23:Frauen-Außenlager Helmbrechts

203月 - による conmo3 - 0 -

ヘルムブレヒツ強制収容所
1944年7月19日から1945年4月13日
収容所長 親衛隊伍長Alois Dörr

ヘルムブレヒツ南西郊外のクルムバッハー通り

当初はレーベンスブリュック女性強制収容所のサブキャンプとして設立されたが、フロッセンビュルク強制収容所に従属した。
ニュルンベルクの兵器工場であるKabel-und Metallwerke Neumayerの生産施設に安価な労働力を提供することでした。
1944年7月19日 Ravensbrückから179人の女性が移送されてくる。囚人は主に非ユダヤ人だった。当初、兵舎は完成していなかったため、女性囚人の移住区は繊維会社の廃工場でした。
3日間で670〜680人の非ユダヤ人囚人が輸送され、多くはポーランドまたはロシアから来ており、一部はフランスとオランダからもおり、約25人は18〜30歳のドイツ人だった。
1944年8月に完成した合計11の木製兵舎のうち3つに囚人を収容。
そこには洗濯室、ロシア人医師と彼女の補助スタッフのための宿泊施設
パレードグランド。
警備員用の食堂と縫製室を備えたキッチンバラック

最終的に12のバラックが完成しましたが、4人だけが居住区に住んでいた囚人用でした。
54人(男性27人と女性27人)の警備員がキャンプに仕えました。警備員はフロッセンブルク強制収容所で訓練(2人はグロス・ローゼン強制収容所で、2人はレーベンスブリュック強制収容所で訓練)を受けていました。男性警備員のほとんどが戦闘に適さない年上のドイツ人でした。

女性監督官SS- Aufseherin( “Overseer”)としてHerta Haase-Breitmann、Martha Dell’ Antonia、Erna Achtenberg、Ellia Mains、Ingeborg Schimming-Assmuss、およびRuth Hildnerらが勤務した。戦後、Ellia Mainsは男性と女性の警備員の関係は「非常に良い」ものだったと証言した。

1945年2月24日 Ingeborg Schimming-Assmuss他SS- Aufseherinによって行われた殺人が記録される。Schimming-Assmussは’the Terrible Inge’と囚人から呼ばれた。
1945年3月6日 621人以上のユダヤ人女性のグループがポーランドのグリュンベルクサブキャンプから徒歩で到着しました。
グリュンベルクサブキャンプからヘルムブレヒツまで徒歩で約1,000人の囚人移動、生きて到着したのは621人。
1945年3月6日から4月13日(強制収容所の避難)で、約40〜50人のユダヤ人囚人が死亡しました。
1945年4月13日 戦線がドイツに迫り、収容所長Alois Dörrは、ダッハウ強制収容所へ移動(死の行進)するよう、女性と数人の男性(1人はラビ)に命じました。1173人の囚人のうち60人だけがトラックで運ばれた。キャンプの余分な衣服は、非ユダヤ人の囚人に与えられました。

 

避難と死の行進

ヘルムブレヒツサテライトキャンプの避難は、1945年4月13日に、フロッセンビュルク強制収容所長の命令により開始され、米軍が近付くにつれて収容所を避難させました。ただし、ここでは「避難」という用語は救助として理解されるものではなく、人々が長距離を歩くことを強制するものとして理解されるべきです。一方で、強制収容所で犯された犯罪の証拠は破壊されるべきであり、他方では、囚人は他の強制収容所の労働者として保存されるべきです。指揮官アロイス・ドールの目標と課題は、女性をズウォダウに連れて行くことでしたフロッセンビュルク強制収容所の女性のために別の強制収容所に行進する。歩くことができなくなった人々は、最初は開いた車で運ばれました。しかし、女性は病気になったと考えられていました。1173人の囚人のうち60人だけがトラックで運ばれた。

キャンプから避難するとき、多くの人々は武装したSSの側近によって守られました。男性警備員にはライフルが、女性警備員には棒が装備されていました。長い道のりでもはや歩くことができなかった人々は、殺されるか射殺されました。「健康な」囚人は歩行グループに分けられました。ユダヤ人の女性は行進の後ろを走らなければなりませんでした。さらに、いくつかの手押し車を引っ張らなければなりませんでした。一方では警備員の荷物、もう一方はヘルムブレヒト強制収容所のファイルを持ち去り、アメリカ人から隠す必要がありました。ユダヤ人女性にとっての不利な点は、女性への贈り物にもはっきりと見ることができます。ユダヤ人ではない仲間の囚人とは異なり、彼らはキャンプから残りの毛布や靴を受け取りませんでした。

