Das Konzentrationslager Ravensbrück

1938年末、ザクセンハウゼン強制収容所の囚人達により建設が開始。
収容所長ギュンター・タマシュ(SS-Standartenführer Günther Tamaschke)[1939年5月‐1939年8月]
1939年5月13日、最初の囚人としてドイツ人女性860人、オーストリア人女性7人が移送されてくる。
1939年6月29日、ジプシーの女性440人が移送され来る。
1939年8月-1940年1月、収容所長?
1939年8月、ドロテア・ビンツがキッチンワークに志願。
1939年9月、ドロテア・ビンツがAufseherinに。
1940年1月、:収容所長マックス・ケーゲル(SS-Hauptsturmführer Max Koegel)[‐1942年8月]
1940年8月から1941年8月までのキャンプでの最初の1年間に、約47人の女性が死亡。
1941年春、メインキャンプに隣接して小さな男性キャンプを設立。
1942年3月3日に、親衛隊中佐 エノ・ロリングはオラニエンブルクに本拠を置くSS衛生管理事務所のD III事務所の長になりました。時間。すべてのキャンプ医師の監督者に任命されました。1942年5月から7月にかけて、ロリングは深刻な病気のためにしばらく辞職しなければならず、この期間中にジュリアス・ムティグが代理を務めました。彼は、その後に提供戦争のランクで1943年11月9日以来、SS-Standartenfiihrer同じ容量で再び作動します。
1942年4月、看守長兼所長副官ミヒャエル・レトヴィッツ(SS-Hauptsturmführer Michael Redwitz)に着任

1942年9月1日、:オズワルド・ポールに指示による収容所長フリッツ・ズーレン(SS-Hauptsturmführer Fritz Suhren)[-1945年4月30日]着任。
囚人バラックは当初16棟だったが、収容者数の増加に伴い最終的には32棟にまで増設されることとなった。
総計で23か国12万3000人の女性がここに登録された。
囚人人口の民族構造は、
ポーランド人 24.9%、
ドイツ人 19.9%、
ユダヤ人 15.1%、
ロシア人 15.0%、
フランス語 7.3%、
ロマニ 5.4%、
その他12.4%であった。
ゲシュタポはその内容を
政治的囚人83.54%、
反社会的12.35%、
犯罪者2.02%、
エホバの証人1.11%、
ラッセンシャンデ(人種的汚損)0.78%、
その他0.20%に分類した。
1942年11月20日、看守長兼所長副官ミヒャエル・レトヴィッツ(SS-Hauptsturmführer Michael Redwitz)ダッハウ強制収容所に転勤。

1942年8月-1943年3月、親衛隊医師カール・ゲプハルト(SS-Gruppenführer und Generalleutnant der Waffen-SS Karl Franz Gebhardt)によって、86人の15歳から25歳までの若いポーランド人女性を対象に人体実験が行われていた。
これらのことを医師の最初のグループ人体実験が Gebhardtのため同行は、強制収容所の主治医だった、親衛隊中佐 エノ・ロリングを任命しました。それはSS-HauptsturmführerGerhard Schiedlausky医師とHerta Oberheuser医師でした、
Suhrenは当初、これに反対しました。これは主に、収容所の受刑者のほとんどが政治囚であったためであり、彼はその行為について国家保安本部(SS-Reichssicherheitshauptamt)に不満を述べました。しかし、SSコマンドはSuhrenの疑念を覆し、Gebhardtに謝罪し、要求した囚人を彼に供給することを余儀なくされました。Suhrenは後に、滅菌を達成するために女性を高レベルのX線に曝すことを含む実験を目撃したと述べた。
1943年8月15日、彼らは監督の ドロテア・ビンツ(Dorothea Binz)を指揮して、口実の下で調査に来ることになっていた。しかし、ポーランド人は彼らのために何が貯蔵されているかを事前にすぐに学びました。彼らは逃げて、兵舎15に隠れることを決めました。しかし、ビンツは警備員や犯罪者と共に移動し、引きずり出しました。ウラディスラワ・カロレウスカ、妹のヘレナ・ピアセケ、他の8人の女性は、命令に従うことを拒否したため、最初にバンカーに閉じ込められました。
1943年9月23日に、いわゆる特殊輸送機から他のポーランドの抵抗戦闘機と、スルホンアミドでテストが行われた4人のテスト犠牲者を処刑しました。

