュルツ(Paul Schulz)親衛隊中佐(1942年9月 – 1943年2月)
▽▼アインザッツコマンド12(Einsatzkommando 12)
指揮官:グスタフ・アドルフ・ノスケ(Gustav Adolf Nosske)親衛隊少佐(1941年7月 – 1942年2月)
:エーリヒ・ミュラー(Erich Müller)親衛隊少佐(1942年2月 – 1942年10月)
:ギュンター・ヘアマン(Günther Herrmann)親衛隊中佐(1942年10月 – 1943年3月)

▼親衛隊経済管理本部WVHA(Wirtschafts-und Verwaltungshauptamt)

[1940年親衛隊本部管理局が「予算及び建設本部(Hauptamt Haushalt und Bauten)」改組。「管理及び経済本部」(Hauptamt Verwaltung und Wirtschaft)を創設。1942年2月1日この2つの組織が統合]
本部長:オズヴァルト・ポール(Oswald Pohl)親衛隊大将
▽▼A局集団(Amtsgruppe A)(部隊管理:Personnel—Finance, Law and Administration)
局長:ハインツ・ファンスラウ(Heinz Fanslau)親衛隊少将
▽▽▼AI部(予算:Budget office, Budget of the Waffen SS and of the General SS (Reich cashier of the SS).)
部長:ハンス・レルナー(Hans Lörner)親衛隊少将
▽▽▼AII部(財政及び給料問題:Cash and salary matters.)
部長:()
▽▽▼AIII部(法務:Legal office.)
部長:ヴァルター・ザルペター(Walter Salpeter)親衛隊上級大佐
▽▽▼AIV部(会計:Auditors’ office.)
部長:ヨーゼフ・ホークト(Josef Vogt)親衛隊大佐
▽▽▼AV部(:Personnel office. )
部長:()
▽▼B局集団(Amtsgruppe B)(部隊経済:Payroll and Supply)
局長:ゲオルク・レルナー(Georg Lörner)親衛隊中将
▽▽▼BI部(食糧:Food.)
部長:エルヴィン・チェンチャー(Erwin Tschentscher)親衛隊上級大佐
▽▽▼BII部(衣料:Clothing.)
部長:()
▽▽▼BIII部(宿所:Housing.)
部長:()
▽▽▼BIV部(原料及び調達部門:Raw materials, price control, foreign currencies, and purchases. )
部長:()
▽▽▼BV部(運輸:)
部長:ルドルフ・シャイデ(Rudolf Scheide)親衛隊大佐
▽▼C局集団(Amtsgruppe C)(建設:Buildings and Works)
局長:ハンス・カムラー(Hans Kammler)親衛隊中将
▽▽▼CI部(一般建築:General construction tasks.)
▽▽▼CII部(特別建築:Special construction tasks.)
部長:マックス・キーファー(MaxKiefer)親衛隊中佐
▽▽▼CIII部(技術:Special technical spheres.)
部長:()
▽▽▼CIV部(芸術:Special artistic spheres.)
部長:()
▽▽▼CV部(中央建築監督:Central inspectorate for constructions.)
部長:()
▽▽▼CVI部(工事維持及び内部調整:Maintenance of building and business economy. )
部長:()
▽▼D局集団(Amtsgruppe D)(強制収容所:Konzentrationslager )
親衛隊髑髏部隊総監(Generalinspekteur der SS-Totenkopfverbände)
強制収容所監督官と髑髏大隊司令官
総監:テオドール・アイケ(Theodor Eicke)
幕僚長:リヒャルト・グリュックス(Richard Glücks)親衛隊大佐
リヒャルト・グリュックス(1939年11月-1940年8月)親衛隊少将
アウグスト・ハイスマイヤー(1940年8月-1942年3月16日)親衛隊大将
SS-作戦本部から移行
局長:リヒャルト・グリュックス親衛隊中将
▽▽▼DI部(中央事務所:)
部長:アルトゥール・リーベヘンシェル親衛隊中佐
:ルドルフ・ヘス親衛隊中佐
▽▽▼DII部(労働配置:)
部長:ゲルハルト・マウラー(GerhardMaurer)親衛隊大佐
▽▽▼DIII部(保健及び収容所衛生:)
部長:エンノ・ロリンク(EnnoLolling)親衛隊大佐
▽▽▼DVI部(収容所管理:)
部長:アントン・カイントル親衛隊中佐
:ヴィルヘルム・ブルガー(Wilhelm Burger)親衛隊大佐
強制収容所
▽▽▽▽▽司令部(Kommandantur)
▽▽▽▽▽▽所長(司令官)(Kommandant)
▽▽▽▽▽▽▼副官(Adjutant)
▽▽▽▽▽▽政治局(Politische Abteilung)
▽▽▽▽▽▼司令部幕僚部(管理部)(Kommandanturstab)
▽▽▽▽▽▽▽管理指導者(Verwaltungsführer)
▽▽▽▽▽▽▽▽管理指導補助要員(管理指導者には10人近い下士官)
▽▽▽▽▽▼保護拘禁収容所指導部(Schutzhaftlagerführung)
▽▽▽▽▽▽▼保護拘禁収容所指導者(Schutzhaftlagerführer)
▽▽▽▽▽▽▽▼連絡指導者(Rapportführer)
▽▽▽▽▽▽▽▽▼ブロック指導者(Blockführer)
▽▽▽▽▽▽▼労働配置指導者(Arbeitseinsatzführer)
▽▽▽▽▽▽▽▼労働指導者(Arbeitsdienstführer)
▽▽▽▽▽▽▽▽▼作業班指導者(Kommandoführer)
▽▽▽▽▽収容所監視隊(Wachmannshaften)親衛隊髑髏部隊(SS-TV)
▽▽▽▽▽司令官:

▽▼W局集団(Amtsgruppe W)(経済:Business—Economics)
局長:オズヴァルト・ポール()親衛隊大将
▽▽▼WI部(ドイツ採石場:Stones and soil (Reich).)DESTなど
部長:()
▽▽▼WII部(東部採石場:Stones and soil (East).)東部ドイツ建設材料産業など
部長:()
▽▽▼WIII部(食品企業:Food enterprises.)ドイツ食糧有限会社など
部長:()
▽▽▼WIV部(製材:Timber enterprise.)DAWなど
部長:()
▽▽▼WV部(農業:Agriculture, forestry, and fisheries.)ドイツ食糧試験所など
部長:()
▽▽▼WVI部(織物・皮革:Utilization of textiles and leather.)繊維・皮革加工有限会社
部長:()
▽▽▼WVII部(書籍・絵画:Books and pictures.)ノルトラント出版有限会社など
部長:()
▽▽▼WVIII部(特殊任務:Special tasks.)ドイツ文化記念碑振興保全協会など
部長:()
W部門は全ドイツに500を超える親衛隊企業を経営。
ドイツ土石製造有限会社(DeutscheErdeundSteinwerkeGmbH,略称DEST)
ドイツ装備製造有限会社(DeutscheAusrüstungswerkeGmbH,略称DAW)

▼親衛隊法務本部(Hauptamt SS-Gericht)

[1939年6月、第3部(法務部)が独立]
本部長:パウル・シャルフェ(Paul Scharfe)親衛隊中将1939年7月1日-1942年7月29日死去
:フランツ・ブライトハウプト(Franz Breithaupt)親衛隊大将1942年8月15日-

▼ハイスマイヤー親衛隊大将本部(Hauptamt Dienststelle SS-Obergruppenführer Heißmeyer)

[1940年ナポラの生徒の軍事教育・思想教育の担当]
本部長:アウグスト・ハイスマイヤー(August Heißmeyer)親衛隊大将

▼親衛隊人種及び移住本部(Rasse- und Siedlungshauptamt:RuSHA)

