Aktion T4(Aktion 14f13)

203月 - による conmo3 - 0 -

↓↓↳1910年代、「劣等分子」の断種や、治癒不能の病人を要請に応じて殺すという「安楽死」の概念が生まれた。
1920年、元ライプチヒ大学学長カール・ビンディング法学博士とフライブルク大学教授アルフレート・ホッヘ精神科医学博士により、重度精神障害者などの安楽死を提唱した「生きるに値しない命を終わらせる行為の解禁」が出版されている。
1930年代、優生学に基づく断種が議論される。
1932年7月30日、プロイセン州で「劣等分子」の断種にかかわる法律が提出される。
1933年7月14日、「遺伝病根絶法」が制定され、断種が法制化。
1938年から1939年にかけて、重度の身体障害と知的障害を持つクナウアーという少年の父親が、少年の「慈悲殺」を総統アドルフ・ヒトラーに訴えた。この訴えは後に「私は告発する」という安楽死政策の正当化を訴えるプロパガンダ映画のもととなった。

1939年9月1日、ヒトラーは日付のない秘密命令書を発令し、指定の医師が「不治の患者」に対して「慈悲死」を下す権限を委任する責任をもつ、「計画の全権委任者」としての地位をナチ党指導者官房長フィリップ・ボウラーと親衛隊軍医カール・ブラントに与えた。
安楽死管理局の所在地、ベルリンの「ティーアガルテン通り4番地」(現在同地はベルリン・フィルハーモニー)を短縮したもので、第二次世界大戦後に付けられた組織の名称である。

内務省の保健担当大臣であるハーバート・リンデンの提案で、1939年末に中央組織T4内に「Reichsarbeitsgemeinschaft Heil- und Pflegeanstalten(RAG)」と呼ばれる疑似組織が作成されました。
1939年10月17日ゲルハルト・ボーネ親衛隊中尉はグラフェネック城()にヴィクトル・ブラック(Viktor Brack)、ヴェルナー・ハイデ(Werner Heyde)、ラインホルト・フォルベルク(Reinhold Vorberg)、クルト・フランツ(Kurt Franz)

T4中央オフィス司令官:ディートリッヒ・アラー(Dietrich Allers[1941年1月-940年6月末])

Gemeinnützige Krankentransportgesellschaft
秘匿名「公益患者輸送会社」

ラインホルド・フォルベルク(Reinhold Vorberg)
ゲルハルト・シーベルト(Gerhard Siebert[1941年夏-])
ヘルマン・シュウェニンガー(Hermann Schwenninger[1939年11月18日-])
【財政部門】
【移送部門】
【実施部門「労働共同体」】

資材調達担当:Richard von Hegener

1939年10月から「慈悲殺・Aktion T4」は秘匿名「公益患者輸送会社」という組織で開始され、精神科医のヴェルナー・ハイデとパウル・ニッチェら鑑定人によって対象者が決められた。処分されるべきと考えられた対象者には、精神病者や遺伝病者のほか、労働能力の欠如、夜尿症、脱走や反抗、不潔、同性愛者なども含まれていた。
秘匿名「公益患者輸送会社」は【財政部門】、【移送部門】、【実施部門「労働共同体」】の三つの部門により構成されていた。

【Tötungsanstalt Grafeneck】
ここでは1940年1月18日に始まった[1]とシャワールームガス室としてカモフラージュの「ガレージ」にありました。施設の医師は一酸化炭素を流入させました。遺体は火葬場で火葬された。殺人センターは1940年12月に閉鎖され、殺人はHadamar殺人センターで継続されました。[2]工業Grafeneck殺人では始まり、この方法は、他の機関および強制収容所で継続しました。

「処分者」は、郵政省から譲られた灰色に再塗装されたバスに乗せられ、6つがあった「処分場」と呼ばれる安楽死施設にに運搬された。
ハルトハイム安楽死施設、1944年末まで稼動(所長フランツ・シュタングル)
ブランデンブルク安楽死施設、
ベレンブルク安楽死施設 、
ピルナ=ゾンネンシュタイン安楽死施設 、
ハダマー安楽死施設。

