ドイツ帝国内閣

62月 - による conmo3 - 0 -

ヒトラー内閣によるドイツ帝国

首相

アドルフ・ヒトラー(1933年 – 1945年)

副首相

フランツ・フォン・パーペン(1933年 – 1934年)

外務大臣(Reichsminister des Auswärtigen[])

コンスタンティン・フォン・ノイラート(1933年 – 1938年)
ヨアヒム・フォン・リッベントロップ(1938年 – 1945年)

▽ドイツ局(Abteilung Deutschland)マルティン・ルター(Martin Luther[1938年-1943年])
▽▽▼D III課(Referat D III)ユダヤ人担当(Judenreferat)
課長:フランツ・ラーデマッハー(Franz Rademacher[1938年-1943年])

内務大臣(Reichsministerium des Innern(RMI)[])

ヴィルヘルム・フリック(1933年 – 1943年)
ハインリヒ・ヒムラー(1943年 – 1945年)
内務省次官ハンス・プフントナー(Hans Pfundtner)
内務省次官ヴィルヘルム・シュトゥッカート(Wilhelm Stuckart)
内務省人種課長ベルンハルト・レーゼナー(Bernhard Lösener)
内務省国法部長フランツ・メディクス(Franz Albrecht Medicus)
内務省第4部レオナルド・コンティ(Leonardo Conti)
ドイツ赤十字社(Deutsches Rotes Kreuz)

Präsidenten:Carl Eduard (Sachsen-Coburg und Gotha[1933年11月30日-])
stellvertretenden Präsidenten:Ernst-Robert Grawitz[1936年12月17日-]
Führungsamt (I); Leitung: Ferdinand Berning
Personalamt (II); Leitung Ferdinand Berning, Erich Kahle,
Hermann Müller
Verbindungsamt zur Reichsfrauenführerin (III); Leitung: Gertrud
Scholtz-Klink
Verwaltungsamt (IV); Leitung: Oswald Pohl u. a.
Presse- und Werbeamt (V); Leitung: Otto Reiners
Amt Schwesternschaften (VI); Leitung: Otto Stahl
Amt Auslandsdienst (VII); Leitung: Walther Georg Hartmann
Amt S: Der Sonderbeauftragte im Kriege (seit Kriegsbeginn 1939); Leitung: Felix Grüneisen[39][40]

財務大臣(Reichsfinanzministerium(RFM)[])

ルートヴィヒ・シュヴェリン・フォン・クロージク(1933年 – 1945年)

司法省(Reichsjustizministerium[])

司法大臣(Reichsjustizminister)
フランツ・ギュルトナー(Franz Gürtner[])
司法大臣代行︰フランツ・シュレーゲルベルガー([])
オットー・ゲオルク・ティーラック(Otto Georg Thierack[])
I部(Abtlg.I)
II部(Abtlg.II)
III部 法律(Abtlg.III Strafrecht(Gesetzgebung))
IV部 刑事司法(Abtlg.IV Strafrecht, Strafrechtspflege)
執行(Strafvollstreckung):ヴォルフガング・メッテンゲンベルク:占領地刑事司法部長(Wolfgang Mettgenberg[])
ウィルヘルム・フォン・アンモン:「夜と霧」グループリーダー(Wilhelm von Ammon[])
ギュンター・ジョエル:審判後の審判)特別部門長の戦争犯罪(Günther Joel[])
カール・ウェストファル:夜と霧の判決後の犯罪、慈悲の要求(Carl Westphal[])
V部 刑務所サービス(Abtlg.V)
VI部 民法(Abtlg.VI)
ハンス・ピーター・イプセン(Hans Peter Ipsen[1943/44])
ヨーゼフ・アルトシュテッター(Josef Altstötter)
VII部(Abtlg.VII)
VIII部(Abtlg.VIII)
秘密特別部XV部(Abtlg.XV)
カール・エンゲルト(Karl Engert)
▼I室(Amt I):人々による法学
▼II室(Amt II):裁判官と裁判所事務員
▼III室(Amt III):司法制度の再編成
▼司法省州務長官(Staatssekretäre im Reichsjustizministerium)
フランツ・シュレーゲルベルガー(Franz Schlegelberger[])
ローランド・フライスラー(Roland Freisler[])
カート・ローテンバーガー(Curt Rothenberger[])
ハーバート・クレム(Herbert Klemm[])
▼最高裁判所
エルウィン・バムケ裁判長(Erwin Bumke)
パウル・バーニッケル副裁判長(Paul Barnickel)
控訴裁判所(Oberlandesgerichte)
州裁判所(Landgerichte)
地方裁判所(Amtsgerichte)
特別裁判所(Sondergerichte)
ポール・バーニッケル(Paul Barnickel) ミュンヘン特別裁判所裁判官
ヘルマン・クホルスト(Hermann Cuhorst) シュトゥットガルト特別裁判所判事
オズワルド・ロトハウグ(Oswald Rothaug) ニュルンベルク特別裁判所裁判官
ルドルフ・オシェイ(Rudolf Oeschey[Rothaugの後任]) ニュルンベルク特別裁判所裁判官
ギュンター・ジョエル(Günther Joel) ハムとエッセン州検察官
▼人民法院(Volksgerichtshof)
フリッツ・レーン(Fritz Rehn)
ウィルヘルム・ブルナー(Wilhelm Bruner)
オットー・ゲオルク・ティエラック(Otto Georg Thierack)
ローランド・フライスラー(Roland Freisler)
ウィルヘルム・クローネ(Wilhelm Crohne)
ハリー・ハフナー裁判長(Harry Haffner)
カール・エンゲルト副裁判長(Karl Engert)
ギュンター・ネベルング(反逆罪担当)(Günther Nebelung)
エルンスト・ラウツ(1944年7月20日の暗殺未遂に関与した者に対する検察官)(Ernst Lautz)
ポール・バーニッケル上級補佐官(Paul Barnickel)
オズワルド・ロトーグ上級補佐官(Oswald Rothaug)
ハンス・ピーターセン裁判官(Hans Petersen)

