マリー・トロスティネッツ絶滅収容所と白ロシア

203月 - による conmo3 - 0 -

マリー・トロスティネッツ絶滅収容所と白ロシア
Weißruthenien und Vernichtungslager Maly Trostinez

稼働期間[1942年7月~1943年10月]
バルバロッサ作戦発動によるユダヤ人排除の行動
1941年3月7日 マックス・フォン・シェンケンドルフ歩兵大将(Max von Schenckendorff[1941年3月から1943年7月])を司令官とする中央軍集団後方地域司令部(Rückwärtiges Heeresgebiet Mitte)を設立
1941年6月22日 バルバロッサ作戦発動。29日にかけてドイツ中央軍集団によってミンスクでソ連軍を包囲。
中央軍集団ミンスク包囲時の戦闘順序(Wehrmacht Order of battle at formation[22 June 1941])
【中央軍集団(Heeresgruppe Mitte)】フェードア・フォン・ボック陸軍元帥(Fedor von Bock[1941年6月22日–1941年12月19日])
 【第537通信連隊(537th Signals Regiment)】
【第2装甲集団(2.Panzerarmee)】ハインツ・グデーリアン上級大将(Heinz Guderian[1941年10月5日 – 1942年12月25日])
 【第24装甲軍団(XXIV.Panzerkorps)】レオ・ガイヤー・フォン・シュヴェッペンブルク中将(Leo Geyr von Schweppenburg[])
  【第1騎兵師団(1st Kavallerie-Division)】クルト・フェルト騎兵大佐(Kurt Feldt[1939年10月25日–1941年11月28日])
  【第3装甲師団(3rd Panzer-Division)】ウォルター・モデル中将(Walter Model[1940年11月13日-1941年10月1日])
  【第4装甲師団(4th Panzer-Division)】ヴィリバルト・フォン・ランゲルマン・ウント・エレンカンプ装甲兵少将(Willibald Freiherr von Langermann und Erlencamp[1940年9月8日〜1941年12月27日])
【第10自動車化歩兵師団(10th Motorized Infantry Division)】フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ローパー中将(Friedrich-Wilhelm von Loeper[1940年10月–1942年4月])
  【第267歩兵師団(267th Infanterie-Division)】フリードリッヒ・カール・ボン・ワッチャー少将(Friedrich-Karl von Wachter[1941年6月1日-1941年11月10日])
 【第46装甲軍団(XLVI.Panzerkorps)】ハインリヒ・フォン・フィーティングホフ装甲兵中将(Heinrich von Vietinghoff[])
  【SS師団 ライヒ(SS-Division “Reich”)】パウル・ハウサーSS中将([1939年10月19日-1941年10月14日])
  【第10装甲師団(10th Panzer-Division)】フェルディナント・シャール中将(Ferdinand Schaal[1939年9月1日–1941年8月2日])
  【歩兵連隊 グロースドイッチュラント(Infanterie-Regiment “Gross Deutschland”)】ヴィルヘルム・フノルド・フォン・シュトックハウゼン大佐(Wilhelm-Hunold von Stockhausen[1940年3月-1941年8月])
 【第47装甲集団(XLVII.Panzerkorps)】ヨアヒム・レーメルゼン装甲兵大将(Joachim Lemelsen)
  【第17装甲師団(17th Panzer-Division)】カール・リッター・フォン・ウェバー少将(Karl Ritter von Weber[1941年6月24日1941年7月17日戦死])
  【第18装甲師団(18th Panzer-Division)】ヴァルター・ネーリング装甲兵大将(Walther Nehring[1940年10月26日])
  【第29自動車化歩兵師団(29th Motorized Infantry Division)】ヴァルター・フォン・ボルテンシュテルン少将(Walter von Boltenstern[1940年9月-1941年9月])
  【第167歩兵師団(167th Infanterie-Division)】ハンス・シェーンハール中将(Hans Schönhärl[1940年8月2日-1941年8月11日])
 【第12軍団(XII.Armeekorps)】ヴァルター・シュロス歩兵大将(Walther Schroth[1940年6月17日-1942年2月19日])
  【第31歩兵師団(31st Infanterie-Division)】クルト・カルムエコフ少将(Kurt Kalmuekoff[1941年5月22日– 194年8月13日戦死])
  【第34歩兵師団(34th Infanterie-Division)】砲兵大将(Hans Behlendorf[1940年11月1日-1941年10月18日])
  【第45歩兵師団(45th Infanterie-Division)】フリッツ・シュリエパー中将(Fritz Schlieper[1941年4月27日- 1942年2月27日])
 【第255歩兵師団(255th Infanterie-Division)】(Reserve)
【第3装甲集団(3.Panzerarmee)】ヘルマン・ホト上級大将(Hermann Hoth[1940年10月2日–1941年10月4日])
 【第5軍団(V.Armeekorps)】リヒャルト・ルオッフ歩兵大将(Richard Ruoff[1939年5月1日-1942年1月12日])
  【第5歩兵師団(5th Infanterie-Division)】カール・アルメンディンガー歩兵大将(Karl Allmendinger[1940年11月–1942年6月])
  【第35歩兵師団(35th Infanterie-Division)】ヴァルター・フィッシャー・フォン・ヴァイケルスタール歩兵大将(Walther Fischer von Weikersthal[1940年11月25日-1941年12月1日])
 【第6軍団(VI.Armeekorps)】オットー・ヴィルヘルム・フェルスター工兵大将(Otto-Wilhelm Förster[1938年11月24日–1941年12月31日])
  【第6歩兵師団(6th Infanterie-Division)】ホルスト・グロスマン中将(Horst Großmann[1942年1月25日])
  【第26歩兵師団(26th Infanterie-Division)】ヴァルター・ヴァイス上級大将(Walter Weiß[1941年1月15日])
 【第39軍団(XXXIX.Panzerkorps)】ルドルフ・シュミット上級大軍(Rudolf Schmidt[1940年2月1日-1941年11月10日])
  【第7装甲師団(7th Panzer-Division)】ハンス・フォン・フンク少将(Hans Freiherr von Funck[1941年2月15日-1943年8月17日])
  【第20装甲師団(20th Panzer-Division)】ホルスト・シュトゥムプフ中将(Horst Stumpff[1940年11月13日-1941年9月10日])
  【第14自動車化歩兵師団(14th Motorized Infantry Division)】フリードリヒ・フュルスト中将(Friedrich Fürst[1940年10月6日 1942年6月1日])
  【第20自動車化歩兵師団(20th Motorized Infantry Division)】ハンス・ツォルン歩兵大将(Hans Zorn[1940年11月10日–1942年1月12日])
 【第57装甲軍団(LVII Panzerkorps)】アドルフ=フリードリヒ・クンツェン中将(Adolf-Friedrich Kuntzen[])
  【第12装甲師団(12th Panzer-Division)】ヨーゼフ・ハルペ上級大将(Josef Harpe[1940年10月5日])
  【第19装甲師団(19th Panzer-Division)】オットー・フォン・クノーベルスドルフ装甲兵大将(Otto von Knobelsdorff[])
  【第18歩兵師団(18th Infanterie-Division)】フリードリッヒ・ヘルレイン中将(Friedrich Herrlein[1941年3月24日から12月15日])
【第4軍(4th Army)】ギュンター・フォン・クルーゲ元帥(Günther von Kluge[1938年12月1日-1941年12月19日])
 【第VII軍団(VII.Armeekorps)】ヴィルヘルム・ファームバッハー大将(Wilhelm Fahrmbacher[])
  【第7歩兵師団(7th Infanterie-Division)】(Eccard Freiherr von Gablenz[1939年12月1日– 1941年12月13日])
  【第23歩兵師団(23rd Infanterie-Division)】ハインツ・ヘルミヒ中将(Heinz Hellmich[1940年6月1日–1942年1月17日])
  【第258歩兵師団(258th Infanterie-Division)】ヴァルダマー・ヘンリチ中将(Waldemar Henrici[1940年8月1日-1941年10月2日])
  【第268歩兵師団(268th Infanterie-Division)】エーリヒ・シュトラウベ中将(Erich Straube[1939年9月1日–1942年1月6日])
  【第221保安師団(221st Sicherungs-Division)】ヨハン・プルークバイル大将(Johann Pflugbeil[])
 【第9軍団(IX.Armeekorps)】ヘルマン・ガイヤー大将(Hermann Geyer)
  【第137歩兵師団(137th Infanterie-Division)】フリードリッヒ・バーグマン中将(Friedrich Bergmann[1940年10月8日-1941年12月21日])
  【第263歩兵師団(263rd Infanterie-Division)】エルンスト・ヘッケル中将(Ernst Häckel[1940年11月から1942年3月])
  【第292歩兵師団(292nd Infanterie-Division)】マルティン・デメル中将(Martin Dehmel[1940年2月6日])
 【第13軍団(XIII.Armeekorps)】ハンス・フェルバー大将(Hans Felber[1940年10月25日])
  【第17歩兵師団(17th Infanterie-Division)】ヘルベルト・ロッホ中将(Herbert Loch[1939年9月1日])
  【第78歩兵師団(78th Infanterie-Division)】カート・ガレンカンプ砲兵大将(Curt Gallenkamp[1939年10月1日-1941年9月29日])
 【第XLIII軍団(XLIII.Armeekorps)】ゴットハルト・ハインリツィ大将(Gotthard Heinrici)
  【第131歩兵師団(131st Infanterie-Division)】ハインリッヒ・マイヤー・バードルフ中将(Heinrich Meyer-Buerdorf[1940年10月〜1944年1月])
  【第134歩兵師団(134th Infanterie-Division)】コンラッド・フォン・コッヘンハウゼン中将(Conrad von Cochenhausen[1940年10月5日-1941年12月12日])
  【第252歩兵師団(252nd Infanterie-Division)】ディーター・フォン・ベーム-ベジン中将(Diether von Boehm-Bezing[1939年8月26日から1942年3月24日])
 【第286保安師団(286th Sicherungs-Division)】(Reserve)カート・ミュラー中将(Kurt Müller[])
【第9軍(9th Army)】アドルフ・シュトラウス上級大将(Adolf Strauss[1940年5月15日-1940年5月29日])
 【第VIII軍団(VIII.Armeekorps)】ヴァルター・ハイッツ砲兵大将(Walter Heitz[1939年10月25日-])
  【第8歩兵師団(8th Infanterie-Division)】グスタフ・ヘーネ歩兵大将(Gustav Höhne[1940年10月25日-1942年7月23日])
  【第28歩兵師団(28th Infanterie-Division)】ヨハン・ジンフーバー中将(Johann Sinnhuber[1940年5月21日-1941年12月1日])
  【第161歩兵師団(161st Infanterie-Division)】ヘルマン・ウィルマン中将(Hermann Wilck[1939年12月1日-1941年9月17日])
 【第20軍団(XX.Armeekorps)】フリードリヒ・マテルナ中将(Friedrich Materna[1940年10月1942年9月10日])
  【第162歩兵師団(162nd Infanterie-Division)】ハーマン・フランケ中将(Hermann Franke[1939年12月1日から1942年1月13日])
  【第256歩兵師団(256th Infanterie-Division)】ゲルハルト・カウフマン中将(Gerhard Kauffmann[1940年1月10日-1942年1月4日])
 【第9軍団(XLII.Armeekorps)】ヴァルター・クンツェ工兵大将(Walter Kuntze[])
  【第87歩兵師団(87th Infanterie-Division)】ボギスラフア・フォン・シュトゥドニッツ中将(Bogislav von Studnitz[1939年8月26日-1942年2月16日])
  【第102歩兵師団(102nd Infanterie-Division)】ヨハン・アンサット中将(John Ansat[1940年12月10日-1942年2月1日])
  【第129歩兵師団(129th Infanterie-Division)】ステファン・リッタウ中将(Stephan Rittau[1940年10月1日-1942年8月22日])
 【第403保安師団(403rd Sicherungs-Division)】(Reserve)