1940年7月9日、法務省に匿名の政府高官から「慈悲殺・Aktion T4」に関する投書があり、ブランデンブルク区裁判所の後見裁判所ロタール・クライシヒ裁判官は法務省に事態の調査を求めた。法務大臣フランツ・ギュルトナーは調査を命じ、その過程で「慈悲殺・Aktion T4」がヒトラーの意志であることを知る。ギュルトナーは総統官房長ハンス・ハインリヒ・ラマースと会談。ロタール・クライシヒ裁判官はあきらめずに調査を行い、安楽死施設に殺害の中止を命令だし、「慈悲死」の法制化を目指す民族法廷のローラント・フライスラー裁判長の支持を受けたロタール・クライシヒ裁判官はボウラーを殺人容疑で検察当局に告発。法務大臣フランツ・ギュルトナーはヒトラーの意志を優先させるべきであると考え、クライシヒ裁判官の行動はすべて無効とされ、クライシヒ裁判官は裁判官を罷免された。結局最後まで安楽死制度は法制化されなかった。

1941年7月28日、ヘスラーはアウシュヴィッツ収容所からゾンネンシュタイン城まで収容者575名を移送した。ゾンネンシュタイン城に安楽死施設が設置されていた。1941年8月3日、ミュンスターの司教クレメンス・アウグスト・グラーフ・フォン・ガーレンは説教で安楽死政策を公然と批判。ローマ教皇庁から強い反対があり、ローマ教会の最高司教会総会は安楽死政策が認められないという決定を行い、教皇ピウス12世がその決定を広く公布するよう命じた。
1941年8月24日、T4作戦への批判が高まったことから、ヒトラーはナチ党指導者官房長フィリップ・ボウラーに対し口頭で「慈悲殺・Aktion T4」の中止を命令。その後、ボウラーは「慈悲殺・Aktion T4」の任務から離れるが突撃隊上級大佐ヴェルナー・ブランケンベルクや親衛隊上級大佐ヴィクトール・ブラックによってその実務は継続される。親衛隊上級大佐ヴィクトール・ブラックは総統官房付きでフランツ・ラーデマッハー外務省ドイツ局(Abteilung Deutschland)D III課(Referat D III)、すなわちユダヤ人担当課が中心となったマダガスカル島へヨーロッパのユダヤ人全てを強制的に追放「マダガスカル計画」(アドルフ・アイヒマンが参加し草案を制作)の移送指揮官にも任命されている。
1941年10月23日、内務大臣ヴィルヘルム・フリックは医療・養護施設の受託者として保険局参事官ヘルベルト・リンデンを任命し、「慈悲殺・Aktion T4」は安楽死組織が国家機関として位置づけられ始めた。

1943年6月末、傷病兵や空襲負傷者のための医療需要が増大し、「治療しても仕方がない精神病患者」を殺害するブラント(親衛隊軍医カール・ブラント)作戦が始まり、医療施設から患者が大規模に移送された。
1942年9月18日にはオットー・ゲオルク・ティーラック法相がヒムラーと合意し、受刑中の「反社会的分子」は、「労働による毀滅」のため、親衛隊に引き渡されることが合意された。
1942年11月に強制収容所に送られた1万3000人の反社会的分子は、1943年4月の段階でほぼ半数がすでに死亡。
1943年5月には労働力配置総監フリッツ・ザウケルが、病気で働けなくなった東方労働者の帰郷を禁じ、国家保安本部の特別収容所に移送するよう命令。親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーがナチ党指導者官房長フィリップ・ボウラーと協議し、強制収容所の「無用の長物を排除する「14f13作戦」が決定された。作戦の名称は親衛隊の文書規則にちなんでおり、14は強制収容所総監、fは死亡事案、13はT4計画の設備による殺害を意味する。
1944年以降には、囚人の増大によってふたたびT4組織による措置が望まれるようになり、ソ連領から徴用された「東方労働者」、ソ連軍捕虜、ハンガリーユダヤ人、エホバの証人の信者などが対象となった。14f13作戦による死者は1万人とも2万人とも言われる。

【関係者の戦後処理】
親衛隊軍医カール・ブラント(Karl Brandt:ニュルンベルク継続裁判医者裁判で有罪処刑)
鑑定人パウル・ニッチェ(Paul Nitsche:医者裁判によって有罪が確定し、処刑された。)
内務大臣ヴィルヘルム・フリック(Wilhelm Frick:ニュルンベルク継続裁判で有罪絞首刑)
保険局参事官ヘルベルト・リンデン(Herbert Linden:1945年4月自殺)
ナチ党指導者官房長フィリップ・ボウラー(Philipp Bouhler:1945年5月に自殺した。)
精神科医ヴェルナー・ハイデ(Werner Heyde:逃亡したものの1959年に自首し、自らの裁判が始まる1963年に自殺した。)
法相オットー・ゲオルク・ティーラック(Otto Georg Thierack:1946年11月22日自殺)
労働力配置総監フリッツ・ザウケル(Fritz Sauckel:)
突撃隊上級大佐ヴェルナー・ブランケンベルク(Werner Blankenburg:)
親衛隊上級大佐ヴィクトール・ブラック(Viktor Brack:)
法務大臣フランツ・ギュルトナー(Franz Gürtner:1941年1月29日にベルリンで死去)
裁判官ロタール・クライシヒ(Lothar Kreyssig:)
総統官房長ハンス・ハインリヒ・ラマース(Hans Heinrich Lammers:ニュルンベルク継続裁判大臣裁判で有罪懲役20年)
民族裁判所長官ローラント・フライスラー(Roland Freisler:1945年2月3日空襲にて死亡)

