篠原 藍

千葉県出身。千葉県立船橋高等学校卒業。東京音楽大学を卒業。同大学大学院科目等履修生を経て現在は学校講師をしながらフリーランスとして活動中。第3回日本トロンボーン学生音楽コンクール2位受賞。小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXIに参加。サイトウ・キネン・フェスティバル松本2012「青少年のためのオペラ」に出演。
これまでにトロンボーンを香川慎二、伊藤清、亀谷彰一、新田幹男の各氏に師事。

小田 愛美

1988年、北海道旭川市に生まれる。 (旭川市は観測史上最低気温となる-41.0℃を記録している。)
5歳の時、毎年6月に市内で行われる音楽大行進に、重いタムタムを肩から掛け、「鉄琴をやりたかったのに」という思いで参加。 6歳より、母、叔母の影響を受けピアノを習い始める。
毎年12月に行われるピアノの発表会に向け、母のスパルタ指導に涙を流しながら練習に励んでいた。 ピアノ教室の飼い猫に手を引っ掻かれ流血事件もしばしば見られた。(必ず右手。)
同時期に、Earth, Wind & Fire、Deep Purple、KISSなどのロックやファンクミュージックなどを父と一緒に聴くようになる。 スピードやモーニング娘。にあまり興味がなく、女子たちの会話についていけない事が多かった。 小学4年生の11月、吹奏楽部に入部。 これまた母、叔母の影響を受け、クラリネットを強く希望するが、人数の関係で名前も聞いた事のないトロンボーンを吹かされる事に。同級生もおらず、上級生は適当だった為一人寂しくポジション表と向き合う。
勉強が良く出来た記憶は全くない。好きな男の子はたくさんいた。
中学生になり、迷いなく吹奏楽部に入部する。
トロンボーンを吹く気はなくコントラバスに興味を持ち希望するも、結局トロンボーンを持たされていた。
その後、部活動には真面目に取り組み、2年目で両親に楽器を買ってもらい、3年目では副部長を務めた。
副顧問の先生がトロンボーン吹きだったこともあり、よく指導をして下さり練習もするようになり、トロンボーンが大好きになっていた。
しかし、中学でも勉強が良く出来た記憶はなく、服装も乱れ、眉毛もなく、担任に眉毛書きで眉毛を書かれるなど、今思えば「不良」に少し憧れた時期であった。 念を押すが、部活動には真面目に取り組んでいた。
旭川商業高校に、ありがたくも推薦入学をさせていただき、もちろん吹奏楽部に入部しトロンボーンを吹く事になる。祖父はこの高校の卒業生であり、吹奏楽部の部員でもあったため、入学を泣いて喜んでくれた。
まだ「中学生」が抜け切れておらず、眉毛がない事を顧問の先生から厳しいお叱りを受け、猛反省をし、自分の立場というものをよく考えるようになる。 このお叱りがなければ今の私はいないだろう。
この頃から、「女子高生」を捨て、吹奏楽部に没頭する。 吹奏楽部では、とても貴重な体験を多くさせていただいたり様々な場所で演奏をさせていただき、遠くカナダやアメリカの地でも演奏をした。
音大受験を考え始めた頃、トロンボーンパートの指導に来て下さった、元札幌交響楽団首席トロンボーン奏者の真弓基教先生と出逢い、師事をする。
ちなみに勉強の方はというと、小中とは打って変わってちゃんと勉強をするようになり、自分で言うのも何だが、中々良い成績で高校を卒業した。その陰には、授業時間以外にも理解するまで勉強を教えてくれた先生や同級生がいたのだ。
その後、武蔵野音楽大学に入学し、読売日本交響楽団首席トロンボーン奏者の桒田晃先生に師事する。
在学中は、トロンボーンアンサンブル、オーケストラ、ウィンドアンサンブルを学び、選抜学生によるコンサートや卒業演奏会に推薦される。
大学を卒業後、富山県にある桐朋オーケストラ・アカデミーに進学し、オーケストラを専門に学び、3年連続成績優秀者によるコンサートに出演する。 現在、都内外のオーケストラにエキストラとして参加させていただいたり、中学、高校吹奏楽部のトロンボーンパートの指導にあたるなどしている。
猫アレルギーだが猫が大好きで、近所の猫と遊んだり夜な夜なYouTubeで猫の動画を観るのが日々の癒しになっている。
ネイルやファッション、時計にも大変興味がある。
最近はタイ料理にかなりハマっている。(パクチーは避けたい。)
家族、親族に吹奏楽部、楽器経験者がとても多く、ありがたいことに私の活動には理解が深い。
出逢ってきたたくさんの人たちに恵まれ、助けられている事を胸に今後も精進したい。