「中央ロシア及び白ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Rußland-Mitte und Weißruthenien“)
ドイツ国防軍C軍集団の背後の占領地域の親衛隊及び警察を管轄。本部ははじめモギレフ、後にミンスクへ移った。
1941年5月1日‐1944年6月21日、親衛隊中将エーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキー
1942年1月2日‐1943年3月24日(代理)、親衛隊中将カール・フリードリヒ・フォン・ピュックラー=ブルクハウス伯爵
1943年3月24日‐1943年7月5日(代理)、親衛隊中将ゲレット・コルゼマン(ドイツ語版)
1943年7月5日‐1944年8月7日(代理)、親衛隊中将クルト・フォン・ゴットベルク

1941年6月22日 【ロシア占領地域親衛隊及び警察高級指導者】にエーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキー親衛隊大将(SS-Obergruppenführer Erich von dem Bach-Zelewski)就任。
1941年6月22日 ミンスク近郊の200ヘクタール(490エーカー)の大きさの集合農場であるソビエトのコルホーズの敷地にソ連軍捕虜の収容所として設立。
1941年6月23日 「南ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Rußland-Süd“)フリードリヒ・イェッケルン親衛隊大将(Friedrich Jeckeln)が就任。
1941年6月29日 ミンスク占領。ソ連軍将兵290,000人が捕虜となる。

1941年6月29日 【「東国及び北ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer „Ostland und Rußland-Nord“)】にハンス・アドルフ・プリュッツマン親衛隊中将(Hans-Adolf Prützmann[1941年6月29日から11月])が就任。
1941年6月 【ロシア占領地域親衛隊及び警察高級指導者】の下に【Polizei-Regiment Mitte】が設置され司令官にマックス・モントゥア中佐(SS-Sturmbannführer Max Montua[1941年夏から1942年1月]が就任。
第13警察連隊(13th Police Regiment)が編成。
▼第307警察大隊
▼第316警察大隊
▼第322警察大隊の三個大隊が所属。

1941年7月3日 【Einsatzgruppe B】の本部がWolkowyskに設置。担当エリアはB軍集団や中央軍集団の占領地域及びベラルーシ。司令官アルトゥール・ネーベ親衛隊中将(Arthur Nebe[1941年6月‐1941年10月])、約655人が配置される。
1941年7月5日 【Einsatzgruppe B】がヴァウカヴィスク(Wolkowysk)からスロニム(Slonim)に移動
1941年7月6日 【Einsatzgruppe B】がスロニム(Slonim)からミンスク(Minsk)に移動 [1941年7月6日-1941年8月5日]

【アインザッツグルッペン B(Einsatzgruppe B)】約655人、B軍集団や中央軍集団の占領地域及びベラルーシに展開。
司令部所在地
●ヴォルコビスク(Wołkowysk[1941年7月3日-])
●スロニム(Slonim[1941年7月5日-])
●ミンスク(Minsk[1941年7月6日-])
●スモレンスク(Smolensk[1941年8月5日-])
司令官(Commanders)
△アルトゥール・ネーベ親衛隊中将(SS-Gruppenführer und Generalmajor der Polizei Arthur Nebe[1941年6月‐1941年10月])
△エーリヒ・ナウマン親衛隊少将(SS-Brigadeführer und Generalmajor der Polizei Erich Naumann[1941年11月‐1943年3月])
△ホルスト・ベーメ親衛隊上級大佐(SS-Standartenführer Horst Böhme(1943年3月12日‐1943年8月28日])
△エーリヒ・エーアリンガー親衛隊大佐(SS-Oberführer und Oberst der Polizei Erich Ehrlinger[1943年8月28日‐1944年4月])
△ハインリヒ・ゼーツェン親衛隊上級大佐(SS-Oberführer und Oberst der Polizei Heinrich Seetzen[1944年4月28日‐1944年8月])
△ホルスト・ベーメ親衛隊上級大佐(SS-Standartenführer Horst Böhme[1944年8月‐不詳])
【特別分遣隊7a(Sonderkommando 7a[1941年6月-1944年11月])】1344人(1,344人以上)を処刑。
●Vilna, Nevel, Haradok, Vitebsk, Velizh, Rzhev, Vyazma, Kalinin, and Klintsy。
△ヴァルター・ブルーメ親衛隊大佐(SS-Standartenführer Walter Blume[1941年6月–1941年9月])
△オイゲン・シュタイムレ親衛隊大佐(SS-Standartenführer Eugen Steimle[1941年9月‐1941年12月})
△クルト・マチュケ親衛隊大尉(SS-Hauptsturmführer Kurt Matschke[1941年12月–1942年2月])
△アルベルト・ラップ親衛隊中佐(SS-Obersturmbannführer Albert Rapp[1942年2月‐1943年1月28日])
△ヘルムート・ロース親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Helmut Looss[1943年6月‐1944年6月})
△ゲルハルト・バスト親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Gerhard Bast[1944年6月‐1944年11月})
【特別分遣隊7b(Sonderkommando 7b[1941年6月-1944年10月])】6,788人( 1.822人以上)を処刑。
●Brest-Litovsk (see the Brześć Ghetto), Kobrin, Pruzhany, Slonim (the Słonim Ghetto), Baranovichi, Stowbtsy, Minsk (the Minsk Ghetto), Orsha, Klinzy, Briansk, Kursk, Tserigov, and Orel。
△ギュンター・ラウシュ親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Günther Rausch[1941年6月–1942年1月か2月])
△アドルフ・オッツ親衛隊中佐(SS-Obersturmbannführer Adolf Ott[1942年2月–1942年7月])
△ヨーゼフ・アウィンガー親衛隊少佐(SS-Obersturmbannführer Josef Auinger[1942年7月–1943年1月])
△ゲオルク・ラーベ親衛隊中佐(SS-Obersturmbannführer Karl -Georg Rabe[1943年1月か2月–1944年10月])
△ルドルフ・ホッツェル親衛隊中佐(de:Rudolf Hotzel)(1944年10月-?)