1945年4月13日、午前10時ごろに人々の列が動き始めました。彼は上ヘルムブレヒツを率いヒースマイアーホフへのAhornberg。そこからReuthlasを経由してModlitz向かいました。SSの側近は、民間人との接触を避けるために、より大きな村や通りを避けました。女性にパンなどを贈りたいと思っていた一部の民間人は、暴力を脅かすことによって再び追い出されました。ヴェルバースバッハスルビッツを経てシュヴァルツェンバッハアンデアザーレに至る全行進中数人の女性が追いつかないために射殺されました。遺体の一部は地元住民によって発見され、近くの墓地に埋葬されました。「走りながらのショット」は、歩くことができない囚人の殺人の名前でした。女性がシュワルツェンバッハで屋外で夜を過ごさなければならなかったため、再び病気の数が増え、囚人たちは追い出されました。彼らはケレンロイトレーハウ、そして最後にノイハウゼンの村に到着しました。そこに来たら、女性には食べ物も屋根付きの寝場所も与えられませんでした。ReichsführungSSの宅配便業者がノイハウゼンで会った列に。彼は、すでに始まっていたアメリカ人との交渉を混乱させるべきではないので、射撃の実行を停止するよう指揮官に命令をもたらしました。クーリエの信ity性を「疑った」コマンドリーダーのDörrは、必要に応じて射撃の実行を継続するために、個々の警備員に任せました。深夜、アメリカ軍の接近により、Dörrはすぐに走り続けるように求められました。この突然の出発により、多くの混乱が生じ、一部の女性が逃げることができました。出発前のキャンプの記録は残っていたアッシュ新しい火を燃やしました。

次の段階は、囚人にとって非常に重要でした。ブレーク後Haslau囚人がしていたラズネ初めて食品用とHöflas女性が納屋に収容しました。翌日、パンは再びブクワで配布され、その後、ズウォダウの最終目的地に到着しました。非ユダヤ人の女性は大部分が取り残されましたが、約700人のユダヤ人の女性、20人のドイツ人、および他の女性が行進しなければなりませんでした。ユダヤ人を続けることにより、彼らに対する虐待の証拠はアメリカ人から撤回されることになりました。実際に目指した目標は、ダッハウ強制収容所です、すでにアメリカ軍に占領されていたため利用できなくなりました。それはまで続けローターバッハ、マリエンホフ、サンガー山Kuttenplan。空腹と凍傷が最も一般的な死因でした。ウィルケナウの少し前に、列車は低空飛行攻撃に驚きました。生き残った受刑者の中には、ドラフト馬や腐ったビートを食べ始めました。

1945年5月11日に、Volaryのドイツの民間人は、米軍によって、死の行進の犠牲者のそばを通るように強制されました。

1945年4月25日、当時の「ボヘミアとモラビアの保護国」との国境が越えられました。チェコの住民はSSの犯罪を知っていたため、警備員にとってますます困難になったため、保護地域のより大きな町はさらに敬遠されました。これが続いたMrakenMaxberg。飢えた女性の大きな混乱のため、彼らはそこで食べ物を拒否されました。ノイマルクプロスの背後で、行進者は再びドイツ帝国の領土にいた。これが続いたChudiwa現代人、Leschowitz、Olchowitz / DepoldowitzDorrstadtJeneweltおよびSeewiesenボヘミアンフォレストの高度の違いにより、まだ歩くことができる囚人には、ますますパフォーマンスが要求されました。通過した後AlthüttenHartmanice / OberkörnsalzサブReichensteinを列車がで1945年5月1日に来たKvilda囚人は製材所の兵舎に収容しました。翌朝、生存者はフェルチェンハイドフィルツに向けて出発し、そこで別の夜を納屋で過ごしました。5月3日、彼らはエレンバッハミッターバーグアッパーモルダウEleonorenhain最後にWallern。そこでアロイス・ドールは、アメリカ軍による差し迫った捕獲のために、囚人の何人かを釈放することに決めました。歩くことができず、病気にかかった約100人の女性が残り、そのうち20人はアメリカ人の解放を経験しませんでした。残りは解放者によって地元の病院に運ばれました。彼らは極度の栄養失調、開いた足の水腫、重度の凍傷と膿の隆起、およびその他の病気に苦しみ、その一部は暴力行進の終了後に死に至りました。