本部長:リヒャルト・ヴァルター・オスカール・ダレ(Richard Walther Oskar Darré)
:ヘルベルト・フリードリヒ・ヴィルヘルム・バッケ(Friedrich Wilhelm Backe/食糧省次官(Staatssekretär))1942年5月23日
▽▽▼VIII部(公文書保存部)
部長:カール・マリア・ヴィリグート(Karl Maria Wiligut)1934年10月

ドイツ民族性強化国家委員本部(Reichskommissars für die Festigung deutschen Volkstums:RKFDV)

本部長:1939年10月7日-ウルリヒ・グライフェルト(Ulrich Greifelt)親衛隊大将

ドイツ民族対策本部(Hauptamt Volksdeutsche Mittelstelle:VoMi)

本部長:ヴェルナー・ローレンツ(Werner Lorenz)親衛隊大将

▼秩序警察本部OrPo(Hauptamt Ordungspolizei)

長官:クルト・ダリューゲ()親衛隊上級大将(1939年9月1日–1945年5月8日、1943年8月31日に休職)
アルフレート・ヴェンネンベルク()親衛隊大将(1943年8月31日–1945年5月8日、秩序警察本部長官事務取扱としての任期)
▽▼本部官房(Hauptbüro)
▽▽▼Gruppe1(Personalangelegenheiten der Verwaltungsbeamten des Chefs)
ハインリヒ・マイネッケ(Heinrich Meinecke)
▽▽▼Gruppe2(Alleübrigen Bürodirektorgeschäfte)
ヨハネス・クラッパー(Johannes Klapper)
[1943年11月に、経済に関係する部門は経済管理局の下に置かれ、残りの部門はヨハネス・クラッパーの元で指令局幕僚長(StabführerdesKommandoamt)に再編された。]

▽▼秩序警察指令局(Kommandoamt Ordnungspolizei)
局長:アドルフ・フォン・ボンハルト(AdolfvonBomhard)警察中将(1936年6月30日–1942年10月1日)
:オットー・ヴィンケルマン(OttoWinkelmann)警察中将(1942年10月1日–1944年3月1日)
:アントン・ディールマン(AntonDiermann)警察少将(1944年3月1日–1944年7月31日)
:ハンス・フラーデ(HansFlade)警察少将(1944年7月31日–1945年5月8日)

▽▽▼Amtsgruppenkommando I(Organisation,Ausbildung,Nachschubwesen:編制・訓練・供給)
部長:オットー・ヴィンケルマン(Otto Winkelmann)警察中将(1940年12月1日–1942年10月1日)
:ハンス=ディートリヒ・グリュンヴァルト(Hans-Dietrich Grünwald)警察少将(1942年10月1日–1943年7月31日)
:ハンス・ミュラー=ブルンクホルスト(Hans Müller-Brunkhorst)防護警察大佐(1943年8月1日–1943年11月30日)
:ハンス・フラーデ(Hans Flade)警察少将(1943年11月30日–1944年8月31日)
:ヨハネス・ロガルスキー(Johannes Rogalski)防護警察大佐(1944年8月31日–1945年5月8日)

▽▽▼Amtsgruppenkommando II(Personalangelegenheiten:人事業務)
部長:ヴィルヘルム・フォン・グロールマン(Wilhelmvon Grolmann)警察少将(1940年12月1日–1942年9月30日)
:パウル・オットー・ガイベル()国家地方警察大佐(1942年10月1日–1944年3月31日)
:アルトゥール・バール(Arthur Bahl)防護警察大佐(1944年4月1日–1944年9月)
:ルドルフ・アベッサー(Rudolf Abesser)防護警察大佐(1944年9月–1945年5月8日)

▽▽▼Amtsgruppekommando III(Sanitätswesens:衛生)
部長:医学博士ヴィルヘルム・クロスター(Dr.med.Wilhelm Kloster)警察軍医少将(1940年12月1日–1942年2月12日)
:医学博士エルンスト・ヴェンツェル(Dr.med.Ernst Wenzel)警察軍医少将(1942年2月12日–1943年9月1日)
:医学博士オスカール・ホック(Dr.med.Oskar Hock)親衛隊少将(1943年9月1日–1944年4月30日)
:医学博士フリードリヒ・ベッカー(Dr.med.Friedrich Becker)警察軍医少将(1944年5月1日–1944年10月1日)

▽▼管理・法務局(Amt Verwaltung und Recht(VuR))
局長:ヴェルナー・ブラハト(WernerBracht)SS中将(1936年6月30日–1943年9月15日)

▽▽▼Amtsgruppe VuRI:(Haushalt,Beamtenrecht,Versorgung:予算・官吏法・扶養)
部長:マキシミリアン・ラインス(Maximilian Rheins)(1940年12月1日–1943年9月15日)
▽▽▼Amtsgruppe VuRII:(Organisation,Personalien,Gewerbepolizei,Verkehr:編成・個人記録・営業警察・流通)
部長:クルト・ボーダー(Kurt Bader)親衛隊少将(1940年12月1日–1943年6月1日)
:ハインツ・ラインファルト親衛隊少将(1943年6月1日–1943年9月15日)
▽▽▼Amtsgruppe VuRIII:(Unterkunfts und Bauangegelenheiten:宿泊施設および建設事務)
部長:ルドルフ・シャイデル(Rudolf Scheidel)(1940年12月1日–1943年9月15日)[1943年9月に管理・法務局は解体され、経済管理局と法務局に分割された。]

▽▼経済管理局(Wirtschaftsverwaltungsamt)
局長:アウグスト・フランク(August Frank)親衛隊大将(1943年9月15日–1945年5月8日)
:博士オットー・ディーデリクス(Dr.Otto Diederichs)親衛隊上級大佐(1944年8月1日–1945年5月8日、代行)
▽▽▼Amtsgruppe WI:(Wirtschaft:経済)
部長:ハンス・モーザー(Hans Moser)親衛隊大佐(1943年9月15日–1944年9月4日)
:オイゲン・ホームト(Eugen Hohmuth)防護警察中佐(1944年9月4日–1945年5月8日)
▽▽▼Amtsgruppe WII(Verwaltung:管理)
部長:アウグスト・フランク(August Frank)親衛隊大将(1943年9月15日–1944年1月1日)
:博士オットー・ディーデリクス(Dr.Otto Diederichs)親衛隊上級大佐(1944年1月1日–1945年5月8日)
▽▽▼Amtsgruppe WIII(Unterbringung:宿泊施設)
部長:ルドルフ・シャイデル(Rudolf Scheidel)(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼Amtsgruppe WIV:(Polizeirecht,Versorgung:警察法・扶養)
部長:ゲオルグ・フォン・ホーエンアシュタインベルク=ヴィーガント男爵(Georg Freiherr von Hohenastenberggennant Wigandt)(1943年12月20日–1945年5月8日)

▽▼法務局(Rechtsamt)
局長:ハインツ・ラインファルト親衛隊少将(1943年9月15日–1943年12月20日)
▽▽▼Amtsgruppe RI:(Polizeigbeamtenrecht und Justitiariat für die Ordnungspolizei:警察官吏法および秩序警察法務)
部長:マキシミリアン・ラインス(MaximilianRheins)(1943年9月15日–1943年12月20日)
▽▽▼Amtsgruppe RII(Polizeirecht:警察法)
部長:ゲオルグ・フォン・ホーエンアシュタインベルク=ヴィーガント男爵(Georg Freiherr von Hohenastenberggennant Wigandt)(1943年9月15日–1943年12月20日)

▽▼親衛隊・警察技術学校(Technische SS und Polzeiakademie)
校長:博士ヘルムート・ゲルロフ(Dr.Helmuth Gerloff)親衛隊少将(1943年9月15日–1944年9月30日)
:オスカール・シュミデル(Oskar Shmiedel)親衛隊少将(1944年9月30日–1945年5月8日)

▽▼秩序警察長官法律顧問(Juristbeim Chef der Ordnungspolizei)
顧問:博士オットー・ディーデリクス(Dr.OttoDiederichs)親衛隊上級大佐(1944年1月17日–1945年5月8日)

