SS建設旅団(SS-Baubrigade)

203月 - による conmo3 - 0 -

Außenlager des KZ Buchenwald Messelager Köln
Karl-Wilhelm Völkner[Mai 1944 ]
Lagerarzt Erich Möllenhoff()

SS-WVHA Amtsgruppe C SS-Baubrigade

SS建設旅団(SS-Baubrigade)
Inspekteur der SS-Baubrigaden bei der Amtsgruppe C
ゲルハルト・ウェイゲル親衛隊少佐(Gerhard Weigel
[1944年10月15日から1945年5月])

2番目の建物旅団の長ゲルハルト・ウェイゲル[1942年9月-

5番目の建物旅団の長ゲルハルト・ウェイゲル[1944年3月-

1942年10月、ザクセンハウゼン強制収容所の1,000人囚人により編成。空襲により被害の多かったデュッセルドルフに 600人、デュイスブルクに400 人が送られ、瓦礫と遺体の処理にあたる。
1,000人の強制収容所の囚人で構成されるSSビルディング旅団IIがノイエンガンメ強制収容所に設置されました。1,000人の強制収容所の囚人のうち、ブレーメンの 750人の囚人とオスナブリュックの 250 人の囚人は、それぞれの市政に代わって、瓦clearを取り除き、遺体を回収し、爆弾を除去しなければなりませんでした
SS建設旅団III は1942年9月から1944年5月の間に、最大1000人の強制収容所の囚人が、主にケルンの展示センター[- 1944年5月]だけでなく、デュッセルドルフ、ドルトムント、ベルギッシュグラッドバッハの支部でも建設と清掃作業を行わなければなりませんでした。[7]

1943年3月 オルダニー島のチャネル島にあるズィルト収容所に移送。SSビル旅団Iはノイエンガンメ強制収容所管轄になる。連合国による侵略の恐れにより要塞を建設に従事。

1943年春から1943年11月までSS建設旅団II はヴィルヘルムスハーフェンに存在

1943年8月7日から1944年4月までの間に、S建設旅団II 930人までの囚人が、地元の警察署長の要請に応じて、ハンブルグで開拓および救助活動を行いました。

1943年8月、ブッヘンヴァルトから第4SS建設旅の多国籍な50人がブッパタール(Wuppertal)到着し、そこにケーニヒスヘーア強制収容所(KZ Außenlager Königshöher Weg)をElberfeld地区(Arrenberg地区、KönigshöherWeg 7)のカトリック小学校の敷地内に設置した。1943年11月の終わりまでに、さらに592人の囚人が到着。爆弾による被害の除去を行った。第5SS建物旅団は、最初は親衛隊中尉アルトゥール・クナウスト(SS-Obersturmführer Arthur Knaust)によって作業指揮され、その後、1943年10月から身元不明の親衛隊中尉ディートリッヒ(Dietrich)によって指揮され、最後に1943年12月から親衛隊中尉オットー・ディエンブト(Otto Diembt
)によって作業指揮された。収容所は親衛隊大佐カートベン(SS-Standartenführers Kurt Benn)の下におかれ、囚人達は校庭のバラックに収容された。収容所の警備はアルレンベルク(Arrenberg)警察官と親衛隊で保安部隊を構成した。

ケーニヒスヘーア強制収容所(KZ Außenlager Königshöher Weg)は1944年5月7日に閉鎖され、囚人はKZ-Außenlager Ellrich-Bürgergartenに移送されました。

1944年5月までに、SSビルディング旅団IVからの約600人の囚人が地方自治体に代わってヴッパータールに配備され、遺体の浄化、回収などが行われました。[9]

1944年3月、西部戦線のA 4ミサイルの位置システムを構築するために、SSビル旅団III500人の囚人がケルンからフランス北部の新設の旅団Vに移動しました。

1944年3月から1944年8月まで、ケルンに設置されたSSビル旅団Vがフランス北部に配置されました。V. SSビル旅団には少なくとも14のサブキャンプがあり、特にダレンのメインサイトに配置されていました。囚人は空軍に代わってA 4ミサイルを発射するシステムを構築しました。

