M:Konzentrationslager Sachsenburg

203月 - による conmo3 - 0 -

Konzentrationslager Sachsenburg[1933年5月 – 1937年8月]

Lage[50°55 ′56.49″ N、13°1′ 36.78″ E ]


1933年4月元紡績工場を、約2,000人の囚人のための大規模な強制収容所の場所として指定。5月 ザクセンバーグ城に収容されていた50人の囚人を収容。共産主義者、社会民主党員、労働組合員らがプラウ強制収容所(KZ Plaue)から移送される。警備はSAとSS両方で構成。SA-Standartenführer Max Hähnel が初代指揮官。

66人の囚人がいたコルディッツ強制収容所(KZ Colditz[1933年3月21日-1934年5月31日解散])、アウグストゥスブルク強制収容所(KZ Augustusburg)は補助強制収容所。

1934年8月、「SS Sonderkommando Sachsen」が識見を引き継ぎ、

1934年9月、ホーンシュタイン強制収容所(Konzentrationslager Hohnstein[1934年8月25日閉鎖])が閉鎖された後、ザクセンで唯一の強制収容所がザクセンブルグ強制収容所でした増える。

1935年4月、体罰が正式に導入されました。

1937年2月、300人以上を収容。

1937年7月、囚人はブッヘンヴァルトとザクセンハウゼンに移送され、指揮官は、1937年9月9日にザクセンバーグを退去。