クリスティアン・ヴィルト (Christian Wirth、1885年11月24日 – 1944年5月26日)
グラーフェネックやブランデンブルクへ派遣される。ヴィクトール・ブラック(Viktor Brack)の技術面の片腕であった。

フランツ・シュタングル(Franz Paul Stangl、1908年3月26日 – 1971年6月28日)
シュロス・ハルトハイムにある精神的にまた肉体的にハンディキャップを負う人々を殺害する為の施設 (NS-Tötungsanstalt Hartheim) で、T-4安楽死プログラムの責任者となった。そこで彼は初めてクリスティアン・ヴィルトに出会った。 1942年、彼はポーランドへ転勤となり、そこでオディロ・グロボクニクの元で働いた。

イルムフリート・エベール(Irmfried Eberl, 1910年9月8日 – 1948年2月16日)
大学を出た後は、ナチス党員であったことからオーストリアで就職先が見つからず、ドイツに移住して優秀な医者として名を馳せ、ナチス党から障害者安楽死計画の任務を与えられ、ドイツ各地で安楽死計画を手がけた。

ホルスト・シューマン(Horst Schumann、1906年5月1日 – 1983年5月5日)は、ナチス・ドイツの親衛隊隊員の医師。階級は親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer)。ユダヤ人やロマ、スラヴ人などナチスから「劣等人種」とされた者が子供を産めないようにするための不妊化や去勢のための人体実験をしていた人物。医師パウル・シューマンの息子としてハレに生まれる。1930年にナチス党に入党。1932年に突撃隊に入隊した。1933年に医学博士号を取得。ハレ大学病院の外科医の助手となる。1934年からハレの国立健康事務所に雇われる。1939年に空軍に徴兵され、空軍軍医となった。1939年10月初め頃からナチスの障害者安楽死計画T4作戦や14f13作戦に参加した。ヴュルテンベルクのグラーフェンエックで安楽死計画の責任者となる。病人の一酸化炭素ガス殺も行っていた。1941年7月28日にアウシュヴィッツ強制収容所へ赴任。アウシュヴィッツでX線による不妊化と去勢の実験を行った。シューマンの不妊化実験に使われた女囚達はほとんどが死亡させられた。生き残った者も数ヶ月後に不妊の効果を調べるため、生殖器官を切開されたという。この手の実験は週に二・三度あり、一度に三十人ほどの女性が実験体にされたという。また男性囚人には睾丸だけを摘出して太陽光線にあてるという実験が行っていたという。シューマンはこの睾丸をベルリンへ送っていた。こうした実験に使われたのは若くて丈夫な囚人だった。特にギリシアのユダヤ人が多かったという。1944年にアウシュヴィッツを離れ、ザクセンの軍病院で勤務するようになった。西部戦線に軍医として従軍していた1945年1月にアメリカ軍の捕虜となった。ドイツ敗戦後の1945年10月に釈放された。1946年にはグラートベックのスポーツ医師として働くようになる。しかし1951年に狩猟のライセンス申請を出したことで特定されて逮捕令状が出たため、国外逃亡した。アフリカを転々とし、最後はガーナに逃れた。1966年にガーナから西ドイツ政府へ引き渡された。1970年9月から彼の裁判が開始された。しかし1972年7月29日に健康状態を理由に刑務所から釈放された。1983年に死没。

クルト・フーベルト・フランツ(Kurt Hubert Franz, 1914年1月17日 – 1998年7月4日)
1932年にナチス党員となり、1935年にドイツ国防軍陸軍に徴兵され、砲兵連隊で料理人として勤務した。しかし、兵役途中の1937年には親衛隊に入隊した。髑髏部隊に配属され、ブーヘンヴァルト強制収容所の料理人と看守になった。1939年からはT4作戦(障害者やユダヤ人の安楽死計画)に動員されている。1940年に結婚をした。1942年4月に親衛隊曹長に昇進するとともにベウジェツ強制収容所へ配属された。1942年8月にトレブリンカ強制収容所に配属され、フランツ・シュタングル所長の下で副所長となった。

