Klinkerwerk Oranienburg

203月 - による conmo3 - 0 -

オラニエンブルク・クリンカー工場(オラニエンブルク大レンガ工場)
1938年7月 ベルリン再開発計画「ゲルマニア計画」を担当したベルリン建設総監 (Generalbauinspekteur für die Hauptstadt Berlin)アルベルト・シュペーア(Albert Speer)は建築材料を安定供給を考えSS経済管理本部と協力しクリンカー(焼成材料の細孔が焼結プロセスの開始によって閉じられるような高温で焼成されるレンガです。クリンカーは水をほとんど吸収せず、非常に耐性があります。)製造の工場をレーニッツ湖周辺に設置する。
レンガ工場、天然石工場に加えレーニッツ湖に2番目の水門【(Lehnitz II、1940年に完成)】も設置。
ザクセンハウゼン強制収容所は、建設のために働く奴隷を供給しました。毎日、SSは運河橋を渡って最大2,000人の受刑者を行進させ、地元のオラニエンブルクの人々の視線の下で「クリンカー工場へと向かわせました。帰り道、受刑者はその日の死者の遺体を積んだ荷車に乗った。

SS経済管理本部(WVHA)の管理するDeutschen Erd- und Steinwerke GmbH (DEST) がレンガ工場の運営を任されました。
1941年に、いくつかの住宅兵舎が建設され、それ以降、キャンプは独立した強制収容所のサブキャンプと見なされました。
手榴弾は1942年から製造されました。Kommando Speer(1942年7月までに1,000人を超え、1943年半ばまでに2,000人、1944年半ばまでに囚人労働者3,000人以上に成長し、ザクセンハウゼン強制収容所で最も多くの囚人を雇用した)は戦争経済に必要な金属などのリサイクル作業に従事。
1942年7月から9月にかけて、ザクセンハウゼン強制収容所に収容されているローザウィンケル(同性愛者を示すピンクの三角マーク)を処分する計画「アクション・クリンカー」が開始されほぼ全員がSSにより殺害された。
旧キャンプ囚人ハリー・ノージョクスは(Harry Naujoks) 200人の殺害の彼の回顧録で報告。
元受刑者エミール・ブージ(Emil Büge)は、6週間で殺害された受刑者89人の名前を指摘。

ハインケル・ヴェルケ・オラニエンブルク社(Heinkel-Werke GmbH Oranienburg)のザクセンハウゼン強制収容所からの囚人の使用は1942年3月に始まりました。一時的に第1工場の地下室に収容されたが、1943年3月以来、第1工場敷地内に建てられた木造バラックに収容される。

最初の収容所長はヨハネス・ハッセブローク親衛隊大尉(SS-Hauptsturmführer Johannes Hassebroek)でした。
1944年2月、5,939人の囚人が工場で雇用され、1944年6月 6966人にまで増加する。

1945年4月10日米国空軍が工場を爆撃しました。100人以上の囚人が死亡した。オラニエンブルク・クリンカー工場がほぼ完全に破壊されました。現在でも、多くの犠牲者の遺体は、現場と隣接する運河の地面に残っています。

1948年、赤軍は残りの建物を爆破し、敷地を平らにしました。
このエリアは1951年にオラニエンブルク市に引き渡され、ドイツ民主共和国刻人人民軍(東ドイツ軍)が1966年から1989年まで練習場として使用しました。
1991年、この場所は工業地帯に指定され、複数の会社がのレーニッツ湖(Lehnitzsee)水門周辺を使用し始めるが1992年の元囚人による抗議は、さらなる商業利用は停止された。
1996年に、サイト全体がリストされました。1年後、歴史的公園がその地域の以前の使用を記念すべきであることが決定され、港に最初の暫定的な記念碑が設立されました。
2000年からのオラニエンブルク市は歴史的公園を計画。
1942年7月の同性愛者殺戮の記念碑としては2002年6月30日と2007年8月26日に、200個の記念石で作られた一時的な記念碑で建てられた。

2015年にザクセンハウゼン強制収容所の収容者が解放されてから70周年を記念するイベントの一環として、KZ-Außenlager Klinkerwerk Oranienburgの犠牲者に対する新しい記念碑が水門近くに設置。道路でアクセスするには、B273をベルナウ(Bernau)に向けて進み、オーデルハヴェル運河(Oder-Havel Canal)を渡る橋を越えて左折して「Lehnitzschleuse」の道に入ります。
Kamel LouafiとDörteEggert-Heerdegenによって設計されたドックの既存の記念碑は部分的に鋼鉄の壁で囲まれ、そのうちの1つの鋼鉄パネルには生存者による引用があります。
Gedenkort Zum Klinkerwerk
展示場は旧SS射撃場の敷地にあるレーニッツ水門からさほど遠くない場所にあります。通路に沿って配置された16枚のガラスパネルで構成されています。これらのパネルのテキストと画像の情報は、ザクセンハウゼン強制収容所の何千人もの囚人が働かされたSS所有の「Great Brickworks Oranienburg」の歴史を物語っています。石碑には、SSパン工場、囚人収容所、ドック、および石加工作業場の位置が記されている。

既存の記念碑は、1998年にサイトで散らばった縁から作業キャンプの一部として若者によって作られた三角形であり、献身的なテキストが書かれた丸いコンクリートの台座で囲まれていました。
Gedenkstätte KZ-Außenlager Klinkerwerk
ドックの道路「レーニッツシュロイゼ(Lehnitzschleuse)」の延長に位置しています。