72:Vernichtungslager Maly Trostenets[BLR]

203月 - による conmo3 - 0 -

72:Vernichtungslager Maly Trostenets[BLR]
Lage[53° 51′ 44″ N, 27° 42′ 19″ E]
マリー・トロスティネッツ絶滅収容所
Maly Trostinets、Reichskommissariat Ostland。キャンプの場所は、白黒の頭蓋骨のアイコンでマークされています。
マリー・トロスティネッツ絶滅収容所
ウィキペディア、無料​​の百科事典から
ナビゲーションにジャンプ検索にジャンプ

Maly Trostinets、Reichskommissariat Ostland。キャンプの場所は、白黒の頭蓋骨のアイコンでマークされています。

記念館
マリーTrostinets(МалыТрасцянец、「リトルTrostinets」)は、近くの村であるミンスクでベラルーシ、以前は白ロシア・ソビエト社会主義共和国。中にナチス・ドイツの間の領域のの占領、第二次世界大戦(ドイツ人としてそれに言及東部占領地域Ostland)、村はドイツの収容所や絶滅サイトの場所となりました。[1]

1942年を通して、オーストリア、ドイツ、オランダ、ポーランド、ボヘミアとモラビアの保護者からのユダヤ人が電車でマリー・トロスティネに連れて行かれ、ピットの前に並んで撃たれました。[1] 1942年の夏から、モバイルガスバンも使用されました。[2] [3]によるとヤド・ヴァシェム、ミンスクのユダヤ人が殺され、埋めマリーTrostinetsに、別の村で、ボリショイTrostinets、28の間と1942年7月31日と10月21日1943年にされた[1]のよう赤軍が近づい1944年6月にこの地域で、ドイツ人はほとんどの囚人を殺し、収容所を破壊しました。[1]

Maly Trostinetsで死亡した人の推定数はさまざまです。ヤドヴァシェムによると、65,000人のユダヤ人が近くの松林の1つで、主に銃撃により殺害されました。[3]ホロコーストの歴史家ステファン・レーンシュエットはその数字を高くし、少なくとも106,000人のユダヤ人がそこで死んだと書いている。ソビエト連邦の研究者は、キャンプと近くの処刑場で約20万人が死亡したと推定しました。Lehnstaedtは、推定値にはミンスクゲットーのユダヤ人が含まれていると書いています。[4] [a]

内容
1 キャンプの設立と破壊
2 戦後
2.1 加害者
2.2 犠牲者
2.3 メモリアル
3 参照
4 注
5 参照
6 さらに読む
キャンプの設立と破壊
1941年の夏に200ヘクタール(490エーカー)の大きさの集合農場であるソビエトのコルホーズの敷地に建てられたトロスティネッツは、ナチスドイツによって固定殺人施設のない強制収容所として設立されました。これはもともと中にキャプチャ戦争のソ連捕虜のために設立されたソ連の侵攻 1941年6月22日に始まった、[ 要出典 ]

オーストリア、ドイツ、チェコ共和国のユダヤ人がそこで殺害されました。SSが組織したホロコースト輸送は、ベルリン、ハノーバー、ドルトムント、ミュンスター、デュッセルドルフ、ケルン、フランクフルトアムマイン、カッセル、シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ミュンヘン、ブレスラウ、ケーニヒスベルク、ウィーン、プラハ、ブリュン、テレジエンシュタットから送られました。ほとんどの場合、ユダヤ人は到着時に殺されました。列車の停留所からブラゴフシチナ(Благовщина)とシャシュコフカ(Шашковка)の森までトラックで運ばれ、首の後ろで撃たれました。[ 引用が必要 ]