▽▼消防団局(Amt Freiwillige Feuerwehr)
局長:ヴァルター・シュネル(WalterSchnell)警察少将(1941年5月9日–1943年9月15日)

▽▼緊急技術支援局(AmtTechnische Nothilfe)
局長:ハンス・ヴァインライヒ(Hans Weinreich)警察中将(1941年12月–1943年9月15日)

▽▼衛生局(Sanitätsamt)1944年10月1日に秩序警察指令局第3部(衛生)は衛生局に昇格した。
局長:博士グスタフ・デーデルライン(Prof.Dr.med.Gustav Döderlein)防護警察軍医大佐(1944年10月1日–1944年11月17日)
:博士クルト・ホフマン(Dr.med.Kurt Hoffmann)警察軍医少将(1944年11月17日–1945年5月8日)

▽▼植民地警察局(Kolonialpolizei-Amt)
局長:カール・プフェッファー=ヴィルデンブルッフ(Karl Pfeffer-Wildenbruch)警察中将(1941年1月14日–1943年3月)

外局
▽▼全国緊急技術支援庁(Reichsamt Technische Nothilfe)
局長:ハンス・ヴァインライヒ(Hans Weinreich)警察中将(1934年4月24日–1943年10月15日)
:ヴィリー・シュメルヒャー(Willy Schmelcher)警察中将(1943年10月15日–1945年5月8日)

▽▼全国志願消防団庁(Reichsamt Freiwillige Feuerwehren)
局長:ヴァルター・シュネル(WalterSchnell)警察少将(1942年3月11日–1945年5月8日)

▽▼総監部(Generalinspekteure)
▽▽▼都市防護警察総監(Generalinspekteur der Schutzpolizei des Reiches)
総監:テオドール・ジーベルト(TheodorSiebert)警察中将(1936年6月17日–1937年4月20日)
:アルトゥール・ミュルフェルシュテット(ArthurMülverstedt)警察中将(1937年4月20日–1940年4月1日)
:ゲオルグ・シュライヤー(GeorgSchreyer)警察中将(1940年4月1日–1943年6月30日)
:ヘルベルト・ベッカー(HerbertBecker)警察中将(1943年7月1日–1945年5月8日)
▽▽▼国家地方警察及び地方防護警察総監(Generalinspekteur der Gendamerie und Schutzpolizei der Gemeinden)
総監:ユルゲン・フォン・カンプツ(Jürgen von Kamptz)警察少将(1936年6月17日–1937年4月6日)
:ヴィルヘルム・レッティヒ(Wilhelm Roettig)警察少将(1937年4月6日–1939年9月10日)
:空位(1939年9月10日–1940年11月1日)
:ルドルフ・クヴェルナー警察中将(1940年11月1日–1941年4月30日)
:ユルゲン・フォン・カンプツ(Jürgen von Kamptz)警察少将(1941年4月30日–1943年5月31日)
:エミール・ヘーリンク(Emil Höring)警察中将(1943年6月1日–1944年3月31日)
:アウグスト・マイスナ―(August Meyszner)警察中将(1944年4月1日–1945年5月8日)
▽▽▼秩序警察学校総監(Generalinspekteur der Polizei-Schulen)
総監:カール・プフェッファー=ヴィルデンブルッフ(KarlPfeffer-Wildenbruch)警察中将(1936年6月17日–1943年8月31日)
:空位(1943年8月31日–1943年10月31日)
:アドルフ・フォン・ボンハルト(Adolf von Bomhard)警察中将(1943年10月31日–1945年2月1日)
:エミール・ヘーリンク(Emil Höring(警察中将(1945年2月1日–1945年5月8日)
▽▽▼消防総監(Generalinspekteur des Feuerlöschwesens)
総監:工学博士ヨハンネス・マイヤー(Dr.Ing.JohannesMeyer)警察中将(1937年1月–1943年9月15日)
▽▽▼消防団学校及び工場防火・査察総監(Generalinspekteur der Feuerwehrschulen,Werkfeuerwehren und Brandschau)
総監:工学博士ヨハンネス・マイヤー(Dr.Ing.Johannes Meyer)警察中将(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼消防警察及び消防団総監(Generalinspekteur der Feuerschutzpolizei und Feuerwehren)
総監:ハンス・ランプ(Hans Rumpf)警察少将(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼秩序警察官舎宿泊総監(Generalinspekteur für dasUnterkunftswesen)
総監:ルドルフ・シャイデル(Rudolf Scheidel)(1942年1月1日–1943年9月15日)
▽▽▼秩序警察衛生総監(Generalinspekteur für das Sanitätswesen)
総監:医学博士エルンスト・ヴェンツェル(Dr.med.ErnstWenzel)警察少将(1942年4月–1943年9月15日)
:教授エルンスト=ロベルト・グラヴィッツ()親衛隊大将(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼特別防衛総監(Generalinspekteur Spezialabwehr)
総監:ハンス・アドルフ・プリュッツマン()親衛隊大将(1944年9月19日–1945年5月8日)

▽▼監察官室(Inspektion)
▽▽▼世界観教育監察官(InspekteurfürdieweltanschaulicheSchulung)
監察官:ヨアヒム・ツェーザー(Dr.JoachimCaesar)親衛隊上級大佐(1936年6月17日–1942年5月9日)
:アドルフ・フォン・ボンハルト(AdolfvonBomhard)警察中将(1942年5月9日–1944年1月1日)
:エルンスト・フィック(ErnstFick)親衛隊少将(1944年1月1日–1945年4月29日)
▽▽▼歯科衛生監察官(Inspekteurfürdenzahnärztlichen Gesundheitsdienst)
監察官:歯科医博士オットー・シッテ(Dr.med.dent.OttoSitte)親衛隊大佐(1943年7月1日–1943年9月15日)
▽▽▼水上警察監察官(Inspekteur der Wasserschutzpolizei)
監察官:ブルーノ・クルムハー(Bruno Krumhaar)警察少将(1943年9月15日–1944年6月30日)
:エルンスト・シュレーター(ErnstSchröter)防護警察大佐(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼防空監察官(Inspekteur der Luftschutz)
監察官:不明(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼消防警察監察官(Inspekteur Feuerschutzpolizei)
監察官:ヨハネス・シュミット(JohannesSchmidt)消防警察中佐(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼通信監察官(Inspekteurfürdas Nachrichtenwesen)
監察官:ロベルト・シュラッケ(RobertSchlake)親衛隊少将(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼交通監察官(Inspekteur Kraftfahr-und Verkehrswesen)
監察官:オスカール・シュミデル(OskarShmiedel)親衛隊少将(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼武器・装備監察官(Inspekteur Waffen und Gerät(WuG))
監察官:カール・フィッシャー(KarlFischer)親衛隊少将(1943年9月15日–1945年5月8日)
▽▽▼獣医監察官(Inspekteur Veterinär)
監察官:博士ヴィルヘルム・クライス(Dr.Wilhelm Kreis)警察獣医少将(1943年9月15日–1944年10月1日)
:博士カール・プフラグナー(Dr.Karl Pfragner)警察獣医大佐(1944年10月1日–1945年5月8日)
▽▽▼騎兵監察官(Inspekteur der Kavallere)
監察官:ルドルフ・ルーゲ(Rudolf Ruge)親衛隊中佐(1943年9月–1945年5月8日)
▽▼防護警察(Schutzpolizei)
ドイツの大都市と比較的大きな市町村の治安維持を任務としていた。都市警察は、更にいくつかに分けられていた。

▽▼都市防護警察(Schutzpolizei des Reiches(citiesandlargetowns))
暴動や治安の維持のための機動隊(Kasernierte Polizei)を含んでいる。
▽▼地方防護警察(Schutzpolizei der Gemeinden(smallertowns))
▽▼国家地方警察(Gendarmerie)
地方の村落や国境付近における法の執行機関であった。[1937年に創設]。

