日枝神社

【社 格】県社
【所在地】埼玉県川越市小仙波町1-4-1
【電 話】
【主祭神】大山咋神
【相 殿】
【境内社】
【兼務社】
【御由緒】円仁(慈覚大師)が喜多院を創建(天長7年・830年)したおりに、その鎮守として貞観2年(860年)に坂本の日吉大社を勧請したものであるといわれている。東京赤坂の日枝神社(旧官幣大社)は、文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城の際に、この川越日枝神社から分祀したものである。(赤坂日枝神社もそう記述している)

本殿は朱塗りの三間社流造、銅板葺で国の重要文化財に指定されている。拝殿は老朽化が深刻だったため、近年、新拝殿が再建された。【例祭日】
【H P】