1944年4月中旬、SS Building Brigade IIは建設と清掃作業のためにベルリンに持ち込まれました。従属はノイエンガンメからザクセンハウゼンに。

1944年SSビル旅団IIIケルンに残った男性は同じ年の5月にハルツのウィーダに運ばれました。

SS Building Brigade IIIの撤退後、ブッヘンヴァルトから囚人が移送されさらに3つのサテライトキャンプがケルンに来ました。ケルン市サテライトキャンプ、ケルンウエストワゴンサテライトキャンプ、ケルンフォードサテライトキャンプです。

1944年5月には、SS建設旅団IIIの囚人Wieda以降も衛星キャンプにNüxei、MackenrodeとOsterhagenを移しました。SS B13のスタッフを代表して、約300人の囚人が、新しく設立されたWiedaサテライトキャンプでHelmetalbahnの線路建設作業を実施しました。約300人の囚人が、Nüxei、Osterhagen、およびMackenrodeのサブキャンプで追跡、片付け、土工をしなければなりませんでした。

1944年5月中旬、SS Building Brigade IVはEllrichに移動し、そこで囚人はBürgergartenレストランに新しく設立されたEllrich-Bürgergarten強制収容所に収容されました。強制収容所エルリッヒ-Juliushütte、最大の衛星キャンプの強制収容所Mittelbau Lagerkompexes。

1944年6月24日、SSビル旅団Iの囚人はオルダニー島から本土に連れて行かれ、ベルギーとフランスの国境にミサイル発射装置を設置しなければなりませんでした。

1944年9月、SSビルディング旅団Iの550人の囚人がRehungenに移され、SSのインフラストラクチャー作業を実施しました。
ホルンシュテットにRehungenメインキャンプの追加支部が200〜300人の囚人のために設置。

SS建設旅団IV
1944年9月の初めに、ギュンゼロデ強制収容所は、エルリッヒビュルガーガルテンのサブキャンプになりました。家具付き。どちらもミッテルバウ強制収容所に従属していた2つのキャンプEllrich-BürgergartenとGünzerodeでは、最大950人の囚人がHelmetalbahnの線路建設作業を行わなければなりませんでした。

1944年9月から10月末まで、SSビル旅団はブッヘンヴァルト強制収容所に、その後ミッテルバウ強制収容所に従属しました。
1944年10月末まで、SSビルディングブリゲードIIIは、ブッヘンヴァルト強制収容所、そしてミッテルバウ強制収容所に従属し

秋1944年、SS建設旅団にSS建設旅団Vの受刑者はIII及びIVを分散またはそれらはSS鉄道旅団V.の基礎を形成した[12]

1945年4月6日、SS建設旅団III
マッケンローデ、ヌクセイ、およびオステルハーゲンの強制収容所からの囚人が徒歩でウィーダ強制収容所に送られました。
SS建設旅団IIIで鉄道で避難輸送後マルクと他の死の行進まで徒歩Gardelegenに最もあった虐殺でIsenschnibbe納屋その他の強制収容所がクリアされ、焼かから他の強制収容所の収容者と一緒に1945年4月13日に投獄。[8]

1945年4月6日から10日までの間、SS建設旅団IV
キャンプは接近する同盟国から排除されました。囚人の何人かは、米軍のメンバーによるギュンタースベルゲ近くの死の行進の後、1945年4月中旬に釈放されました。約350囚人の小さなグループがであったGardelegen駆動し、そこに1945年4月13日に虐殺でIsenschnibbe納屋殺害します。[10]

1945年4月7日にハルツ山脈を横断して移動SS建設旅団III

1945年4月13日、市の北東約1キロにあるIsenschnibber野原の納屋で1,016人の強制収容所の囚人が殺害されました。
ガーデレーゲン郡指導者ゲルハルト・ティーレKreisleiter Gardelegen SS-Obersturmbannführers Gerhard Thiele の指示によりSS上級曹長エアハルト・ブラウニーSS-Hauptscharführer Erhard Brauny Vom 20. November 1944 bis Anfang April 1945 war er Lagerleiter des Mittelbauer Außenlagers Rottleberode) が
13日にIsenschnibberの納屋での虐殺で1,000人以上の囚人を殺害

1945年4月5日から4月7日まで、Rehungenの収容者はHohlstedtの収容者とともに、前進する同盟国からMauthausen強制収容所のサブキャンプに迂回