国防省([1935年6月23日-1938年2月5日])

経済省(Reichswirtschaftsministerium)

アルフレート・フーゲンベルク([1933年1月30日-])(農業・食糧大臣兼任)
クルト・シュミット(1933年 – 1935年)
ヒャルマル・シャハト(1935年 – 1937年、ライヒスバンク〈中央銀行〉総裁兼任)
ヘルマン・ゲーリング(1937年 – 1938年)
ヴァルター・フンク(1938年 – 1945年)

労働省(Reichsarbeitsministerium)

フランツ・ゼルテ(1933年- 1945年)

帝国住宅局(Abt. VI) ロベルト・ライ(Robert Ley)

運輸省(Reichsverkehrsministerium)

パウル・フライヘア・フォン・エルツ・リューベナッハ(1933年 – 1937年、郵政大臣兼任)
ユリウス・ドルプミュラー(1937年 – 1945年)
国務次官アルバート・ガンゼンミュラー(Albert Ganzenmüller[1942年5月-1945年])

郵便省(Reichspostministerium)

パウル・フライヘア・フォン・エルツ・リューベナッハ(1933年 – 1937年、運輸大臣兼任)
ヴィルヘルム・オーネゾルゲ(1937年 – 1945年)

食糧農業省(Reichsministerium für Ernährung und Landwirtschaft (RMEL) )

農政大臣(1936年 – 1942年)
食糧大臣(1944年 – 1945年)
アルフレート・フーゲンベルク(1933年、経済大臣兼任)
リヒャルト・ヴァルター・ダレ(1933年 – 1944年)
ヘルベルト・バッケ(1944年 – 1945年)

国民啓蒙・宣伝省(Reichsministerium für Volksaufklärung und Propaganda(RMVP)[1933年3月13日新設])