▽▼秩序警察管理局(Verwaltungspolizei)
秩序警察の管理部門であり、全ての秩序警察署を指揮する権限を持っている。
▽▽▼中央記録保持部門
▽▽▼文民の法執行部隊の統率機関
▽▽▼衛生警察部門(Gesundheitspolizei)
▽▽▼企業活動を監督する営業警察部門(Gewerbepolizei)
▽▽▼建築警察部門(Baupolizei)等。
大都市では、秩序警察管理部門、都市警察、刑事警察が共に警察本部(PolizeiprasidiumあるいはPolizeidirektion)を構成。

▽▼交通警察(Verkehrspolizei)
交通法規の執行機関で、ドイツにおける道路の安全を管理している。この組織は、ドイツの道路(アウトバーンは都市警察の自動車部隊により管理されている)をパトロールし、交通事故に対応する。交通警察は、車で長距離を旅行するナチスの高官を護衛する任務も持っていた。
▽▼水上警察()沿岸警備隊
ドイツの川、海岸、内陸の湖における安全と保安も任務とし、港湾の保全を行う一般親衛隊の組織である「親衛隊港湾保全部隊」(SS-Hafensicherungstruppen)より上位の権限がある。
▽▼鉄道警察(Bahnschutzpolizei)
ドイツ国有鉄道の従業員でもある、パートタイムの警官により構成されている。鉄道警察は、鉄道の安全や、鉄道に関するスパイ活動やサボタージュを防ぐ任務を持っていた。
▽▼郵便警備隊(Postschutz)
は、約4,500人の構成員を持ち、ドイツの郵便局の警備と、電話や電報などの通信経路の保安を担当した。
郵便警備隊連絡将校:カール・オットー・コッホ(Karl Otto Koch)親衛隊大佐(1942年8月-1943年2月)
▽▼防空警察/保安救援機関(Sicherheits-und Hilfsdienst、SHD)
[1935年に創設され、1942年4月、防空警察(Luftschutzpolizei)と名称変更された。この組織は、空襲に対応し、緊急技術援助隊(TechnischeNothilfe)と消防警察(Feuerschutzpolizei)とで協力し空襲の犠牲者を助けるための機関である]

▽▼消防警察(Feuerschutzpolizei)
1938年にドイツの各地の消防隊は秩序警察に吸収された。消防警察は、国に属する消防士により構成されていた。また、秩序警察本部は、地方の自衛消防隊(FreiwilligeFeuerwehren)も管轄していた。第二次世界大戦中、ドイツの都市は度々空襲をうけたため、消防警察と自衛消防隊は合わせて二百万人を越えていた。

▽▼緊急技術援助隊(TechnischeNothilfe、TeNo)
[建設技術者や専門家の集団である。この組織は、1919年に創設され、違法なストライキが行われる場合に市民生活に必須の公益事業体等の機能維持する役割を持っていた。1930年にガス事故と空襲に対する緊急対応組織として拡大され、自然災害、例えば洪水等に対応する人員・装備を保有していた。1937年より、この組織は警察の補助組織となり秩序警察本部に吸収された。1943年には、構成員は10万人を越えた。]

▽▼防空団(Lutschutzdienst)
[国家防空連盟(Reichsluftschutzbund、RLB)により支援され、1935年から空軍大臣ヘルマン・ゲーリングの指揮下の組織であった。この機関は、建物や家々の安全を保つ空襲監視員の組織であった。]

▽▼無線保安部隊(Funkschutz)
[ラジオ局への攻撃やサボタージュより守るための親衛隊と秩序警察から構成されていた。外国のラジオ放送の違法な受信の捜査も担当した。]

▽▼工場警察(Werkschutzpolizei)
[サボタージュや盗難から工場施設を守ることにある。警備員は民間人で多くは工場の関係者より構成されていた。秩序警察の指揮下にあり、親衛隊の制服を着用していた。]

 

▼親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführe)

親衛隊及び警察最高級指導者(HöSSPF)
▼ 「イタリア」親衛隊及び警察最高級指導者(Höchste SS- und Polizeiführer „Italien“) 本部はローマ。「アドリア海沿岸」親衛隊及び警察高級指導者と「イタリア西部」親衛隊及び警察高級指導者を統括した。「イタリア西部」親衛隊及び警察高級指導者は「イタリア」親衛隊及び警察最高級指導者と一体である。
1. 1943年9月23日‐1945年5月8日、親衛隊大将カール・ヴォルフ

▽▼  「アドリア海沿岸」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Adriatisches Küstenland“) 本部はトリエステ。
1. 1943年9月13日‐1945年5月、親衛隊中将オディロ・グロボクニク
▽▽▼ 「クヴァルネル湾」占領地区親衛隊及び警察司令官(SS- und Polizeigebietskommandeur „Quarnero“)
1. 1944年10月27日‐1945年5月、親衛隊中佐ヴィルヘルム・トラウプ(Wilhelm Traub)
▽▽▼ 「イストリア半島」占領地区親衛隊及び警察司令官(SS- und Polizeigebietskommandeur „Istrien“)
1. 1944年10月27日‐1945年5月、親衛隊少将ヨハン=エラスムス・フォン・マルゼン=ポニカウ(ドイツ語版)男爵
▽▽▼ 「トリエステ」占領地区親衛隊及び警察司令官(SS- und Polizeigebietskommandeur „Triest“)
1. 1944年10月27日‐1945年5月、親衛隊少佐ゲオルク・ミヒャエルゼン(ドイツ語版)
▽▽▼ 「ゴリツィア」占領地区親衛隊及び警察司令官(SS- und Polizeigebietskommandeur „Görz“)
1. 1944年5月1日‐1945年5月、親衛隊少将カール・タウス(ドイツ語版)
▽▽▼ 「フリウーリ」占領地区親衛隊及び警察司令官(SS- und Polizeigebietskommandeur „Friaul“)
1. 1944年10月27日‐1945年5月、親衛隊中佐ルドルフ・ヤーコプ・フォン・アルフェンスレーベン

▽▼ 「イタリア」親衛隊及び警察最高級指導者(Höchste SS- und Polizeiführer „Italien“)指揮下
▽▽▼ 「上部イタリア=西部」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Oberitalien-West“)
1. 1943年9月‐1944年6月21日、親衛隊少将ヴィリー・テンスフェルト(ドイツ語版)
▽▽▼ 「上部イタリア=中央」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Oberitalien-Mitte“)
1. 1943年9月‐1944年6月21日、親衛隊上級大佐エルンスト・ヒルデブラント(ドイツ語版)
▽▽▼ 「中央イタリア=ヴェローナ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Mittelitalien-Verona“)
1. 1943年12月1日‐1945年5月、親衛隊大佐カール=ハインツ・ビュルガー(ドイツ語版)
▽▽▼ 「ボーツェン」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Bozen“)
1. 1943年9月15日‐1945年5月、親衛隊少将カール・ブルンナー(ドイツ語版)

▼ 「ウクライナ」親衛隊及び警察最高級指導者(Höchste SS- und Polizeiführer „Ukraine“) 本部はキエフ。「黒海」親衛隊及び警察高級指導者と「南ロシア」親衛隊及び警察高級指導者を統括した。
1. 1943年10月29日-1944年9月、親衛隊大将ハンス・アドルフ・プリュッツマン

▽▼  「黒海」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Schwarzes Meer“) 本部はニコライェフ。1944年9月13日にはルーマニアのジーベンビュルゲン管轄となり、「ジーベンビュルゲン(Siebenbürgen)」親衛隊及び警察高級指導者に名称が変更された。
1. 1943年10月29日‐1943年12月25日、親衛隊少将ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルフェンスレーベン
2. 1943年12月25日‐1944年9月16日、親衛隊大将リヒャルト・ヒルデブラント
3. 1944年9月16日‐1944年9月18日、親衛隊大将アルトゥール・フレプス