キャンプの主な目的は、ミンスクゲットーとその周辺地域のユダヤ人囚人の殺害でした。発射部隊が主な執行方法でした。移動式のガス車も配備されました。バルトドイツ SS- 親衛隊軍曹ハインリヒ・ハイデは、キャンプの管理者でした。[6] [ 検証する必要の引用 ]をしたよう赤軍が 1944年6月にキャンプに近づいた、[7]第二次世界大戦の終わりに向かって、6月28日と6月30日の間、ドイツ人は内にそれらをロックすることにより、捕虜の大半を殺害しましたキャンプは、兵舎を燃やし、燃えている建物から逃げようとしたとき、彼らは撃たれました。[8] [9] [10]6月30日までにキャンプ全体が破壊されましたが、数人のユダヤ人囚人が周囲のブラゴフシチナの森に逃げ込み、近づいた赤軍が間伐されたキャンプに到着する7月3日まで生き延びました。[8] [9] [10]

ソビエトは34の墓穴を発見したと言われていますが、その一部は長さ50メートル(160フィート)、深さ3〜4メートル(9.8〜13フィート)の大きさで、約500メートルのブラゴフシチナの森にあります。 Minsk-から1600フィート)モギリョフの特別報告書によると、高速道路は、ソ連によって調製臨時国家委員会 1940年代に。[ 要出典 ]多くのソビエト兵士、市民、パルチザンが殺されたが、正確な数は不明のままである。見積もりの​​範囲は80,000から330,000以上です。[1] [ 検証に失敗しました ]

戦後
加害者
裁判にかけられた加害者はほとんどいなかった。その中だったエドゥアルト・シュトラウヒ:ハンブルクの裁判所が終身刑に3低ランクのSSの男性を宣告1968年に1955年にベルギーの刑務所で死亡し、親衛隊兵長オットー・エーリッヒDrews氏、RevieroberleutnantオットーヒューゴGoldapp、および親衛隊大尉マックスヘルマン・リチャードKrahnerが。男性はドイツのユダヤ人ゾンダーコマンドの監督1005人でした; 彼らは、1943年に犯罪の痕跡を隠蔽することを余儀なくされた労働者を殺害した罪で有罪となった。[ 要出典 ]

記念館
マリーTrostinets(МалыТрасцянец、「リトルTrostinets」)は、近くの村であるミンスクでベラルーシ、以前は白ロシア・ソビエト社会主義共和国。中にナチス・ドイツの間の領域のの占領、第二次世界大戦(ドイツ人としてそれに言及東部占領地域Ostland)、村はドイツの収容所や絶滅サイトの場所となりました。[1]
1942年を通して、オーストリア、ドイツ、オランダ、ポーランド、ボヘミアとモラビアの保護者からのユダヤ人が電車でマリー・トロスティネに連れて行かれ、ピットの前に並んで撃たれました。[1] 1942年の夏から、モバイルガスバンも使用されました。[2] [3]によるとヤド・ヴァシェム、ミンスクのユダヤ人が殺され、埋めマリーTrostinetsに、別の村で、ボリショイTrostinets、28の間と1942年7月31日と10月21日1943年にされた[1]のよう赤軍が近づい1944年6月にこの地域で、ドイツ人はほとんどの囚人を殺し、収容所を破壊しました。[1]
Maly Trostinetsで死亡した人の推定数はさまざまです。ヤドヴァシェムによると、65,000人のユダヤ人が近くの松林の1つで、主に銃撃により殺害されました。[3]ホロコーストの歴史家ステファン・レーンシュエットはその数字を高くし、少なくとも106,000人のユダヤ人がそこで死んだと書いている。ソビエト連邦の研究者は、キャンプと近くの処刑場で約20万人が死亡したと推定しました。Lehnstaedtは、推定値にはミンスクゲットーのユダヤ人が含まれていると書いています。[4] [a]
内容
1
キャンプの設立と破壊
2
戦後
2.1
加害者
2.2
犠牲者
2.3
メモリアル
3
参照
4