スルホンアミド薬の有効性をテストしました。これらの実験では、脚の骨と筋肉を故意に切断して病原性細菌に感染させ、神経を切断し、木片やガラスのような物質を組織に導入し、骨を破壊しました。
74人に骨、筋肉、神経の再生、およびある人から別の人に骨を移植する可能性について人体実験を行い4人の生存者、ヤドウィガ・ジド(Jadwiga Dzido)、マリア・ブロエル・プラター(Maria Broel-Plater)、ウワディスワワ・カロレウスカ(Władysława Karolewska)、およびマリア・クミエルチュク(Maria Kuśmierczuk)は、1946年の医師裁判でナチス医師に対して証言しました。
1943年に、ノルウェー人女性グループが移送されてくる。
1944年12月から男性収容者によりガス室【通称ミットヴェルダ収容所】が建設され、毒ガスによる殺害が始まった。男性収容者のために小さな隣接する収容所を設立。ガス室で約2,200人が死亡
1945年1月には120人から140人のジプシーの女性たちがホルスト・シューマン博士(SS-Sturmbannführer Horst Schumann)、パーシヴァル・トライテ博士(Obersturmführer Percival Treite)らによるX線による不妊化と去勢の実験
1945年4月初め、親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーとスウェーデン赤十字社の協定に基づき、囚人の交換輸送列車でのスイスへ移送が開始される。
1945年4月22日、赤十字社のバスがフランス人とベルギー人の女性を収容所から運び出す
4月27日または29日、ポーランドの人質を伴ったSuhren、SSOberscharführerHans Pflaum、Oberaufseherin Binz、および彼の副SSHauptsturmführerCarl Heimannは、北ドイツの一部であるSSから北要塞の方向にキャンプを去りました。
1945年4月30日、赤軍によって解放。3,500人未満の囚人が生きた状態で発見されました。
1940年-1943年ヘルタ・オーバーホイザー(Herta Oberheuser)(収容所付き女医。カール・ゲプハルトの人体実験の助手をした。1943年以降、ゲプハルトが院長をしているホーヘンリュッヘン病院(Hohenlychen Sanatorium)に転属した。)
女性警備員は総称してSS-Helferin(ドイツ語:「女性SSヘルパー」)として知られていました。

管理者序列
Chef Oberaufseherin, “Chief Senior Overseer”
Lagerführerin, “Camp Leader”
Oberaufseherin, “Senior Overseer”
Erstaufseherin, “First Guard”
Rapportführerin, “Report Leader”
Arbeitsdienstführerin, “Work Recording Leader”
Arbeitseinsatzführerin, “Work Input Overseers”
Blockführerin, “Block Leader”
Kommandoführerin, “Work Squad Leader”
Hundeführerin, “Dog Guide Overseer”
Aufseherin, “Overseer”
Arrestführerin, “Arrested Overseer”

Ravensbrückは女性警備員のトレーニングキャンプとしても活躍され、4,000人以上4週間の研修後他のキャンプに仕えました。
「シュトゥットホーフのサディスト」と呼ばれたヘルタ・ボーテ(SS=Aufseherin Herta Bothe)も1942年9月から4週間研修を受けている。
ナチス収容所の女性警備員の専門用語はアウフセヘリンでした。
数十人のブロック監督(Blockführerinnen)が、犬、SSの男性、鞭を連れて、Ravensbrückの居住区のロールコールおよび配給中に囚人を監督しました。
いつでも、レポート監督(Rapportführerin)がロールコールと抑留者の一般的な規律を処理しました。
ローゼル・ローレンツェン(SS-Arbeitsdienstführerin Rosel Laurenzen)はもともと、彼女のアシスタントのゲルトルート・シェーバー(SS-Arbeitseinsatzführerin Gertrud Schöber)とともに、キャンプ(Arbeitdienstführerin)で労働プールの責任者を務めていました。
1944年、グレタ・ベーゼル(Greta Bösel)がこの命令を引き継ぎました。
他の上位SS女性には、クリステル・ヤンコフスキー(Christel Jankowsky)、イルゼ・ゲーリッツ(Ilse Goeritz)、マーゴット・ドレスシェル(Margot Dreschel)、エリザベス・カンマー(Elisabeth Kammer)が含まれていました。
RavensbrückのUckermark死の複合体でのヘッドドレスはルース・ノイデック(Ruth Neudeck)でした(1945年1月– 1945年3月)。
エルフリーデ・ミュラー(SS-Aufseherin Elfriede Muller)は非常に厳しいので、囚人は彼女を「レーベンスブリュックの獣」と名付けました。
他の警備員には、ハーミン・ベッチャー・ブリュックナー(Hermine Boettcher-Brueckner)、ルイーズ・ダンツ(Luise Danz)、イルマ・グレース(Irma Grese)、マルガレーテ・デ・ヒューベル(Margarethe de Hueber)が含まれていました。