▽▼  「南ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Rußland-Süd“) ドイツ国防軍B軍集団の背後の占領地域の親衛隊及び警察を管轄。本部はキエフ。
1. 1941年6月23日‐1941年12月11日、親衛隊大将フリードリヒ・イェッケルン
2. 1941年12月11日‐1944年3月18日、親衛隊大将ハンス・アドルフ・プリュッツマン
▽▽▼ 「ヴォルヒニア=ブレスト=リトフスク」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Wolhynien-Brest-Litovsk“)
1. 1941年9月4日- 1942年9月1日、親衛隊上級大佐ヴァルデマール・ヴァッペンハンス(ドイツ語版)

親衛隊及び警察高級指導者(HSSPF)
▽▼ 「北東」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Nordost“) 東プロイセンの親衛隊及び警察を管轄する。親衛隊上級地区「北東」(SS-Oberabschnitt „Nordost“)に相当する。本部はケーニヒスベルクにあった。
1. 1938年6月28日-1940年6月19日、親衛隊中将ヴィルヘルム・レディース
2. 1940年6月21日‐1941年5月1日、親衛隊中将ヤーコプ・シュポレンベルク
3. 1941年5月1日‐1945年5月8日、親衛隊中将ハンス・アドルフ・プリュッツマン

▽▼  「バルト海」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Ostsee“) ポメラニアやメクレンブルクの全域、マルク・ブランデンブルクの一部の親衛隊及び警察を管轄する。はじめは「北」親衛隊及び警察高級指導者と命名されていたが、後にノルウェーの同職が「北」親衛隊及び警察高級指導者と命名されたので区別のためこの名称に変更された。親衛隊上級地区「バルト海」(SS-Oberabschnitt „Ostsee“) に相当する。本部はシュテッティンにあった。
1. 1938年8月28日‐1945年5月、親衛隊中将エミール・マツゥー

▽▼  「シュプレー」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Spree“) 首都ベルリンを中心にブランデンブルク州の親衛隊及び警察を管轄する。はじめは「東」親衛隊及び警察指導者と命名されていたが、1939年9月にポーランドの同職が「東」親衛隊及び警察高級指導者と命名されたので区別のためこの名称に変更された。本部はベルリンにあった。
1. 1939年9月2日‐1945年5月8日、親衛隊大将アウグスト・ハイスマイヤー

▽▼  「エルベ」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Elbe“) ザクセン全域、ハレ・メルゼブルク(ドイツ語版)の一部、テューリンゲンの一部、ニーダーシュレージエン(ドイツ語版)の一部、ズデーテン地方の一部などの親衛隊及び警察を管轄する。本部はドレスデンにあった。
1. 1938年6月28日‐1940年4月20日、親衛隊中将テオドール・ベルケルマン
2. 1940年4月20日‐1944年2月11日、親衛隊大将ウード・フォン・ヴォイルシュ
3. 1944年2月11日‐1945年5月8日、親衛隊中将ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルフェンスレーベン

▽▼  「南西」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Südwest“) バーデンやヴュルテンベルクなどの親衛隊及び警察を管轄する。親衛隊上級地区「南西」(SS-Oberabschnitt „Südwest“)に相当する。本部はシュトゥットガルトにあった。
1. 1939年9月6日‐1943年4月21日、親衛隊中将クルト・カウル(ドイツ語版)
2. 1943年4月21日‐1945年5月、親衛隊中将オットー・ホフマン

▽▼  「西」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „West“) エッセン、デュッセルドルフ、ケルン、アーヘン、ヴェストファーレン北部、ヴェストファーレン南部などの親衛隊及び警察を管轄する。親衛隊上級地区「西」(SS-Oberabschnitt „West“) に相当する。本部はデュッセルドルフにあった。
1. 1938年6月11日‐1940年4月20日、親衛隊大将フリッツ・ヴァイツェル
2. 1940年4月20日‐1940年7月9日、親衛隊中将テオドール・ベルケルマン
3. 1940年7月12日‐1941年6月29日、親衛隊大将フリードリヒ・イェッケルン
4. 1941年5月1日‐1945年5月8日、親衛隊少将カール・グーテンベルガー

▽▼  「南」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Süd“) ミュンヘンを中心にしたバイエルン州の親衛隊及び警察を管轄した。親衛隊上級地区「南」(SS-Oberabschnitt „Süd“) に相当する。本部はミュンヘンにあった。
1. 1938年4月12日‐1945年4月、親衛隊大将フリードリヒ・カール・フォン・エーベルシュタイン男爵
2. 1945年4月‐1945年5月、親衛隊大将ヴィルヘルム・コッペ

▽▼  「南東」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Südost“) オーバーシュレージエン(ドイツ語版)、ニーダーシュレージエンの一部、ズデーテン地方の一部などの親衛隊及び警察を管轄。親衛隊上級地区「南東」(SS-Oberabschnitt „Südost“)に相当する。本部はブレスラウにあった。
1. 1938年6月28日‐1941年5月20日、親衛隊大将エーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキー
2. 1941年5月20日‐1945年2月20日、親衛隊大将ハインリヒ・シュマウザー
3. 1945年2月20日‐1945年3月17日、親衛隊少将ヴァルター・ビーアカンプ(ドイツ語版)(臨時)
4. 1945年3月17日‐1945年5月8日、親衛隊大将リヒャルト・ヒルデブラント

▽▼  「フルダ=ヴェラ」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Fulda-Werra“) カッセル、ヴァイマル、クールヘッセン(ドイツ語版)全域、テューリンゲンの一部、ハレ・メルゼブルクの一部、南ハノーファー・ブラウンシュヴァイクの一部、ヘッセン・ナッサウ(ドイツ語版)の一部、ヴェストファーレン南方の一部などの親衛隊及び警察を管轄。ヴァルデック侯国侯世子ヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモントが指導者を務めていたため、本部はヴァルデック=ピルモント侯家の居城のあるアロルゼンにあった。
1. 1938年10月6日‐1945年5月8日、親衛隊大将ヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント侯世子

▽▼  「北海」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Nordsee“) ハンブルク、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン、ヴェーザー・エムスの一部、東ハノーファーの一部、南ハノーファー・ブラウンシュヴァイクの一部などの親衛隊及び警察を管轄。本部はハンブルクにあった。
1. 1938年6月28日‐1941年5月1日、親衛隊中将ハンス・アドルフ・プリュッツマン
2. 1941年4月30日‐1943年1月30日、親衛隊中将ルドルフ・クヴェルナー
3. 1943年2月16日‐1945年5月8日、親衛隊少将ゲオルク・フォン・バッセヴィッツ=ベール伯爵

▽▼  「中央」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Mitte“) 本部はブラウンシュヴァイク。
1. 1938年6月28日‐1940年7月11日、親衛隊大将フリードリヒ・イェッケルン
2. 1940年7月11日‐1943年9月15日、親衛隊中将ギュンター・パンケ
3. 1943年9月17日‐1944年10月5日、親衛隊中将ヘルマン・ヘーフレ
4. 1944年10月5日‐1945年5月8日、親衛隊大将ルドルフ・クヴェルナー

▽▼  「ライン」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Rhein“) 後に「ヴェストマルク」と合併して「ライン=ヴェストマルク」となる。本部はヴィースバーデンにあった。
1. 1939年4月1日‐1939年10月1日、親衛隊中将リヒャルト・ヒルデブラント
2. 1939年10月1日‐1940年7月24日、親衛隊少将ヤーコプ・シュポレンベルク
3. 1940年7月24日‐1941年11月11日、親衛隊少将エルヴィン・レーゼナー
4. 1941年12月10日‐1943年5月21日、親衛隊中将テオドール・ベルケルマン

▽▼  「ヴェストマルク」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Westmark“) 後に「ライン」と合併して「ライン=ヴェストマルク」となる。本部はメッツ。
1. 1940年7月19日‐1943年5月21日、親衛隊中将テオドール・ベルケルマン

▽▼  「ライン=ヴェストマルク」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Rhein-Westmark“) 「ヴェストマルク」と「ライン」が合併して誕生。本部はザールブリュッケン。
1. 1943年5月21日‐1943年11月11日、親衛隊大将テオドール・ベルケルマン
2. 1943年11月11日‐1945年5月8日、親衛隊中将ユルゲン・シュトロープ