Dörr自身は約170人の女性と氷と雪の中を駆け抜けて南ボヘミアの森のPrachatitzに向かい、5月4日に到着しました。彼と警備員にはより良い脱出の選択肢があり、解放された人々はすぐに米兵に会わなかった。途中、アメリカの低空飛行機の残りのグループが攻撃されました。囚人は全員無傷のままであったが、SSの女性の1人が死亡し、他の2人が負傷した。その後、3人の警備員がビアブリュッケ近くの森で14人のユダヤ人女性を撃ちました。[4]まだ歩いていた女性の何人かは攻撃中に逃げましたが、他の女性はプラチャティッツに向かって歩き続けなければなりませんでした。彼らは近くのチェコの村まで走り、そこで彼らは受け入れられ、世話をされました。しかし、納屋にとどまらなければならなかった重病の女性は3人のSS男性によって1945年5月5日に射殺されました。これらは後に逃げたが、それでも米国に捕らえられた。

避難行進全体(死の行進を含む)で、約130人の女性が栄養失調、疲労、病気で亡くなりました。50人の女性が警備員に殺害された。

Die Evakuierung des KZ-Außenlagers Helmbrechts wurde durch den Befehl des Leiters des KZ Flossenbürg, das Lager bei zunehmender Nähe der US-Truppen zu räumen, am 13. April 1945 eingeleitet. Der Begriff „Evakuierung“ ist hier jedoch nicht als Rettung, sondern als das Zwingen von Personen, weite Strecken zu laufen, zu verstehen. Zum einen sollten die Beweise für die in den Konzentrationslagern verübten Verbrechen vernichtet werden, zum anderen die Gefangenen als Arbeitskräfte für andere Konzentrationslager erhalten bleiben. Ziel und Aufgabe des Kommandoführers Alois Dörr war es, mit den gefangenen Frauen nach Zwodau zu einem weiteren KZ-Außenlager für Frauen des KZ Flossenbürg zu marschieren. Diejenigen, die nicht mehr laufen konnten, wurden zunächst in einem offenen Fahrzeug befördert. Allerdings galt eine Frau erst dann als krank, wenn sie schon beinahe tot war. Nur 60 von 1173 Gefangenen wurden auf einem Lastwagen transportiert.

Auch bei der Evakuierung aus dem Lager wurden die vielen Menschen von bewaffnetem SS-Gefolge bewacht. Die männlichen Bewacher waren mit Gewehren, die weiblichen mit Stöcken ausgerüstet. Wer während der langen Strecke nicht mehr laufen konnte, wurde erschlagen oder erschossen. Die „gesunden“ Häftlinge wurden in Laufgruppen eingeteilt. Jüdische Frauen mussten im hinteren Teil des Marsches laufen. Außerdem mussten einige Handwagen von ihnen mitgezogen werden, auf denen zum einen das Gepäck der Wachposten, zum anderen die Akten des KZ Helmbrechts mitgenommen wurden, um letztere vor den Amerikanern zu verstecken. Auch an den Gaben für die Frauen ist die Benachteiligung jüdischer Frauen deutlich zu erkennen. Anders als ihre nichtjüdischen Mitgefangenen erhielten sie keine der übrigen Decken oder Schuhe aus dem Lager. Auch die ohnehin schon kleinen Essensrationen, die für den Lauf verteilt wurden, fielen bei jüdischen Inhaftierten noch geringer aus.

Der Zug von Menschen setzte sich am 13. April 1945 gegen 10 Uhr in Bewegung. Er führte von Helmbrechts über Haide und Meierhof in Richtung Ahornberg. Von dort aus ging es weiter durch Reuthlas bis nach Modlitz. Größere Dörfer oder Straßen wurden vom SS-Gefolge gemieden, um den Kontakt mit Zivilisten zu vermeiden. Einige Zivilisten, die den Frauen Brot oder Ähnliches zustecken wollten, wurden durch Androhung von Gewalt wieder vertrieben. Während des gesamten Marsches, der weiter durch Wölbersbach und Seulbitz nach Schwarzenbach an der Saale führte, wurden etliche Frauen erschossen oder erschlagen, weil sie nicht mehr mithalten konnten. Ihre Leichen wurden teilweise von ansässigen Bewohnern gefunden und in nahegelegenen Friedhöfen beerdigt. „Auf der Flucht erschossen“ lautete die Bezeichnung für die Ermordung gehunfähiger Gefangener. Nachdem die Frauen in Schwarzenbach eine Nacht im Freien verbringen mussten, was die Zahl der Krankheiten erneut ansteigen ließ, wurden die Häftlinge weitergetrieben. Sie erreichten die Ortschaften QuellenreuthRehau und schließlich Neuhausen. Dort angekommen bekamen die Frauen wiederum weder Nahrung noch einen überdachten Schlafplatz. In Neuhausen traf ein Kurier der Reichsführung-SS auf die Kolonne. Er überbrachte dem Kommandanten den Befehl, keine Erschießungen mehr durchzuführen, da bereits begonnene Verhandlungen mit den Amerikanern nicht gestört werden dürften. Kommandoführer Dörr, der an der Authentizität des Kuriers „zweifelte“, überließ er es jedoch den einzelnen Wachposten, Erschießungen gegebenenfalls weiterhin durchzuführen. Mitten in der Nacht wurde die Gruppe aufgrund des Näherrückens der amerikanischen Truppen von Dörr aufgefordert, unverzüglich weiterzulaufen. Durch diesen plötzlichen Aufbruch entstand ein großes Durcheinander, was einigen Frauen die Flucht ermöglichte. Die Akten des Lagers wurden noch vor dem Aufbruch durch Asch nach Neuenbrand verbrannt.

