Walter Oesau

Oesau, Walter

Jagdflieger
1944
ヴァルター・エーザウWalter “Gulle” Oesau、1913年6月28日 – 1944年5月11日)は、第二次世界大戦時のドイツ空軍のエース・パイロットである。1934年から戦死する1944年までドイツ空軍に奉職し、エーザウの死後に戦闘航空団司令を務めた第1戦闘航空団にはその栄誉を讃えて彼の名が付けられた。

エーザウはスペイン内戦期間中にコンドル軍団の第88戦闘団(JGr 88)/第3飛行中隊に所属して8機を撃墜し、28名にしか授与されなかった剣・ダイヤモンド付スペイン十字章金章の受勲者の一人になった。

第二次世界大戦が始まるとエーザウは第20戦闘航空団(JG 20)/第2飛行中隊の指揮を任された。ポーランド侵攻作戦開始時に部隊は東部の前線へと移動し、西部戦線へ戻った後に第51戦闘航空団(JG 51)/第III飛行隊に改称された。フランス侵攻作戦中に第二次世界大戦での初の戦果を挙げた後、エーザウは西部と東部の両方の作戦に参加し、東部戦線で負傷して戦傷章銀章を授与された。

エーザウは第1戦闘航空団(JG 1)の戦闘航空団司令として復帰し、1944年 5月11日に齢30で戦死した。JG 1にはその栄誉を讃えて「エーザウ」の隊称が付与された。