▽▼  「マイン」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Main“) 本部はニュルンベルク。
1. 1938年3月12日‐1942年12月17日、親衛隊大将フリードリヒ・カール・フォン・エーベルシュタイン男爵
2. 1942年12月17日‐1945年5月8日、親衛隊少将ベンノ・マルティン博士

▽▼  「ドナウ」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Donau“) 1938年に併合したオーストリア北部の親衛隊及び警察を管轄。本部はウィーン。
1. 1938年9月11日‐1943年1月31日、親衛隊少将エルンスト・カルテンブルンナー博士
2. 1943年1月31日‐1944年10月5日、親衛隊中将ルドルフ・クヴェルナー
3. 1944年10月5日‐1945年5月8日、親衛隊中将ヴァルター・シーマナ

▽▼  「アルペンラント」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Alpenland“) 1938年に併合したオーストリア南部の親衛隊及び警察を管轄。本部はザルツブルク。
1. 1939年4月25日‐1941年4月30日、親衛隊少将アルフレート・ローデンビューヒャー(ドイツ語版)
2. 1941年4月30日‐1941年11月24日、親衛隊少将グスタフ・アドルフ・シェール
3. 1941年11月24日‐1945年5月8日、親衛隊中将エルヴィン・レーゼナー

▽▼  「ベーメン・メーレン」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Böhmen und Mähren“) 1939年に併合したチェコスロヴァキアの親衛隊及び警察を管轄。本部はプラハ。
1. 1939年4月28日‐1945年4月、親衛隊少将カール・ヘルマン・フランク
2. 1945年4月‐1945年5月、親衛隊大将リヒャルト・ヒルデブラント

▽▼  「ヴァイクセル」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Weichsel“) ポーランド侵攻後、ドイツ本国領土に編入された旧ポーランド領の西プロイセンの親衛隊及び警察を管轄。1939年9月21日に「ダンツィヒ=西プロイセン」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Danzig-Westpreußen“)として発足。1939年11月9日に同じ区域に親衛隊上級地区「ヴァイクセル」(SS-Oberabschnitt „Weichsel“)が設置されたのを機に「ヴァイクセル」親衛隊及び警察高級指導者に改名された。本部はダンツィヒ。
1. 1939年9月21日‐1943年4月20日、親衛隊中将リヒャルト・ヒルデブラント
2. 1943年4月20日‐1945年5月、親衛隊中将フリッツ・カッツマン

▽▼  「ヴァルテ」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Warthe“) ポーランド侵攻後、ドイツ本国領土に編入された旧ポーランド領のヴァルテラントの親衛隊及び警察を管轄。本部はポーゼンにあった。親衛隊上級地区「ヴァルテ」(SS-Oberabschnitt „Warthe“)も置かれ、「ヴァルテ」親衛隊及び警察高級指導者が兼務した。
1. 1939年10月9日‐1943年11月9日、親衛隊大将ヴィルヘルム・コッペ
2. 1943年9月11日‐1943年12月27日、親衛隊大将テオドール・ベルケルマン
3. 1944年1月29日‐1944年12月30日、親衛隊少将ハインツ・ラインファルト
4. 1944年12月30日‐1945年5月、親衛隊中将ヴィリー・シュメルヒャー(ドイツ語版)

▽▼  「東」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Ost“) ポーランド総督府統治領域の親衛隊及び警察を管轄。本部はクラカウ。
1. 1939年9月10日‐1939年10月1日、親衛隊中将テオドール・アイケ
2. 1939年10月4日‐1943年11月9日、親衛隊大将フリードリヒ・ヴィルヘルム・クリューガー
3. 1943年11月9日‐1945年4月、親衛隊大将ヴィルヘルム・コッペ

▽▼  「北」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Nord“) ドイツが占領したノルウェーの親衛隊及び警察を管轄。本部はオスロ。
1. 1940年4月20日‐1940年6月19日、親衛隊大将フリッツ・ヴァイツェル
2. 1940年6月19日‐1945年5月8日、親衛隊大将ヴィルヘルム・レディース

▽▼  「北西」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Nordwest“) ドイツが占領したオランダの親衛隊及び警察を管轄。本部はデン・ハーグ。
1. 1940年6月26日‐1945年5月8日、親衛隊大将ハンス・アルビン・ラウター
2. 1945年3月10日‐1945年4月(代理)、親衛隊少将カール・エバーハルト・シェーンガルト博士

▽▼  「オストラント及び北ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Ostland und Rußland-Nord“) ドイツ国防軍A軍集団の背後の占領地域の親衛隊及び警察を管轄。本部はラトヴィアのリガ。
1. 1941年6月29日‐1941年11月1日、親衛隊中将ハンス・アドルフ・プリュッツマン
2. 1941年11月1日‐1945年5月、親衛隊大将フリードリヒ・イェッケルン
3. 1945年1月30日‐1945年5月(代理)、親衛隊中将ヘルマン・ベーレンツ(ドイツ語版)博士

▽▼  「ギリシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Griechenland“) ドイツが占領したギリシアの親衛隊及び警察を管轄。本部はアテネ。
1. 1943年9月8日‐1943年10月4日、親衛隊少将ユルゲン・シュトロープ
2. 1943年10月18日‐1944年9月24日、親衛隊少将ヴァルター・シーマナ
3. 1944年9月24日‐1944年11月18日、親衛隊少将ヘルマン・フランツ(ドイツ語版)

▽▼  「デンマーク」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Dänemark“) ドイツが占領したデンマークの親衛隊及び警察を管轄。本部はコペンハーゲン。
1. 1943年10月6日‐1945年5月5日、親衛隊中将ギュンター・パンケ

▽▼  「アルバニア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Albanien“) イタリア降伏後にドイツが占領したアルバニアの親衛隊及び警察を管轄。本部はティラナ。
1. 1944年8月1日‐1945年1月1日、親衛隊少将ヨーゼフ・フィッツトゥーム

▽▼  「ハンガリー」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Ungarn“) 枢軸国だったハンガリーの摂政ホルティ・ミクローシュが連合軍と休戦協定を結ぼうとしたことでハンガリーがドイツに占領されたため、創設された。本部はブダペスト。
1. 1944年3月19日‐1945年2月11日、親衛隊大将オットー・ヴィンケルマン(ドイツ語版)

▽▼  「ベルギー及び北フランス」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Belgien-Nordfrankreich“) 本部はブリュッセル。
1. 1944年8月1日‐1944年9月16日、親衛隊中将リヒャルト・ユングクラウス(ドイツ語版)
2. 1944年9月22日‐1945年1月18日、親衛隊大将フリードリヒ・イェッケルン

▽▼  「スロヴァキア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Slowakien“) 本部はプレスブルク。
1. 1944年8月31日‐1944年9月20日、親衛隊大将ゴットロープ・ベルガー
2. 1944年9月20日‐1945年5月、親衛隊大将ヘルマン・ヘーフレ

▽▼  「中央ロシア及び白ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Rußland-Mitte und Weißruthenien“) ドイツ国防軍C軍集団の背後の占領地域の親衛隊及び警察を管轄。本部ははじめモギレフ、後にミンスクへ移った。
1. 1941年5月1日‐1944年6月21日、親衛隊中将エーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキー
2. 1942年1月2日‐1943年3月24日(代理)、親衛隊中将カール・フリードリヒ・フォン・ピュックラー=ブルクハウス伯爵
3. 1943年3月24日‐1943年7月5日(代理)、親衛隊中将ゲレット・コルゼマン(ドイツ語版)
4. 1943年7月5日‐1944年8月7日(代理)、親衛隊中将クルト・フォン・ゴットベルク

▽▼  「セルビア・サンジャク・ モンテネグロ」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Serbien, Sandschack und Montenegro“) ドイツが占領したユーゴスラヴィア東部と南部の親衛隊及び警察を管轄。本部はベオグラード。
1. 1942年1月24日‐1944年4月1日、親衛隊中将アウグスト・エドラー・フォン・マイスナー(ドイツ語版)
2. 1944年4月1日‐1944年10月、親衛隊少将ヘルマン・ベーレンツ(ドイツ語版)博士