【フォーコマンド「モスクワ」(Vorkommando Moskau[1941年6月20日-1942年1月]) 特別分遣隊7c(Sonderkommando 7c[1942年1月-1943年12月Sonderkommando 7aに吸収])】4,660人を処刑。
●スモレンスク(Smolensk)。
△フランツ・ジックス親衛隊大佐(SS-Brigadeführer Dr. Franz Six[1941年6月20日-1941年8月20日])
△ヴァルデマール・クリンゲルヘーファー親衛隊少佐(SS-Obersturmbannführer Waldemar Klingelhöfer[1941年8月-1941年9]月)
△エーリヒ・ケルティング親衛隊少佐(SS-Obersturmbannführer Dr. ErichKörting[1941年9月-1941年12月])
△フリードリヒ・ブヒャルト親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Dr. Friedrich Buchardt[1941年12月-1942年1月])
△ヴィルヘルム・ボック親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Friedrich -Wilhelm Bock[1942年1月-1942年6月])
△ルドルフ・シュミュッカー親衛隊大尉(SS-Hauptsturmführer Ernst Schmücker[1942年6月-1942年後期])
△ヴィルヘルム・ブルーム親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Wilhelm Blüh[1942年後期-1943年7月])
△ハンス・エックハルト親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Hans Eckhardt[1943年7月-1943年12月])

【特別行動部隊 8(Einsatzkommando 8)[1941年6月-1943年10月]】74,740人(20,108人以上)を処刑。
●Volkovisk, Baranovichi, Babruysk, Lahoysk, Mogilev, and Minsk。
△オットー・ブラートフィッシュ親衛隊少佐(SS-Obersturmbannführer Dr. Otto Bradfisch[1941年6月–1941年4月1日])
△ハインツ・リヒター親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Heinz Richter[1941年4月1日–1942年9月])
△エーリヒ・イッセルホルスト親衛隊中佐(SS-Sturmbannführer Dr. Erich Isselhorst[1942年9月–1942年11月])
△ハンス・シントヘルム親衛隊少佐(SS-Obersturmbannführer Hans-Gerhard Schindhelm[1942年11月13日 – 1943年10月/1944年])
△アルフレート・レンドルファー親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Alfred Rendörffer[1944年4月–?])

【特別行動部隊 9(Einsatzkommando 9[1941年6月-1944年3月])】41,340人(11,449人以上)を処刑。
●Vilna (see the Vilna Ghetto), Grodno (the Grodno Ghetto), Lida, Bielsk-Podlaski, Nevel, Lepel, Surazh, Vyazma, Gzhatsk, Mozhaisk, Vitebsk (the Vitebsk Ghetto), Smolensk, and Varena.
△アルベルト・フィルベルト親衛隊中佐(SS-Obersturmbannführer Alfred Filbert[1941年6月 – 1941年10月20日])
△オスヴァルト・シェーファー親衛隊少佐(SS-Obersturmbannführer Oswald Schäfer[1941年10月 – 1942年2月])
△ヴィルヘルム・ヴィーベンス親衛隊中佐(SS-Obersturmbannführer Wilhelm Wiebens[1942年2月 – 1943年1月])
△フリードリヒ・ブヒャルト親衛隊少佐(SS-Obersturmbannführer Dr. Friedrich Buchardt[1943年1月 – 1943年10月])
△ヴェルナー・ケンプフ親衛隊少佐(SS-Sturmbannführer Werner Kämpf[1943年10月–?])

1941年7月7日 マックス・フォン・シェンケンドルフ歩兵大将がエーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキー親衛隊大将、アルトゥール・ネーベ親衛隊中将が会談。その後、『10歳からのユダヤ人は黄色のユダヤ人の星と自分自身を識別しなければならない』という行政命令第1号を発行。

1941年7月8日ヒムラーは秩序警察長官(Chef der Ordnungspolizei)クルト・ダリューゲ親衛隊大将(Kurt Daluege)と共にベロストク(Belostok)にある警察連隊センターの本部を訪問。マックス・モントゥア警察中佐、マックス・フォン・シェンケンドルフ歩兵大将、バッハ=ツェレウスキー親衛隊大将、第13警察連隊将校と会談。
夜、第322警察大隊の中隊が【Einsatzgruppe B】の指揮下で約1,000人のユダヤ人の射撃に参加。
7月9日、第307警察大隊は、ブレスト・リトフスク付近での4〜6,000人のユダヤ人、ロシア人、ベラルーシ人の虐殺に参加。ドイツ国防軍の第162歩兵師団の支援による殺害作戦は数日間続いた。
1941年7月10日、クルト・ダリューゲ親衛隊大将は「ボルシェヴィズムを「ドイツへの祝福」として「根絶する」よう」演説。
7月11日 第316警察大隊、第322警察大隊は約3,000人のベロストク(Belostok)のユダヤ人男性を近くの森で射殺。
1941年7月12日、翌日の夜明けまで、第307警察大隊によりユダヤ人4,435人がブレストで射殺。
1941年7月13日 アルトゥール・ネーベ親衛隊中将はEinsatzgruppe B Reportで、ミンスクで1,050人のユダヤ人が殺害、ヴィルナでは進行中であり、毎日500人のユダヤ人が射殺。「最初の数日間、グロドノとリダで処刑されたユダヤ人は96人だけだった。これらの活動を強化するよう命令」。
7月17日、第13警察連隊はスロニムで1,100人を超えるユダヤ人を殺害。
1941年7月17日 Generalbezirk Estland (Estonia)、Generalbezirk Lettland (Latvia)、Generalbezirk Litauen (Lithuania)、Generalbezirk Weißruthenien (Belarus)の4つの行政管区管区からなる【東部占領地域帝国管区オストラント(Reichskommissariat Ostland(RKO))】設立(東部占領地域省(Reichsministerium für die besetzten Ostgebiete)の管轄下)されヒンリヒ・ローゼ(Hinrich Lohse)がオストラント国家弁務官(Reichskomissar)に就任。
【Reichskommissariat Ostland】
民政(Zivilverwaltung)
ライヒ大臣(Reichsminister)
アルフレッド・ローゼンバーグ、ベルリン東部占領地大臣(Alfred Rosenberg, Reichsminister für die besetzten Ostgebiete, Berlin)
国家弁務官(Reichskommissar)
ヒンリッヒ・ローゼ、東ドイツ帝国委員、リガの公邸(Hinrich Lohse, Reichskommissar für das Ostland, Amtssitz Riga)
エーリッヒ・コッホ、代行委員(Erich Koch, kommissarischer Reichskommissar (ab Dezember 1944)1944年12月から)
東部占領地域(Reichskommissariat)
Friedrich Karl Vialon、財務部(Friedrich Karl Vialon, Finanzabteilung (ab Mai 1942)1942年5月から)
GüntherPröhl、部長1(Günther Pröhl, Hauptabteilungsleiter 1)
Martin Matthiessen、部門3(ビジネス)責任者(Martin Matthiessen, Hauptabteilungsleiter 3 (Wirtschaft))
マティアス・ローレンツェン、部長4(
Matthias Lorenzen, Hauptabteilungsleiter 4)
TheodorFründt、部長2(政治学)(Theodor Fründt, Hauptabteilungsleiter 2 (Politik))
ウィルヘルム・バーマイスター、部長1/2(Wilhelm Burmeister, Hauptabteilungsleiter 1/2)
ヴェルナー・エッセン、ルーム部門(Werner Essen, Raumabteilung (ab 1941)1941年から)
一般委員(Generalkommissare)
カール・シギスムント・リッツマン、レヴァルのエストニア局長(Karl Sigismund Litzmann, Generalkommissar für Estland in Reval)
オットー・ハインリッヒ・ドレクスラー、リガのラトビア総局(Otto-Heinrich Drechsler, Generalkommissar für Lettland in Riga)
テオドール・エイドリアン・フォン・レンテルン、リトアニアのチューイング長官(Theodor Adrian von Renteln, Generalkommissar für Litauen in Kauen)
ウィルヘルム・キューブ、ミンスクの白ルテニア総局長(Wilhelm Kube, Generalkommissar für Weißruthenien in Minsk (bis 1943)1943年まで)
カート・フォン・ゴットバーグ、ミンスクの白ルテニア委員長(Curt von Gottberg, Generalkommissar für Weißruthenien in Minsk (ab 1943)1943年から)