Die folgenden Stationen hatten für die Häftlinge eine große Bedeutung. Nach einer Pause in Haslau bekamen die Gefangenen in Franzensbad zum ersten Mal Nahrung und in Höflas wurden die Frauen in einer Scheune untergebracht. Am darauffolgenden Tag wurde in Bukwa erneut Brot verteilt, bevor am nächsten Tag das eigentliche Endziel Zwodau erreicht wurde. Nichtjüdische Frauen wurden dort weitgehend zurückgelassen, ca. 700 Jüdinnen, 20 Deutsche und einige andere Frauen mussten jedoch weitermarschieren. Durch das Weiterführen der Jüdinnen sollten den Amerikanern Beweise für an ihnen begangene Misshandlungen entzogen werden. Das eigentlich angestrebte Ziel, das Konzentrationslager Dachau, war nicht mehr erreichbar, da es bereits von amerikanischen Truppen eingenommen war. Es ging weiter durch Lauterbach, Marienhof, Sangerberg und Kuttenplan. Hunger und Erfrierungen waren die häufigsten Todesursachen. Kurz vor Wilkenau wurde der Zug von einem Tieffliegerangriff überrascht. Einige überlebende Häftlinge begannen an getöteten Zugpferden oder verfaulten Futterrüben zu essen.

Deutsche Zivilisten werden am 11. Mai 1945 in Volary von US-Militär zum Vorbeigehen an Opfern eines Todesmarsches gezwungen

Am 25. April 1945 wurde die Grenze zum damaligen „Protektorat Böhmen und Mähren“ überschritten. Im Protektoratsgebiet wurden größere Ortschaften noch mehr gemieden, da die tschechische Bevölkerung von den Untaten der SS wusste und dem Wachpersonal daher zunehmend Schwierigkeiten bereitete. Weiter ging es durch Mraken nach Maxberg. Wegen des großen Tumults der ausgehungerten Frauen wurde ihnen dort das Essen verweigert. Hinter Neumark und Plöß befanden sich die Marschierenden wieder auf dem Gebiet des Deutschen Reichs. Weiter ging es durch ChudiwaNeuern, Leschowitz, Olchowitz/DepoldowitzDorrstadtJenewelt und Seewiesen. Den noch gehfähigen Gefangenen wurde durch die Höhenunterschiede im Böhmerwald immer mehr Leistung abverlangt. Nach dem Passieren von AlthüttenHartmanitz/Oberkörnsalz und Unterreichenstein kam der Zug am 1. Mai 1945 in Außergefild an, wo die Häftlinge in Baracken eines Sägewerks untergebracht wurden. Am kommenden Morgen brachen die Überlebenden nach Ferchenhaid und Filz auf, wo sie eine weitere Nacht in Scheunen verbrachten. Am 3. Mai erreichten sie nach ElendbachlMitterbergObermoldau und Eleonorenhain schlussendlich Wallern. Dort entschloss sich Alois Dörr, einen Teil der Gefangenen aufgrund der unmittelbar bevorstehenden Einnahme durch die amerikanischen Truppen freizulassen. Etwa 100 nicht mehr gehfähige und kranke Frauen blieben zurück, von denen 20 die Befreiung durch die Amerikaner nicht mehr erlebten. Die übrigen wurden von den Befreiern in das dortige Hilfslazarett gebracht. Sie litten an extremer Unternährung, Lochfraßödemen an offenen Füßen, schweren Frost- und Eiterbeulen und anderen Krankheiten, die zum Teil noch nach dem Ende des Gewaltmarsches zum Tod führten.