▽▼  「フランス」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Frankreich“) ドイツが占領したフランスの親衛隊及び警察を管轄。本部はパリ。
1. 1942年5月5日‐1944年11月28日、親衛隊大将カール・オーベルク

▽▼  「クロアチア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Kroatien“) ドイツが占領したクロアチアとユーゴスラヴィア西部の親衛隊及び警察を管轄。本部はエセック。
1. 1943年3月13日‐1945年1月10日、親衛隊中将コンスタンティン・カマーホーファー(ドイツ語版)

親衛隊及び警察指導者(SSPF)[編集]
「東」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Ost“)指揮下
▽▼ 「クラカウ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Krakau“)
1. 1939年11月24日‐1940年10月1日、親衛隊中将カール・ツェッヒ(ドイツ語版)
2. 1940年10月1日‐1941年8月4日、親衛隊上級大佐ハンス・シュヴェートラー(ドイツ語版)
3. 1941年8月4日‐1944年3月1日、親衛隊上級大佐ユリアン・シェルナー
4. 1944年3月1日‐1945年1月19日、親衛隊少将テオバルト・ティール(ドイツ語版)

▽▼  「ルブリン」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Lublin“)
1. 1939年11月‐1943年8月16日、親衛隊少将オディロ・グロボクニク
2. 1943年8月16日‐1944年11月25日、親衛隊中将ヤーコプ・シュポレンベルク

▽▼  「ラドム」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Radom“)
1. 1939年11月30日‐1941年8月8日、親衛隊上級大佐フリッツ・カッツマン
2. 1941年8月8日‐1942年5月12日、親衛隊少将カール・オーベルク
3. 1942年5月12日‐1945年1月16日、親衛隊大佐ヘルベルト・ベッチャー(ドイツ語版)

▽▼  「ワルシャワ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Warschau“)
1. 1939年11月14日‐1941年8月4日、親衛隊中将パウル・モーダー(ドイツ語版)
2. 1941年8月4日‐1943年4月23日、親衛隊上級大佐アルパート・ヴィーガント(ドイツ語版)
3. 1942年7月22日‐1943年4月19日(代理)、親衛隊上級大佐フェルディナント・フォン・ザンメルン・フランケネック博士
4. 1943年4月19日‐1943年9月13日、親衛隊少将ユルゲン・シュトロープ
5. 1943年9月25日‐1944年2月1日、親衛隊少将フランツ・クッチェラ
6. 1944年2月1日‐1944年3月31日、親衛隊上級大佐ヴァルター・シュタイン(スウェーデン語版)
7. 1944年3月31日‐1945年2月1日、親衛隊上級大佐パウル・オットー・ガイベル

▽▼  「レンベルク」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Lemberg“)
1. 1941年8月8日‐1943年4月20日、親衛隊上級大佐フリッツ・カッツマン
2. 1943年4月20日‐1943年7月29日、親衛隊大佐ヴィリー・オスト(ドイツ語版)
3. 1943年7月29日‐1944年2月25日、親衛隊少将テオバルト・ティール(ドイツ語版)
4. 1944年2月25日‐1944年9月16日、親衛隊少将クリストフ・ディーム(ドイツ語版)

▽▼ 「オストラント及び北ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Ostland und Rußland-Nord“)指揮下
▽▼ 「エストニア」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Estland“)
1. 1941年8月4日-1944年4月1日、親衛隊上級大佐ヒンリヒ・メラー(ドイツ語版)
2. 1944年4月1日-1944年10月19日、親衛隊少将ヴァルター・シュレーダー(ドイツ語版)

▽▼  「ラトヴィア」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Lettland“)
1. 1941年8月4日-1944年10月19日、親衛隊上級大佐ヴァルター・シュレーダー(ドイツ語版)

▽▼  「リトアニア」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Litauen“)
1. 1941年8月11日-1943年7月2日、親衛隊少将ルツィアン・ヴュゾキー(ドイツ語版)
2. 1943年7月2日-1944年4月8日、親衛隊少将ヘルマン・ハルム(ドイツ語版)
3. 1944年4月8日-1944年9月15日、親衛隊少将クルト・ヒンツェ(ドイツ語版)

▽▼  「白ロシア」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Weißruthenien“)
1. 1941年7月21日-1941年8月14日、親衛隊中将ヤーコプ・シュポレンベルク
2. 1941年8月14日-1942年5月22日、親衛隊少将カール・ツェナー(ドイツ語版)
3. 1942年5月22日-1942年7月21日、親衛隊上級大佐カール・シェーファー(スウェーデン語版)
4. 1942年7月21日-1943年9月22日、親衛隊少将クルト・フォン・ゴットベルク
5. 1943年9月6日-1944年4月1日、親衛隊大佐エーリヒ・エーアリンガー

▽▽▼  「ロフノ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Rowno“)
1. 1941年9月4日- 1942年1月1日、親衛隊少将ゲレット・コルゼマン(ドイツ語版)
2. 1942年9月1日- 1944年6月6日、親衛隊上級大佐ヴィルヘルム・ギュンター(ドイツ語版)

▽▽▼  「ハリコフ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Charkow“)
1. 1941年8月4日- 1943年5月19日、親衛隊少将ヴィリー・テンスフェルト(ドイツ語版)
2. 1943年10月10日- 1943年9月11日、親衛隊中将ハンス・ハルターマン(ドイツ語版)
3. 1943年9月11日- 1943年10月18日、親衛隊少将ギュンター・メルク(スウェーデン語版)博士

▽▽▼  「ドニェプロペトロフスク=クリヴォイ・ログ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Dnjepropetrowsk-Krivoi-Rog“)
1. 1941年11月11日- 1942年8月1日、親衛隊上級大佐ゲオルク・フォン・バッセヴィッツ=ベール伯爵
2. 1942年8月1日- 1942年10月4日、親衛隊少将ヘルマン・ハルム(ドイツ語版)
3. 1942年10月4日- 1943年10月4日、親衛隊少将ヴァルデマール・ヴァッペンハンス(ドイツ語版)
4. 1943年10月4日- 1943年11月2日、親衛隊少将カール・シェーファー(スウェーデン語版)

▽▽▼  「キエフ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Kiew“)
1. 1941年10月11日-1943年5月19日、親衛隊少将ハンス・ハルターマン(ドイツ語版)
2. 1943年5月1日-1943年12月、親衛隊中将パウル・ヘンニッケ(ドイツ語版)

▽▽▼  「ニコライェフ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Nikolajew“)
1. 1941年10月11日-1942年9月1日、親衛隊少将フリッツ・ティトマン(ドイツ語版)
2. 1942年9月1日-1943年4月、親衛隊少将ヴァルデマール・ヴァッペンハンス(ドイツ語版)
3. 1943年4月-1943年10月10日、親衛隊少将パウル・ツィンマーマン(ドイツ語版)
4. 1943年10月6日-1944年2月11日、親衛隊中将、ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルフェンスレーベン

▽▽▼  「スタニスラフ=ロストフ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Stanislav-Rostow“)
1. 1941年8月4日- 1942年5月27日、親衛隊上級大佐リヒャルト・ヴェントラー(ドイツ語版)博士
2. 1942年5月27日 -1942年10月1日、親衛隊少将ゲレット・コルゼマン(ドイツ語版)
3. 1942年10月1日-1943年5月1日、親衛隊少将パウル・ヘンニッケ(ドイツ語版)