女性チーフ監督The female chief overseers (LagerfuehrerinnenおよびOberaufseherinnen)
1939年5月-1942年3月:Oberaufseherin(オーバーアフセヘリン) ヨハンナ・ ランゲフェルド(Johanna Langefeld)
assistant(アシスタント)エマ・ツィマー(Emma Zimmer)
1942年3月〜10月:Oberaufseherin(オーバーアフセヘリン)マリア・マンデル(Maria Mandel)、
assistant(アシスタント)マルガレーテ・ガリナート(Margarete Gallinat)
1942年10月-1943年8月Oberaufseherin(オーバーアフセヘリン)ヨハンナ・ランゲフェルド(Johanna Langefeld)、アウシュヴィッツから戻る。
1943年8月-1944年9月Chef Oberaufseherin(チーフ・オーバーアフセヘリン)アンナ・クライン(Anna Klein(née Plaubel)、
副官(Stellvertrende Oberaufseherin)ドロテア・ビンツ(Dorothea Binz)
1944年9月-1945年4月Chef Oberaufseherin(チーフ・オーバーアフセヘリン)ルイーズ・ブルナー(Luise Brunner)、
ラガーフェヘリン(Lagerfuehrerinnen)ロッテ・トベレンツ(Lotte Toberentz)(1945年1月-4月)、
副官(Stellvertrende Oberaufseherin)ドロテア・ビンツ(Dorothea Binz)。
1945年、看護師(nurse)ベラ・サルクベルト(Vera Salvequart)は、病人をガス室に運ばなくても済むように病人を毒殺していました。

レーベンスブリュックは、女性警備員にとって中心的かつ最大の訓練場でした。
最初のSS-Oberaufseherinは、1939年5月までキャンプの建設作業中のをごくわずかな期間マルガレーテ・ストールバーグ(Margarete Stollberg)でした。
キャンプが開かれた直後、ヨハンナ・ランゲフェルド(SS-Oberaufseherin Johanna Langefeld[1939年5月〜1942年3月])およびエマ・ジマー(SS-Stellvertretende Oberaufseherin Emma Zimmer[1939年5月〜1942年10月]) SS-Stellvertretende Oberaufseherin(1939年5月〜1942年10月)になりました。

マリア・マンドル(SS-Kommandoführerin Maria Mandl[1939-1940])はOber-Arrestführerinとして務めました。

キャンプバンカー[1940年-1942年3月]、ゲルトルート・ラベステイン(Gertrud Rabestein)はSS-BlockführerinとSS-HundeführerinnenのSS-Leiterin[1939-1941]を務め、
ゲルトルート・イダ・シュライター(Gertrud Ida Schreiter[])はSS-HundeführerinとSS-Kommandoführerinを務めました。

ヨハンナ・ランゲフェルド(SS-Oberaufseherin Johanna Langefeld)が1942年3月にAuschwitz Iに配属された後、マリア・マンドル(Maria Mandl)はSS-Oberaufseherin[1942年3月-1942年10月]に続き、ヨハンナ・ランゲフェルドは1943年夏まで再びレーベンスブリュックに仕えた.

この間
SS-Rapportführerinnenはエルス・エーリッヒ(Else Ehrich[1942])、マーゴット・ドレスケル(Margot Dreschel)、
Ober-arrestführerinはドロテア・ビンツ(Dorothea Binz)、エリカ・ボードデッカー(Erika Boeddeker[1942])
Blockführerinnen/Stellvertretende Blockführerinneはエディス・フレーデ(Edith Fräde[1942])、ソフィー・ゴーデ(Sophie Gode)、ウィルヘルミン・ピルレン(Wilhelmine Pielen[1942-1943])が務めました。

Ravensbrückの労働局であるAbteilung IIIaの創設に伴い、ローゼル・ローレンツェン(SS-Arbeitsdienstführerin Rosel Laurenzen)(後に結婚したDürichen)とアシスタントであるゲルトルート・シェーバー(SS-Arbeitseinsatzführerin Gertrud Schöber)(後に結婚したSteisslinger)
1943年からゲルトルート・イダ・シュレイター(Gertrud Ida Schreiter)がSS-Arbeitsdienstführerinになりました。

1942年10月、エマ・ジマー(SS-Stellvertretende Oberaufseherin Emma Zimmer)がAuschwitz IIに転属し、SS-Stellvertretende Oberaufseherin(副司令官)を
マリア・マンドル(Maria Mandl)、マーゴット・ドレスシェル(Margot Dreschel)とマルガレーテ・ガリナート(Margarete Gallinat)が、ヨハンナ・ランゲフェルド(SS-Oberaufseherin Johanna Langefeld)の下で務めました。