地域委員会(Gebietskommissare)
Walter Alnor、Eckernförde地区の地区管理者、Libauの地区長(Walter Alnor, Landrat des Kreises Eckernförde, Gebietskommissar in Libau)
ハインリッヒ・カール、レンズバーグの 1936 NSDAP地区指導者、スルツクの地区長(Heinrich Carl, ab 1936 NSDAP-Kreisleiter in Rendsburg, Gebietskommissar in Sluzk)
Karl Eger Süderdithmarschenの地区管理者、ミンスクのチーフコミッショナー、MeldorfのKarl Eger(Karl Eger aus Meldorf, Landrat von Süderdithmarschen, Hauptkommissar von Minsk)
ヨアヒム・ハーバート・フスト、SAのリーダーSAグループNordmarkと、のGebietskommissar リガ -Land(Joachim Herbert Fust, SA-Führer SA-Gruppe Nordmark, Gebietskommissar von Riga-Land)
ハンス・ゲベック、NSDAP地区指導者ラウエンバーグ、シャウレン地区委員(Hans Gewecke, NSDAP-Kreisleiter Lauenburg, Gebietskommissar in Schaulen)
オスカー・ブリレ、元NSDAP地区指導者フーズム、ウォルマーの地区委員(Oskar Gläser, früherer NSDAP-Kreisleiter Husum, Gebietskommissar in Wolmar)
フーズム市長のヘルマン・ハンセン、ウォルマーの次の地区長官の眼鏡(Hermann Hansen, Bürgermeister Husum, auf Gläser folgender Gebietskommissar von Wolmar)
ハンスクリスチャンヒンスト、NSDAP地区指導者ノイミュンスター、ビリニュス地区委員(Hans Christian Hingst, NSDAP-Kreisleiter Neumünster, Gebietskommissar in Wilna)
フリードリヒ・ヴィルヘルムJenetzkyで、地区フーズム、Gebietskommissar ナルヴァ(Friedrich-Wilhelm Jenetzky, Landrat Husum, Gebietskommissar in Narwa)
Walter von Medem、SA上級リーダー、ミタウ地区委員(Walter von Medem, SA-Oberführer, Gebietskommissar von Mitau)
Kurt Wilhelm Meenen、NSDAP地区指導者Pinneberg、Dorpatの地域委員(Kurt Wilhelm Meenen, NSDAP-Kreisleiter Pinneberg, Gebietskommissar in Dorpat)
Emil Paulsen、Meldorf、SAリーダーDithmarschen、Vitebskの最初のチーフコミッショナー、リバウの地区コミッショナー(Emil Paulsen, Meldorf, SA-Führer Dithmarschen, zuerst Hauptkommissar in Witebsk, dann Gebietskommissar in Libau (1943)1943)
Walter Neum、SS-Sturmbannführer、パネヴェジース地区委員(Walter Neum, SS-Sturmbannführer, Gebietskommissar in Panevėžys (Juli 1941 bis August 1944)1941年7月から1944年8月)
フリードリヒ・シュワン、デューナブルク地区委員(Friedrich Schwung, Gebietskommissar in Dünaburg (bis 19. August 1942)1942年8月19日まで)
ヘルマンRiecken、NSDAP地区のリーダーフレンスブルク市とでHeikendorf、Gebietskommissarの後に市長パルヌ以降でダウガフピルス(Hermann Riecken, NSDAP-Kreisleiter von Flensburg-Stadt und späterer Bürgermeister von Heikendorf, Gebietskommissar in Pernau und später in Dünaburg)
ハイノ・シュレーダー、フレンスブルク地区管理者、エストニアのアレンスブルク地区地区長(Heino Schröder, Landrat Flensburg, Gebietskommissar in Arensburg in Estland)
ヒューゴウィットロック、リガ市地区委員(Hugo Wittrock, Gebietskommissar in Riga-Stadt)

軍政(Militärverwaltung)
陸軍司令官(Wehrmachtbefehlshaber)
Walter Braemer、騎兵隊zV(Walter Braemer, General der Kavallerie z.V. (1941–1944)1941-1944)の将軍
ヴェルナー・ケンプ、パンツァー部隊長(Werner Kempf, General der Panzertruppe (1944)1944)
SSと警察のリーダー(SS- und Polizeiführer)
カート・フォン・ゴットバーグ、SS、ホワイト・ルテニアの警察リーダー、1943年10月からミンスクのゼネラルコミッショナー(Curt von Gottberg, SS- und Polizeiführer für Weißruthenien, ab Oktober 1943 Generalkommissar in Minsk)
フリードリッヒ・ジェッケルン、高等SS、警察隊長オストランドおよびロシア北部(Friedrich Jeckeln, Höherer SS- und Polizeiführer Ostland und Russland-Nord)
ヒンリッヒ・メラー、SSおよび警察リーダーのエストニア、レヴァルの SS旅団リーダー(Hinrich Möller, SS- und Polizeiführer Estland, SS-Brigadeführer in Reval)
ルシアン・ウィソツキ、SS、リトアニアの警察リーダー(Lucian Wysocki, SS- und Polizeiführer Litauen)
WaltherSchröder、SS、警察リーダー、ラトビア(Walther Schröder, SS- und Polizeiführer Lettland)

ヴィルヘルム・クーベ(Wilhelm Kube)が白ロシア行政委員(Generalkommissar für Weißruthenien(Generalkommissar))に就任。
【Generalkommissar für Weißruthenien】の行政区
 ●バラナヴィーチ(Baranowitsche(Baranovichi))
 ●ボリソフ(Barisau(Barysau))
 ●ハンザヴィチ(Hanzewitschy(Hantsavichy))
 ●リダ(Lida)
 ●フルィボーカエ(Glubokoye(Hlybokaye))
 ●ミンスク農村(Minsk-Land(Minsk-Rural))
 ●ミンスク都市(Minsk-Stadt(Minsk-Urban))
 ●ナヴァフルダクNowogródek(Navahrudak))
 ●スロニム(Slonim)
 ●スウツク(Sluzk(Sluck))
 ●ビレイカ(Wilejka(Vileyka))

7月18日 バッハ=ツェレウスキー親衛隊大将はヒムラーへの報告書で警察連隊によるスロニムでの昨日の浄化行動によって7月20日までに完了する報告と言及した。

【ミンスク・ゲットーを設置】
1941年7月20日 現地司令官カール・シュレーゲルホーファー中佐は【Einsatzgruppe B】の助言の下、ミンスク市内の北西部にゲットーを設置。ドロッディ捕虜収容所(Gefangenenlager Drozdy)の囚人を使い行われた。
ミンスク及び近隣の町で暮らすユダヤ人がここに集められ、10万人以上(ミンスク市の人口は24万人あったが、そのうちユダヤ人は8万人)
【ドロッディ捕虜収容所(Gefangenenlager Drozdy)】
ミンスクの戦い300,000人を超える赤軍兵士が捕獲されDurchgangslagerとしてミンスクの北東5kmに、スビスロシュチ川のドロッディの集落に設置された。
望楼もなく有刺鉄線のフェンスにロープで区画が仕切られただけのものだった。
当初は第3装甲集団管轄の(Durchgangslager 127)として稼動し、警備を第286保安部隊(286. Sicherungsdivision)と後方部隊559Kommandant rückwärtiges Armeegebiet(Korück559)が受け持った。収容1週間後に野外キッチンが設置。この時に暴動が起こり、数百人が警備員に撃たれました。
7月4日 第3装甲集団は【ドロッディ捕虜収容所】の囚人の数が10,000人から65,000人に増加したことを報告。
7月8日 10万人超える囚人が収容された。
7月17日 管轄が3装甲集団から第2軍最高司令官に移行。

Sicherungs-Divisionen des Heeres陸軍保有の保安師団
52. Sicherungs-Division
201. Sicherungs-Division
203. Sicherungs-Division
207. Sicherungs-Division
213. Sicherungs-Division
221. Sicherungs-Division
281. Sicherungs-Division
285. Sicherungs-Division
286. Sicherungs-Division
325. Sicherungs-Division
390. Sicherungs-Division
391. Sicherungs-Division
403. Sicherungs-Division
444. Sicherungs-Division
454. Sicherungs-Division