Nach einem Räumungstransport per Bahn in die Altmark und einem weiteren Todesmarsch zu Fuß nach Gardelegen wurden die meisten beim Massaker in der Isenschnibber Feldscheune am 13. April 1945 gemeinsam mit weiteren KZ-Häftlingen aus anderen geräumten Konzentrationslagern eingesperrt und verbrannt.[8]
1945年4月13日

第5SS鉄道建設旅団(5.SS-Eisenbahnbaubrigade)
[1944年10月8日– 1945年4月]
約500人/死亡者不明
線路建設、瓦礫撤去
オスナブリュック市議会、ドイツ国鉄
フレンスブルクへ避難、1945年5月5日のアポロ船の解放
KZ Mittelbau[1944年10月 – 1945年1月] KZ Sachsenhausen[1945年1月 – ]

第6SS鉄道建設旅団(6.SS-Eisenbahnbaubrigade), zuvor 1. SS-Eisenbahnbaubrigade
[1944年9月12日– 1945年4月8日]
500人/死亡者不明
線路建設、SS電話回線の敷設作業
電車で避難、1945年5月4日にザルツブルクで解放
KZ Mittelbau[1944年10月 – 1945年1月] KZ Sachsenhausen[1945年1月 – ] t

第7SS鉄道建設旅団(7.SS-Eisenbahnbaubrigade), zuvor 2. SS-Eisenbahnbaubrigade
[1944年9月19日– 1945年4月2日]
470人/12人以上死亡
線路補修作業
SS

ボーデン湖とバートシュッセンリートに向かう2つの輸送機関での4月上旬に列車による避難

最初はアウシュヴィッツ強制収容所、10月上旬のブッヘンヴァルト強制収容所、1944年10月末から1945年1月までのミッテルバウ強制収容所、そしてザクセンハウゼン強制収容所です。

第8SS鉄道建設旅団(8.SS-Eisenbahnbaubrigade)
[1944年11月20日– 1945年3月]
504人/約20人死亡

シュトゥットガルトの線路と鉄道トンネルの修理、線路修理
SS
1945年3月中旬から電車で避難、1945年5月3日にベルゲンで解放
最初はザクセンハウゼン強制収容所に従属し、1944年11月末から1945年1月までミッテルバウ強制収容所に、そしてザクセンハウゼン強制収容所に

第9SS鉄道建設旅団(9.SS-Eisenbahnbaubrigade)
未編成。

第10SS鉄道建設旅団(10.SS-Eisenbahnbaubrigade)
[1944年12月–]
504人/

1945年1月からオッフェンブルクでの線路建設作業

ブッヘンヴァルト強制収容所、1945年1月、ザクセンハウゼン強制収容所に従属

第11SS鉄道建設旅団(11.SS-Eisenbahnbaubrigade)(Bad Sassendorf)
[1945年2月8日– 1945年4月4-5日]
504人/少なくとも33人死亡
1944年に破壊されたゾースト駅(Soester Bahnhof)の線路建設作業
ドイツ国鉄

ザクセンハウゼン強制収容所、ダッハウ強制収容所、エベンゼー強制収容所への輸送。ヘクスター(Höxter North Rhine-Westphalia)への死の行進、
1945年ザクセンハウゼン強制収容所に従属

第12SS鉄道建設旅団(12.SS-Eisenbahnbaubrigade)
[1944年12月24日-1945年春]
504人/少なくとも11人死亡

1945年1月まで、コブレンツの近くのラーンシュタイン(Lahnstein)、その後バートクロイツナッハ(Bad Kreuznach)のギーセン駅(Bahnhof Gießen)にて線路建設工事
ドイツ国鉄
一部はリンツ経由でエベンゼー強制収容所(KZ Ebensee)へ
ザクセンハウゼン強制収容所に従属

第6SS鉄道建設旅団(13.SS-Eisenbahnbaubrigade)
[1945年1月18日-1945年春]
504人/

1945年1月までライヒェルトショフェン(Reichertshof)、その後はリンブルグ近郊(Limburg)
エアフルト地方鉄道

ダッハウ強制収容所に設置、その後ザクセンハウゼン強制収容所に従属