国民啓蒙・宣伝大臣
ヨーゼフ・ゲッベルス(Joseph Goebbels[1933年3月13日-1945年4月30日])
ヴェルナー・ナウマン(Werner Naumann[1945年4月30日-1945年5月1日])
首席次官 (Staatssekretär I)
ヴァルター・フンク(1933 – 1937年)
オットー・ディートリヒ (de) (1937 – 1945年)
担当
▽国内新聞局 (Deutsche Presse)
ハンス・フリッチェ([])
▽海外マスコミ局 (Auslandpresse)
▽雑誌出版局 (Zeitschriftenpresse)
次席次官 (Staatssekretär II)
カール・ハンケ(1937 – 1940年)
レオポルト・グッテラー (de) (1940 – 1944年)
ヴェルナー・ナウマン(1944 – 1945年)
担当
▽予算局(Haushalt)
▽法務局(Recht)
▽宣伝局(Propaganda)
▽放送局(Rundfunk)オイゲン・ハダモウスキー(Eugen Hadamovsky)
▽映画局(Film)
エルンスト・シーガー(Ernst Seeger[1933年3月13日-1937年ベルリンで52歳で死亡])
フリッツ・ヒップラー(Obersturmbannführer Fritz Hippler[1939年8月-1943年6月])
ハンス・ヒンケル(Hans Hinkel[1944年-])
編集部長:ハンス・ワイデマン(Hans Weidemann)
▽▼Filmwesen und Lichtspielgesetz
▽▼映画業界(Filmwirtschaft)
▽▼海外での撮影Filmwesen im Ausland
▽▼映画ニュース映画Filmwochenschauen
▽▼劇映画Filmdramaturgie
▽▼ドイツ映画アカデミーバーベルスベルグDeutsche Filmakademie Babelsberg

▽人事局(Personal)
▽国防局(Landesverteidigung)
▽海外局(Ausland)
▽演劇局(Theater)
▽音楽局(Musik)
▽文学局(Schrifttum)
▽視覚芸術局 (Bildende Kunst)
第三次官(Staatssekretär III)
ヘルマン・エッサー([1935年–1945年])
担当
▽観光・旅行局 (Fremdenverkehr)
帝国文化院
院長:ヨーゼフ・ゲッベルス(Joseph Goebbels[])
▼帝国著述院
▼帝国映画院
▼帝国音楽院
▼帝国演劇院
▼帝国新聞院
▼帝国ラジオ院
▼帝国造形芸術院が設置された。

 

 

 

 

航空省(Reichsluftfahrtministerium (RLM)[1933年5月5日新設])

ヘルマン・ゲーリング(1933年 – 1945年)

科学教育民衆教育省(Reichsministerium für Wissenschaft, Erziehung und Volksbildung[1934年5月1日新設])

ベルンハルト・ルスト(1934年 – 1945年)

聖職省(Reichsministerium für die Kirchlichen Angelegenheiten[1935年7月16日新設])

ハンス・ケルル(1935年 – 1941年、ナチ党)
宗教大臣代行:ヘルマン・ムース(1941年 – 1945年)

軍需大臣(Reichsministerium für Bewaffnung und Munition (RMfBuM))

兵器・弾薬大臣(1940年3月17日-1943年)

フリッツ・トート(1940年 – 1942年)
アルベルト・シュペーア(1942年 – 1945年)

軍需・軍事生産大臣(1943年-1945年)

アルベルト・シュペーア(1942年 – 1945年)

次官 カール=オットー・ザウル(Karl Saur)

 

東部占領地域大臣(Reichsministerium für die besetzten Ostgebiete[1941年12月17日新設])