Weißruthenische Hilfspolizei【Schutzmannschaft】
1941年7月25日 シュッツマンシャフト(Schutzmannschaft)を設立し、秩序警察(Ordnungspolizei)に従属。
基本編成
▼Schutzmannschaft-Einzeldienst(固定警察、都市および地区のパトロール)
▼戦闘警察大隊Schutzmannschaft-Bataillonen(反党派作戦のための移動警察大隊)
▼▼Schutzmannschaft-Front-Bataillonen(戦闘)4中隊(中隊124人)
▼▼Schutzmannschaft-Wach-Bataillonen(警備)4中隊(中隊124人)
▼▼Schutzmannschaft-Ersatz-Bataillonen(予備)4中隊(中隊124人)
▼▼Schutzmannschaft-Pionier-Bataillonen(工兵)4中隊(中隊124人)
▼▼Schutzmannschaft-Bau-Bataillonen(建設)4中隊(中隊124人)
▼Hilfsschutzmannschaft(ユニットを確保– 捕虜を保護し、作業の詳細を実施)
▼Feuerschutzmannschaft(消防隊)
ベラルーシの補助警察大隊には41から50番号が割り当てられた。1942年には46–49が再割り当てされた。

1941年7月23日 アルトゥール・ネーベ親衛隊中将はEinsatzgruppe B Reportで「圧倒的な数のユダヤ人」のために、現在の人員では活動地域で「ユダヤ人問題の解決」は「非現実的」であると報告。
1941年7月24日秩序警察長官クルト・ダリューゲ親衛隊大将がブレスト=リトフスク近くで第307警察大隊(ドイツ語版)による4435名のユダヤ人銃殺を個人的に視察している。1941年7月25日と7月31日 秩序警察長官クルト・ダリューゲ親衛隊大将がシューマ(Schutzmannschaft,略称Schuma)設立の命令を下した。
1941年7月末にドイツ当局はミンスク市内の北西部にゲットーを設置。【Einsatzgruppe B】の助言による(Oberstleutnant Karl Schlegelhofer )が指揮。
1941年7月28日 プリピャチ沼地(Pripiatsümpfe)ドイツ軍によって行われた懲罰作戦のコードネーム。第162歩兵師団、第252歩兵師団とSS騎兵旅団が参加。フェーズ1で約3,788人、フェーズ2(8月14日開始)で役3,500人のユダヤ人が死亡。
1941年8月5日 【Einsatzgruppe B】がミンスク(Minsk)からスモレンスク(Smolensk)に移動

1941年8月14日 26日、31日、ミンスク・ゲットーの住民約5,000人(ほとんどが男性)はミンスク刑務所に連れて行かれ、射殺された。

1941年8月15日、ハインリッヒ・ヒムラーは、カール・ウルフ親衛隊中将(Persönlicher Stab Reichsführer SS Karl Wolff SS-Gruppenführer)、バッハ=ツェレウスキー親衛隊大将、「東国及び北ロシア」親衛隊及び警察高級指導者にハンス・アドルフ・プリュッツマン親衛隊中将、カメラマンのウォルター・フレンツを伴い、ミンスクのゲットーからアルトゥール・ネーベ親衛隊中将指揮のもと処刑場所に運ばれてきユダヤ人約100人の大規模射殺を観察中に嘔吐した。ヒムラーは落ち着きを取り戻し、殺人の代替方法を見つけるべきだと判断した。その後ヒムラーはミンスク近くのゲットーとドロッディ捕虜収容所(Gefangenenlager Drozdy)を訪問。アルトゥール・ネーベ親衛隊中将はハイドリヒに「親衛隊員の精神的健康を心配している」と報告。

1941年8月 小規模師団、第707歩兵師団(1941年5月2日ミュンヘンにて第15次編成、約5,000名人-1944年8月3日に正式解体)師団長グスタフ・フォン・ベクトルスハイム少将(Gustav von Bechtolsheim[1941年5月2日-1943年2月])が中央軍集団の保安部隊として到着。
8月29日から9月1日 クルト・ダリューゲ親衛隊大将がミンスクへ訪問、その際にバッハ=ツェレウスキー親衛隊大将と共に第322警察大隊と【Einsatzgruppe B】による女性を含む2278名(ユダヤ人290人の男性と40人の女性?)のユダヤ人の銃殺を視察している。
1941年9月 アルトゥール・ネーベ親衛隊中将はに国家保安本部に、爆発物または毒ガスのいずれかで「殺人が殺人者に与える心理的影響を最小限に抑える」相談する。国家保安本部は法医学研究所(Kriminaltechnisches Institut der Sicherheitspolizei(KTI))のVD 2のアルベルト・ウィデマン親衛隊少尉(SS-Untersturmführer Albert Widmann)をミンスクに派遣。アルベルト・ウィデマン親衛隊少尉はミンスクに400 kgの爆発物とガス処刑に必要な金属パイプを運びこみ殺害実験を始める。250キログラム(550ポンド)の爆薬による殺害の実験を、ミンスク地域の準備されたバンカーで実施。アルベルト・ウィデマン親衛隊少尉は戦後裁判で『バンカーの1つに爆発物が積み込まれ、24人の精神病患者がそこに入れられました。アルトゥール・ネーベ親衛隊中将は爆発の合図をしたが、爆発は患者を殺すことができなかった。その後、さらに爆発物が持ち込まれ、負傷した囚人はバンカーに戻され、2回目の爆発でようやく全員の死亡が確認された。バンカー近くの木から死体の一部がぶら下がっているような状況だった。』
2日後、アルトゥール・ネーベ親衛隊中将とアルベルト・ウィデマン親衛隊少尉は別の殺害実験を行う。Mogilevの5人の精神病患者が密閉された部屋に入れられ、外部に通じているパイプを通して乗用車からの排気が部屋に排出、一酸化炭素による殺害を試みるが、この方法では患者を全員殺すことができなかったため、トラックが追加された。患者は15分以内に死亡。アルトゥール・ネーベ親衛隊中将とアルベルト・ウィデマン親衛隊少尉は、爆発物での殺害は非現実的であり、ガス処刑は「確実」と結論付けた。

1941年8月、カール・ツェナー(Carl Zenner)が【SS-und Polizeiführer (SSPF) für Weißrussland in Minsk】に任命される。

9月7日 中央軍集団後方地域司令本部をモギレフに設置
1941年9月17日 第286師団第285歩兵連隊第3大隊と【Einsatzkommando 8】がクルプキの町で1,000人のユダヤ人の殺害。
【モギレフ会議(Mogilev Conference[1941年9月24〜26日])】
1941年9月24日 マックス・フォン・シェンケンドルフ歩兵大将主催により「パルチザンとの戦い」(Bekämpfungvon Partisanen、後にBandenbekämpfung)に焦点を当てたモギレフで3日間の会議を開催。【モギレフ会議】
参加者
ロシア占領地域親衛隊及び警察高級指導者エーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキー親衛隊大将
中央後部陸軍地域軍団司令官マックス・フォン・シェンケンドルフ歩兵大将
モギレフ会議スピーカー
【Einsatzgruppe B】司令官 アルトゥール・ネーベ親衛隊中将
中央警察連隊 マックス・モントゥア警察中佐
経済検査局
SS騎兵旅団 ヘルマン・フェーゲライン親衛隊中将
SS第1騎兵連隊 グスタフ・ロンバード(SS-Sturmbannführer Gustav Lombard)
参加者
第221保安師団(221st Security Division)の将校
第286保安師団(221st Security Division)の将校
第403保安師団(221st Security Division)の将校
の他、すでに後方治安活動における「成果と経験」に基づいて選ばれた。

1941年9月17日 第286師団第285歩兵連隊第3大隊の指揮官とハインツ・リヒター親衛隊少佐率いる【Einsatzkommando 8】がクルプキの町で1,000人のユダヤ人の殺害。
61人(参加者の82%は国防軍)が参加
会議1日目、アルトゥール・ネーベ親衛隊中将らによる講義演説。
会議2日目、参加者はモジレフの近くにあるクニャジツィ(Knjaschitschi)の村に移動。そこでは、第322警察大隊が、村を取り囲み浄化行動方法のデモを実施。アフターアクションレポートによると、「疑わしい見知らぬ人(Ortsfremde)」または「パルチザン」は見つからなかったが、51人のユダヤ人が明らかになり、そのうち32人は第322警察大隊と【Einsatzgruppe B】によって射殺されました。
会議3日目の午前中、参加者は警察隊による「パルチザン、共産主義者」と特定された容疑者への尋問を観察。

1941年10月2日に、第322警察大隊、316警察大隊、とウクライナの補助部隊とともに、【モジレフ・ゲットー】で2,200人のユダヤ人を殺害。

1941年10月9日 Einsatzgruppe B Reportでは、Demidov付近でのパルチザン活動の疑いがあるため、15歳から55歳の男性居住者全員がスクリーニングのためにキャンプに入れられたと述べています。17人が「パルチザン」と「共産主義者」として特定され、5人が地元住民400人の前で絞首刑にされ残りは射殺されました。これまでにミンスクではユダヤ人3万64人を掃討。