1943年の夏、マルガレーテ・ガリナート(Margarete Gallinat)はSS-Oberaufseherinとしてオランダのヴュート強制収容所(Vught concentration camp)に転属、ランゲフェルドはSSに逮捕された。

1943年8月、長年SS-Aufseherinとして務めたを(SS-Aufseherin Anne Klein-Plaube)をSS-Chef Oberaufseherinに昇格。
アシスタントとしてドロシア・ビンツ(SS-Stellvertretende Oberaufseherin Dorothea Binz)が務め、(SS-Scharführerin Christel Jankowsky)、マーガレス・ミューズ(SS-Ober-arrestführerin Margarete Mewes)、(SS-Blockführerinnen Henny Gottwitz)(ブロック3)および(Ulla Jürß[1943-1944])らが勤務した。

1944年3月、ヴィルヘルミーネ・ピエレン(Wilhelmine Pielen)はNeubrandenburgからRavensbrückに戻り、1944年10月にKonigsberg-Neumarkに転勤するまでドロシア・ビンツ(Dorothea Binz)の司令官になった。
この間、IIIa部局の司令官はゲルトルート・イダ・シュライター(SS-Arbeitsdienstführerin Gertrud Ida Schreiter)(born Kaufmann)、副司令官はグレタ・ボーゼル(SS=Arbeitseinsatzführerinnen Greta Bösel)(born Müller)が勤務した。-1944年に、Helevead (or Hollevaed))もIIIa部で勤務しました。
ヘレネ・マサール(SS=Kommandoführerin Helene Massar[-1945])は、1945年まで収容所の縫製工場の監督官でした。

1944年の晩秋、アウシュヴィッツ・ビルケナウのSS-Aufseherin、ルイーズ・ブルナー(SS-Aufseherin Luise Brunner)がSS-Chef Oberaufseherin)として着任。
ルイーズ・ブルナー(SS-Chef Oberaufseherin Luise Brunner)の下にはドロシア・ビンツ(SS-Oberaufseherin Dorothea Binz)、ゲルトルート・イダ・シュレイター(SS-Arbeitsdienstführerin Gertrud Ida Schreiter)、イルゼ・ヴェッターマン(SS-Arbeitsdienstführerin Ilse Vettermann)、エルス・クリプナー(SS-Stellvertretende Oberaufseherin Else Krippner)、ウィルヘルミン・ピルレン(SS-Stellvertretende OberaufseherinWilhelmine Pielen)は1945年2月/3月にケーニヒスベルクノイマルクから戻った後、クリプナーの後任となる。
SS-Rapportführerinnenはグレタ・ベーゼル(Greta Bösel)とホルレヴァード(Hollevaed)で、オルガ・ニッケル(Olga Nickel[1942年の夏])、ヒルデガード・ノップ(Hildegard Knop)を含む144人のSS-Aufseherinnenがいた。

1944年-1945年
SS-Kommandoführerinnen
エリザベス・カンマー(Elisabeth Kammer)、
エマ・ランケス(Emma Lankes)、
エレーヌ・マサール(Helene Massar)、
ヒルデガルド・Z(Hildegard Z)、
SS-Blockfuhrerinnen
ウラ・ユルス(Ulla Jürß[-1944秋])、
ルース・ノイデック(Ruth Neudeck[1944年夏秋])、
エルフリード・モーネケ(Elfriede Mohnecke[-1945年春])、
マーサ・クリューガー(Martha Krüger)(バラック23)、
ロザリー・レンベック(Rosalie Leimböck[-1944年])、
マルガレーテ・シュタイバー(Margarete Steigüber)、
エミ・スタインベック(Emmi Steinbeck)、
フリーダ・ヴェッツェル-ドレーマン(Frieda Wötzel-Drehmann[1944])。
エルス・グラブナー(Else Grabner)はSS-Oberaufseherinとして勤務し、その後SS-Lagerleiterinとしてサブキャンプの司令官でもありました。

ドロシア・ビンツ(Dorothea Binz)とボーゼルは戦争犯罪で有罪判決を受け、1947年5月2日に絞首刑になりました。
1973年、米国政府は戦争犯罪のためにドイツで裁判のために(Hermine Braunsteiner)を引き渡しました。
2006年、米国政府はサンフランシスコ在住の84歳の女性エルフリーデ・リンケル(Elfriede Rinkel)を1944年-1945年まで勤務していたとし追放。