アルフレート・ローゼンベルク(1941年 – 1945年)
【全国指導者ローゼンベルク特捜隊(Einsatzstab Reichsleiter Rosenberg(ERR))の編成】
1943年1月の段階で、ERRには350人の職員がいた。
ベルリン中央事務所(Zentralamt Berlin)ベルリン中央事務所は外務局の部局として設置。
第III局(Hauptabteilung III) – 特務隊
局長:ヘルマン・フォン・イングラム (Herrmann von Ingram)
第IIIa局(Hauptabteilung IIIa) – ユダヤ財産の凍結および整理・監理
局長:ヘルマン・フォン・イングラム
第IIIb局(Hauptabteilung IIIb) – 美術品監理担当部隊
局長:ヴァルター・レーボック (Walter Rehbock)
人事部長:クルト・フォン・ベーア(Baron Kurt von Behr[1940年-7月])
特務幕僚長(Chef der Sonderstäbe)
幕僚長(Stabsführer)
ゲオルク・エーバーツ(Georg Eberts)
ゲルハルト・ウティカール(Gerhard Utikal)
補佐官 (Hilfestellung)
ゲルト・ヴンダー(Gerhard Wunder)
カール・ブレトハウアー(Karl Brethauer)
副隊長 (Stellvertretender Leiter)
フランツ・ザイボート(Franz Seiboth)
監査官(Inspekteur)
ハンス・ハーゲマイアー(Hans Hagemeyer)
西部局(Amt Westen des ERR[1940年7月-])
クルト・フォン・ベーア(Baron Kurt von Behr[1940年7月17日から1941年2月20日])
ゲオルク・エーバーツ([1940年9月-1941年1月])
中央事務所([1941年初頭新設])
ゲルハルト・ウティカール([1941年1月-])
【M-Aktion(ユダヤ人からの没収家具強制送還)】指揮官:クルト・フォン・ベーア(Baron Kurt von Behr[])
▼音楽担当特務幕僚部 (Sonderstab Musik)
隊長 (Leiter):ヘルベルト・ゲーリック(Herbert Gerigk)
▼造形芸術担当特務幕僚部 (Sonderstab Bildende Kunst) – ルーブル美術館担当特務幕僚部 (Sonderstab Louvre) を兼ねる。
隊長:クルト・フォン・ベーア(Baron Kurt von Behr)
ロベルト・ショルツ(Robert Scholz)
副隊長:ブルーノ・ローゼ(Bruno Lohse)
ヴァルター・ボルヒャース (Walter Borchers[1943年-])。
▼高等学院図書館建設担当特務幕僚部 (Sonderstab Bibliotheksaufbau Hohe Schule)
隊長:ヴァルター・グローテ (Walter Grothe[])
ゲルト・ヴンダー(Gerd Wunder[])
▼歴史担当特務幕僚部 (Sonderstab Vorgeschichte)
隊長:ハンス・ライナート(Hans Reinerth[])
ルドルフ・シュタンプフース(Rudolf Stampfuß[])
▼教会担当特務幕僚部 (Sonderstab Kirchen)
隊長:アントン・ダインドル(Anton Deindl[])
▼東部担当特務幕僚 (Sonderstab Osten)
隊長:ゲオルク・ライプブラント(Georg Leibbrandt[])
▼人種政策問題担当特務幕僚部 (Sonderstab für rassenpolitische Fragen)
▼学術担当特務幕僚部 (Sonderstab Wissenschaft in Ratibor)
隊長:ハインリヒ・ヘルトレ(Heinrich Härtle)
▼記録文献担当特務幕僚部(Sonderstab Archive)
隊長:エルンスト・ツィプフェル(Ernst Zipfel)
▼種族学担当特務幕僚部 (Sonderstab Sippenkunde)
▼民俗学担当特務幕僚部 (Sonderstab Volkskunde)
隊長:ハンス・シュトローベル(Hans Strobel)
▼報道担当特務幕僚部 (Sonderstab Presse[1944年設置])
隊長:カールハインツ・リューディガー(Karlheinz Rüdiger)
▼グスタフ・アップ博士特務幕僚部(図書の選別) (Sonderstab Dr. Gustav Abb)
司書:グスタフ・アップ(Dr.Gustav Abb)
▼世界観情報担当特務幕僚部 (Sonderstab weltanschauliche Information in Berlin)
隊長:マテウス・ジーグラー(Matthes Ziegler)
▼ラーティボーア支所(Ratibor Außenstelle[1943年-1945年1月])
支所長:ゲルト・ヴンダー(Gerd Wunder[])

 

閣僚待遇国務相ベーメン・メーレン保護領担当([1943年8月20日新設])

カール・ヘルマン・フランク(1941年 – 1945年)

閣僚待遇国務相指導者兼首相の大統領官房長(Chef der Präsidialkanzlei des Führers und Reichskanzlers)

オットー・マイスナー(1937年 – 1945年)

国家弁務官統治区域(Reichskommissariat)

ノルウェー国家弁務官統治区域(Reichskommissariat Norwegen)
オランダ国家弁務官統治区域(Reichskommissariat Niederlande)
オストラント国家弁務官統治区域(Reichskommissariat Ostland RKO)
ウクライナ国家弁務官統治区域(Reichskommissariat Ukraine RKU)
ドン・ヴォルガ国家弁務官統治区域(Reichskommissariat Don-Wolga
モスクワ国家弁務官統治区域(Reichskommissariat Moskowien RKM)
コーカサス国家弁務官統治区域(Reichskommissariat Kaukasus RKK)
トルキスタン国家弁務官統治区域(Reichskommissariat Turkestan RKT)
ベルギー・北フランス国家弁務官統治区域(Reichskommissariat Belgien-Nordfrankreich)

ポーランド総督府(Generalgouvernement für die besetzten polnischen Gebiete)

ベジル・ビアウィストック(Bezirk Bialystok)