1941年10月23日 ハインリッヒ・ヒムラー個人的に279人のユダヤ人の処刑を視察。

1941年11月中と1942年5月から10月にかけて、ドイツから6428人、オーストリアから1万476人、ベーメン・メーレン保護領から7000人のユダヤ人がミンスクに移送されてきた。労働できないゲットー住民は次々と検挙されて銃殺された。

1941年11月 ゲシュタポ・ユダヤ人課課長アドルフ・アイヒマン親衛隊中佐が【ミンスク・ゲットー(Ghetto Minsk[1941年7月-1943年10月21日])】を視察した。アイヒマンは、【Einsatzgruppe B】のゲットー住民除去のスピードに満足しておらず、ガス・トラックをミンスク・ゲットーに持ってこさせ、11月7日・11月8日・11月20日の虐殺に使用。

1941年11月に、ミンスクのメイン・ゲットーに隣接する2番目のゲットー・ハンブルクとして知られるゲットーが設立され、帝国領から追放されたユダヤ人を隔離した。このゲットーは、ハンブルク、フランクフルト、ベルリン、ラインラント、ブレーメン、ウィーンの 5つのセクションに分かれており、約35,000人の居住者がいた。2つのゲットーの住民の間での接触はほとんど許可されなかった。
1941年11月1日 【「東国及び北ロシア」親衛隊及び警察高級指導者】がハンス・アドルフ・プリュッツマン親衛隊中将に代わりにフリードリヒ・アウグスト・イェッケルン(Friedrich August Jeckel[-1944年9月22日])が就任。

1941年11月7日 帝国領からのミンスク・ゲットーへのユダヤ人移送のために場所を空けるため、6,624人のユダヤ人がツチンカ(Tutschinka)のSS兵舎の近くで殺された。

1941年11月11-12月5日にミンスク・ゲットーに到着したユダヤ人
列車(Zug) 出発地(Abgangsort) 日付(Datum) 到着(Ankunftsort) 到着(Ankunft) 番号(Anzahl) 生存者Überlebende
Da 51 Hamburg 8. November 1941 Minsk 11. November 968/1.004 10
Da 52 Düsseldorf 10. November 1941 Minsk 15. November 993 4
Da 53 Frankfurt (Main) 12. November 1941 Minsk 17. November 1.042/1.052 8
Da 54 Berlin 14. November 1941 Minsk 18. November 956/1.030 4
Da 55 Brünn 16. November 1941 Minsk 20. November 999 13
Da 56 Bremen/Hamburg 18. November 1941 Minsk 22. November 978/1.010 6
Da 57 Wien 28. November 1941 Minsk 5. Dezember 1.001 3

1941年11月14日 【Einsatzgruppe B】は45,467人の殺害を報告。【Einsatzgruppe B】司令官が刑事警察局長にアルトゥール・ネーベ親衛隊中将が復職。後任はエーリヒ・ナウマン親衛隊少将(Erich Naumann[1941年11月‐1943年3月])。

1941年11月20日、【Einsatzgruppe A】の【Sonderkommando 1b】がTosnoからミンスクに移動。指揮官(SS-Obersturmführer Erich Ehrlinger1941年6月-1941年11月上旬][])。(Georg Heuser[])らも勤務。
(Sonderkommando 1b/KDS in Minsk Weißruthenien[1941年6月-1943年10月])
(SS-Obersturmführer Erich Ehrlinger[1941年6月-1941年11月上旬])
代理(SS-Stubaf. Walter Hofmann[1942年1月-1942年3月] (als Vertreter/Stellvertreter))
(SS-Ostubaf. Dr. jur. Eduard Strauch[1942年3月-1942年8月]
(SS-Ostubaf. Dr. jur. Erich Isselhorst[1943年8月から1943年10月1日]

2回目の虐殺は保安部隊のSS-警察署長(Polizeiführers)カール・ツェナー (Carl Zenner) によって5,000から7,000人がTutschinkaで射殺された。

1941年12月3日 (Sonderkommando 1b)は【白ロシアの保安警察及びSD指揮官(Kommandeure der Sicherheitspolizei und des SD(KdS in Minsk Weißruthenien)[1941年6月-1943年10月])】に改変。ミンスク大学内に司令部を設置。司令官はエドゥアルト・シュトラウヒ(Eduard Strauch)。
部門I-人事(Abteilung I – Personal)
部門II-管理(Abteilung II – Verwaltung)
部門III- SD(Abteilung III – SD)
部門IV- ゲシュタポ(Abteilung IV – Gestapo)
▼IVa(妨害行為、スパイ行為、経済犯罪、パルチザン対策)
▼IVb(ユダヤ人とポーランドの問題)
部門V- 犯罪捜査部門(Abteilung V – Kriminalpolizei)

IV部/V部の指揮官はクルト・ブルクハルト親衛隊中尉(SS-Obersturmführer Kurt Burkhardt)。ゲオルグ・ハウザー親衛隊少尉(SS-Untersturmführer Georg Heuser)所属。
(Abteilung IV)
▼IVa(妨害行為、スパイ行為、経済犯罪、パルチザン対策)
▼IVb(ユダヤ人とポーランドの問題)
(Abteilung V)刑事警察 勤務:親衛隊上級曹長(SS-Hauptscharführer und Kriegsverbrecher Adolf Rübe)

1942年2月 第201保安旅団が中央軍集団後方に配備。
第201保安旅団(Sicherungs-Brigade 201[-1942年3月])
▼第601保安連隊(Sicherungs-Regiment 601 (aus dem IInfanterie-Ersatz-Regiment 601 mit 2 Bataillone aus in Fulda im Wehrkreis IX. gebildet)
▼▼第965保安大隊(Sicherungs-Bataillon 965
▼▼第966保安大隊(Sicherungs-Bataillon 966
▼第663国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 663
第201保安師団(201. Sicherungs-Division[1942年3月-])
▼第601保安連隊(Sicherungs-Regiment 601)
▼▼第965保安大隊(Sicherungs-Bataillon 965)
▼▼第663国土防衛大隊(Sicherungs-Bataillon 966)
▼▼第824国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 824 (後の第824保安大隊(später Sicherungs-Bataillon 824))
▼▼第909国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 909 (後の第909保安大隊(später Sicherungs-Bataillon 909))
▼▼第790国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 790(後の第790保安大隊 (später Sicherungs-Bataillon 790))
▼第406歩兵連隊(Infanterie-Regiment 406 [1942年2月解体された第403保安師団から])
▼第466補充部隊(Nachschubeinheiten 466 [1942年2月解体された第403保安師団から])
▼第336国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 336
▼第480国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 480
▼第481国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 481
▼第483国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 483
▼第839国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 839
▼第989国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 989
▼第343国土防衛大隊(Landesschützen-Bataillon 343
指揮官(Kommandeur)
エルンスト・シェルマン少将(Generalmajor Ernst Schellmann[配備-1942年4月])
オイゲン・デモール少将(Generalmajor Eugen Demoll[1942年4月-1942年5月])
アルフレッド・ヤコビ少将(Generalmajor Alfred Jacobi[1942年5月-解散])

1942年2月、アクセル・ド・フリースはリチャード・ワーグナー率いるWirtschaftsinspektion Mitteのチーフ農業グループに加わり、そこで「先駆者」であるという評判を獲得しました。
1942年2〜3月ベラルーシ戦闘警察(Weißruthenische Schutzmannschaften)設立。ベラルーシ警察は、殺害の第一段階で二次的な役割を果たした。
ノボグロデクの第46ベラルーシ大隊(the 46th Byelorussia Battalion from Novogrodek)
ミンスクの第47ベラルーシ大隊(the 47th Byelorussia Battalion from Minsk)
ヴォロジンの第51ベラルーシア大隊(the 51st Byelorussia Battalion from Volozhin)
ミンスクの第49ベラルーシ大隊(the 49th Byelorussia Battalion also from Minsk)
ベラルーシ大隊Schuma未知の正確な量は、おそらく、その数は12だった:48、49、60、64、65、68、各大隊は、約350〜450名で構成されますが、PolizeiSchűtzen連隊36と一部で(司令官のほとんどの役員そして下士官)はドイツ人だった、と同じ言語でしたドイツ語、および受注は、多くの場合では通訳を介して送信されているロシアやポーランド語。
Belarusian Bahnwachbataillon (in deutscher Sprache: Bahnschutz Bataillon), in dem die Firma Kommandanten, in den wichtigsten Standorten der westlichen Belarus Belarusians waren. Spezialpolizei – 13. Belarusian Polizeibataillon DM (deutsch: Weissruthenische Schutzmannschaft Bataillon der SD 13) – hatte eine gemischte deutsch-belarussischen Kommandostruktur und Sprache ordnete die belarussischen Sprache. Im Gegensatz zu Schuma Bataillone dieser Division hat es nach deutschen Standards erteilt. In 1943 und 1944 Jahren hat es an zahlreichen Aktionen gegen die Guerilla in der Auflösung des Ghettos im ehemaligen genommen
ベラルーシ鉄道警備隊大隊(ドイツ語:鉄道保護大隊)、中隊長がベラルーシ西部の主要な場所にいた。特別警察-第13ベラルーシ警察大隊DM(ドイツ語:Weissruthenische Schutzmannschaft Bataillon der SD 13)-ドイツ語とベラルーシ語の混合命令構造と言語はベラルーシ語を命じました。この部門のシューマ大隊とは対照的に、ドイツの基準に従って発行されました。 1943年と1944年に、前者のゲットーの解散でゲリラに対する多数の行動に参加しました。