ホルスト・シューマン(Horst Schumann、1906年5月1日 – 1983年5月5日)
1939年に空軍に徴兵され、空軍軍医となった。1939年10月初め頃からナチスの障害者安楽死計画T4作戦や14f13作戦に参加した。ヴュルテンベルクのグラーフェンエックで安楽死計画の責任者となる。病人の一酸化炭素ガス殺も行っていた。

ヨーゼフ(ゼップ)・カスパー・オーバーハウサー(Josef (Sepp) Kaspar Oberhauser 、1915年1月21日‐1979年11月20日)38年には親衛隊伍長に昇進する。1939年に第1SS装甲師団「アドルフ・ヒトラー」に配属され、同年対ポーランド戦争にも従軍した。戦功により親衛隊曹長に昇進した。しかし1939年11月にベルンブルクで悪名高いT4作戦(障害者やユダヤ人の安楽死計画)に死体焼却担当として参加。1941年11月にルブリン地区へ派遣され、ルブリン地区親衛隊警察指導者オディロ・グロボクニクの事務所で勤務した。12月からはベウジェツ強制収容所所長クリスティアン・ヴィルトの下に派遣され、ヴィルトとグロボクニクとの間の連絡下士官となった。さらにヴィルトが三大絶滅収容所(ベウジェツ・ソビボル・トレブリンカ)の総監に任じられるとオーバーハウサーは三大絶滅収容所のウクライナ義勇兵看守たちの監督官となった。

フランツ・ライヒライトナー(Franz Reichleitner、1906年12月2日‐1944年1月3日)
オーストリア併合後、リンツ近くのアルコーフェン・ハルトハイム城(das Schloß Hartheim)のハルトハイム安楽死センター(die (NS-)Tötungsanstalt Hartheim)で障害者の安楽死計画に携わった。1942年9月にハルツヘイム時代の同僚だったフランツ・シュタングルの後任としてソビブル強制収容所所長に就任した。1943年2月12日には親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーがソビブルを視察しており、その際に親衛隊大尉に昇進した。ライヒライトナーはやはりハルツハイム時代の同僚だったグスタフ・ワグナー親衛隊曹長を重用して彼に囚人たちに激しい迫害を加えさせてシュタングル以上に厳しく収容所を支配した。

ハインリッヒ・グロス(1915年11月14日ウィーンで生まれ-2005年12月15日)
オーストリアの 精神科医、医師、神経科医。2年間、シュピーゲルグルンドの子どもの精神科クリニックの長でした。1934年に公立高校を卒業し、1939年にウィーン大学で医学の学位を取得しました。1932年にグロスはヒトラーユーゲントのメンバーになり、1934年に突撃隊に参加しました。彼は、1934年から1938年までこれらの組織がオーストリアで非合法化された間、メンバーであり続けました。1938年にドイツがオーストリアを併合した後、グロスはナチ党に加わりました。アム・シュピーゲルグルンドは、精神施設の敷地内にある若者のケア施設でした。1940年から1945年にかけて、精神障害のある大人や子供に使用されました。滞在中、彼らはさまざまな形の拷問を受け、最大800人がそこで殺害されました。ハインリッヒグロスは、1940年11月にパビリオン15で始まりました。1942年までに、彼は病院の他のどの医者よりも多くの子供を殺しました。彼は精神科医の第一人者となり、精神障害児の神経学の研究を始めました。Aktion T4の通過に伴い殺害が増加し、グロス博士はさらなる研究のために犠牲者の脳を収穫し始めました。1955年、彼は神経疾患および精神疾患の専門家としての訓練を完了し、元病院および養護施設Am Steinhofの刑務所長または医師になりました。1957年、彼は男性の精神施設の最高裁判所精神科医になりました。「ルートヴィヒ・ボルツマン研究所の経営に昇進しましたグロス博士はレビュアーとして働いており、長年オーストリアで最も忙しい裁判所の専門家と見なされていました。1975年にオーストリア共和国は彼にメダルを授与しました彼は2003年に取り除かれたのウントクンスト1は、は 1975年に、それは、彼はオーストリアのナチス占領中に違法な殺害に関与していたことに気づいた。博士グロスは、多くの賞を剥奪されたが、裁判所の専門家として続け彼が1997年に9件の殺人罪で調査中になるまで。

アルバート・ウィドマン(Albert Widmann1912年6月8日-1986年12月24日)

(August Becker)