香港駐屯軍

193月 - による conmo3 - 0 - Note

香港駐屯軍 – 総司令官:クリストファー・マルトビイ少将(総兵力 13,000名)
• 陸軍
• 香港歩兵旅団 – 旅団長:C.ワリス准将
• ロイヤル・スコッツ連隊第2大隊(イギリス本国軍)、ミドルセックス連隊第1大隊(イギリス本国軍)、ラージプト第7連隊第5大隊(英印軍)、パンジャブ第14連隊第2大隊(英印軍)
• カナダ旅団 – 旅団長:J.K.ロウソン准将
• ロイヤル・ライフル連隊第1大隊、ウィニペグ擲弾兵連隊第2大隊
• ロイヤル砲兵団 – 砲兵団長:マックロード准将
• 第8沿岸砲兵連隊、第12沿岸砲兵連隊他、海岸砲29門(高射砲は不足していた)
• 香港義勇軍 – 司令官:H.B.ローズ大佐、現地イギリス人、ポルトガル人、香港人からなる義勇軍(兵力 1,720名)
• 海軍 – 司令官:A.C.コリンソン代将、駆逐艦1隻、砲艦4隻(兵力 780名)
• 空軍 – 作戦機5機(ヴィッカーズ ヴィルドビースト 3機、スーパーマリン ウォーラス 2機)(兵力 100名)

香港攻略戦で捕虜となったイギリス軍は11,000名。内訳はイギリス人が5,000名、インド人が4,000名、カナダ人が2,000名であった。