Der Heeresgruppe Mitte wurde die Wirtschaftsinspektion Mitte (WiIn Mitte; vormals: „Wirtschaftsinspektion Sachsen“) zugeordnet. 1943 wurde der Generalmajor der Waffen-SS Gustav Krukenberg Chef des Stabes der Wirtschaftsinspektion Mitte in Weißrussland. Drei Wochen vor dem deutschen Angriff auf die Sowjetunion übernahm SS-Brigadeführer Richard Wagner die Leitung der Chefgruppe Landwirtschaft der Wirtschaftsinspektion Mitte. Im Februar 1942 kam Axel de Vries zur Chefgruppe Landwirtschaft der Wirtschaftsinspektion Mitte unter Richard Wagner, wo er sich den Ruf eines „Vordenkers“ erwarb. Ende 1942 wurde Fritz Hellwig Kriegsverwaltungsrat in der Wirtschaftsinspektion Mitte.

中央陸軍検査官は経済検査センターに割り当てられました(WiIn Mitte。以前は「ザクセン経済検査」)。 1943年、グスタフ・クルケンベルク親衛隊大将がベラルーシの中央経済監督官の参謀長になりました。ソ連に対するドイツの攻撃の3週間前、リチャード・ワーグナー(SS-Brigadeführer Richard Wagner)は、中央経済監督局の農業主任グループのリーダーシップを引き継ぎました。 1942年2月、アクセル・ド・フリースはリチャード・ワーグナーのもとで経済検査センターの農業主任グループに加わり、そこで「先駆者」であるという評判を獲得しました。 1942年の終わりに、フリッツ・ヘルヴィッヒ(Fritz Hellwig)はミッテ経済検査の戦争管理者になりました。
Die Wirtschaftsinspektion Mitte wurde am 31. Oktober 1943 parallel zum rückwärtigen Heeresgebiet aufgelöst und ihr Personal in den neugebildeten Stab „Heeresgruppenwirtschaftsführer“ (HeWiFü) bei der Heeresgruppe Mitte überführt. Dessen Aufgaben blieben mehr oder weniger die gleichen. Ihre personelle Stärke betrug zum 1. Dezember 1942 2960 Mann, im Frühjahr 1944 im verkleinerten Gebiet noch etwa 1000 Mann.[4]
経済検査センターは1943年10月31日に後部陸軍地域と並行して解散し、その人員は陸軍グループ中部の新たに編成されたスタッフ「陸軍グループ経済リーダー」(HeWiFü)に移されました。そのタスクはほぼ同じままでした。 1942年12月1日時点での人員は2960人でしたが、1944年春にはまだ約1000人でした。

1942年3月「ラインハルト作戦」開始
1942年3月2日、プリムフェスティバルでは、(SS-Sturmbannführer Hoffmann)の指揮の下、次のポグロムが地元のイニシアチブで始まったようです。治安警察によると、3,412人が殺害され、ゲットーは5,000人の犠牲者と言う。
1942年3月にアドルフ・アイヒマンと少し後でハインリッヒ・ヒムラーはクーベ親衛隊中将との会談に行き、ユダヤ人は民政の混雑したミンスク・ゲットーではなく、エドゥアルド・ストラウチの KdSに移されることになったと思われます。その後まもなく、ラインハルト・ハイドリヒは、到着直後に到着したユダヤ人を殺すようストラウクの事務所に依頼した。
1942年3月2日、ゲットーの保育園または孤児院は「清算」されました。殺人者がキャンディを投げた後、子供たちは生きたまま穴に埋められた。
1942年4月、KdSストラウチは、ミンスクの南東11キロのトロステネス近くの旧「カールマルクス」集団農場を引き継ぎ、殺人センターを設立しました。集団農場は労働収容所を備えた田舎の地所(司令官の地所)に変換され、1キロ離れたブラゴフシチナの森に見づらい処刑場所が設置され、1942年8月中旬に国外追放列車の鉄道接続としてのコロディスの撤去されたサイディングが再開されました。 【マリー・トロスティネス収容所】はモギリョフで計画の暫定置換が、未完成の絶滅収容所として作用しました。

1942年5月10日にユダヤ人の最初の移送が始まり収容所はVernichtungslager(絶滅収容所)へ移行した。主な目的は、ミンスクゲットーとその周辺地域のユダヤ人囚人の殺害でした。
ベルリン、ハノーバー、ドルトムント、ミュンスター、デュッセルドルフ、ケルン、フランクフルトアムマイン、カッセル、シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ミュンヘン、ブレスラウ、ケーニヒスベルク、ウィーン、プラハ、ブリュン、テレジエンシュタットなどから列車輸送されたユダヤ人は停留所からブラゴフシチナ(Благовщина)と1943年からシャシュコフカ(Шашковка)の森までトラックで運ばれ、首の後ろで撃たれ殺害された。

4月22日、【マリー・トロスティネス収容所】のKdSに従属する小さな武装親衛隊の第2小隊(下士官と10人の部隊)が、最初の遺体を掘るために8日間の土工作業を開始しました。
4月30日、列車全体が「ミンスクの刑務所を解散するための行動」に参加しました。

5月4日、入港する輸送用のピットが再び掘られました。
1942年5月17日、Waffen-SSの小隊リーダーである(SS-Unterscharführer Johann Arlt)は、彼の活動レポートで次のように述べています。
1942年5月 KdS【IV部】の指揮官にゲオルグ・ハウザー親衛隊少尉(SS-Untersturmführer Georg Heuser)就任。

1942年5月11日、【マリー・トロスティネス収容所】にウィーンからミンスクにユダヤ人(1000ユニット)を乗せた輸送列車が到着し、すぐに鉄道駅から上記のピットに運ばれました。このため、列車はピットで直接使用されました。 ”
1942年6月1日、第201保安旅団は、第201保安師団に改編。
1942年6月14日 クルト・ブルクハルト親衛隊中尉(SS-Obersturmführer Kurt Burkhardt)がコイダノフ(Kojdanow)でパルチザンに殺害される。

アイヒマンの指示で
1942年6月からガスワゴンが使用。2台のダイヤモンドブランドトラックと大型のSaurerトラックが使用されていました。7月中旬、別のガストラックがセルビアから来ました。【Einsatzgruppe B】は一時的にガス車をミンスクKdSに切り替えました。

Deportationen nach Maly Trostinez[13]
列車(Zug) 出発地(Abgangsort) 日付(Datum) 到着(Ankunftsort) 到着(Ankunft) 番号(Anzahl)
Da 201 Wien 6. Mai 1942 Minsk 11. Mai 1942 994/1000
Da 202 Wien 20. Mai 1942 Minsk 23./26. Mai 986/1000
Da 204 Wien 27. Mai 1942 Minsk 1. Juni 1942 981
Da 205 Wien 2. Juni 1942 Minsk 5./9. Juni 1942 999
Da 206 Wien 9. Juni 1942 Minsk 13./15. Juni 1006
Da 40 Königsberg/Berlin 24. Juni 1942 Minsk 26. Juni 1942 770
Da 220/Aax Theresienstadt 14. Juli 1942 Minsk 17. Juli 1942 1000
Da 219 Köln 20. Juli 1942 Minsk 24. Juli 1942 1164
Da 222/Aaz Theresienstadt 4. August 1942 Trostinez 10. August 1942 993/995
Da 223 Wien 17. August 1942 Trostinez 21. August 1942 1003
Da 224/Bc Theresienstadt 25. August 1942 Trostinez 28. August 1942 1000
Da 225 Wien 31. August 1942 Trostinez 2./4. September 1942 967
Da 226/Bk Theresienstadt 8. September 1942 Trostinez 11./12. September 19421000
Da 227 Wien 14. September 1942 Trostinez 16./18. September 1942992
Da 228/Bn Theresienstadt 22. September 1942 Trostinez 25. September 1942 992
Da 230 Wien 5. Oktober 1942 Trostinez 9. Oktober 1942 544/547