村上 美希

愛媛県今治市出身。
「伯方の塩」の伯方島でみかんに囲まれ育つ。
幼少よりピアノを習うが中学生になってもバイエル。
しかし小学校の鼓笛隊で始めたトランペットは楽しく、五年生の時友達を追ってトロンボーンに転向。びよびよ伸びるスライドに魅了され、6pos.すら届かない中学三年生の時になぜか音大に進むことを決意し、昭和音楽大学、東京芸術大学大学院修士課程を修了。トロンボーンを小西智、岡本哲、小田桐寛之、古賀慎治の各氏に師事。

鈴木 真実

宮城県仙台市出身。宮城学院高等学校卒業。
山形大学地域教育文化学部文化創造学科音楽芸術コースを経て、東京芸術大学大学院音楽研究科器楽専攻修了。
これまでにトロンボーンを山田守、菊池公佑、高橋智広、古賀慎治、石川浩の各氏に師事。

正富 由香

岡山県出身。岡山学芸館高等学校卒業。洗足学園音楽大学を首席で卒業し、同大学の卒業演奏会に出演。第28回ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。第14回日本トロンボーンコンペティション第1位受賞。関西トロンボーン協会ワークショップ・コンクール第5回成人ソロ部門第1位受賞。第6回トロンボーンクァルテットコンクール・イン・ジパング第1位受賞。
これまでにトロンボーンをロイド高本、新田幹男の両氏に師事。

中川 亜美

三重県出身。白子高等学校卒業。尚美学園大学卒業。
桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程を修了。
尚美学園大学卒業演奏会、第82回読売新人演奏会、第28回ヤマハ管楽器新人演奏会、第38回三重県新人演奏会に出演。
これまでにトロンボーンを門脇賀智志氏に師事。

村本 悠里亜

東京都出身。都立杉並高等学校を経て、武蔵野音楽大学卒業。
同大学卒業演奏会、第29回ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。サイトウ・キネン・フェスティバル松本2013「若い人のための室内楽勉強会」に参加。小澤征爾音楽塾オーケストラとして「子どものための音楽会」に出演。第8回仙台トロンボーンコンペティション審査員賞受賞。
第10回関西トロンボーンワークショップ・コンクール奨励賞受賞。第9回チェジュ国際ブラスコンペティション バストロンボーン部門 ファイナリスト。これまでにバストロンボーンを井上順平、菊池公佑の両氏に師事。

安井 貴大


秋田県秋田市出身。
13歳よりトロンボーンを始める。
宮城県常盤木学園高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科へ入学。
第4回トロンボーンクァルテットコンクール イン ジパングにて第1位を受賞。
2011年にJ・アレッシ氏のマスタークラスを受講。
2014年には母校である秋田市立山王中学校とアッペルモント作曲、「カラーズ」で共演。
これまでにトロンボーンを菊池公佑、新田幹男の両氏に、室内楽を栃本浩規、稲川榮一の両氏に師事。

2016年より俳優としての活動もスタートし、2.5次元舞台、ミュージカルやストレート芝居など、トロンボーン奏者としてだけでなく、「枠を超えた」表現者としてマルチな活動を続けている。

中村 博道

東京都出身。国立音楽大学を卒業。
第3回日本トロンボーンコンペティション四重奏部門第1位受賞(Trombone Quartet Primeur)。第2回K金管楽器コンクール第2位及びグランプリ受賞。第5回トロンボーンクァルテット・コンクール・イン・ジパング第4位受賞(Trombone Quartet Furio)。第6回トロンボーンクァルテットコンクール・イン・ジパング第3位受賞(Trombone Quartet Primeur)。第2回日本トロンボーンコンペティション一般部門奨励賞受賞。
テレビアニメ、ドラマ、NHK大河ドラマ、映画、テレビゲーム、アーケードゲーム等様々なメディアのトロンボーンの音を担当。
2017年セイジ・オザワ松本フェスティバル「子供のためのオペラ」ほか出演。
コバケンと仲間たちオーケストラ、N響団友オーケストラ、レインボウ21デビューコンサート等に出演。
2015年4月に藤原功次郎氏率いるJapanet Fujihara(トロンボーン6重奏)として韓国遠征を果たす。蔚山(ウルサン)青少年オーケストラと共演し好評を得る。
これまでにトロンボーンを森上慶一、箱山芳樹、藤原功次郎、黒金寛行、古賀慎治、小田桐寛之の各氏に師事。Trombone Quartet Furio、Trombone Quartet Primeur、Japanet Fujihara、The Tungbone各メンバー。
現在、国立音楽大学非常勤講師。