5
参照
6
さらに読む
キャンプの設立と破壊[ 編集]
1941年の夏に200ヘクタール(490エーカー)の大きさの集合農場であるソビエトのコルホーズの敷地に建てられたトロスティネッツは、ナチスドイツによって固定殺人施設のない強制収容所として設立されました。これはもともと中にキャプチャ戦争のソ連捕虜のために設立されたソ連の侵攻 1941年6月22日に始まった、[ 要出典 ]
オーストリア、ドイツ、チェコ共和国のユダヤ人がそこで殺害されました。SSが組織したホロコースト輸送は、ベルリン、ハノーバー、ドルトムント、ミュンスター、デュッセルドルフ、ケルン、フランクフルトアムマイン、カッセル、シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ミュンヘン、ブレスラウ、ケーニヒスベルク、ウィーン、プラハ、ブリュン、テレジエンシュタットから送られました。ほとんどの場合、ユダヤ人は到着時に殺されました。列車の停留所からブラゴフシチナ(Благовщина)とシャシュコフカ(Шашковка)の森までトラックで運ばれ、首の後ろで撃たれました。[ 引用が必要 ]
キャンプの主な目的は、ミンスクゲットーとその周辺地域のユダヤ人囚人の殺害でした。発射部隊が主な執行方法でした。移動式のガス車も配備されました。バルトドイツ SS- 親衛隊軍曹ハインリヒ・ハイデは、キャンプの管理者でした。[6] [ 検証する必要の引用 ]をしたよう赤軍が 1944年6月にキャンプに近づいた、[7]第二次世界大戦の終わりに向かって、6月28日と6月30日の間、ドイツ人は内にそれらをロックすることにより、捕虜の大半を殺害しましたキャンプは、兵舎を燃やし、燃えている建物から逃げようとしたとき、彼らは撃たれました。[8] [9] [10]6月30日までにキャンプ全体が破壊されましたが、数人のユダヤ人囚人が周囲のブラゴフシチナの森に逃げ込み、近づいた赤軍が間伐されたキャンプに到着する7月3日まで生き延びました。[8] [9] [10]
ソビエトは34の墓穴を発見したと言われていますが、その一部は長さ50メートル(160フィート)、深さ3〜4メートル(9.8〜13フィート)の大きさで、約500メートルのブラゴフシチナの森にあります。 Minsk-から1600フィート)モギリョフの特別報告書によると、高速道路は、ソ連によって調製臨時国家委員会 1940年代に。[ 要出典 ]多くのソビエト兵士、市民、パルチザンが殺されたが、正確な数は不明のままである。見積もりの 範囲は80,000から330,000以上です。[1] [ 検証に失敗しました ]
戦後[ 編集]
加害者[ 編集]
裁判にかけられた加害者はほとんどいなかった。その中だったエドゥアルト・シュトラウヒ:ハンブルクの裁判所が終身刑に3低ランクのSSの男性を宣告1968年に1955年にベルギーの刑務所で死亡し、親衛隊兵長オットー・エーリッヒDrews氏、RevieroberleutnantオットーヒューゴGoldapp、および親衛隊大尉マックスヘルマン・リチャードKrahnerが。男性はドイツのユダヤ人ゾンダーコマンドの監督1005人でした; 彼らは、1943年に犯罪の痕跡を隠蔽することを余儀なくされた労働者を殺害した罪で有罪となった。[ 要出典 ]

From Wikipedia, the free encyclopedia
Jump to navigationJump to search

Maly Trostinets, Reichskommissariat Ostland. The camp’s location is marked by the black-and-white skull icon.