強制労働収容所(ランドリー、鍛冶屋、金属加工店、建具、ガラス製品、なめし工場、製粉所、製材所)責任者はSS-Scharführer Heinrich Eicheで、1943年の秋に(SS-Hauptscharführer Rieder)に交代。警備はウクライナ兵が担当。

1942年7月21日に【「東国及び北ロシア」親衛隊及び警察高級指導者】指揮下の【「白ロシア」親衛隊及び警察指導者】に任命される。11月16日から【戦闘団「フォン・ゴットベルク」(Kampfgruppe “von Gottberg”)】司令官となり、対パルチザン作戦に参加した。

1943年3月1日ベラルーシ中央評議会(Weißruthenischer Zentralrat)を設置。大統領ラダスワフ・アストロスキ(Radasłaŭ Astroŭski)就任。

1943年5月20日【(SS-Sonderregiment Dirlewanger)】を中心にパルチザン掃討作戦【Operation Cottbus】が開始。ベラルーシ戦闘警察のノボグロデクの【第46ベラルーシ大隊(the 46th Byelorussia Battalion from Novogrodek)】、ミンスクの【第47ベラルーシ大隊(the 47th Byelorussia Battalion from Minsk)】、ヴォロジンの【第51ベラルーシア大隊(the 51st Byelorussia Battalion from Volozhin)】、同じくミンスクの【第49ベラルーシ大隊(the 49th Byelorussia Battalion also from Minsk)】が参加。
1943年6月21日、オストランド委員会のミンスク・ゲットーを解体するというヒムラーの命令が来ました。

1943年7月5日 クルト・フォン・ゴットベルク親衛隊少将(Curt von Gottberg)「中央ロシア及び白ロシア」親衛隊及び警察高級指導者代理となり、親衛隊中将に昇進。
1943年7月25日 ストラウクは、ヴィルヘルム・クーベ(Wilhelm Kube)に、ユダヤ人に対して十分な行動を取っていなかったと非難
1942年7月28日 ドイツ人は最初に「アクション」でガスバン(ロシアのDushegubki)を使用しました。
1943年夏 Georg Heuserに【Sonderkommando 1005-Mitte】に所属
1943年8月 E【Einsatzgruppe B】司令官がエーリヒ・エーアリンガー親衛隊大佐(SS-Oberführer und Oberst der Polizei Erich Ehrlinger)になる。
1943年の秋にオーストリアのSS-Hauptscharführer Riederに交代
1943年9月22日 ミンスクで白ロシア行政委員ヴィルヘルム・クーベ親衛隊中将が現地人メイドのイェレナ・マザニク(Jelena Masanik)によって仕掛けられた爆弾により暗殺された。後任にはクルト・フォン・ゴットベルク親衛隊中将が就いた。

1943年9月に【ラインハルト作戦(Aktion Reinhardt)】によってミンスク・ゲットーは解体。
ミンスク・ゲットーの住民はソビボル絶滅収容所へ移送された。ミンスク・ゲットーから逃げた数千のユダヤ人たちは7つのパルチザン部隊を創設してドイツ軍と戦った。
1943年9月エーリヒ・エーアリンガー親衛隊大佐(SS-Oberführer und Oberst der Polizei Erich Ehrlinger)[1943年9月から1944年4月])がベラルーシ親衛隊及び警察指導者(SS-und Polizeiführer „Weißruthenien“)を兼任。

1943年9月 マックス・モントゥア警察中佐が警察から親衛隊(No. 411.971)に移籍。

親衛隊上級曹長(SS-Hauptscharführer und Kriegsverbrecher Adolf Rübe)1943年の最初の2か月で、彼は当初【ミンスク保安警察及びSD指揮官(Kommandeure der Sicherheitspolizei und des SD(KdS))】刑事警察のV部門に勤務。その後、彼は「ユダヤ人問題」のためにデIV部門(Abteilung IV)に移されました。ここで彼はキャンプ司令官としてミンスク・ゲットーを指揮していたオット・ミュラー親衛隊大尉(SS-Hauptsturmführer Otto Müller),の指揮下で勤務。

ミンスク・ゲットーの解散は、1942年の終わりに始まりました。
1943年2月5日、(SS-Obersturmführer Eduard Strauch)は、「コマンド」を発行し、1943年2月8日と9日に、Sluzk市のユダヤ人を「再定住させる」必要がありました。Adolf Rübeは、(SS-Obersturmführer Jakob Oswald)の指揮下にある第2グループのメンバーでした。

1943年秋 KdSミンスクは、BdSに改変改編。
【IV部(Abteilung IV)】から【N部(Abteilung N)】は切り離され、(Georg Heuser)は主にパルチザンに対する反スパイを扱った。【N部(Abteilung N)】は(SS-Sturmbannführer Kurt Gornig)が後任。

1943年9月25日に親衛隊及び警察高級指導者クルト・フォン・ゴットベルク親衛隊中将は「ベラルーシは今やユーデンフライ(judenfrei、ユダヤ人がいない状態の意)になった」と宣言した。

10月21日から23日の間に、SipoはBdS エーリヒ・エーアリンガー親衛隊大佐(SS-Oberführer und Oberst der Polizei Erich Ehrlinger)の下でゲットーに落ちました。おそらく1,000人の残りの囚人はブラゴフシチナで殺されました。

1943年10月27日【Sonderkommando 1005-Mitte】は、ミンスク・ゲットーの最後の囚人の殺害から1週間後、ブラゴフシチナの森での殺害痕跡を除去を開始。指揮官のアルトゥール・ハーダー(Kommandoführer Arthur Harder)は、発掘作業のために当初計画されていた100人の若いユダヤ人男性を2台のガス車で殺害し、100人のロシア人捕虜に置き換えました。発掘された死体から金歯などをとり火葬されました。
1943年11月 【Sonderkommando 1005-Mitte】指揮官がハーダーはフリードリッヒ・シーク(Friedrich Seeke)交代。
1943年12月 【Sonderkommando 1005-Mitte】指揮官がシークからマックス・クラナー親衛隊大尉(SS-Hauptsturmführer Max Hermann Richard Krahner)交代。
1943年12月16日 遺体発掘作業に従事した労働者はガストラックで殺害され、その後火葬された。

ブラゴフシチナの森は遺体発掘中に処刑場所として利用できなかったため、【トロスティネス収容所】の西約500mのシャシュコフカの森に「小さな処刑場所」を設置。

1944年4月1日、【Generalbezirk Weißruthenien】は【東部占領地域帝国管区オストラント(Reichskommissariat Ostland(RKO))】から分離され、【東部省(Reichsministerium für die besetzten Ostgebiete)】の直下に置かれた。
1944年初頭 【マリー・トロスティネス収容所】にてガストラックで殺害した遺体を焼却する為、仮焼場として火葬場が作成された。
1944年4月28日 【Einsatzgruppe B】の司令官にハインリヒ・ゼーツェン親衛隊中佐(SS-Standartenführer Heinrich Seetzen[1944年4月28日から1944年8月])就任、親衛隊大佐及び警察大佐(SS-Standartenführer und Oberst der Polizei)に昇進した後、保安警察及びSD司令官(Kommandeur der Sicherheitspolizei und des SD(KdS))の司令官になりました。

1944年6月28日 6月30日までユダヤ人殺害とキャンプ全体の破壊が行われ、数人の囚人がブラゴフシチナの森(Blagovshchina Forest)に逃げ込み、赤軍の到着する7月3日まで生き延びました。

1944年7月2日 ベラルーシ中央評議会(WeißruthenischerZentralrat)を解散。
1944年7月3日 赤軍がミンスク占領。
赤軍は約34の墓穴を発見、その一部は長さ50メートル(160フィート)、深さ3〜4メートル(9.8〜13フィート)の大きさで、ミンスク-モジレブ高速道路から約500メートル(1,600フィート)のブラゴフシチナの森に位置。ソ連調製臨時国家委員会、犠牲者はソビエト兵士、市民、パルチザンなどで、数は不明だが​​80,000から330,000以上と算出。

エドゥアルト・シュトラウヒ(Eduard Strauch):ハンブルクの裁判所が終身刑に3低ランクのSSの男性を宣告1968年に1955年にベルギーの刑務所で死亡し、
兵長(Rottenführer Otto Erich Drews)
地区上級巡査(Revieroberleutnant Otto Hugo Goldapp)

犠牲者の推定数
ソビエト国家委員会のミンスク部門は、1944年8月13日に犠牲者の数の推定値を提出。
合計206,500人の犠牲者が訴えられ、そのうち15万人がブラゴフシチナで、5万人がシャシュコフカで、6,500人が収容所の納屋で死亡したとした。
Christian Gerlachは、Maly Trostinezで約60,000人が殺害されたと想定しています。