Risiera di San Sabba[ITA]

203月 - による conmo3 - 0 -

Risiera di San Sabba(スロベニア語:Rižarna)は、イタリア北部のトリエステにある5階建てのれんが造りの建物で、第二次世界大戦中には政治犯の拘留と殺害のためのナチス強制収容所として機能しました。収容されたユダヤ人のほとんどはその後アウシュビッツに強制送還された。
SSのメンバーオディロ・グロボクニクOdilo Globocnikとカール・フレンツェルKarl Frenzel、そしてIイヴァン・ザ・テリブル(Ivan the Terrible/van Marchenkoは、この収容所での殺害に参加したと言われています。イタリアの強制収容所内に建設された唯一の火葬施設は、エルウィン・ランバート(Erwin Lambert)によって設置され、キャンプが解放される前に破壊されました。現在、旧強制収容所は市民博物館として機能しています。
建物は1913年に建てられ、最初は籾殻集積施設として使用されていました(それ故に名前 “Risiera”)。第二次世界大戦中、トリエステのドイツ占領軍は建物を囚人輸送、拘留、駆除に 使用した。Risiera di San Sabbaの多くの囚人は、占領下のポーランドのアウシュビッツ・ビルケナウに運ばれた。
Risiera収容所で3,000人以上が殺害され、さらに何千人もの人々が投獄され、他の場所に移送されたと推定している。大多数の囚人はフリウリ、ジュリアンマーチ、リュブリャナ県から来た。グスタフ・ワーグナーとフランツ・シュタングルはアルベー島とアバチアにおいてユダヤ人狩りの仕事に回され、同地のユダヤ人をスサック強制収容所へ移送していた。スサック強制収容所に送られそこからリジエラ・ディ・サン・サバ (Risiera di San Sabba) 収容所へ送られた。Boris PahorもDachauとNatzweilerの強制収容所に運ばれる前に収監されていました。