Memorial complex
Maly Trostinets (Малы Трасцянец, “Little Trostinets”) is a village near Minsk in Belarus, formerly the Byelorussian Soviet Socialist Republic. During Nazi Germany’s occupation of the area during World War II (when the Germans referred to it as Reichskommissariat Ostland), the village became the location of a German camp and extermination site.[1]

Throughout 1942, Jews from Austria, Germany, the Netherlands, Poland, and the Protectorate of Bohemia and Moravia were taken by train to Maly Trostinets to be lined up in front of pits and shot.[1] From the summer of 1942, mobile gas vans were also used.[2][3] According to Yad Vashem, the Jews of Minsk were killed and buried in Maly Trostinets and in another village, Bolshoi Trostinets, between 28 and 31 July 1942 and on 21 October 1943.[1] As the Red Army approached the area in June 1944, the Germans killed most of the prisoners and destroyed the camp.[1]

Estimates of how many people died at Maly Trostinets vary. According to Yad Vashem, 65,000 Jews were murdered in one of the nearby pine forests, mostly by shooting.[3] Holocaust historian Stephan Lehnstaedt places the figure higher, writing that at least 106,000 Jews died there. Researchers from the Soviet Union estimated there had been around 200,000 deaths at the camp and nearby execution sites. Lehnstaedt writes that the estimates include the Jews of the Minsk ghetto, who numbered 39,000 to almost 100,000.[4][a]

Contents
1 Camp establishment and destruction
2 After the war
2.1 Perpetrators
2.2 Victims
2.3 Memorial
3 See also
4 Notes
5 References
6 Further reading
Camp establishment and destruction
Built in the summer of 1941 on the site of a Soviet kolkhoz, a collective farm 200 hectares (490 acres) in size, Trostinets was set up by Nazi Germany as a concentration camp with no fixed killing facilities. It was originally established for Soviet prisoners of war captured during the invasion of the Soviet Union, which began on 22 June 1941.[citation needed]

Jews from Austria, Germany and the Czech Republic were murdered there. Holocaust transports organized by the SS were sent from Berlin, Hanover, Dortmund, Münster, Düsseldorf, Cologne, Frankfurt am Main, Kassel, Stuttgart, Nuremberg, Munich, Breslau, Königsberg, Vienna, Prague, Brünn, and Theresienstadt. In most cases, the Jews were killed on arrival. They were trucked from the train stop to the Blagovshchina (Благовщина) and Shashkovka (Шашковка) forests and shot in the back of the neck.[citation needed]

The primary purpose of the camp was the killing of Jewish prisoners of the Minsk Ghetto and the surrounding area. Firing squad was the chief execution method. Mobile gas vans were also deployed. Baltic German SS-Scharführer Heinrich Eiche was the camp administrator.[6][need quotation to verify] As the Red Army approached the camp in June 1944,[7] toward the end of World War II, between June 28 and June 30, the Germans murdered the majority of prisoners by locking them inside of the camps, burning their barracks, and when anyone tried to escape the burning building they were shot.[8][9][10] By June 30 the entire camp had been destroyed, however, a few Jewish prisoners were able to escape into the surrounding Blagovshchina forest and survive until July 3 when the approaching Red Army reached the decimated camp.[8][9][10]

The Soviets are said to have discovered 34 grave-pits, some of them measuring as much as 50 meters (160 ft) in length and three to four meters (9.8–13 ft) in depth, located in the Blagovshchina Forest some 500 meters (1,600 ft) from the Minsk–Mogilev highway, according to the special report prepared by the Soviet Extraordinary State Commission in the 1940s.[citation needed] A great number of Soviet soldiers, citizens and partisans were killed, but the exact number remains unknown. Estimates range from 80,000 to more than 330,000.[1][failed verification]

After the war
Perpetrators
Few of the perpetrators were brought to justice. Among them was Eduard Strauch, who died in a Belgian prison in 1955. In 1968 a court in Hamburg sentenced three low-ranking SS men to life imprisonment: Rottenführer Otto Erich Drews, Revieroberleutnant Otto Hugo Goldapp, and Hauptsturmführer Max Hermann Richard Krahner. The men were German overseers of the Jewish Sonderkommando 1005; they were found guilty of murdering laborers forced to cover up the traces of the crimes in 1943.[citation needed]