Dörr selbst lief mit ungefähr 170 Frauen durch Eis und Schnee bis Prachatitz im südlichen Böhmerwald weiter, wo er am 4. Mai eintraf. Dort bestanden für ihn und die Wachmannschaft bessere Fluchtmöglichkeiten und die Freigelassenen trafen nicht sofort auf US-Soldaten. Auf dem Weg dorthin wurde die verbleibende Gruppe von amerikanischen Tieffliegern angegriffen. Während alle Häftlinge unversehrt blieben, kam eine der SS-Frauen ums Leben, zwei weitere wurden verletzt. Daraufhin erschossen drei Wachmänner vierzehn Jüdinnen im Wald bei Bierbrücke.[4] Einige der Frauen, die noch gehen konnten, flohen während des Angriffs, die anderen mussten weiter Richtung Prachatitz laufen, wo sie endlich freigelassen wurden. Sie liefen in nahegelegene tschechische Dörfer, wo sie empfangen und versorgt wurden. Schwerkranke Frauen jedoch, die in der Scheune bleiben mussten, wurden am 5. Mai 1945 von drei SS-Männern erschossen. Diese flohen später, gerieten aber trotzdem in amerikanische Gefangenschaft.

Während des gesamten Evakuierungsmarsches (auch Todesmarsch) starben rund 130 Frauen an Unterernährung, Erschöpfung oder auftretenden Krankheiten. 50 Frauen wurden von Wachpersonal ermordet.

 

 

 

 

1945年4月15日 ヘルムブレヒツ強制収容所は解放(KZ-Bergen Belsenと同日)されるが収容者は残っていなかった。
1945年4月25日、当時の「ボヘミアとモラビアの保護国」との国境が越えられました。
1945年4月29日 米軍がダッハウ強制収容所を解放したため、行き先をまだ占領していたチェコスロバキアに変えた。
毛布もなく土の床で寝てトイレへ行くこともなく行進の7日目に Zwodau(Svatava)のサブキャンプにユダヤ人以外の女性を全員残し、500人以上のユダヤ人の女性はさらに2週間行進した。
1945年5月6日、彼らはVolaryで解放される。ヘルムブレヒツ強制収容所からチェコスロバキアのVolaryまでの約500キロメートル(300マイル)の行進で、ほとんどの囚人は飢餓、病気、看守の暴行と銃撃で死亡しました。

1945年5月11日 チェコスロバキアのVolaryに埋もれていた30人のユダヤ人女性の遺体は、米国第3軍第5歩兵師団の医療班の指揮下でドイツ民間人によって発掘された。遺体は後に棺桶に入れられ、ヴォラリーの墓地に埋められた。
Gedenkstätte Langer Gang

 

Alois Dörr

Alois Dörr

1932年12月1日にNSDAPに参加。22歳のときにバーデン=ヴュルテンベルク州ヘプフィンゲン(Höpfingen)でSSに参加。
1940年秋、フロッセンビュルク強制収容所の警備員に配属され、4年後、Helmbrechtsの「指揮官」として女性囚人のためのサテライトキャンプを設置しました。
既婚のDörrは、衛兵の中で最も残忍であると考えられているHelmbrechtsのSS-Oberaufseherin Herta Haase-Breitmannとの関係を開始します。死の行進の間に、59人の女性囚人が彼の命令で射殺され、157人が衰弱で死亡した。
アメリカ軍は彼を普通の兵士と見なし、捕らえられてわずか1年後に釈放。Dörrは家の農場を継ぎ、尊敬される市議会議員として生活していたが、1960年初頭ヘルムブレヒト収容所の元囚人がAlois Dörrを、故郷シュヴァーベン(Schwaben)の地元新聞に掲載された写真でパレード中の消防隊指揮官がDörrであることを認識。
1962年逮捕。1969年3月 起訴状には、「Dörrは囚人を本格的な人々とは見なさなかった。彼は彼らを国家の敵、妨害者、人々の害虫、反社会的または犯罪者と見なしただけでなく、人間の価値をほとんどもたらさない生き物と見なした」としたが、Dörrは「祖国のために」義務を果たしただけと主張。ヘッピンゲン市民は署名キャンペーンを開始し、DM 50,000を超える保釈金を集めました。市長は「有罪判決を下せば、誰も正義を得ることができない」と説明しています。
1969年7月31日に5人による217件の共同殺人で終身刑を宣告されたが、バイエルンのアルフォンス・ゴッペル(Alfons Goppel)首相による恩赦により、1979年釈放。1990年6月18日にバーデン=ヴュルテンベルク州のヘプフィンゲン(Höpfingen)にて死亡。