▽▽▼  「シトミール」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Shitomir“)
1. 1941年10月22日- 1943年5月20日、親衛隊大佐オットー・ヘルヴィヒ(ドイツ語版)
2. 1943年5月20日- 1943年9月25日、親衛隊少将ヴィリー・シュメルヒャー(ドイツ語版)
3. 1943年9月25日- 1943年10月21日、親衛隊中佐ハンス・トラウペ(英語版)
4. 1943年10月31日- 1944年1月25日、親衛隊上級大佐エルンスト・ハルトマン(ドイツ語版)
5. 1944年1月25日- 1944年2月25日、親衛隊少将クリストフ・ディーム(ドイツ語版)

▽▽▼  「タウリカ=クリミア=シンフェロポリ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Taurien-Krim-Simferopol“)
1. 1941年11月19日- 1944年10月6日、親衛隊少将ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルフェンスレーベン

▽▽▼  「スターリノ=ドネツ地方」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Stalino-Donezgebiet“)
1. 1941年11月19日- 1943年5月19日、親衛隊上級大佐ハンス・デーリング(ドイツ語版)
2. 1943年5月19日- 1943年9月4日、親衛隊少将ヴィリー・テンスフェルト(ドイツ語版)

▽▽▼  「チェルニゴフ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Tschernigow“)
1. 1941年10月22日-1941年11月19日、親衛隊少将ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルフェンスレーベン
2. 1941年11月19日- 1943年7月1日、親衛隊上級大佐ヴィリー・シュメルヒャー(ドイツ語版)
3. 1943年7月1日-1943年10月31日、親衛隊上級大佐エルンスト・ハルトマン(ドイツ語版)

▽▽▼ 「北コーカサス」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Nordkaukasien“)
1. 1942年8月21日‐1942年10月1日、親衛隊中佐カール=ハインツ・ビュルガー(ドイツ語版)

▽▽▼ 「アウデイェフカ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Awdejewka“)
1. 1942年10月1日‐1943年12月1日、親衛隊大佐カール=ハインツ・ビュルガー(ドイツ語版)

▽▽▼ 「コーカサス=クバン」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Kaukasien-Kuban“)
1. 1942年8月21日‐1942年11月11日、、親衛隊少将コンスタンティン・カマーホーファー(ドイツ語版)
2. 1942年11月14日‐1943年5月3日、、親衛隊少将テオバルト・ティール(ドイツ語版)

▽▽▼ 「山岳民=オルジョニキーゼ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Bergvölker-Ordskonikidse“)
1. 1942年5月7日‐1942年8月23日、親衛隊上級大佐ヴィルヘルム・ギュンター(ドイツ語版)

▽▽▼ 「アゼルバイジャン」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Aserbaidschan“)
1. 1942年11月14日‐1943年4月21日、親衛隊少将コンスタンティン・カマーホーファー(ドイツ語版)
▽▽▼ 「ケルチ=タマン半島」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Kertsch-Tamanhalbinsel“)
1. 1943年5月3日‐1943年7月29日、親衛隊少将テオバルト・ティール(ドイツ語版)

▽▼ 「中央ロシア及び白ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Rußland-Mitte und Weißruthenien“)指揮下
▽▽▼ 「モギレフ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Mogilew“)
1. 1942年8月1日‐1943年4月20日、親衛隊少将ゲオルク・フォン・バッセヴィッツ=ベール伯爵
2. 1943年4月20日‐1943年9月20日、親衛隊少将フランツ・クッチェラ
3. 1943年9月20日‐1944年7月12日、親衛隊中将ハンス・ハルターマン(ドイツ語版)

▽▽▼  「プリピャチ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Pripet“)
1. 1943年12月18日‐1944年9月6日、親衛隊上級大佐エルンスト・ハルトマン(ドイツ語版)

▽▽▼  「ビャウィストク」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Bialystok“)
1. 1942年1月18日‐1943年1月30日、親衛隊大佐ヴェルナー・フロム(ドイツ語版)
2. 1943年5月20日‐1944年7月18日、親衛隊少将オットー・ヘルヴィヒ(ドイツ語版)
3. 1943年7月18日‐1944年10月22日、親衛隊上級大佐ハインツ・ロッホ(ドイツ語版)

▽▽▼  「サラトフ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Saratow“)
1. 1941年9月4日-1941年11月30日、親衛隊大佐ヴァルター・シーマナ

▽▼ 「セルビア・サンジャク・モンテネグロ」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Serbien, Sandschack und Montenegro“)指揮下
▽▽▼ 「モンテネグロ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Montenegro“)
1. 1943年10月1日‐1944年10月20日、親衛隊少将リヒャルト・フィートラー(ドイツ語版)

▽▽▼  「サンジャク」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Sandschack“)
1. 1943年9月‐1944年6月21日、親衛隊大佐カール・フォン・クレンプラー(ドイツ語版)
2. 1944年6月21日‐1944年11月28日、親衛隊上級大佐リヒャルト・カーゼラー(ドイツ語版)

▽▼ 「北」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Nord“)指揮下
▽▽▼ 「北部ノルウェー」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Nord-Norwegen“)
1. 1944年11月21日‐1945年5月、親衛隊上級大佐ハインツ・ロッホ(ドイツ語版)

▽▽▼ 「中部ノルウェー」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Mitte-Norwegen“)
1. 1944年11月28日‐1945年5月、親衛隊上級大佐リヒャルト・カーゼラー(ドイツ語版)

▽▽▼ 「南部ノルウェー」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Süd-Norwegen“)
1. 1944年11月21日‐1945年5月、親衛隊中将ヤーコプ・シュポレンベルク

▽▼ 「アルペンラント」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Alpenland“)指揮下
▽▽▼ 「ザルツブルク」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Salzburg“)
1. 1944年4月‐1945年5月、親衛隊少将エルヴィン・シュルツ(ドイツ語版)

▽▼ 「南東」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Südost“)指揮下
▽▽▼ 「カトヴィッツ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Kattowitz“)
1. 1944年10月‐1945年、親衛隊少将クリストフ・ディーム(ドイツ語版)

▽▼ 「フランス」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Frankreich“)指揮下
▽▽▼ 「メッツ」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Metz“)
1. 1944年10月1日‐1944年11月18日、親衛隊少将アントン・ドゥンケルン(ドイツ語版)
▽▽▼ 「上部アルザス」親衛隊及び警察指導者(SS- und Polizeiführer „Ober-Elsaß“)
1. 1944年10月1日‐1945年5月、親衛隊中佐フリードリヒ・ズール

▽▼ 「デンマーク」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Dänemark“)指揮下
▽▽▼ 「コペンハーゲン」占領地区警察指導者(Polizeigebietsführer „Kopenhagen“)
1. 1944年10月1日‐1945年5月、親衛隊少佐ヤーコプ・グロッベン(Jakob Grobben)

▽▼ 「クロアチア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Kroatien“)指揮下
▽▽▼ 「アグラム」占領地区警察指導者(Polizeigebietsführer „Agram“)
1. 1943年7月10日‐1944年12月28日、親衛隊少将ヴィリー・ブラントナー(ドイツ語版)
2. 1944年12月28日‐1945年1月6日、親衛隊上級大佐オットー・ライヒ(ドイツ語版)
▽▽▼ 「バニャ・ルカ」占領地区警察指導者(Polizeigebietsführer „Banja Luca“)
1. 1943年8月2日‐1945年4月20日、親衛隊大佐パウル・ダーム(ドイツ語版)
▽▽▼ 「エッセク」占領地区警察指導者(Polizeigebietsführer „Esseg“)
1. 1943年7月15日‐1944年9月20日、親衛隊上級大佐フェルディナント・フォン・ザンメルン・フランケネック博士
2. 1944年9月20日‐1945年4月20日、親衛隊大佐パウル・ダーム(ドイツ語版)
▽▽▼ 「クニン」占領地区警察指導者(Polizeigebietsführer „Knin“)
1. 1943年7月27日‐1944年5月20日、親衛隊上級大佐リヒャルト・カーゼラー(ドイツ語版)
▽▽▼ 「サラエヴォ」占領地区警察指導者(Polizeigebietsführer „Sarajevo“)
1. 1943年1月1日‐1944年4月26日、親衛隊大佐ヴェルナー・フロム(ドイツ語版)